だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

郷土の偉人・原田久吉翁 Feed

2017年1月15日 (日)

続・原田久吉翁の面影を探る⑩―「種徳賑郷」碑

Sekihi3

 旧原田橋たもとに今も立っているはずの顕彰碑は、原田久吉翁が故郷の中部新道だけにとどまらず、天竜川に橋を架けるための資金も提供したことを「種徳賑郷」の言葉で賛美したもの。「種徳賑郷」とは、原田翁が社会貢献という種を撒くことにより、やがて花が咲き、故郷に実りがもたらされることを讃える言葉です。

Sekihi4

 「種徳賑郷」の文字を書いたのは「従一位勲二等侯爵久我通久題額」、碑文の原稿は「八十三翁鴻齋石川英撰」、筆を執ったのは「八十二翁得庵市河三鼎書」と、ここでも市河得庵の名が出てきました。

 市河得庵が書いた松茂神社の額には「八十一」の落款が見られますので、松茂神社の造立は、大正4年(1915)建立の「種徳賑郷」碑の前年、同3年(1914)だったことが分かりました。

 *「原田久吉翁の足跡を訪ねる」.PDF版をダウンロード

 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る①―旧中部小学校跡
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る②―功績碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る③―石工露木宗吉
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る④―句碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑤―中部邨新道碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑥―露木宗吉𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑦―松井茂助
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑧―松茂神社
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑨―齋藤勘次郎𠜇

 ●「原田橋」は、国道473号、「中部(なかべ)」と「川合(かわい)」の間に架かる吊り橋・・・
 ●佐久間には「原田橋」が2本あります。1本は国道473号・・・
 ●原田久吉を探るシリーズ②です・・・
 ●出会いは偶然でした。原田久吉翁の遺徳を偲ぶために訪れた・・・
 ●「名望家」。聞きなれない言葉です。多くの人びとから尊敬され・・・
 ●原田久吉翁(1837-1929)の号は「二楽」。原田翁の揮毫には・・・
 ●「原田久吉翁の功績を記した石碑が、もう一つあるよ」と・・・
 【関連記事】早川家に残された原田久吉翁揮毫の扁額
 【関連記事】「二本杉峠の大杉」伐採の図
 ●県道290号水窪羽ヶ庄佐久間線、通称「二本杉峠新道」は、原田久吉翁の寄付金によって・・・
 【関連記事】「二本杉峠新道碑」除幕式の思い出
 【関連記事】「原田久吉翁銅像」の絵葉書発見!
 【関連記事】これが、あの原田翁揮毫の扁額です。
 【関連記事】大正15年の「二本杉峠新道碑」
 【関連記事】郷土の偉人・原田久吉77歳の肖像
 【関連記事】山里の暮らしを聞く④―二本杉で作った板襖
 【関連記事】古い絵葉書に見る天竜川の「原田橋」
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」③―語り部・塩澤さん宅にあった原田翁の揮毫
 【関連記事】原田橋に立つ「種徳賑郷」の顕彰碑
 【関連記事】懐かしい中部の家並を映す、原田翁の顕彰碑
 【関連記事】久しぶりの再会―原田翁の真筆と二本杉の根
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る①―原田橋開橋式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る②―初代原田橋
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る③―原田翁の肖像写真
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る④―原田翁揮毫の屏風
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑤―「二樂園内庭之景」と銅像除幕式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑥―もう1つの原田新道を訪ねて
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑦―新道紀念碑に刻まれた明善翁の名
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑧―ハンドブック『原田久吉翁の足跡を訪ねる』
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑨―郷土誌浦川村の記述
 【関連記事】楽しい佐久間の町歩き⑩―馬背神社に残る原田久吉翁の名
 【関連記事】まちあるき「浦川」第3弾・おまけ④―原田翁銅像台座と句碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑩―松茂神社に掲げられた市河得菴書の額
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑪―大正四年
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑫―原田久太郎
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑬―二本杦峠新道之碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑭―石工露木宗吉𠜇
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑮―薄い薄い石碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑯―根府川石

