だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

北遠ツアー情報 Feed

2017年3月19日 (日)

高根城跡に直虎効果 ロケ地水窪、見学ツアー好評

Takanejo606

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のロケ地になった浜松市天竜区水窪町の高根城跡を訪れる観光客が、じわじわと増えている。市最北部で観光客の足が向きにくいのが難点だが、忠実に再現された中世の山城と展望の良さが訪れた人を魅了。地元の観光協会好調な見学バスツアーを増やす計画で、市も景観整備などで後押しする。

 「ここで亀之丞(井伊直親)が笛を吹きました」。地元のボランティアガイド入口忠男さん(69)が、眼下に集落を望む散策路の一角に立った。天竜区観光協会水窪支部の主催で10日に開かれた遠鉄西鹿島駅発着のツアーに、県内の23人が参加した。

 標高420メートルにあり、周囲を1,000メートル級の山々が囲む。城門や深さ9メートルの空堀、高さ8メートルの物見櫓が復元されている。「ドラマでは町がぼかされていましたね」と入口さん。友人と参加した袋井市松原の主婦沢口弘子さん(72)は「こんな高い所によく城ができたと思う。景色が良く無の気持ちになれる」と満足げだ。

 ドラマ初回から登場した効果は大きく、町内の資料館巡りなどとセットのツアー(料金6,000円)は募集後すぐ定員20人を超え、キャンセル待ちに。18日のツアーも埋まった。毎年3、4回開くが、応募が少なく催行できないこともあった。協会によると、例年は雪で1~3月の客はまばらだが、今年は30件近く場所の問い合わせがあり、山道入り口の10台ほどの駐車場が埋まる日も。

 水窪は高齢化率56%超と過疎化が進み、交流人口の増加が課題。支部職員の井上保典さん(60)は「もともと戦国の山城として愛好家の評価は高い。直虎効果の波に乗りたい」。水窪に客足を呼び込む好機と、2017年度のツアー催行を例年の2倍の7、8回に増やす計画だ。

 市も観光客の増加を見据え、城跡の見通しを良くするため1~3月に周辺の木々を伐採した。注目が集まる戦国の山城周遊を促そうと、徳川信康ゆかりの二俣城(天竜区二俣町)に山城巡りの看板も設置した。

 担当者は「今後は二俣城にも客が増えそう。そこから北に足を延ばしてほしい」と、直虎効果を広げたい考えだ。ツアーの問い合わせは天竜区観光協会水窪支部=電053(987)0432=へ。

 【高根城跡】地域の豪族の奥山氏が1414年、近くを流れる水窪川と山あいの地形を利用し築城したとされる。遠江に侵攻する武田氏に支配されて堀などが改修されたが、武田氏が織田、徳川の連合軍に長篠の戦いで敗れて廃城になった。旧水窪町がドラマの時代考証を務めた小和田哲男・静岡大名誉教授を会長に整備計画の委員会を設置。発掘調査に基づいて1999~2003年度に復元した。(「中日新聞」より)

 元々、高根城はファンに人気の山城。そこに直虎効果が加わり、客足が伸びているようです。

 【関連記事】「おんな城主 直虎」の青葉の笛を吹くシーンの背景は水窪の高根城

 【関連記事】「高根城公園森の砦」の木製遊具
 ●北遠の山城「高根城」は、永正年間(1504-21)に北遠の豪族奥山氏が築城し・・・
 【関連記事】「広報はままつ」天竜区版 歴史探訪―「高根城跡」
 【関連記事】「広報はままつ」全市版・表紙の写真「高根城」
 【関連記事】フレーム切手セット「北遠江戦國史 高根城」発売
 【関連記事】武田式築城の特徴―高根城に残る「二重堀切」
 【関連記事】11月20日、「高根城戦国祭り」迫る
 【関連記事】わが町の「高根城」夢や期待いっぱい 浜松・水窪町で戦国まつり
 【関連記事】遠来人北遠ツアー⑨高根城址
 【関連記事】秋の水窪 神社や城址めぐり 来月5日 参加者を募集
 【関連記事】高根城の「木使い」拝見!①―木製階段と木道
 【関連記事】高根城の「木使い」拝見!②―砦の森の木製遊具
 【関連記事】浜松戦国山城まつり テーマは「仮装」 11月に高根城で
 【関連記事】「感動」の高根城の魅力 きょう戦国山城まつり
 【関連記事】「高根城跡と上村遺跡」―千葉からの便り③
 【関連記事】水窪町の雪景色―上村の鈴木さん、ありがとう!
 【関連記事】「水窪森林鉄道」の名残り―上村のホースタワー
 【関連記事】見上げても見下ろしても水窪町地頭方字上村

 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる①―井伊共保出生の井戸と井筒紋
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる②―龍潭寺山門と仁王門
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる③―龍潭寺開山堂と井筒紋
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる④―井伊氏歴代墓所
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑤―井伊谷宮の摂社・井伊社
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑥―渭伊神社と天白磐座遺跡
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑦―渭伊神社の龍と石積みの勾玉
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑧―直虎の菩提寺、妙雲寺

2017年3月10日 (金)

外国人らが里山の魅力体験 天竜区で誘客ツアー

Kunma

 外国人を対象に浜松市天竜区の自然や文化に触れてもらう市主催の宿泊体験ツアーが、天竜区熊の農家民宿くんま遊楽亭で1泊2日で開かれた。

 市によると、天竜区の昨年度の宿泊者数は519人で、このうち外国人客は1人もいなかった。里山の魅力を打ち出し、天竜区にも外国人客を呼び込める態勢をつくりたいと企画。参加費4,000円で県内在住者を中心に米国、ドイツ国籍などの10人が集まった。

 参加者はまき割りや窯を使ったピザづくりなどを体験し、地元で捕れたシカ肉の揚げ物などジビエ料理を味わった。市の担当者は「もう一度来たいという声もあり、手応えを感じた。アンケートを参考に今後の集客に生かしたい」と話した。(「中日新聞」より)

 「熊」は英語では「bear」。英語圏の人たちは、ちょっぴり怖がるかもね?

