だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

⇒原田橋・迂回仮設道路情報 Feed

2017年3月12日 (日)

そして、再び国道473号河川内仮設道路

Kasetsudouro1

 国道473号河川内仮設道路を東から西へと車を走らせた帰りには、もちろん再びドライバーを交代し、仮設道路を西から東へと走りました。

 走り始めてすぐに正面に見える白い建物は、この4月から湖北高校佐久間分校として再スタートする佐久間高校です。

Kasetsudouro2

 河川内のほぼ中間地点に沈下橋があり、橋を渡ると道路は北を向き、崩落した原田橋や新橋の建設現場が見えます。

 「ゆっくり走って」と言いながらシャッターを切ると、前を走るダンプとの車間が開き過ぎ、後続の車にも迷惑をかけることになります。カシャ!カシャ!と2コマだけにして、前の車を追いかけてもらいました。

 【関連記事】再び国道473号河川内仮設道路

 【関連記事】久々に走った国道473号河川内仮設道路

再び国道473号河川内仮設道路

Haradabashi1

 佐久間の住民のみなさんに不自由を強いることになった国道473号原田橋崩落事故。浦川地区と佐久間地区を結ぶ河川内仮設道路に、再び車を走らせました。

Haradabashi2

 仮設道路は片道交互通行ですから、対向車はありません。ドライバーを交代し、私は助手席に座って、モニターも見ずにカシャ!カシャ!。

Haradabashi3

 帰宅後、斜めに写った画像を回転させて修正、車の窓枠はトリミング。崩落した山の斜面や、新々原田橋の建設工事現場も写っていました。

Haradabashi4

 今年も必ず訪れる雨の季節が心配です。でも、安全な新橋を建設しないことには安心できません。しばらくは、我慢するしかないことは分かっているつもりですが・・・。

 【関連記事】そして、再び国道473号河川内仮設道路

 【関連記事】久々に走った国道473号河川内仮設道路

2017年2月20日 (月)

久々に走った国道473号河川内仮設道路

Ukairo1

 崩落した国道473号の原田橋下流、河川内仮設道路を走りました。

Ukairo2

 これまでに走ったのは西の浦川から東の佐久間に向かってだったのですが、今回は初めて佐久間から浦川へ。そして、浦川から佐久間へと戻り、往復で走りました。

 何か新しい情報は・・・?特にありません。ただ、走ったというだけ。

2017年2月 7日 (火)

松山公園に登る④―新々原田橋工事現場

44ban

 松山公園に並ぶ新しい石仏の台座には個人名ではなく「和讃講」の文字が刻まれています。かつては、この和讃講の人たちが中心となり、祭事が執り行われていたとのこと。

Haradabashi2

 この和讃講は、大正4年(1915)に架けられた初代「原田橋」を背景に撮影された松原弘法の写真に写っているこの人たちかも知れません。

Haradabashi4

 山道が大きく西側に張り出したところに「四十四番」の石仏があります。ここから見下ろすと、眼下に見えるのは天竜川と新々原田橋の工事現場。かつてあった松原弘法は、河川内仮設道路の外側、佐久間高校(平成29年度からは静岡県立浜松湖北高等学校佐久間分校)の辺りのようです。

 さて、「四十四番」の石仏の石仏があるここらが「北遠四國八十八ヶ所」の中間地点。でも、まだ展望台までの半分には来ていません。かろうじて道は見えるものの、ほぼ藪漕ぎ状態です。

 【関連記事】松山公園に登る①―雪の竜頭山
 【関連記事】松山公園に登る②―写し霊場
 【関連記事】松山公園に登る③―再建された三十番台
 【関連記事】松山公園に登る⑤―展望台からの絶景
 【関連記事】松山公園に登る⑥―花崗岩と真砂土の道