2017年1月14日 (土)

続・原田久吉翁の面影を探る⑨―齋藤勘次郎𠜇

Sekihi1

 以前、原田橋の奥に立つ顕彰碑「種徳賑郷」を撮影した写真が見つかりました。長い碑文「原田橋記」はまたの機会にして、この石碑を刻んだのが誰であったか、だけに注目してみました。

Sekihi2

 たまたま写っていた左下には、少し小さな字で「湘南齋藤勘次郎𠜇」とあります。これで、「大正四年六月立石」の「種徳賑郷」碑は、他の石碑を刻んだ石工・露木宗吉ではなく、齋藤勘次郎が刻んだものだったことが分かりました。

 齋藤勘次郎なる人物も「湘南」とありますので、相模湾に面した地域の住人。石碑には「佐久間村 浦川村 城西村 奥山村 村民共同建之」と刻まれてはいますが、地元で造られたものではなく、原田久吉翁が住んでいた神奈川県から持ち込まれたものだったのです。

 *「原田久吉翁の足跡を訪ねる」.PDF版をダウンロード

 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る①―旧中部小学校跡
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る②―功績碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る③―石工露木宗吉
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る④―句碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑤―中部邨新道碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑥―露木宗吉𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑦―松井茂助
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑧―松茂神社
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑩―「種徳賑郷」碑

 ●「原田橋」は、国道473号、「中部(なかべ)」と「川合(かわい)」の間に架かる吊り橋・・・
 ●佐久間には「原田橋」が2本あります。1本は国道473号・・・
 ●原田久吉を探るシリーズ②です・・・
 ●出会いは偶然でした。原田久吉翁の遺徳を偲ぶために訪れた・・・
 ●「名望家」。聞きなれない言葉です。多くの人びとから尊敬され・・・
 ●原田久吉翁(1837-1929)の号は「二楽」。原田翁の揮毫には・・・
 ●「原田久吉翁の功績を記した石碑が、もう一つあるよ」と・・・
 【関連記事】早川家に残された原田久吉翁揮毫の扁額
 【関連記事】「二本杉峠の大杉」伐採の図
 ●県道290号水窪羽ヶ庄佐久間線、通称「二本杉峠新道」は、原田久吉翁の寄付金によって・・・
 【関連記事】「二本杉峠新道碑」除幕式の思い出
 【関連記事】「原田久吉翁銅像」の絵葉書発見!
 【関連記事】これが、あの原田翁揮毫の扁額です。
 【関連記事】大正15年の「二本杉峠新道碑」
 【関連記事】郷土の偉人・原田久吉77歳の肖像
 【関連記事】山里の暮らしを聞く④―二本杉で作った板襖
 【関連記事】古い絵葉書に見る天竜川の「原田橋」
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」③―語り部・塩澤さん宅にあった原田翁の揮毫
 【関連記事】原田橋に立つ「種徳賑郷」の顕彰碑
 【関連記事】懐かしい中部の家並を映す、原田翁の顕彰碑
 【関連記事】久しぶりの再会―原田翁の真筆と二本杉の根
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る①―原田橋開橋式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る②―初代原田橋
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る③―原田翁の肖像写真
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る④―原田翁揮毫の屏風
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑤―「二樂園内庭之景」と銅像除幕式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑥―もう1つの原田新道を訪ねて
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑦―新道紀念碑に刻まれた明善翁の名
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑧―ハンドブック『原田久吉翁の足跡を訪ねる』
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑨―郷土誌浦川村の記述
 【関連記事】楽しい佐久間の町歩き⑩―馬背神社に残る原田久吉翁の名
 【関連記事】まちあるき「浦川」第3弾・おまけ④―原田翁銅像台座と句碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑩―松茂神社に掲げられた市河得菴書の額
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑪―大正四年
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑫―原田久太郎
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑬―二本杦峠新道之碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑭―石工露木宗吉𠜇
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑮―薄い薄い石碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑯―根府川石