 【関連記事】古民家活用、農家民宿に 浜松でオープン
 【関連記事】農家民宿が初オープン 浜松市天竜区で県内第1号
 【関連記事】北遠の魅力、再確認を 浜松市天竜区熊の道の駅で移住・定住者交流会
 【関連記事】野菜収穫、炭焼き、茶摘み 農家民宿開業 天竜区熊
 【関連記事】農家民宿「くんま遊楽亭 あそびや」で見たモリアオガエルの卵塊
 【関連記事】心ふれあう山里の宿/くんまの新住民(上)―朝日新聞
 【関連記事】2人の夢 この地から/くんまの新住民(下)―朝日新聞
 【関連記事】「田舎暮らしを満喫!農家民宿がアツい」―SBSテレビ
 【関連記事】「くんま遊楽亭あそびや」で咲く春蘭
 【関連記事】ゆっくりと時間が流れる大地野の「あそびや」
 【関連記事】まちあるき「浦川」PartⅡ⑩―農家民宿「くんま遊楽亭 あそびや」

2017年2月26日 (日)

山城歩きの参加者たちを案内して犬居城址へ

 先日(2月22日)に続き、25日(土)にも、名古屋発の日帰りツアー、クラブツーリズム「100名城山城シリーズ静岡編」のバスが春野にやって来ました。

Yamajiro1 Yamajiro2
Yamajiro3 Yamajiro4

 今回の参加者は40人で、バスは満車。前回と同じく国道362号、犬居高架橋近くでバスを降り、階段を登って市道に出て、高架橋を歩いて渡り犬居城址入口へ向かいました。

 今回のメーンガイドは日名地さん。日名地さんの解説は、襟に付けたマイクを通して参加者のイヤホンに流れますので、参加者の列は長くなりましたが心配ありません。

 神主でもある日名地さんは、春野の歴史や山城については相当勉強しています。私のガイドよりもかなり専門的な解説。時間もたっぷりかけましたので、参加者たちの満足度は高かったと思います。

Yamajiro5 Yamajiro6
Yamajiro7 Yamajiro8
Yamajiro9 Yamajiro10

 山城は防御のための砦ですから、簡単に登れるようではいけません。急な坂、崩れやすい地形に加え、新たに加えた堀切や土塁で攻撃の手から守ります。そんな山城ですから、歩く距離は短くても、息が切れて喉が渇きます。

 足元に気をつけて歩いていただき、バスが待機していた「春野ふれあい公園」に到着し、サヨナラしたのは午後4時30分。約1時間20分の山城歩きを無事に終了しました。

 【関連記事】「100名城山城シリーズ静岡編」で犬居城址をガイド

 【関連記事】犬居城址を訪ねて①―「春野ふれあい公園」から見上げた犬居城址
 【関連記事】犬居城址を訪ねて②―気温0℃の朝
 【関連記事】犬居城址を訪ねて③―「⇐犬居城址 Inui Castle Ruins」
 【関連記事】犬居城址を訪ねて④―「かし鳥に・・・」其角の句碑
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑤―崩れやすい粘板岩の山肌
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑥―曲輪、堀切
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑦―二の曲輪、本曲輪
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑧―物見曲輪からの眺望と役行者像
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑨―東海自然歩道
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑩―春野ふれあい公園
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑪―井戸曲輪

 【関連記事】犬居城の武田側が要塞化 浜松市が調査結果発表
 【関連記事】山城見学会①―瑞雲坂、大日如来、穴開き石
 【関連記事】山城見学会②―堀之内城山城跡を訪ねて
 【関連記事】山城見学会③―戦国の風が吹く犬居城跡に立つ
 【関連記事】山城見学会④―犬居城址の行者石像
 【関連記事】「はるの山城見学ウォーキング・イラストマップ」無料配布!
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」11月6日、13日開催
 【関連記事】不思議な絆―「山城ウォーキング」
 【関連記事】瑞雲坂を登り、大日如来様にお参りし、山城へ
 【関連記事】「山城ウォーキングツアー」受け入れの準備完了!
 【関連記事】道草ばかりの「山城ウォーキング」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」で使う杖を手作り
 【関連記事】第1回「はるの山城ウォーキングツアー」終了
 【関連記事】小雨の中で聴く戦国ロマン―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】松本屋旅館で辰巳講師の話を聴く―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】戦国の山城、犬居城址に登る―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して②―堀之内の城山(鞍掛古城)
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して③―犬居城
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー①―迎えてくれた春野の紅葉
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂と大日如来
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー③―堀之内城山(鞍掛城)跡
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑤―犬居城址
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑥―天野氏の菩提寺「瑞雲院」
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑦―月花園、くまの親子
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑧―新宮池とサッパ船
 【関連記事】山城ガイドに備え、犬居城址までをルートチェック
 【関連記事】山城ボランティアガイド①―ふれあい公園⇒坂下駐車場
 【関連記事】山城ボランティアガイド②―九里橋⇒庚申様
 【関連記事】山城ボランティアガイド③―大堀切⇒犬居城址へ
 【関連記事】山城ボランティアガイド④―展望台、曲輪、堀切
 【関連記事】山城ボランティアガイド⑤―春野漁協「憩いの家」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」参加者募集!
 【関連記事】秋の山城ウォーク①―落ちた枝が散らばる瑞雲坂
 【関連記事】秋の山城ウォーク②―堀之内の城山
 【関連記事】秋の山城ウォーク③―補修工事中の瑞雲院山門
 【関連記事】秋の山城ウォーク④―秋まだ浅い犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー①―曇り空の下を春野へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂を登り、堀之内の城山へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー③―雨の瑞雲院
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー④―昼食は「門前屋」で
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑤―雨上がりの犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑥―月花園、くまの親子

