だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

木を使おう! Feed

2017年3月16日 (木)

浜松市がグランプリ グリーンレジリエンス大賞

Shinrin

 浜松市は15日、国が推進する国土強靱(きょうじん)化の先進活動を表彰する「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2017」で、グリーンレジリエンス大賞グランプリに輝いた。適切な森林管理や地元木材を活用した産業振興を同時に進める「浜松版グリーンレジリエンス」が評価された。

 アワードは国土強靱化の普及、促進に取り組む企業や団体でつくるレジリエンスジャパン推進協議会が15年に創設した。今回、新部門として自然資源を地域の防災・減災や産業振興に役立てる活動を対象にしたグリーンレジリエンス大賞を設けた。

 浜松市は森林管理協議会(FSC)の認証制度に基づく森林管理や、天竜材を生かした新事業創出、木材利用拡大などに取り組んでいる。森林の多面的機能の維持・拡大と産業振興を図ることで、地方創生の実現を目指す。

 都内で同日、開かれた表彰式で鈴木康友市長は「望外の喜びであり、光栄に思う。受賞を機に先進自治体として日本をリードしていきたい」と述べた。同大賞では、静岡市の麻機遊水地保全活用推進協議会べーテル部会も最優秀賞を受けた。(「静岡新聞」より)

 私たちの暮らしは、森林環境の保全の上に成り立っています。浜松市の取り組みが評価されたのは嬉しいニュース。これからが本当の始まりです。

2017年3月 2日 (木)

県産材の魅力発信 天竜杉の「配架台」 県庁に設置

Kidukai599

 県産材の魅力を知ってもらおうと、地元の天竜杉で作った「配架台」が完成、静岡県庁で書類の記入台などとして利用され始めた。

 県産材の魅力を発信する事業として県が製作を企画。木製の学習机などを製造販売するキシル(浜松市中区)が、応募作品の中から選ばれた島田工業高2年の小林裕太さんのデザインを基に設計、部品を制作した。組み立ては、焼津市と富士宮市の特別支援学校の生徒たちが担当し、11台を製作した。

 使用された天竜杉はいずれも適切に管理された森林で生産したことを示す国際認証材「FSC材」だ。

 完成した11台は、県庁東館2階の県民サービスセンターなどに設置され、パンフレットや花を置いたり、書類記入の台などとして使われている。(「中日新聞」より)

 私たちにきれいな空気、美味しい水をもたらしてくれている北遠の自然を守るためには、もっと、もっと木を使って行かなければ。木を伐って、使って、植えて、育てるのサイクルを途切れさせないように!

2017年2月17日 (金)

天竜材で活力取り戻す ブランド価値高め販路拡大へ

Tenryuzai597

◆家具など製品開発や輸出に力

 浜松は江戸時代、天竜川を利用した製材業が繊維業と並んで栄え、産業基盤を築いた。その製材業で再び地元の活力を取り戻そうと、浜松市は天竜区で生産される「天竜材」のブランド価値を高め、国内外の販路開拓に取り組む。2017年度予算案に新規の関連費1300万円を計上した。

 10万ヘクタール余りの森林は、市域の7割を占める。市は2010年、森林保全の国際基準「FSC認証」を取得し、全国の自治体でいち早くブランド化に乗り出した。今は4万4千ヘクタールが認証され、市町村では全国一の広さだ。鈴木康友市長も「天竜の山を宝の山に」と意欲的に売り込む。

 FSCは世界的なブランドだが、担当者を悩ませるのは国内での知名度の低さ。認証を受けた国内んお森林面積は列島全体の2%にも満たない。「コーヒーチェーンのスターバックスや高級ブランドの紙の手提げ袋をよく見ると、認証ロゴマークが印字されているのに」と、うつむく市林業振興課の担当者。ただ追い風も吹いている。

 国は東京五輪に向けて建設される新国立競技場などの施設にいFSCなどの認証材を多く使うよう指示。大手企業を中心に国内でも認証材の利用が広まっている。鈴木市長は、五輪の新設会場を手掛ける建設会社にトップセールスを重ねてきた。