2017年1月13日 (金)

続・原田久吉翁の面影を探る⑧―松茂神社

Matsumojinja2

 さて、次の行先は、もちろん松茂神社です。

 松茂神社があるのは、脇社として馬背神社のすぐ隣り。松茂神社の名が「松井茂助」に由来していることが分かり、少し細かいところまで目を向けることができました。

Matsu1

 気持ちも新たに社殿を見上げると、蟇股に松の彫刻が施されているのに気づきました。さらに左右に視線を向けると、虹彩も木鼻も松。とことん松にこだわり、原田久吉翁が生まれた松井家の繁栄を願って付けられた名が「松が茂る」神社。

Matsu2

 松茂神社の燈籠には「大正四年四月」の文字が刻まれていますので、神社が建てられたのは昭和2年(1927)没の原田翁の生前。松茂神社は、原田翁というよりも、松井家の祖霊を祀った神社と考えた方が良いのではないでしょうか?

 *「原田久吉翁の足跡を訪ねる」.PDF版をダウンロード

 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る①―旧中部小学校跡
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る②―功績碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る③―石工露木宗吉
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る④―句碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑤―中部邨新道碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑥―露木宗吉𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑦―松井茂助
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑨―齋藤勘次郎𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑩―「種徳賑郷」碑

 ●「原田橋」は、国道473号、「中部(なかべ)」と「川合(かわい)」の間に架かる吊り橋・・・
 ●佐久間には「原田橋」が2本あります。1本は国道473号・・・
 ●原田久吉を探るシリーズ②です・・・
 ●出会いは偶然でした。原田久吉翁の遺徳を偲ぶために訪れた・・・
 ●「名望家」。聞きなれない言葉です。多くの人びとから尊敬され・・・
 ●原田久吉翁(1837-1929)の号は「二楽」。原田翁の揮毫には・・・
 ●「原田久吉翁の功績を記した石碑が、もう一つあるよ」と・・・
 【関連記事】早川家に残された原田久吉翁揮毫の扁額
 【関連記事】「二本杉峠の大杉」伐採の図
 ●県道290号水窪羽ヶ庄佐久間線、通称「二本杉峠新道」は、原田久吉翁の寄付金によって・・・
 【関連記事】「二本杉峠新道碑」除幕式の思い出
 【関連記事】「原田久吉翁銅像」の絵葉書発見!
 【関連記事】これが、あの原田翁揮毫の扁額です。
 【関連記事】大正15年の「二本杉峠新道碑」
 【関連記事】郷土の偉人・原田久吉77歳の肖像
 【関連記事】山里の暮らしを聞く④―二本杉で作った板襖
 【関連記事】古い絵葉書に見る天竜川の「原田橋」
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」③―語り部・塩澤さん宅にあった原田翁の揮毫
 【関連記事】原田橋に立つ「種徳賑郷」の顕彰碑
 【関連記事】懐かしい中部の家並を映す、原田翁の顕彰碑
 【関連記事】久しぶりの再会―原田翁の真筆と二本杉の根
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る①―原田橋開橋式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る②―初代原田橋
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る③―原田翁の肖像写真
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る④―原田翁揮毫の屏風
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑤―「二樂園内庭之景」と銅像除幕式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑥―もう1つの原田新道を訪ねて
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑦―新道紀念碑に刻まれた明善翁の名
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑧―ハンドブック『原田久吉翁の足跡を訪ねる』
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑨―郷土誌浦川村の記述
 【関連記事】楽しい佐久間の町歩き⑩―馬背神社に残る原田久吉翁の名
 【関連記事】まちあるき「浦川」第3弾・おまけ④―原田翁銅像台座と句碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑩―松茂神社に掲げられた市河得菴書の額
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑪―大正四年
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑫―原田久太郎
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑬―二本杦峠新道之碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑭―石工露木宗吉𠜇
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑮―薄い薄い石碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑯―根府川石