2017年2月24日 (金)

犬居城址を訪ねて⑪―井戸曲輪

Inuijyo

 犬居城址を歩くクラブツーリズムの日帰りツアー「100名城山城シリーズ静岡編」のバスを迎える少し前、以前から確認したいと思っていた井戸曲輪まで歩いてみました。

 浜松市文化財課が作った縄張り図や鳥瞰図には、本曲輪北の低い場所に「井戸曲輪」が描かれています。山城に籠城する事態を想定すれば、敵が攻めて来ない側の安全な位置に水源となる井戸を確保することは欠かせません。もしも、水の手を断たれてしまえば、備蓄された水があったとしても長い期間、そこで暮らすことはできません。

Ido3

 場所は鳥瞰図で想定し、袖曲輪を下りるように山の斜面を下へ、下へ。すると、その先に曲輪のような平場が見えて来ました。どうやら、あそこが井戸曲輪のようです。

Ido2

 予想通り、平場に降り立つと、ウラジロの葉に隠れるように水が湧く場所がありました。井戸と呼べるような水脈まで打ち抜く形ではありませんが、雨が少ないこの時期に水が湧いていれば、ほぼ1年中絶えることはないはず。

 犬居城の城内に、気田川の水を汲み上げる櫓を造るのは無理。人力で運んだとしてもその量は知れています。

 山城に井戸は必須。ツアー参加者にここまで降りていただくことができないのが残念です。

 【関連記事】「100名城山城シリーズ静岡編」で犬居城址をガイド
 【関連記事】山城歩きの参加者たちを案内して犬居城址へ

 【関連記事】犬居城址を訪ねて①―「春野ふれあい公園」から見上げた犬居城址
 【関連記事】犬居城址を訪ねて②―気温0℃の朝
 【関連記事】犬居城址を訪ねて③―「⇐犬居城址 Inui Castle Ruins」
 【関連記事】犬居城址を訪ねて④―「かし鳥に・・・」其角の句碑
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑤―崩れやすい粘板岩の山肌
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑥―曲輪、堀切
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑦―二の曲輪、本曲輪
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑧―物見曲輪からの眺望と役行者像
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑨―東海自然歩道
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑩―春野ふれあい公園

 【関連記事】犬居城の武田側が要塞化 浜松市が調査結果発表
 【関連記事】山城見学会①―瑞雲坂、大日如来、穴開き石
 【関連記事】山城見学会②―堀之内城山城跡を訪ねて
 【関連記事】山城見学会③―戦国の風が吹く犬居城跡に立つ
 【関連記事】山城見学会④―犬居城址の行者石像
 【関連記事】「はるの山城見学ウォーキング・イラストマップ」無料配布!
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」11月6日、13日開催
 【関連記事】不思議な絆―「山城ウォーキング」
 【関連記事】瑞雲坂を登り、大日如来様にお参りし、山城へ
 【関連記事】「山城ウォーキングツアー」受け入れの準備完了!
 【関連記事】道草ばかりの「山城ウォーキング」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」で使う杖を手作り
 【関連記事】第1回「はるの山城ウォーキングツアー」終了
 【関連記事】小雨の中で聴く戦国ロマン―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】松本屋旅館で辰巳講師の話を聴く―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】戦国の山城、犬居城址に登る―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して②―堀之内の城山(鞍掛古城)
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して③―犬居城
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー①―迎えてくれた春野の紅葉
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂と大日如来
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー③―堀之内城山(鞍掛城)跡
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑤―犬居城址
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑥―天野氏の菩提寺「瑞雲院」
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑦―月花園、くまの親子
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑧―新宮池とサッパ船
 【関連記事】山城ガイドに備え、犬居城址までをルートチェック
 【関連記事】山城ボランティアガイド①―ふれあい公園⇒坂下駐車場
 【関連記事】山城ボランティアガイド②―九里橋⇒庚申様
 【関連記事】山城ボランティアガイド③―大堀切⇒犬居城址へ
 【関連記事】山城ボランティアガイド④―展望台、曲輪、堀切
 【関連記事】山城ボランティアガイド⑤―春野漁協「憩いの家」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」参加者募集!
 【関連記事】秋の山城ウォーク①―落ちた枝が散らばる瑞雲坂
 【関連記事】秋の山城ウォーク②―堀之内の城山
 【関連記事】秋の山城ウォーク③―補修工事中の瑞雲院山門
 【関連記事】秋の山城ウォーク④―秋まだ浅い犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー①―曇り空の下を春野へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂を登り、堀之内の城山へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー③―雨の瑞雲院
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー④―昼食は「門前屋」で
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑤―雨上がりの犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑥―月花園、くまの親子