 新年度では一層の販路開拓を目指す。天竜材を使った製品開発や生産コストの削減、販路促進に新しいアイデアで取り組む企業・団体に、上限200万円の補助金を支給する。

 国内最大級の住宅展示場に出展する一方で、大手家具メーカーらと手を組んで天竜材製品を開発する。担当者は「人口が減り、住宅資材だけに頼れない」と説明。「飛騨の家具」のようなブランド化に期待する。

 輸出にも力を入れる。主な売り込み先は「内装にヒノキを使うのがブーム」(担当者)になっている韓国。業務の支援窓口も新年度は一本化する。

 担当者は「FSCの認知度を高めて、天竜材の良さを広めたい」と話す。(「中日新聞」より)

 「FSC認証材とは何か?」について、もっとPRする必要があります。浜松市が先頭に立って天竜の林業を盛り立ててください!

2017年2月16日 (木)

雑貨、家具に木のぬくもり 二俣で展示会

Honda

 天竜産のヒノキやスギを使った雑貨や台所用品、家具を集めた「木のぬくもり展2017」が15日、浜松市天竜区二俣町の本田宗一郎ものづくり伝承館で始まった。3月26日まで。月、火曜休み。

 天竜、浜北両区の事業所や個人、天竜高校など13の個人、団体が、計1000点超を出品し、この多くが販売されている。

 ウッドイン広山(天竜区水窪町)は、ヒノキのまな板や洗濯板を展示。金属プレス会社KPI(浜北区善地)は、ヒノキのソープディッシュや、富士山やサクラの形に型抜きした結婚式のフラワーシャワーを提案している。

 天竜高校は、生徒が制作したヒノキの三段箱や文机などの書斎用品、木製の「小人の家」などユニークな品々を紹介。昨年の「ふじのくに芸術祭」で入賞した生徒の彫刻、造形作品などもあわせて展示している。(「中日新聞」より)

 ユニークな木使い作品が展示されています。私も見に行かなくては!

 【関連記事】「ホンダC型」復元完了 "古里”天竜区で披露式典
 【関連記事】ものづくり精神ここに 浜松に本田宗一郎伝承館が完成 4月1日にオープン
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館で初の特別展
 【関連記事】本田宗一郎夢未来想造倶楽部が総会
 【関連記事】来館1万人を達成 天竜区・本田宗一郎伝承館
 【関連記事】北遠での研修会⑥―「本田宗一郎ものづくり伝承館」
 【関連記事】ハンターカブ“集結” 浜松市天竜区で50周年記念交流会
 【関連記事】本田伝承館、来場3万人 天竜区
 【関連記事】ミュージカル「本田宗一郎物語」 古里の浜松・天竜区で子どもらが熱演
 【関連記事】登録有形文化財「旧二俣町役場」の紅葉
 【関連記事】北遠の「龍」を探せ!―本田宗一郎ゆかりの「龍」
 【関連記事】本田宗一郎さんしのび少年時代の逸話を披露 児童着物姿で寺の鐘つく
 【関連記事】自慢の愛車囲みバイク談議 天竜区でオーナーの集い
 【関連記事】10月6日から特別展 本田宗一郎ものづくり伝承館
 【関連記事】レトロな町並み、二俣を歩く⑮―旧「二俣町役場」
 【関連記事】来館5万人達成 本田宗一郎ものづくり伝承館 天竜
 【関連記事】本田宗一郎さんの直筆の絵画展示 天竜区の伝承館で企画展
 【関連記事】「本田宗一郎ものづくり伝承館」の木使い拝見!
 【関連記事】宗一郎氏しのび愛用品やバイク 天竜区で企画展
 【関連記事】伊豆石の蔵、塀紹介 パネルに所在地や建造年 天竜区
 【関連記事】木工品900点展示販売 浜松・ものづくり伝承館
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館「木のぬくもり展2015」①―旧「二俣町役場」
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館「木のぬくもり展2015」②―NPO法人「せきれい」
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館「木のぬくもり展2015」③―「水窪林産」と「ウッドイン廣山」
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館「木のぬくもり展2015」④―「タケのネ」と米澤吉治さん
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館「木のぬくもり展2015」⑤―間伐材の積み木
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館「木のぬくもり展2015」⑥―天竜高校の鉄の彫刻
 【関連記事】温かみある木工品がずらり200点以上 二俣で展示会
 【関連記事】往年のバイク整備作業披露 本田宗一郎伝承館 浜松・天竜
 【関連記事】「Zの父」片山さん功績紹介 浜松・天竜区
 【関連記事】クルマに情熱集大成 水彩画や紙細工 天竜区で展示
 【関連記事】ホンダのマシン並ぶ 本田宗一郎伝承館で企画展
 【関連記事】本田宗一郎さん幼少期再現する あす天竜区でミュージカル
 【関連記事】クリスマスの絵や飾りを展示 天竜区でレモコさん
 【関連記事】細部までリアルに バイクのイラスト 柴田さんが図版原画展
 【関連記事】本田宗一郎の似顔絵コンテスト 天竜で表彰式
 【関連記事】おもちゃ、雑貨 木のぬくもり 高校生や企業、天竜材で作品展 二俣
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館 10万人目は袋井の夫妻
 【関連記事】若き「本田宗一郎物語」 地元の児童や生徒が稽古に熱
 【関連記事】本田宗一郎物語、観客400人が熱中 天竜でミュージカル
 【関連記事】本田宗一郎氏の逸話、小中高生が熱演 浜松でミュージカル