2017年1月12日 (木)

続・原田久吉翁の面影を探る⑦―松井茂助

Shindohi5

 そして、「中部邨新道碑」の碑文を読んでいて、もう1つ気になったこと。それは、「松井茂助」の名。馬背神社の境内社の1つ、原田久吉翁が祀られているという松茂神社の「松」「茂」が、もしかしたら、「松井茂助」を縮めた名なのかも知れないとの考えが、突然浮かんで来ました。

 答えは、中部の郷土史家・平賀さんの口からもたらされました。「そうだよ。松井茂助は原田翁の父親の名」とのこと。

Matsumojinja1

 松茂神社には何度か訪れましたが、「松茂」の意味が分からず、いろいろと調べていたのです。常緑の「松が茂る」のですから縁起が好い名であることは分かるのですが、原田久吉翁との縁が見えて来ませんでした。

 これで、すっきり。やはり、そうだったのですね。「松茂神社」の額の文字は、「中部邨新道碑」の碑文と同じ市河得庵が書いたものです。

 *「原田久吉翁の足跡を訪ねる」.PDF版をダウンロード

 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る①―旧中部小学校跡
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る②―功績碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る③―石工露木宗吉
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る④―句碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑤―中部邨新道碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑥―露木宗吉𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑧―松茂神社
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑨―齋藤勘次郎𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑩―「種徳賑郷」碑

 ●「原田橋」は、国道473号、「中部(なかべ)」と「川合(かわい)」の間に架かる吊り橋・・・
 ●佐久間には「原田橋」が2本あります。1本は国道473号・・・
 ●原田久吉を探るシリーズ②です・・・
 ●出会いは偶然でした。原田久吉翁の遺徳を偲ぶために訪れた・・・
 ●「名望家」。聞きなれない言葉です。多くの人びとから尊敬され・・・
 ●原田久吉翁(1837-1929)の号は「二楽」。原田翁の揮毫には・・・
 ●「原田久吉翁の功績を記した石碑が、もう一つあるよ」と・・・
 【関連記事】早川家に残された原田久吉翁揮毫の扁額
 【関連記事】「二本杉峠の大杉」伐採の図
 ●県道290号水窪羽ヶ庄佐久間線、通称「二本杉峠新道」は、原田久吉翁の寄付金によって・・・
 【関連記事】「二本杉峠新道碑」除幕式の思い出
 【関連記事】「原田久吉翁銅像」の絵葉書発見!
 【関連記事】これが、あの原田翁揮毫の扁額です。
 【関連記事】大正15年の「二本杉峠新道碑」
 【関連記事】郷土の偉人・原田久吉77歳の肖像
 【関連記事】山里の暮らしを聞く④―二本杉で作った板襖
 【関連記事】古い絵葉書に見る天竜川の「原田橋」
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」③―語り部・塩澤さん宅にあった原田翁の揮毫
 【関連記事】原田橋に立つ「種徳賑郷」の顕彰碑
 【関連記事】懐かしい中部の家並を映す、原田翁の顕彰碑
 【関連記事】久しぶりの再会―原田翁の真筆と二本杉の根
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る①―原田橋開橋式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る②―初代原田橋
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る③―原田翁の肖像写真
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る④―原田翁揮毫の屏風
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑤―「二樂園内庭之景」と銅像除幕式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑥―もう1つの原田新道を訪ねて
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑦―新道紀念碑に刻まれた明善翁の名
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑧―ハンドブック『原田久吉翁の足跡を訪ねる』
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑨―郷土誌浦川村の記述
 【関連記事】楽しい佐久間の町歩き⑩―馬背神社に残る原田久吉翁の名
 【関連記事】まちあるき「浦川」第3弾・おまけ④―原田翁銅像台座と句碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑩―松茂神社に掲げられた市河得菴書の額
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑪―大正四年
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑫―原田久太郎
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑬―二本杦峠新道之碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑭―石工露木宗吉𠜇
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑮―薄い薄い石碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑯―根府川石