 【関連記事】絵葉書「天然の美・人工の驚異 佐久間ダム」―その①
 【関連記事】ちょっと古い絵葉書「天竜奥三河国定公園 佐久間ダム」
 【関連記事】絵葉書「天然の美・人工の驚異 佐久間ダム」―その③
 【関連記事】佐久間ダムを見下ろす「松山公園」①―約1キロの遊歩道入口
 【関連記事】佐久間ダムを見下ろす「松山公園」②―弘法大師と稲荷神
 【関連記事】佐久間ダムを見下ろす「松山公園」③―参道みたいな遊歩道
 【関連記事】佐久間ダムを見下ろす「松山公園」④―展望台からダムが見えた!
 【関連記事】佐久間ダムを見下ろす「松山公園」⑤―半場を見下ろす
 【関連記事】初夏の松山公園に登る①―まだ蕾のトンボソウとギンラン
 【関連記事】初夏の松山公園に登る②―イワカガミの花後とキンモンガ
 【関連記事】初夏の松山公園に登る③―佐久間ダムの遠望
 【関連記事】初夏の松山公園に登る④―雁皮(ガンピ)の花
 【関連記事】初夏の松山公園に登る⑤―五葉松と佐久間ダム

 【関連記事】橋が落ち2人巻き込まれる 天竜川またぐ国道で土砂崩れ
 【関連記事】土砂崩れ、2人心肺停止=橋流される―浜松
 【関連記事】浜松で土砂崩れ、橋が崩落 市職員2人心肺停止
 【関連記事】<土砂崩れ>浜松で斜面崩れ橋も崩落 市職員2人死亡
 【関連記事】静岡・国道で土砂崩れ 調査中の市職員2人死亡
 【関連記事】国道つり橋落ち2人死亡 市職員、土砂崩れ監視中
 【関連記事】突然の地響き 橋崩落 犠牲2職員逃げ場なく 天竜区土砂崩れ
 【関連記事】「予見できなかった」 市が会見 新しい橋建設中に
 【関連記事】橋崩落、市職員2人死亡 浜松・天竜区で落石調査中
 【関連記事】<浜松・橋崩落>静岡県警が実況見分
 【関連記事】佐久間から届いた原田橋崩落現場の写真
 【関連記事】<浜松・橋上ルポ>地響き「逃げろ」 消えた橋
 【関連記事】<浜松・橋崩落>静かな山あい、騒然 
 【関連記事】<浜松・橋崩落>老朽化で新橋着工 規制、補修繰り返す
 【関連記事】崩落の橋付近に仮設道路設置へ 浜松市
 【関連記事】「仕事場へ1、2時間余計に」迂回路なく住民戸惑い
 【関連記事】<浜松・橋崩落>仮設道路設置へ 開通時期見通せず
 【関連記事】天竜区の橋崩落 危険性を市に数度指摘
 【関連記事】<浜松・橋崩落>斜面いまだ不安定 詳細調査阻む
 【関連記事】天竜区橋崩落事故 仮設道路きょう着工 今月中旬にも開通
 【関連記事】<浜松・橋崩落>弱者の「足」再開 タクシー会社奮起
 【関連記事】仮設道路は17日開通 天竜区橋崩落 新橋の完成遅延へ
 【関連記事】事故後初めて雨 慎重に撤去作業 天竜区橋崩落
 【関連記事】崩落から1週間 新橋建設の判断難しく
 【関連記事】<牙をむく山>佐久間・原田橋崩落(上) まさか橋ごと・・・
 【関連記事】<牙をむく山>佐久間・原田橋崩落(中) 町分断、生活不安
 【関連記事】<牙をむく山>佐久間・原田橋崩落(下) 住民の懸念現実に
 【関連記事】天竜区・原田橋崩落から1年 仮設道路 不便続く
 【関連記事】犠牲の市職員2人追悼 浜松・原田橋崩落1年
 【関連記事】原田橋崩落あす2年 再建3年後、住民我慢

2017年2月 1日 (水)

