だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

もっと知りたい Feed

2017年3月18日 (土)

天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

Futamata1

 今回の「天竜の石鳥居を追って」のラストは、二俣諏訪神社です。旧天竜市の中心でもあった二俣の氏神である神社の鳥居としては、意外とも感じる地味な神明鳥居。「明治三十三年四月三日建之」ですが、おそらくそれ以前には丸太を組んだ素木(しらき)鳥居があったと思われますので、その素朴とも言える形を踏襲したのかも知れません。

 この石鳥居を寄付したのは「報徳二俣社」。大日本報徳社による報徳思想は、早くから北遠に普及浸透し、農村復興が推し進められました。

Futamata2

 しかし、勤勉・倹約を勧めた報徳思想はやがて国家神道と結び付き、政府に利用される軍国主義確立に利用されて来た側面があるのも事実。

 船明(ふなぎら)と二俣の諏訪神社鳥居に「報徳」の文字が刻まれているのには、そんな時代背景があるのかも知れません。

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居

 【関連記事】二俣諏訪神社の「上諏訪梶の葉」紋
 【関連記事】夏を彩る二俣まつり⑮―諏訪大社ゆかりの梶紋
 【関連記事】ゆく夏を惜しむ二俣散歩⑧―二俣諏訪神社

 ●私たちが子どもの頃、どこの小学校にでも見られた「二宮金次郎像」・・・
 【関連記事】廃校に立つ「二宮金次郎像」に学ぶこと
 【関連記事】「二宮金次郎の銅像」はどこに行った?―旧「宮川小学校」
 【関連記事】旧「龍山北小学校」は「瀬尻の段々茶畑」の隣り
 【関連記事】平成7年(1995)に閉校「上平山小学校」
 【関連記事】旧「石神小学校」に建つ金次郎像
 【関連記事】懐山集落と「二宮尊徳先生幼時之像」
 【関連記事】「熊尋常髙等小學校」の古い絵葉書と金次郎像
 【関連記事】旧「東雲名小学校」跡に残る二宮金次郎像
 【関連記事】風が揺らすブランコ―旧藤平小学校阿寺分校跡
 【関連記事】金次郎像が残る旧「長沢小學校」跡
 【関連記事】「勤倹力行」の文字が残る金次郎像の台座―旧花島小学校跡
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑭―「二宮先生村民表彰」の像
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑫―報徳本社敷地内の文化財建物群
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑬―報徳社大講堂の瓦
 【関連記事】「報徳の家」の門標に「丸に木瓜」

新宮池から春埜山へ⑦―狼型の狛犬

Daikouji1

 春埜山大光寺で有名なのは、春埜杉ともう1つ、狼型の狛犬。神社では普通に見られる狛犬も、お寺では滅多に見られません。大光寺に狼型の狛犬があるのは、守護神である太白坊大権現の眷属が狼(山犬)だったとの言い伝えによるもの。

 しかし、明治時代の銅版画「春埜山之圖」には描かれていません。狛犬の台座には「大正元年蒞改元記念 爲國家安泰獻納者也」と刻まれていますので、西暦1912年の建立。それより前には、なかったことになります。

Komainu1 Komainu2

 奉納者は「駿河國安倍郡長田村講中」とあり、現在の静岡駿河区の安倍川の西側。このことから、春埜山への信仰が西ではなく、東に広がっていたことが分かります。

Ishi

 そして、気になる石材ですが、これまであまり見ることがなかった緑色の石。おそらく伊豆石の一種、安山岩質の火砕岩だとは思いますが、かなり変質作用を受けたものかも知れません。

 向かって左が口を開いた阿形で、右が口を閉じた吽形。よく見る狛犬たちの並びとは逆なのも不思議。あばらが浮き出た体ですが、眼光鋭く睨み付けています。一体、この狛犬はどこの誰が造ったのでしょうか?