2017年1月11日 (水)

続・原田久吉翁の面影を探る⑥―露木宗吉𠜇

Shindohi2

 次に考えたのは、この途中で折れてしまうほどに薄い石碑を刻んだ石工のこと。石碑の左下にありました。「露木宗吉𠜇」の文字です。

 これまでに見て来た原田久吉翁に関する石碑のうち、少なくとも二本杉峠、中部小学校跡、句碑3基は露木宗吉が彫ったもの。横浜の本覺寺にある原田久吉翁の墓の墓碑銘を刻んだのも露木宗吉でしたので、この2人が仕事を通じて深いつながりを持った者同士であったことが推測できます。

 残るは原田橋の奥に立つ「種徳賑郷」の碑ですが、これはどうでしょう?残念ながら、碑文を正確に読み取ることもしていません。原田橋崩落事故の後、橋のたもとにある顕彰碑には近づけません。

 三代目原田橋が完成したら、必ず確認してみようと思っています。

 *「原田久吉翁の足跡を訪ねる」.PDF版をダウンロード

 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る①―旧中部小学校跡
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る②―功績碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る③―石工露木宗吉
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る④―句碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑤―中部邨新道碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑦―松井茂助
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑧―松茂神社
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑨―齋藤勘次郎𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑩―「種徳賑郷」碑

 ●「原田橋」は、国道473号、「中部(なかべ)」と「川合(かわい)」の間に架かる吊り橋・・・
 ●佐久間には「原田橋」が2本あります。1本は国道473号・・・
 ●原田久吉を探るシリーズ②です・・・
 ●出会いは偶然でした。原田久吉翁の遺徳を偲ぶために訪れた・・・
 ●「名望家」。聞きなれない言葉です。多くの人びとから尊敬され・・・
 ●原田久吉翁(1837-1929)の号は「二楽」。原田翁の揮毫には・・・
 ●「原田久吉翁の功績を記した石碑が、もう一つあるよ」と・・・
 【関連記事】早川家に残された原田久吉翁揮毫の扁額
 【関連記事】「二本杉峠の大杉」伐採の図
 ●県道290号水窪羽ヶ庄佐久間線、通称「二本杉峠新道」は、原田久吉翁の寄付金によって・・・
 【関連記事】「二本杉峠新道碑」除幕式の思い出
 【関連記事】「原田久吉翁銅像」の絵葉書発見!
 【関連記事】これが、あの原田翁揮毫の扁額です。
 【関連記事】大正15年の「二本杉峠新道碑」
 【関連記事】郷土の偉人・原田久吉77歳の肖像
 【関連記事】山里の暮らしを聞く④―二本杉で作った板襖
 【関連記事】古い絵葉書に見る天竜川の「原田橋」
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」③―語り部・塩澤さん宅にあった原田翁の揮毫
 【関連記事】原田橋に立つ「種徳賑郷」の顕彰碑
 【関連記事】懐かしい中部の家並を映す、原田翁の顕彰碑
 【関連記事】久しぶりの再会―原田翁の真筆と二本杉の根
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る①―原田橋開橋式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る②―初代原田橋
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る③―原田翁の肖像写真
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る④―原田翁揮毫の屏風
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑤―「二樂園内庭之景」と銅像除幕式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑥―もう1つの原田新道を訪ねて
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑦―新道紀念碑に刻まれた明善翁の名
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑧―ハンドブック『原田久吉翁の足跡を訪ねる』
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑨―郷土誌浦川村の記述
 【関連記事】楽しい佐久間の町歩き⑩―馬背神社に残る原田久吉翁の名
 【関連記事】まちあるき「浦川」第3弾・おまけ④―原田翁銅像台座と句碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑩―松茂神社に掲げられた市河得菴書の額
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑪―大正四年
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑫―原田久太郎
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑬―二本杦峠新道之碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑭―石工露木宗吉𠜇
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑮―薄い薄い石碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑯―根府川石