原田橋崩落2年 浜松・佐久間、犠牲者の冥福祈る

Tsuitoushiki

 浜松市天竜区佐久間町の天竜川に架かる国道473号「原田橋」の崩落事故から2年を迎えた31日、市土木部の職員らが現場を訪れ、犠牲となった市天竜土木整備事務所職員2人の冥福を祈った。

 職員らは、橋のたもとだった場所に設置された献花台で黙とうをささげた。同事務所の白柳裕一所長(57)は「早いのか遅いのか、2年が過ぎた。新しい橋の工事は順調に進んでいる。2人のご冥福を祈り、工事を見守ってもらえたら」と話した。

 仮設道路は整備され以前より通行しやすくなったが、佐久間ダムが放流されると、通行止めになるのは変わらない。天竜川右岸の浦川地区で日本料理店を営む男性(52)は仮設道路の通行止めの影響で、予約のキャンセルが相次ぐことに頭を悩ましている。弁当の配達も約2時間掛けて迂回(うかい)路を通行したり、地元住民の協力を得て電車で運んでもらったりと不便が続く。

 原田橋に替わる「新々原田橋」(全長284メートル)は現在、橋脚部分を工事中で、2019年度末の完成を目指す。男性は「一刻も早く完成してほしい」と切実に願った。

 <メモ>原田橋崩落事故 浜松市天竜区佐久間町の天竜川に架かる国道473号「原田橋」が2015年1月31日、土砂崩れで崩落し、橋上にいた浜松市職員2人が死亡した。国道473号は地域の重要な生活道路で、市は崩落の約2週間後に河川内を通る仮設道路を開設。原田橋に替わる「新々原田橋」は16年10月に着工した。(「静岡新聞」より)

 誰もが忘れてはいけない事故の記憶。2度と繰り替えしませんように。

 【関連記事】橋が落ち2人巻き込まれる 天竜川またぐ国道で土砂崩れ
 【関連記事】土砂崩れ、2人心肺停止=橋流される―浜松
 【関連記事】浜松で土砂崩れ、橋が崩落 市職員2人心肺停止
 【関連記事】<土砂崩れ>浜松で斜面崩れ橋も崩落 市職員2人死亡
 【関連記事】静岡・国道で土砂崩れ 調査中の市職員2人死亡
 【関連記事】国道つり橋落ち2人死亡 市職員、土砂崩れ監視中
 【関連記事】突然の地響き 橋崩落 犠牲2職員逃げ場なく 天竜区土砂崩れ
 【関連記事】「予見できなかった」 市が会見 新しい橋建設中に
 【関連記事】橋崩落、市職員2人死亡 浜松・天竜区で落石調査中
 【関連記事】<浜松・橋崩落>静岡県警が実況見分
 【関連記事】佐久間から届いた原田橋崩落現場の写真
 【関連記事】<浜松・橋上ルポ>地響き「逃げろ」 消えた橋
 【関連記事】<浜松・橋崩落>静かな山あい、騒然 
 【関連記事】<浜松・橋崩落>老朽化で新橋着工 規制、補修繰り返す
 【関連記事】崩落の橋付近に仮設道路設置へ 浜松市
 【関連記事】「仕事場へ1、2時間余計に」迂回路なく住民戸惑い
 【関連記事】<浜松・橋崩落>仮設道路設置へ 開通時期見通せず
 【関連記事】天竜区の橋崩落 危険性を市に数度指摘
 【関連記事】<浜松・橋崩落>斜面いまだ不安定 詳細調査阻む
 【関連記事】天竜区橋崩落事故 仮設道路きょう着工 今月中旬にも開通
 【関連記事】<浜松・橋崩落>弱者の「足」再開 タクシー会社奮起
 【関連記事】仮設道路は17日開通 天竜区橋崩落 新橋の完成遅延へ
 【関連記事】事故後初めて雨 慎重に撤去作業 天竜区橋崩落
 【関連記事】崩落から1週間 新橋建設の判断難しく
 【関連記事】<牙をむく山>佐久間・原田橋崩落(上) まさか橋ごと・・・
 【関連記事】<牙をむく山>佐久間・原田橋崩落(中) 町分断、生活不安
 【関連記事】<牙をむく山>佐久間・原田橋崩落(下) 住民の懸念現実に
 【関連記事】天竜区・原田橋崩落から1年 仮設道路 不便続く
 【関連記事】犠牲の市職員2人追悼 浜松・原田橋崩落1年
 【関連記事】原田橋崩落あす2年 再建3年後、住民我慢
 【関連記事】天国から工事見守って 原田橋崩落2年 遺族や同僚、献花