2017年2月15日 (水)

天竜材使った猫用トイレ商品販売へ

Tenryuzai

◆浜松の協同組合が開発

 浜松市東区篠ケ瀬町のテイストライフ協同組合が、天竜区の森林で生産されるFSC認証材を使った猫用トイレ商品「天竜美林のペレット」を開発し、22日の「猫の日」に販売を始める。組合の寺上隆介副理事長ら3人が14日、市役所を訪問し、愛猫家の鈴木康友市長にPRした。

 スギの間伐材から生まれた木質ペレットをトイレの猫砂として活用する。ペレットは主に燃料として出荷されるが、原油安などの影響を受け、生産者は販売に苦慮している。

 工務店や材木関連業者でつくる組合は、猫ブームで市場規模が広がり、外国産木質ペレットが猫砂として販売されていることに目を付けた。ペレットを生産する龍山森林組合(天竜区)と連携し「猫も森林浴気分でさわやかにトイレができる」と市の補助金も利用し売り出すことにした。

 ペレットは水分で固まらないため、容器の下にシートを取り付けられるトイレにのみ利用できる。試験的に導入している飼い主からは、消臭効果が高いと評判だという。14歳の雌猫「チャトラ」を飼っている鈴木市長も興味深げに話を聞いていた。

 FSC認証は環境に配慮し、長期的な管理に取り組む森林に与えられる制度。市民らは製品を買うことで森林保全に一役買える仕組みだ。村越省吾理事は「FSC認証材を使った猫用トイレの商品は他にはない。違った切り口から天竜材のブランド力をさらに高めていきたい」と力を込めた。

 ペレットは、1匹の猫が1カ月使える5リットル入りで980円。使用後は燃えるごみとして捨てることができる。浜松市と磐田市の猫カフェや雑貨店などで販売するほか、インターネット通販でも取り扱う。使用モニターを100人募集している。

 問い合わせは、テイストライフ協同組合=電080(6900)9163=へ。(「中日新聞」より)

 天竜材を利用する新しいアイディア。頭をひねれば、まだまだユニークな商品が生まれるかも知れませんね。

2017年2月10日 (金)

天竜材のPR用トイレットペーパー 知名度アップへ全小学校に配布

Tenryuzai

 天竜材の認知度アップと環境教育のため、静岡文化芸術大(浜松市中区)の学生が、昨夏に製作した天竜材をPRするトイレットペーパーを浜松市内の全小学校100校に1個ずつ贈る。学校の教員らに見てもらい、購入を検討してもらう。