2017年1月10日 (火)

続・原田久吉翁の面影を探る⑤―中部邨新道碑

Shindohi1

 原田久吉翁の功績を刻んだ碑と言えば、中程で折れたままネットに立て掛けられている「中部邨新道碑」があります。内容については、現在の国道473号の「ほき洞門」から中部に通じる道の整備に、原田翁が資金提供をしたこと記しているようですが、まだ、ちゃんと読み取ってはいませんでした。

 そこで、今回、金属ネットに顔を近づけて、枝に邪魔されながらも、部分的にではありますが読んでみました。

Shindohi3

 すると、先ず「拝文 従七位市河三鼎書」の文字が。「市河三鼎」とは馬背神社の境内社である松茂神社の額の文字を書いた市河得庵と同一人物であることが分かりました。

 次には「農商務大臣従二位勲二等陸奥宗光篆額」とあり、文字は読めませんが新道碑の篆字を書いたのは、伊藤博文内閣の外相として活躍したあの陸奥宗光だったのです。

 陸奥宗光が農商務大臣を務めたのは、明治22年(1889)12月24日~同24年(1891)5月6日の第1次山県内閣の時。碑文の中には「明治二十四年」の文字も見え、「従二位勲二等」の時期から考えてみても、この碑が建てられたのは明治24年のことと考えて間違いなさそうです。

 *「原田久吉翁の足跡を訪ねる」.PDF版をダウンロード

 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る①―旧中部小学校跡
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る②―功績碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る③―石工露木宗吉
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る④―句碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑥―露木宗吉𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑦―松井茂助
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑧―松茂神社
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑨―齋藤勘次郎𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑩―「種徳賑郷」碑

 ●「原田橋」は、国道473号、「中部(なかべ)」と「川合(かわい)」の間に架かる吊り橋・・・
 ●佐久間には「原田橋」が2本あります。1本は国道473号・・・
 ●原田久吉を探るシリーズ②です・・・
 ●出会いは偶然でした。原田久吉翁の遺徳を偲ぶために訪れた・・・
 ●「名望家」。聞きなれない言葉です。多くの人びとから尊敬され・・・
 ●原田久吉翁(1837-1929)の号は「二楽」。原田翁の揮毫には・・・
 ●「原田久吉翁の功績を記した石碑が、もう一つあるよ」と・・・
 【関連記事】早川家に残された原田久吉翁揮毫の扁額
 【関連記事】「二本杉峠の大杉」伐採の図
 ●県道290号水窪羽ヶ庄佐久間線、通称「二本杉峠新道」は、原田久吉翁の寄付金によって・・・
 【関連記事】「二本杉峠新道碑」除幕式の思い出
 【関連記事】「原田久吉翁銅像」の絵葉書発見!
 【関連記事】これが、あの原田翁揮毫の扁額です。
 【関連記事】大正15年の「二本杉峠新道碑」
 【関連記事】郷土の偉人・原田久吉77歳の肖像
 【関連記事】山里の暮らしを聞く④―二本杉で作った板襖
 【関連記事】古い絵葉書に見る天竜川の「原田橋」
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」③―語り部・塩澤さん宅にあった原田翁の揮毫
 【関連記事】原田橋に立つ「種徳賑郷」の顕彰碑
 【関連記事】懐かしい中部の家並を映す、原田翁の顕彰碑
 【関連記事】久しぶりの再会―原田翁の真筆と二本杉の根
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る①―原田橋開橋式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る②―初代原田橋
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る③―原田翁の肖像写真
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る④―原田翁揮毫の屏風
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑤―「二樂園内庭之景」と銅像除幕式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑥―もう1つの原田新道を訪ねて
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑦―新道紀念碑に刻まれた明善翁の名
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑧―ハンドブック『原田久吉翁の足跡を訪ねる』
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑨―郷土誌浦川村の記述
 【関連記事】楽しい佐久間の町歩き⑩―馬背神社に残る原田久吉翁の名
 【関連記事】まちあるき「浦川」第3弾・おまけ④―原田翁銅像台座と句碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑩―松茂神社に掲げられた市河得菴書の額
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑪―大正四年
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑫―原田久太郎
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑬―二本杦峠新道之碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑭―石工露木宗吉𠜇
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑮―薄い薄い石碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑯―根府川石