天国から工事見守って 原田橋崩落2年 遺族や同僚、献花

Haradabashi594

 浜松市天竜区佐久間町の天竜川に架かる国道473号のつり橋原田橋が崩落してから、31日で2年となった。現場には献花台が設けられ、遺族や同僚らが、亡くなった浜松市職員2人の冥福を祈った。

 現場では、落石がひんぱんになった右岸斜面を監視していた天竜土木整備事務所の安野彰恭さん=当時(57)、茶谷富士雄さん=同(45)=が橋から落ち犠牲となった。

 献花台には、たくさんの花束や缶ビールなどが供えられた。

 マラソンが趣味だった茶谷さんに宛てた「天国でもランニングしてますか?」というメモや、安野さんに宛てた「朝晩あいさつしてるの気づいてますか?」といったメモが添えられた花束もあった。

 天竜土木整備事務所の白柳裕一所長(57)は「新しい橋の工事も順調に進んでいるので、見守っていただきたいと手を合わせた」と話した。(「中日新聞」より)

 あれから2年。不自由な暮らしは続きますが、2度とこんな事故を起こさないような安全で安心できる橋を架けてください。

 【関連記事】橋が落ち2人巻き込まれる 天竜川またぐ国道で土砂崩れ
 【関連記事】土砂崩れ、2人心肺停止=橋流される―浜松
 【関連記事】浜松で土砂崩れ、橋が崩落 市職員2人心肺停止
 【関連記事】<土砂崩れ>浜松で斜面崩れ橋も崩落 市職員2人死亡
 【関連記事】静岡・国道で土砂崩れ 調査中の市職員2人死亡
 【関連記事】国道つり橋落ち2人死亡 市職員、土砂崩れ監視中
 【関連記事】突然の地響き 橋崩落 犠牲2職員逃げ場なく 天竜区土砂崩れ
 【関連記事】「予見できなかった」 市が会見 新しい橋建設中に
 【関連記事】橋崩落、市職員2人死亡 浜松・天竜区で落石調査中
 【関連記事】<浜松・橋崩落>静岡県警が実況見分
 【関連記事】佐久間から届いた原田橋崩落現場の写真
 【関連記事】<浜松・橋上ルポ>地響き「逃げろ」 消えた橋
 【関連記事】<浜松・橋崩落>静かな山あい、騒然 
 【関連記事】<浜松・橋崩落>老朽化で新橋着工 規制、補修繰り返す
 【関連記事】崩落の橋付近に仮設道路設置へ 浜松市
 【関連記事】「仕事場へ1、2時間余計に」迂回路なく住民戸惑い
 【関連記事】<浜松・橋崩落>仮設道路設置へ 開通時期見通せず
 【関連記事】天竜区の橋崩落 危険性を市に数度指摘
 【関連記事】<浜松・橋崩落>斜面いまだ不安定 詳細調査阻む
 【関連記事】天竜区橋崩落事故 仮設道路きょう着工 今月中旬にも開通
 【関連記事】<浜松・橋崩落>弱者の「足」再開 タクシー会社奮起
 【関連記事】仮設道路は17日開通 天竜区橋崩落 新橋の完成遅延へ
 【関連記事】事故後初めて雨 慎重に撤去作業 天竜区橋崩落
 【関連記事】崩落から1週間 新橋建設の判断難しく
 【関連記事】<牙をむく山>佐久間・原田橋崩落(上) まさか橋ごと・・・
 【関連記事】<牙をむく山>佐久間・原田橋崩落(中) 町分断、生活不安
 【関連記事】<牙をむく山>佐久間・原田橋崩落(下) 住民の懸念現実に
 【関連記事】天竜区・原田橋崩落から1年 仮設道路 不便続く
 【関連記事】犠牲の市職員2人追悼 浜松・原田橋崩落1年
 【関連記事】原田橋崩落あす2年 再建3年後、住民我慢
 【関連記事】原田橋崩落2年 浜松・佐久間、犠牲者の冥福祈る