2017年2月23日 (木)

「100名城山城シリーズ静岡編」で犬居城址をガイド

 名古屋発の日帰りツアー、クラブツーリズム「100名城山城シリーズ静岡編」のバスが春野にやって来ました。

Yamajiro1 Yamajiro2

 到着は午後2時50分、国道362号の犬居高架橋近く。大型バスから下りて来る参加者を迎えて犬居城址へ。グルリと山城を回って、春野ふれあい公園に着くまでにかかった時間は約1時間。無事に見送ることができました。

Yamajiro3 Yamajiro4

 天野氏が築いた犬居城址は武田流築城法により改修を受け、はっきりとした横堀や竪堀が残り、物見曲輪跡の展望台に立てば、気田川が流れる麓の風景を手の取るように見ることができます。

 犬居城址の見所はこの眺望。敵の動きを監視し、いざとなったら北へと逃げる退路を確保し、守りを意識して築いた拠点だったようです。

 次の「100名城山城シリーズ静岡編」催行日は2月25日(土)。お待ちしています!

 【関連記事】山城歩きの参加者たちを案内して犬居城址へ

 【関連記事】犬居城址を訪ねて①―「春野ふれあい公園」から見上げた犬居城址
 【関連記事】犬居城址を訪ねて②―気温0℃の朝
 【関連記事】犬居城址を訪ねて③―「⇐犬居城址 Inui Castle Ruins」
 【関連記事】犬居城址を訪ねて④―「かし鳥に・・・」其角の句碑
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑤―崩れやすい粘板岩の山肌
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑥―曲輪、堀切
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑦―二の曲輪、本曲輪
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑧―物見曲輪からの眺望と役行者像
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑨―東海自然歩道
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑩―春野ふれあい公園
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑪―井戸曲輪

 【関連記事】犬居城の武田側が要塞化 浜松市が調査結果発表
 【関連記事】山城見学会①―瑞雲坂、大日如来、穴開き石
 【関連記事】山城見学会②―堀之内城山城跡を訪ねて
 【関連記事】山城見学会③―戦国の風が吹く犬居城跡に立つ
 【関連記事】山城見学会④―犬居城址の行者石像
 【関連記事】「はるの山城見学ウォーキング・イラストマップ」無料配布!
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」11月6日、13日開催
 【関連記事】不思議な絆―「山城ウォーキング」
 【関連記事】瑞雲坂を登り、大日如来様にお参りし、山城へ
 【関連記事】「山城ウォーキングツアー」受け入れの準備完了!
 【関連記事】道草ばかりの「山城ウォーキング」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」で使う杖を手作り
 【関連記事】第1回「はるの山城ウォーキングツアー」終了
 【関連記事】小雨の中で聴く戦国ロマン―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】松本屋旅館で辰巳講師の話を聴く―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】戦国の山城、犬居城址に登る―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して②―堀之内の城山(鞍掛古城)
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して③―犬居城
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー①―迎えてくれた春野の紅葉
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂と大日如来
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー③―堀之内城山(鞍掛城)跡
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑤―犬居城址
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑥―天野氏の菩提寺「瑞雲院」
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑦―月花園、くまの親子
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑧―新宮池とサッパ船
 【関連記事】山城ガイドに備え、犬居城址までをルートチェック
 【関連記事】山城ボランティアガイド①―ふれあい公園⇒坂下駐車場
 【関連記事】山城ボランティアガイド②―九里橋⇒庚申様
 【関連記事】山城ボランティアガイド③―大堀切⇒犬居城址へ
 【関連記事】山城ボランティアガイド④―展望台、曲輪、堀切
 【関連記事】山城ボランティアガイド⑤―春野漁協「憩いの家」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」参加者募集!
 【関連記事】秋の山城ウォーク①―落ちた枝が散らばる瑞雲坂
 【関連記事】秋の山城ウォーク②―堀之内の城山
 【関連記事】秋の山城ウォーク③―補修工事中の瑞雲院山門
 【関連記事】秋の山城ウォーク④―秋まだ浅い犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー①―曇り空の下を春野へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂を登り、堀之内の城山へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー③―雨の瑞雲院
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー④―昼食は「門前屋」で
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑤―雨上がりの犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑥―月花園、くまの親子

2017年2月19日 (日)

犬居城址を訪ねて⑩―春野ふれあい公園

Kudarimichi

 東海自然歩道を離れて「春野ふれあい公園」に到着するまでの時間は約15分。道は土留め階段になってはいますが、傾斜がきついので、1段1段はやや高め。決して気軽には歩けないショートコースです。

Golf

 この道を一気に下り切ると、そこは「春野ふれあい公園」のパターゴルフ場。ここから犬居城址を見上げるとあの展望台が見えます。

Inuijyo

 2月22日(水)、25日(土)に開かれるクラブツーリズム「山城100名城めぐり」の犬居城址ウォークはここが終点。バスは「春野ふれあい公園」の駐車場で待機することになっています。