 【関連記事】新宮池から春埜山へ①―新宮池
 【関連記事】新宮池から春埜山へ②―「國家彌榮」の鳥居
 【関連記事】新宮池から春埜山へ③―砂川の茶園とカゴノキ
 【関連記事】新宮池から春埜山へ④―春埜山山頂の三角点
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑤―大鳥居のある寺
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑥―春埜杉

 【関連記事】「春埜山」の狛犬は狼型
 【関連記事】「春埜山大光寺」狛犬の足元に積まれた小石 

2017年3月17日 (金)

天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居

Shiigawaki3

 以前、「西鹿島・椎ヶ脇神社に立つ2つの鳥居」で紹介した通り、東の方向にもう1基の石鳥居があります。天竜川が見下ろせる中程に建てられ、かつてあった川岸の渡船場から石段を登る参拝客を迎えています。

 この石鳥居は神明鳥居の貫の断面が長方形で、靖国鳥居と呼ばれている形。「明治四十二年八月建之」と刻まれていますので、社殿南の大正10年(1921)の鳥居よりも12年前の建立です。

Shiigawaki4

 鳥居の足元には、これも以前「『池田邑』『舟越一色村』―椎ヶ脇神社に残る渡船役の村名」で紹介した燈籠の残骸があります。

 「施主池田邑中」は「寛政十戊午年」、「當國敷智郡舟越一色村 渡舟○○」は「文化十四丑○○」。それぞれ、西暦1798年と1817年の建立。江戸時代の渡船役に従事していた磐田市池田と中区船越町から、渡船の安全を願っての奉納です。

 明治、大正の石鳥居はトラックに乗せて運ばれたものかも知れませんが、江戸時代建立の石鳥居は船に乗せて運ばれたものと思われます。

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

 【関連記事】西鹿島「椎ヶ脇神社」と「久根銅山」の幟立
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「椎が脇神社と鹿島の花火」より
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「椎が脇渕の竜宮城」より①
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「椎が脇渕の竜宮城」より②
 【関連記事】椎ヶ脇神社の賽銭箱に書かれた「若顒孚有」の意味
 【関連記事】「池田邑」「舟越一色村」―椎ヶ脇神社に残る渡船役の村名
 【関連記事】西鹿島・椎ヶ脇神社に立つ2つの鳥居
 【関連記事】椎ヶ脇神社燈籠に刻まれた「孟賣」の文字

2017年3月16日 (木)

天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社

Shiigawaki1

 天竜川の治水の神と言えば、諏訪神社よりも西鹿島に祀られている椎ヶ脇神社。「鹿島」の地名は、船を繋ぎ止める狭い水路をさす古代語「枷間(かせま)」に由来するとのこと。北遠の山地を蛇行しながら流れ下って来た天竜川が平地に出るところで、北鹿島とを結ぶ渡船場があり、筏流しの中継地でもあった場所です。

 川運の重要な地点に鎮座するかつての式内社・郷社だった椎ヶ脇神社の鳥居は2基あり、1基は南に面した杉に囲まれた社殿南にあり、もう1基は天竜川を見下ろす東の中段にあります。

Shiigawaki2

 社殿南の鳥居は、「大正十年八月建之」の明神鳥居。西暦1921年建立ですから、まだ100年は経っていません。

 江戸時代の年号が刻まれているのは社殿前の2基の石燈籠。「文化五戊辰」「文化十二乙亥」の文字が読み取れます。西暦で言えば文化5年は1808年。同12年は1815年で、日米修好通商条約に調印し、日本の開国近代化を断行した大老・井伊直弼が生まれた年です。

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

 【関連記事】西鹿島「椎ヶ脇神社」と「久根銅山」の幟立
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「椎が脇神社と鹿島の花火」より
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「椎が脇渕の竜宮城」より①
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「椎が脇渕の竜宮城」より②
 【関連記事】椎ヶ脇神社の賽銭箱に書かれた「若顒孚有」の意味
 【関連記事】「池田邑」「舟越一色村」―椎ヶ脇神社に残る渡船役の村名
 【関連記事】西鹿島・椎ヶ脇神社に立つ2つの鳥居
 【関連記事】椎ヶ脇神社燈籠に刻まれた「孟賣」の文字