2017年1月30日 (月)

原田橋崩落あす2年 再建3年後、住民我慢

Haradabashi1

◆東西往来 仮設道頼り

 浜松市天竜区佐久間町の天竜川に架かるつり橋・原田橋が崩落し、31日で2年になる。約200メートル下流では、新しい橋の建設が始まり、2020年春ごろ完成の予定だ。それまでは町の東西を、仮設道路で行き来する不便が続く。

 天竜川の両岸は、河川敷を走る仮設道路で結ばれている。凸凹で走るたび車が大きく揺れた以前の路面と違い、今はコンクリートで平らになり走りやすい。だが上流の佐久間ダムが放流を決めると、行き来できなくなるのは相変わらずだ。

 右岸の川合地区に住む女性(82)は、崩落した日の朝も、対岸にある高齢者施設にバスで出かけた。帰りには朝渡った橋がなかった。

 “脳トレ”と呼ぶ施設での教室が楽しみ。ゲームや体操をわいわい楽しむ。年が明け、早速ダムの放流で仮設道路が止まり、休みになった。「家では、こたつに入ったっきり。休みになると、さみしいやぁ」

 JR飯田線の浦川駅近く。理容店の三代目、乗本(のりもと)和男さん(49)は店を改装した。オセロのような黒白の床。ピンクのソファ。赤い扉を押し入店するとジュークボックスが迎える。山の「ロックな床屋さん」だ。

Haradabashi2

 仮設道路が止まれば、対岸の客から理髪の予約キャンセルが入ることもある。だが新しい橋の完成を待たず集客力の向上に努める。

 頭から爪先まで、全身を洗える洗浄剤やエルビス・プレスリーをイメージした整髪料を置き、フェイスブックなどで発信する。遠方からの客も少なくない。

 「『あそこにいかないと買えないよ』という、個の魅力を出していかないと」

 新たな橋の工事は、いまは2本の橋脚の土台となる部分を川底のさらに約14メートル地中の岩盤まで、沈める工事が進む。

 天竜土木整備事務所の白柳裕一所長(56)は「橋の早期完成は、地域の希望であり、亡くなった職員の遺族の望みでもある。全力で進めたい」と話す。

 <原田橋の崩落> 2015年1月31日午後5時10分ごろ、浜松市天竜区佐久間町の天竜川に架かる国道473号の原田橋(長さ138メートル、幅5メートル)が、天竜川右岸の斜面が高さ70メートル、幅30メートルにわたり三角形に崩れたことで、橋をつるケーブルが固定されていたアンカーごと落ちた。橋の上で斜面を監視していた浜松市天竜土木整備事務所の安野彰恭さん=当時(57)、茶谷富士雄さん=同(45)=が死亡した。(「中日新聞」より