 私は参加者をご案内するボランティアガイド。トラブルなく満足していただけるように頑張りたいと思っています。

 もうすぐ当日がやって来ます。

 【関連記事】「100名城山城シリーズ静岡編」で犬居城址をガイド
 【関連記事】山城歩きの参加者たちを案内して犬居城址へ

 【関連記事】犬居城址を訪ねて①―「春野ふれあい公園」から見上げた犬居城址
 【関連記事】犬居城址を訪ねて②―気温0℃の朝
 【関連記事】犬居城址を訪ねて③―「⇐犬居城址 Inui Castle Ruins」
 【関連記事】犬居城址を訪ねて④―「かし鳥に・・・」其角の句碑
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑤―崩れやすい粘板岩の山肌
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑥―曲輪、堀切
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑦―二の曲輪、本曲輪
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑧―物見曲輪からの眺望と役行者像
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑨―東海自然歩道
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑪―井戸曲輪

 【関連記事】犬居城の武田側が要塞化 浜松市が調査結果発表
 【関連記事】山城見学会①―瑞雲坂、大日如来、穴開き石
 【関連記事】山城見学会②―堀之内城山城跡を訪ねて
 【関連記事】山城見学会③―戦国の風が吹く犬居城跡に立つ
 【関連記事】山城見学会④―犬居城址の行者石像
 【関連記事】「はるの山城見学ウォーキング・イラストマップ」無料配布!
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」11月6日、13日開催
 【関連記事】不思議な絆―「山城ウォーキング」
 【関連記事】瑞雲坂を登り、大日如来様にお参りし、山城へ
 【関連記事】「山城ウォーキングツアー」受け入れの準備完了!
 【関連記事】道草ばかりの「山城ウォーキング」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」で使う杖を手作り
 【関連記事】第1回「はるの山城ウォーキングツアー」終了
 【関連記事】小雨の中で聴く戦国ロマン―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】松本屋旅館で辰巳講師の話を聴く―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】戦国の山城、犬居城址に登る―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して②―堀之内の城山(鞍掛古城)
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して③―犬居城
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー①―迎えてくれた春野の紅葉
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂と大日如来
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー③―堀之内城山(鞍掛城)跡
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑤―犬居城址
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑥―天野氏の菩提寺「瑞雲院」
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑦―月花園、くまの親子
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑧―新宮池とサッパ船
 【関連記事】山城ガイドに備え、犬居城址までをルートチェック
 【関連記事】山城ボランティアガイド①―ふれあい公園⇒坂下駐車場
 【関連記事】山城ボランティアガイド②―九里橋⇒庚申様
 【関連記事】山城ボランティアガイド③―大堀切⇒犬居城址へ
 【関連記事】山城ボランティアガイド④―展望台、曲輪、堀切
 【関連記事】山城ボランティアガイド⑤―春野漁協「憩いの家」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」参加者募集!
 【関連記事】秋の山城ウォーク①―落ちた枝が散らばる瑞雲坂
 【関連記事】秋の山城ウォーク②―堀之内の城山
 【関連記事】秋の山城ウォーク③―補修工事中の瑞雲院山門
 【関連記事】秋の山城ウォーク④―秋まだ浅い犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー①―曇り空の下を春野へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂を登り、堀之内の城山へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー③―雨の瑞雲院
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー④―昼食は「門前屋」で
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑤―雨上がりの犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑥―月花園、くまの親子

2017年2月18日 (土)

犬居城址を訪ねて⑨―東海自然歩道

Shizenhodo1

 2月22日(水)、25日(土)、「山城100名城めぐり」参加者たちに歩いていただく道は、東海自然歩道に指定されています。東は春埜山、新宮池から続き、西に進めばあと少しで秋葉山表参道の入口に着きます。

Shizenhodo4

 しかし、物見曲輪から先の道は難コース。数ヵ所はかなりの傾斜ですから、虎ロープを握って崩れやすい坂を下ります。足を滑らせないよう細心の注意が必要。

Shzienhodo5

 細い尾根道には、「東海自然歩道(Tokai Nature Trail)」の看板が各所に立っています。看板を目印に歩いて行くと、「⇐春野ふれあい公園(Haruno Fureai Park)」の道案内の矢印があります。今回の山城ウォークでは、そこで東海自然歩道から離れ、ショートコースを歩いて「春野ふれあい公園」へと下ります。

 この看板を見落とすと、今ではほとんど使われていない道を下りることになり、大変危険です。くれぐれも、ご注意願います!

 【関連記事】「100名城山城シリーズ静岡編」で犬居城址をガイド
 【関連記事】山城歩きの参加者たちを案内して犬居城址へ

 【関連記事】犬居城址を訪ねて①―「春野ふれあい公園」から見上げた犬居城址
 【関連記事】犬居城址を訪ねて②―気温0℃の朝
 【関連記事】犬居城址を訪ねて③―「⇐犬居城址 Inui Castle Ruins」
 【関連記事】犬居城址を訪ねて④―「かし鳥に・・・」其角の句碑
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑤―崩れやすい粘板岩の山肌
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑥―曲輪、堀切
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑦―二の曲輪、本曲輪
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑧―物見曲輪からの眺望と役行者像
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑩―春野ふれあい公園
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑪―井戸曲輪