2017年1月 9日 (月)

続・原田久吉翁の面影を探る④―句碑

Kuhi1

 旧中部小学校から市街地へと歩いて下りる坂の途中、原田久吉翁の句碑「数つ美(み)て ほ古(こ)らぬ穐(秋)の 米俵」と刻まれた顕彰の句碑が建てられています。

 句が詠まれたのは大正13年(1924)、原田翁が88歳の米寿を迎えた時。現在の句碑は平成13年(2001)3月に再建されたものですが、元の句碑は大正15年(1926)4月に建てられていました。

Kuhi2

 そして、この句碑を刻んだ石工も露木宗吉。ただし、二本杉峠新道碑も同じ大正15年建立ですが、新道碑が建てられたのは10月です。

 再建された句碑は黒御影石製のようですが、先代は他と同じような根府川石だったのかも知れません。

 *「原田久吉翁の足跡を訪ねる」.PDF版をダウンロード

 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る①―旧中部小学校跡
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る②―功績碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る③―石工露木宗吉
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑤―中部邨新道碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑥―露木宗吉𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑦―松井茂助
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑧―松茂神社
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑨―齋藤勘次郎𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑩―「種徳賑郷」碑

 ●「原田橋」は、国道473号、「中部(なかべ)」と「川合(かわい)」の間に架かる吊り橋・・・
 ●佐久間には「原田橋」が2本あります。1本は国道473号・・・
 ●原田久吉を探るシリーズ②です・・・
 ●出会いは偶然でした。原田久吉翁の遺徳を偲ぶために訪れた・・・
 ●「名望家」。聞きなれない言葉です。多くの人びとから尊敬され・・・
 ●原田久吉翁(1837-1929)の号は「二楽」。原田翁の揮毫には・・・
 ●「原田久吉翁の功績を記した石碑が、もう一つあるよ」と・・・
 【関連記事】早川家に残された原田久吉翁揮毫の扁額
 【関連記事】「二本杉峠の大杉」伐採の図
 ●県道290号水窪羽ヶ庄佐久間線、通称「二本杉峠新道」は、原田久吉翁の寄付金によって・・・
 【関連記事】「二本杉峠新道碑」除幕式の思い出
 【関連記事】「原田久吉翁銅像」の絵葉書発見!
 【関連記事】これが、あの原田翁揮毫の扁額です。
 【関連記事】大正15年の「二本杉峠新道碑」
 【関連記事】郷土の偉人・原田久吉77歳の肖像
 【関連記事】山里の暮らしを聞く④―二本杉で作った板襖
 【関連記事】古い絵葉書に見る天竜川の「原田橋」
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」③―語り部・塩澤さん宅にあった原田翁の揮毫
 【関連記事】原田橋に立つ「種徳賑郷」の顕彰碑
 【関連記事】懐かしい中部の家並を映す、原田翁の顕彰碑
 【関連記事】久しぶりの再会―原田翁の真筆と二本杉の根
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る①―原田橋開橋式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る②―初代原田橋
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る③―原田翁の肖像写真
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る④―原田翁揮毫の屏風
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑤―「二樂園内庭之景」と銅像除幕式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑥―もう1つの原田新道を訪ねて
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑦―新道紀念碑に刻まれた明善翁の名
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑧―ハンドブック『原田久吉翁の足跡を訪ねる』
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑨―郷土誌浦川村の記述
 【関連記事】楽しい佐久間の町歩き⑩―馬背神社に残る原田久吉翁の名
 【関連記事】まちあるき「浦川」第3弾・おまけ④―原田翁銅像台座と句碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑩―松茂神社に掲げられた市河得菴書の額
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑪―大正四年
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑫―原田久太郎
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑬―二本杦峠新道之碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑭―石工露木宗吉𠜇
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑮―薄い薄い石碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑯―根府川石