 早いもので、あれから2年。過ぎた日は早く感じますが、再建までの3年はかなり先。まだまだ、我慢が続きます。

 【関連記事】橋が落ち2人巻き込まれる 天竜川またぐ国道で土砂崩れ
 【関連記事】土砂崩れ、2人心肺停止=橋流される―浜松
 【関連記事】浜松で土砂崩れ、橋が崩落 市職員2人心肺停止
 【関連記事】<土砂崩れ>浜松で斜面崩れ橋も崩落 市職員2人死亡
 【関連記事】静岡・国道で土砂崩れ 調査中の市職員2人死亡
 【関連記事】国道つり橋落ち2人死亡 市職員、土砂崩れ監視中
 【関連記事】突然の地響き 橋崩落 犠牲2職員逃げ場なく 天竜区土砂崩れ
 【関連記事】「予見できなかった」 市が会見 新しい橋建設中に
 【関連記事】橋崩落、市職員2人死亡 浜松・天竜区で落石調査中
 【関連記事】<浜松・橋崩落>静岡県警が実況見分
 【関連記事】佐久間から届いた原田橋崩落現場の写真
 【関連記事】<浜松・橋上ルポ>地響き「逃げろ」 消えた橋
 【関連記事】<浜松・橋崩落>静かな山あい、騒然 
 【関連記事】<浜松・橋崩落>老朽化で新橋着工 規制、補修繰り返す
 【関連記事】崩落の橋付近に仮設道路設置へ 浜松市
 【関連記事】「仕事場へ1、2時間余計に」迂回路なく住民戸惑い
 【関連記事】<浜松・橋崩落>仮設道路設置へ 開通時期見通せず
 【関連記事】天竜区の橋崩落 危険性を市に数度指摘
 【関連記事】<浜松・橋崩落>斜面いまだ不安定 詳細調査阻む
 【関連記事】天竜区橋崩落事故 仮設道路きょう着工 今月中旬にも開通
 【関連記事】<浜松・橋崩落>弱者の「足」再開 タクシー会社奮起
 【関連記事】仮設道路は17日開通 天竜区橋崩落 新橋の完成遅延へ
 【関連記事】事故後初めて雨 慎重に撤去作業 天竜区橋崩落
 【関連記事】崩落から1週間 新橋建設の判断難しく
 【関連記事】<牙をむく山>佐久間・原田橋崩落(上) まさか橋ごと・・・
 【関連記事】<牙をむく山>佐久間・原田橋崩落(中) 町分断、生活不安
 【関連記事】<牙をむく山>佐久間・原田橋崩落(下) 住民の懸念現実に
 【関連記事】天竜区・原田橋崩落から1年 仮設道路 不便続く
 【関連記事】犠牲の市職員2人追悼 浜松・原田橋崩落1年
 【関連記事】天国から工事見守って 原田橋崩落2年 遺族や同僚、献花
 【関連記事】原田橋崩落2年 浜松・佐久間、犠牲者の冥福祈る

2016年12月29日 (木)

原田橋通行を再開

 浜松市は、天竜川の河川内を通る国道473号の原田橋(天竜区佐久間町)の仮設道路の通行を、28日午後5時45分に再開した。上流の佐久間ダムの放流のため、27日午後4時半から通行止めにしていた。(「中日新聞」より)

 既報ですが、新聞記事も掲載します。

2016年12月28日 (水)

【通行再開予告】国道473号(原田橋)河川内仮設道路の通行再開について

 佐久間ダム放流のため、12月27日(火曜日)午後4時30分から通行止めとしている河川内仮設道路につきまして、12月28日(水曜日)午後3時45分にダム放流が終了し、河川の水位が低下しましたので復旧作業に入りました。

 なお、本日午後6時00分に通行再開する予定です。(「浜松市公式HPより)

Tuukodome

 先ほど佐久間から戻りました。天竜川には濁流が流れ、大輪橋北の電光表示は「通行止め」でしたが、今夕には通行ができるようになりそうです。

2016年12月27日 (火)

【通行止め事前情報2】国道473号(原田橋)河川内仮設道路の通行止めについて

 本日27日(火曜日)午後7時頃より、佐久間ダム放流の可能性が高くなりました。このため、本日27日(火曜日)午後4時30分頃から、河川仮設道路を通行止めにする予定です。

・お問い合わせ先 浜松市土木部天竜土木整備事務所(電話 053-926-2281)(「浜松市公式HPより)

 先ほど、放流を伝えるサイレンが鳴っていました。再び通行止めの予定です。

天竜川・そまびとの会

天気予報