 【関連記事】犬居城の武田側が要塞化 浜松市が調査結果発表
 【関連記事】山城見学会①―瑞雲坂、大日如来、穴開き石
 【関連記事】山城見学会②―堀之内城山城跡を訪ねて
 【関連記事】山城見学会③―戦国の風が吹く犬居城跡に立つ
 【関連記事】山城見学会④―犬居城址の行者石像
 【関連記事】「はるの山城見学ウォーキング・イラストマップ」無料配布!
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」11月6日、13日開催
 【関連記事】不思議な絆―「山城ウォーキング」
 【関連記事】瑞雲坂を登り、大日如来様にお参りし、山城へ
 【関連記事】「山城ウォーキングツアー」受け入れの準備完了!
 【関連記事】道草ばかりの「山城ウォーキング」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」で使う杖を手作り
 【関連記事】第1回「はるの山城ウォーキングツアー」終了
 【関連記事】小雨の中で聴く戦国ロマン―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】松本屋旅館で辰巳講師の話を聴く―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】戦国の山城、犬居城址に登る―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して②―堀之内の城山(鞍掛古城)
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して③―犬居城
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー①―迎えてくれた春野の紅葉
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂と大日如来
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー③―堀之内城山(鞍掛城)跡
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑤―犬居城址
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑥―天野氏の菩提寺「瑞雲院」
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑦―月花園、くまの親子
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑧―新宮池とサッパ船
 【関連記事】山城ガイドに備え、犬居城址までをルートチェック
 【関連記事】山城ボランティアガイド①―ふれあい公園⇒坂下駐車場
 【関連記事】山城ボランティアガイド②―九里橋⇒庚申様
 【関連記事】山城ボランティアガイド③―大堀切⇒犬居城址へ
 【関連記事】山城ボランティアガイド④―展望台、曲輪、堀切
 【関連記事】山城ボランティアガイド⑤―春野漁協「憩いの家」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」参加者募集!
 【関連記事】秋の山城ウォーク①―落ちた枝が散らばる瑞雲坂
 【関連記事】秋の山城ウォーク②―堀之内の城山
 【関連記事】秋の山城ウォーク③―補修工事中の瑞雲院山門
 【関連記事】秋の山城ウォーク④―秋まだ浅い犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー①―曇り空の下を春野へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂を登り、堀之内の城山へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー③―雨の瑞雲院
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー④―昼食は「門前屋」で
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑤―雨上がりの犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑥―月花園、くまの親子

2017年2月17日 (金)

犬居城址を訪ねて⑧―物見曲輪からの眺望と役行者像

Tenbodai

 犬居城址の物見曲輪とされる場所がこの山のピークに当たり、しかも南はかつての気田川が削った急斜面となっていますので、ここに櫓を築いて見張りを立てれば、麓の動きは一目瞭然です。

Cyobo

 犬居城址は県指定文化財ですが、そこには山城らしからぬコンクリート製の展望台が築かれています。せっかくですから展望台に登ってみると眺望はさらに広がり、足元には天竜高校春野校舎、春野ふれあい公園、その先には蛇行して流れる気田川や新旧の秋葉橋が見えます。

Gyojazo

 2月22日(水)、25日(土)、「山城100名城めぐり」参加者たちも展望台に登れば、ここに山城が築かれた理由は納得していただけるはず。

 天正4年(1576)に落城した犬居城はその後放棄され、物見曲輪にある役行者像は、宝暦2年(1753)に建立されたとのこと。犬居城址が残る山は、行者山と呼ばれています。

 【関連記事】「100名城山城シリーズ静岡編」で犬居城址をガイド
 【関連記事】山城歩きの参加者たちを案内して犬居城址へ

 【関連記事】犬居城址を訪ねて①―「春野ふれあい公園」から見上げた犬居城址
 【関連記事】犬居城址を訪ねて②―気温0℃の朝
 【関連記事】犬居城址を訪ねて③―「⇐犬居城址 Inui Castle Ruins」
 【関連記事】犬居城址を訪ねて④―「かし鳥に・・・」其角の句碑
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑤―崩れやすい粘板岩の山肌
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑥―曲輪、堀切
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑦―二の曲輪、本曲輪
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑨―東海自然歩道
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑩―春野ふれあい公園
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑪―井戸曲輪