 トイレットペーパーの名称は「使おう浜松の木材 お木づかいペーパー」。学生が考案した文章やイラストがプリントされ、天竜区が日本三大人工美林の1つであることや、森林のもたらす効果などを理解できる。地域の課題解決を目指す「企画立案総合演習」の一環で、3年生6人が昨年5月から取り組んだ。

 当初、1000個製作したところ、大学生協での販売をはじめ、市役所や地元の製材会社などで好評だったため、さらに1000個を作った。昨年10月には、木材関連の製品や取り組みを表彰するウッドデザイン賞(林野庁補助事業)を受賞した。

 製作に携わった岡美穂子さん(21)は「教育現場に浸透させ、浜松に貢献できたらいい」と話し、13日に各学校に発送する。学校側から追加の注文があれば、1個150円(税込み)で販売する。(「中日新聞」より)

 これも、大切な「木使い」。もっと、もっと木を使いましょう!

 【関連記事】トイレ紙で天竜材PR 静岡文化芸術大生が商品化

2017年2月 3日 (金)

静岡県の木材利用拡大へ 県工業技術研が開発支援

Ringyo1

 静岡県工業技術研究所は県産のスギやヒノキの生産性向上と利用拡大を目指し、高付加価値の製品を開発するための技術開発に力を入れている。2014年度からの3年間で、県森林林業研究センターとの共同プロジェクトで約50件の木製品の開発に携わった。「高齢化」が進む県内の森林を守るため、県産材の需要と供給の増加が課題になっている。

 同プロジェクトではこれまで県内中小企業約30社に技術や情報を提供し、製品開発をサポートした。スギの欠点である燃えやすさや傷つきやすさを薬剤注入法や塗装技術の開発でカバーし、柔らかさや香り、肌触りなど長所を生かした製品を多数生み出した。

 木材加工の丸天星工業(島田市)は木材の繊維方向が直交するように板を3層にし、伸縮や湾曲を最小にとどめたパネルを使用。伝統工法「板倉造」をアレンジした構造で強度を高めた組み立て式茶室「JPキューブ」を開発した。

 大井川流域のスギを使用する同社の大石千寿技術部長は「技術だけでなく、茶室というアイデアや補助金の申請など親身になってアドバイスをくれた」と感謝する。

Ringyo2

 県産材利用の最大の壁は高コストであること。生産性向上や基盤整備、技術開発など課題は多い。県工業技術研究所の赤堀篤研究員は「プロジェクトでノウハウを蓄積できたので、今後もさまざまな提案をしていきたい」と話した。

 静岡県によると、樹齢41年生以上の樹木が木材資源として利用可能と定義され、県内の人工林の約9割が該当する。林業は「どう育てるか」から「どう使って山を生まれ変わらせるか」を考える段階に移行していると言われ、積極的な伐採と利用が求められている。

 県は森林の世代交代を進める方針を示し、ふさわしい伐採、植林方法を検討している。県内にある森林の73%は私有林のため、伐採促進の環境整備として周辺道路の整備や高性能機械の導入補助などに取り組んでいる。山崩れや洪水を起こさない伐採方法など、環境面への配慮も呼び掛けている。

 県林業振興課は「山の健全化のためには特定の樹齢に偏らない森林づくりが必要」としている。(「静岡新聞」より)

 山の木はどんどん伐って使いたいのですが、利用が増えません。せめて、公共施設での利用促進をもっともっと進めてほしいところです。

2017年2月 2日 (木)

森のおかげ―竜洋北小で「語り聞かせ」

Katarikikase1

 磐田市立竜洋北小学校で「語り聞かせ」を行いました。

 今回の担当は5年生2クラス。「森のおかげ」と題して、私たちの生活にとって、木や森がどれほど大切なものかについて説明しました。

Katarikikase2

 酸素を作り、水を貯えてくれる木や森の維持には、木を使うことが大切です。木を伐って、使って、植えて、育てることを知ってほしい。そして、自然を好きな大人になってほしい。そんな話をしたつもりです。