2017年3月15日 (水)

天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社

Oosono1

 大園諏訪神社は諏訪神社に間違いないのですが、なぜか、諏訪神社の「梶の葉」紋でなく秋葉寺や秋葉神社で使われていた「剣花菱」が掲げられている珍しい神社です。

 石鳥居の形は、少しだけ柱のころび(傾斜)が見られますが、簡素な神明鳥居で「明治四十三年一月建之」の建立。江戸時代のものではありませんが、明治43年(1910)と言えば、もう107年前ということになります。

Oosono2

 「區内安全」と刻まれた石燈籠は「大正四年八月建之」。大正4年(1915)はもちろん大正天皇の即位式の年ですが、即位式があったのは11月。3ヶ月ほど早いのはどうしてでしょう?

 それにしても、天竜川沿いには諏訪神社が多く点在しています。それには諏訪神社の祭神である建御名方命(たけみなかたのかみ)が、洪水を防ぐ治水の神と考えられていたからではないでしょうか?

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

 【関連記事】大園諏訪神社に掲げられた「剣花菱」紋

2017年3月14日 (火)

天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社

Funagira1

 船明(ふなぎら)諏訪神社の石鳥居の形は明神鳥居。船明諏訪神社が現在地に移されたのは、昭和53年(1978)5月。船明ダム完成の翌年のことです。

 だったら、石鳥居の建立もその時かも知れないとも思ったのですが、刻まれた文字は「報徳三十年紀念」と読めます。「報徳」が、明治8年(1875)設立の大日本報徳社を意味するとすれば、「三十年紀念」は同38年(1905)になります。

Funagira2

 「天竜の石鳥居を追って④」では、「明治・大正時代は政府が国家神道の浸透を図るため、集落の祭祀を奨励し、鳥居の造立も盛んだった」と紹介しましたが、明治後期から大正になれば、トラックによる陸運も盛んになって来た時代。各地の神社の鳥居が木製から石製に変えられたのには、そんな要因があったのかも知れません。

 しかし、船明は天竜川に沿った地域。この石鳥居は川船で運ばれた可能性もあります。

 社殿の前に立つ石燈籠には「正徳元年」の文字が刻まれています。正徳元年は西暦1711年。306年前の石燈籠が今も残っています。

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

2017年3月13日 (月)

天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社

Usahachiman2

 次に訪れたのは、大谷(おおや)の宇佐八幡神社。同じ境内には、国学者・内山真龍を霊神として祀る社もあります。

 宇佐八幡神社の鳥居はすべて円柱で出来ている神明鳥居。やや転びはありますが、元々は丸太を組んで造られていた素木鳥居(しらきとりい)に近い素朴な形と言えると思います。

Usahachiman1

 刻まれた文字は「明治四十一年十月建之」。西暦1908年に当たりますので、今から109年前の建立です。明治・大正時代は政府が国家神道の浸透を図るため、集落の祭祀を奨励し、鳥居の造立も盛んだったようです。

Usahachiman3

 鳥居前の燈籠には「大正11年十月」の文字が刻まれ、社殿前の燈籠には「大正四年十一月建之」の文字が。大正4年(1915)11月は、もちろん大正天皇の即位式。山東八幡神社の燈籠と同じ「御即位紀念」の奉納です。

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「内山真竜翁」
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「宇佐八幡神社の由来と金鳴石」

2017年3月12日 (日)

天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」

Tourou1

 これも「山東八幡神社を訪ねて②」で書いたことですが、石鳥居には建立年の文字はありませんが、同時に建立されたと思われる石燈籠には「文政九丙戌九月吉日」の文字が刻まれています。この文政9年(1826)が、石鳥居の建立も江戸時代と推定される根拠。