 【関連記事】犬居城の武田側が要塞化 浜松市が調査結果発表
 【関連記事】山城見学会①―瑞雲坂、大日如来、穴開き石
 【関連記事】山城見学会②―堀之内城山城跡を訪ねて
 【関連記事】山城見学会③―戦国の風が吹く犬居城跡に立つ
 【関連記事】山城見学会④―犬居城址の行者石像
 【関連記事】「はるの山城見学ウォーキング・イラストマップ」無料配布!
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」11月6日、13日開催
 【関連記事】不思議な絆―「山城ウォーキング」
 【関連記事】瑞雲坂を登り、大日如来様にお参りし、山城へ
 【関連記事】「山城ウォーキングツアー」受け入れの準備完了!
 【関連記事】道草ばかりの「山城ウォーキング」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」で使う杖を手作り
 【関連記事】第1回「はるの山城ウォーキングツアー」終了
 【関連記事】小雨の中で聴く戦国ロマン―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】松本屋旅館で辰巳講師の話を聴く―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】戦国の山城、犬居城址に登る―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して②―堀之内の城山(鞍掛古城)
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して③―犬居城
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー①―迎えてくれた春野の紅葉
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂と大日如来
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー③―堀之内城山(鞍掛城)跡
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑤―犬居城址
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑥―天野氏の菩提寺「瑞雲院」
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑦―月花園、くまの親子
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑧―新宮池とサッパ船
 【関連記事】山城ガイドに備え、犬居城址までをルートチェック
 【関連記事】山城ボランティアガイド①―ふれあい公園⇒坂下駐車場
 【関連記事】山城ボランティアガイド②―九里橋⇒庚申様
 【関連記事】山城ボランティアガイド③―大堀切⇒犬居城址へ
 【関連記事】山城ボランティアガイド④―展望台、曲輪、堀切
 【関連記事】山城ボランティアガイド⑤―春野漁協「憩いの家」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」参加者募集!
 【関連記事】秋の山城ウォーク①―落ちた枝が散らばる瑞雲坂
 【関連記事】秋の山城ウォーク②―堀之内の城山
 【関連記事】秋の山城ウォーク③―補修工事中の瑞雲院山門
 【関連記事】秋の山城ウォーク④―秋まだ浅い犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー①―曇り空の下を春野へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂を登り、堀之内の城山へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー③―雨の瑞雲院
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー④―昼食は「門前屋」で
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑤―雨上がりの犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑥―月花園、くまの親子

2017年2月16日 (木)

犬居城址を訪ねて⑦―二の曲輪、本曲輪

Jyounai6

 城内道を進むと二の曲輪、本曲輪と考えられている平場が現れますが、それらは決して広い場所ではありません。天野氏の居館があったのは犬居城入口付近の茶園辺りと考えられ、山城にあったのは、立て籠るための避難所程度の施設。

Jyounai7

 ただし、犬居城に籠れば敵の動きは一目瞭然。もしも、気田川の流れを越して攻め上がって来ようとしても、崩れやすい急峻な斜面上から攻撃を仕掛ければ容易に城内まで入られる恐れはありません。

 幸い城の裏側には水の湧く場所もあり、兵糧攻めにでも遭わない限り犬居城は安泰。

Jyounai8

 ・・・と思ったのですが、歴史が語るところによれば、確かに1度目の家康との戦いは天野氏の思った通りの展開となり、増水した気田川に行く手を阻まれた家康軍は兵糧が尽きて撤退のですが、天正4年(1576)の2度目の犬居攻めではすでに二俣城も家康軍の手に落ち、天野氏は北へと連なる山稜を伝って逃げています。

 もちろん、行き当たりばったりの逃走はなかったはず。逃走ルートまで考え、ここに構えたのが犬居城だったのです。

 【関連記事】「100名城山城シリーズ静岡編」で犬居城址をガイド
 【関連記事】山城歩きの参加者たちを案内して犬居城址へ

 【関連記事】犬居城址を訪ねて①―「春野ふれあい公園」から見上げた犬居城址
 【関連記事】犬居城址を訪ねて②―気温0℃の朝
 【関連記事】犬居城址を訪ねて③―「⇐犬居城址 Inui Castle Ruins」
 【関連記事】犬居城址を訪ねて④―「かし鳥に・・・」其角の句碑
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑤―崩れやすい粘板岩の山肌
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑥―曲輪、堀切
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑧―物見曲輪からの眺望と役行者像
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑨―東海自然歩道
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑩―春野ふれあい公園
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑪―井戸曲輪

 【関連記事】犬居城の武田側が要塞化 浜松市が調査結果発表
 【関連記事】山城見学会①―瑞雲坂、大日如来、穴開き石
 【関連記事】山城見学会②―堀之内城山城跡を訪ねて
 【関連記事】山城見学会③―戦国の風が吹く犬居城跡に立つ
 【関連記事】山城見学会④―犬居城址の行者石像
 【関連記事】「はるの山城見学ウォーキング・イラストマップ」無料配布!
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」11月6日、13日開催
 【関連記事】不思議な絆―「山城ウォーキング」
 【関連記事】瑞雲坂を登り、大日如来様にお参りし、山城へ
 【関連記事】「山城ウォーキングツアー」受け入れの準備完了!
 【関連記事】道草ばかりの「山城ウォーキング」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」で使う杖を手作り
 【関連記事】第1回「はるの山城ウォーキングツアー」終了
 【関連記事】小雨の中で聴く戦国ロマン―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】松本屋旅館で辰巳講師の話を聴く―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】戦国の山城、犬居城址に登る―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して②―堀之内の城山(鞍掛古城)
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して③―犬居城
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー①―迎えてくれた春野の紅葉
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂と大日如来
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー③―堀之内城山(鞍掛城)跡
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑤―犬居城址
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑥―天野氏の菩提寺「瑞雲院」
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑦―月花園、くまの親子
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑧―新宮池とサッパ船
 【関連記事】山城ガイドに備え、犬居城址までをルートチェック
 【関連記事】山城ボランティアガイド①―ふれあい公園⇒坂下駐車場
 【関連記事】山城ボランティアガイド②―九里橋⇒庚申様
 【関連記事】山城ボランティアガイド③―大堀切⇒犬居城址へ
 【関連記事】山城ボランティアガイド④―展望台、曲輪、堀切
 【関連記事】山城ボランティアガイド⑤―春野漁協「憩いの家」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」参加者募集!
 【関連記事】秋の山城ウォーク①―落ちた枝が散らばる瑞雲坂
 【関連記事】秋の山城ウォーク②―堀之内の城山
 【関連記事】秋の山城ウォーク③―補修工事中の瑞雲院山門
 【関連記事】秋の山城ウォーク④―秋まだ浅い犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー①―曇り空の下を春野へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂を登り、堀之内の城山へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー③―雨の瑞雲院
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー④―昼食は「門前屋」で
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑤―雨上がりの犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑥―月花園、くまの親子