 また、前回「語り聞かせ」をした4年2組の児童たちからお礼の手紙、5年生からは折り紙が届きました。これは、私の宝物。大切に、大切にしたいと思います。

 【関連記事】さて、どうなるか?竜洋北小でボランティア授業
 【関連記事】ボランティア授業を終えて―竜洋北小
 【関連記事】ボランティア授業「掛塚に残る石の蔵」―竜洋北小
 【関連記事】小学生を前に語り聞かせ―掛塚に残る石の蔵
 【関連記事】「語り聞かせ」ありがとうございました。
 【関連記事】竜洋北小での26年度第1回「語り聞かせ」
 【関連記事】ナギの木の話―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】再びナギの木の話―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】「掛塚は湊町だった」―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】「物づくりの楽しさ」を知ってほしい―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】「木について考えよう」―竜洋北小で「語り聞かせ」
 【関連記事】空を飛ぶ夢―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】竜洋北小4年生を対象に「語り聞かせ」
 【関連記事】お宮さんって何?竜洋北小、総合的な学習の時間
 【関連記事】届けられた「ありがとうございました。」の感想文集
 【関連記事】「自分も 見ている人も にっこりする 発表会にしよう」竜北学習発表会

2017年1月14日 (土)

天竜産ヒノキで学習机を作ろう 浜北区、来月から

Tsukue601

 木製の学習机を手作りする全8回の講習会が2月3日から、浜松市浜北区の県立森林公園木工体験館で開かれる。主催の同公園ビジターセンターが1月21日まで、受講生10人を募集している。

 机の大きさは奥行きと高さが70センチ、幅1メートルで、天竜区産のヒノキを使う。体験館n講師が丸鋸やのみの使い方を丁寧に教えてくれるので、初心者でも安心という。

 講習会は2月3日~3月24日の毎金曜日(時間はいずれも午前10時から午後3時)。参加費は3万円。担当者は「書斎で使ってもいいし、子どもや孫へのプレゼントにしても喜ばれます」と話す。問い合わせは同公園ビジターセンター=電053(583)0443=へ。(「中日新聞」より)

 一時期、木工を生業としていたこともある私―ヒノキの机作りは最高です。ヒノキを切ったり磨いたりしている時の香りを、ぜひ体験してみてください!

 【関連記事】「森の家」の木使い拝見!①―管理研修棟
 【関連記事】「森の家」の木使い拝見!②―やまびこホールと宿泊棟
 【関連記事】「森の家」の木使い拝見!③―レストランまつぼっくり
 【関連記事】県立森林公園の「木使い」拝見!①―バードピア浜北
 【関連記事】県立森林公園の「木使い」拝見!②―看板と木道

2017年1月 6日 (金)

「林業、身近に感じて」 天竜材の展示と写真展 浜松市役所

 浜松市北部地域の天竜材のPR展示が5日、市役所1階ロビーで始まった。19日まで。

 天竜材の生産現場を身近に感じてもらおうと市が企画。スギやヒノキの伐採作業や出荷を待つ丸太が並ぶ様子などを市職員が撮影し、写真パネル31枚を並べて紹介している。

 また、スペイン大使館の家具展覧会で使われたスギのベンチや、市内の小学校で使用されているヒノキの机と椅子も展示。自由に座ったり触ったりすることができる。

 市林業振興課は、東京五輪の関連施設への木材の売り込みに力を入れており「市民の方に林業を身近に、かっこいいと感じてもらえたら」と話した。(「中日新聞」より)

 北遠の山を管理する林業がなければ、山が荒れて自然災害が増え、美味しい水の供給にも影響が出て来てしまいます。それほど、林業は私たちの暮らしに欠かせない産業。木を伐って、使って、植えて、育てるサイクルについて学ぶ機会にしてください!

天竜川・そまびとの会

天気予報