 燈籠近くの玉垣の柱には「大正四年十一月 御即位式紀念」の文字が刻まれています。これは、大正4年(1915)11月10日に京都御所紫宸殿で行われた大正天皇の即位式を記念して建てられたもの。即位はすぐに行われましたが、即位式と大嘗祭は、前天皇の喪が明けた年の秋冬の間に行われるとは、明治42年(1909)の「登極令」によって決められたことですが、現行憲法ではこの規定はありません。

 幟立てには「平成十四年八月吉日建之」の文字。1枚の写真の中に、江戸から平成までの年号、176年の時の流れが写っていることになりました。

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

 【関連記事】山東八幡神社を訪ねて①―古文書に記された「掛塚村」
 【関連記事】山東八幡神社を訪ねて②―山東八幡神社に残る石鳥居と石燈籠

2017年3月11日 (土)

天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居

Yamahigashi1

 再建のために解体された山東八幡神社ですが、石鳥居は元の場所に立っています。

 以前「山東八幡神社を訪ねて①」でも紹介した、内山真龍資料館で展示されていた古文書をもう一度紹介すると・・・

御注文請證文之叓
一 石鳥居 柱三尺弐寸廻り 笠分壱丈
   同燈籠    但無臺上より
           惣高さ五尺
    代金三拾六両也
右者此度岡崎見影石ニ而前書之御注文被成下書面之通代金三拾六両来代ニ而御差引慥ニ受取申候處実証也然上者當十二月迄ニ其地川口村迄此方ニ而御届ケ可申上候右代金ニ而外之入用等一切相掛り不申候間石屋引請證文差上申候処相違無御座候若又海上如何様成儀御座候共我等御引請申候上者此方ニ而損毛致其御方江少も御世話懸申間敷候為後日證人加判依而如件
  文政五戌六月
             引請人 掛塚村 丈左衛門
             證人  伊三郎
  山東村
    八左衛門殿
    氏子中

Kaketsuka

 つまり、文政5年(1822)6月に、山東の神社の石鳥居と燈籠とを岡崎へ発注したとする文書です。残念ながら、山東八幡神社の石鳥居には建立年を刻んだ文字は見当たりませんが、おそらくこの石鳥居が文書に書かれたものと同一の鳥居。形は渡ヶ島諏訪神社と同じ明神鳥居です。

Yamahigashi4

 渡ヶ島諏訪神社の石鳥居には慶応3年(1867)と刻まれていますので、山東八幡神社の石鳥居の方が45年前の建立。

 「掛塚村 丈左衛門」については、美濃や伊勢の年貢米を江戸へと運んだ廻船問屋であることは分かりましたが、屋号や子孫については不明です。

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

 【関連記事】山東八幡神社を訪ねて①―古文書に記された「掛塚村」
 【関連記事】山東八幡神社を訪ねて②―山東八幡神社に残る石鳥居と石燈籠

2017年3月10日 (金)

天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社

Yamahigashi2

 「渡ヶ島諏訪神社を訪ねて③」で書いたように、北遠の石鳥居の建立年代について調べてみたくなり、先ずは比較的古くに建てられたと思う二俣周辺の神社から回ってみました。

 中でも1番気になるのは、以前「山東八幡神社を訪ねて①」「山東八幡神社を訪ねて②」で紹介した山東八幡神社からです。

Yamahigashi3

 ところが、驚いたことに山東八幡神社の境内にあったはずの社殿の姿が見当たりません。たまたま訪れていた近所の住人によれば、古くなった社殿は建て直しのため解体され、本殿と若宮はシートの中に移座して祀られているとのこと。

 社殿前にあった大杉も伐り倒され、本殿があった背後の斜面にはブルーシートが掛けられていました。

 でも、石鳥居は以前のままでしたので、近づいてみました。

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

 【関連記事】山東八幡神社を訪ねて①―古文書に記された「掛塚村」
 【関連記事】山東八幡神社を訪ねて②―山東八幡神社に残る石鳥居と石燈籠

天竜川・そまびとの会

天気予報