2017年2月15日 (水)

犬居城址を訪ねて⑥―曲輪、堀切

Jyounai1

 さあ、ここが2月22日(水)、25日(土)にクラブツーリズム「山城100名城めぐり」参加者に訪ねていただく犬居城址です。

Jyounai2

 犬居城は、かつての領主(地頭)天野氏支配下の城。特に天野氏が武田に靡き、武田方の支配下になってから犬居城には空堀や横堀など武田流に改修され、徳川との戦いに備えられました。

Jyounai3

 城内道には堀切跡や自然の高低差を使った二の曲輪、本曲輪、頂上には天野家が設けた支城への連絡や見張りに使われた物見曲輪などが、今も分かる形で残っています。

Jyounai4

 かつての城山は、現在のように樹木に覆われていたわけではありません。いざ、戦さとなれば攻撃よりも守りを考えて造られましたので、見通しを良くし、火を掛けられることを恐れたに違いありません。

 現在の犬居城址に茂る杉やヒノキは、林業が栄えた時代に人の手で植えられたもの。伐採した木材を搬出する索道の櫓も組まれていたとの話も聞きましたので、城内の曲輪と言われている平場もまったく昔のまま、というわけでもなさそうですが・・・。

 【関連記事】「100名城山城シリーズ静岡編」で犬居城址をガイド
 【関連記事】山城歩きの参加者たちを案内して犬居城址へ

 【関連記事】犬居城址を訪ねて①―「春野ふれあい公園」から見上げた犬居城址
 【関連記事】犬居城址を訪ねて②―気温0℃の朝
 【関連記事】犬居城址を訪ねて③―「⇐犬居城址 Inui Castle Ruins」
 【関連記事】犬居城址を訪ねて④―「かし鳥に・・・」其角の句碑
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑤―崩れやすい粘板岩の山肌
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑦―二の曲輪、本曲輪
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑧―物見曲輪からの眺望と役行者像
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑨―東海自然歩道
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑩―春野ふれあい公園
 【関連記事】犬居城址を訪ねて⑪―井戸曲輪

 【関連記事】犬居城の武田側が要塞化 浜松市が調査結果発表
 【関連記事】山城見学会①―瑞雲坂、大日如来、穴開き石
 【関連記事】山城見学会②―堀之内城山城跡を訪ねて
 【関連記事】山城見学会③―戦国の風が吹く犬居城跡に立つ
 【関連記事】山城見学会④―犬居城址の行者石像
 【関連記事】「はるの山城見学ウォーキング・イラストマップ」無料配布!
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」11月6日、13日開催
 【関連記事】不思議な絆―「山城ウォーキング」
 【関連記事】瑞雲坂を登り、大日如来様にお参りし、山城へ
 【関連記事】「山城ウォーキングツアー」受け入れの準備完了!
 【関連記事】道草ばかりの「山城ウォーキング」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」で使う杖を手作り
 【関連記事】第1回「はるの山城ウォーキングツアー」終了
 【関連記事】小雨の中で聴く戦国ロマン―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】松本屋旅館で辰巳講師の話を聴く―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】戦国の山城、犬居城址に登る―「はるの山城ウォーキングツアー」
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して②―堀之内の城山(鞍掛古城)
 【関連記事】春野の小さい秋、大きい秋を探して③―犬居城
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー①―迎えてくれた春野の紅葉
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂と大日如来
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー③―堀之内城山(鞍掛城)跡
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑤―犬居城址
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑥―天野氏の菩提寺「瑞雲院」
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑦―月花園、くまの親子
 【関連記事】はるの山城ウォーキングツアー⑧―新宮池とサッパ船
 【関連記事】山城ガイドに備え、犬居城址までをルートチェック
 【関連記事】山城ボランティアガイド①―ふれあい公園⇒坂下駐車場
 【関連記事】山城ボランティアガイド②―九里橋⇒庚申様
 【関連記事】山城ボランティアガイド③―大堀切⇒犬居城址へ
 【関連記事】山城ボランティアガイド④―展望台、曲輪、堀切
 【関連記事】山城ボランティアガイド⑤―春野漁協「憩いの家」
 【関連記事】「はるの山城ウォーキングツアー」参加者募集!
 【関連記事】秋の山城ウォーク①―落ちた枝が散らばる瑞雲坂
 【関連記事】秋の山城ウォーク②―堀之内の城山
 【関連記事】秋の山城ウォーク③―補修工事中の瑞雲院山門
 【関連記事】秋の山城ウォーク④―秋まだ浅い犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー①―曇り空の下を春野へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー②―瑞雲坂を登り、堀之内の城山へ
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー③―雨の瑞雲院
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー④―昼食は「門前屋」で
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑤―雨上がりの犬居城址
 【関連記事】2013年山城ウォーキングツアー⑥―月花園、くまの親子

天竜川・そまびとの会

天気予報