2017年1月 8日 (日)

続・原田久吉翁の面影を探る③―石工露木宗吉

Douzou3

 功績碑は石に文字を刻んだ石碑。その石を見て、以前紹介した二本杉峠新道碑と同じように薄い石、神奈川県小田原市付近で産出された根府川石かも知れないと感じました。

Douzou4

 さらに、碑文を刻んだ石工も二本杉峠新道碑と同じ「露木宗吉」です。もしかしたら、同時期に横浜から運ばれたものかも知れないと思いましたが、新道碑が建てられたのは大正15年(1926)、銅像脇の功績碑は大正11年(1922)建立。

 ・・・となると、2基の石碑は別の時期に刻まれ、別の時期に建てられたもの。露木宗吉が原田翁の墓碑銘も刻んでいるのは、すでに紹介した通り。同じ石工が碑文を刻んでいることから、原田翁と露木宗吉との間に深いつながりがあったことが想像されます。

 *「原田久吉翁の足跡を訪ねる」.PDF版をダウンロード

 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る①―旧中部小学校跡
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る②―功績碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る④―句碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑤―中部邨新道碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑥―露木宗吉𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑦―松井茂助
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑧―松茂神社
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑨―齋藤勘次郎𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑩―「種徳賑郷」碑

 ●「原田橋」は、国道473号、「中部(なかべ)」と「川合(かわい)」の間に架かる吊り橋・・・
 ●佐久間には「原田橋」が2本あります。1本は国道473号・・・
 ●原田久吉を探るシリーズ②です・・・
 ●出会いは偶然でした。原田久吉翁の遺徳を偲ぶために訪れた・・・
 ●「名望家」。聞きなれない言葉です。多くの人びとから尊敬され・・・
 ●原田久吉翁(1837-1929)の号は「二楽」。原田翁の揮毫には・・・
 ●「原田久吉翁の功績を記した石碑が、もう一つあるよ」と・・・
 【関連記事】早川家に残された原田久吉翁揮毫の扁額
 【関連記事】「二本杉峠の大杉」伐採の図
 ●県道290号水窪羽ヶ庄佐久間線、通称「二本杉峠新道」は、原田久吉翁の寄付金によって・・・
 【関連記事】「二本杉峠新道碑」除幕式の思い出
 【関連記事】「原田久吉翁銅像」の絵葉書発見!
 【関連記事】これが、あの原田翁揮毫の扁額です。
 【関連記事】大正15年の「二本杉峠新道碑」
 【関連記事】郷土の偉人・原田久吉77歳の肖像
 【関連記事】山里の暮らしを聞く④―二本杉で作った板襖
 【関連記事】古い絵葉書に見る天竜川の「原田橋」
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」③―語り部・塩澤さん宅にあった原田翁の揮毫
 【関連記事】原田橋に立つ「種徳賑郷」の顕彰碑
 【関連記事】懐かしい中部の家並を映す、原田翁の顕彰碑
 【関連記事】久しぶりの再会―原田翁の真筆と二本杉の根
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る①―原田橋開橋式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る②―初代原田橋
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る③―原田翁の肖像写真
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る④―原田翁揮毫の屏風
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑤―「二樂園内庭之景」と銅像除幕式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑥―もう1つの原田新道を訪ねて
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑦―新道紀念碑に刻まれた明善翁の名
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑧―ハンドブック『原田久吉翁の足跡を訪ねる』
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑨―郷土誌浦川村の記述
 【関連記事】楽しい佐久間の町歩き⑩―馬背神社に残る原田久吉翁の名
 【関連記事】まちあるき「浦川」第3弾・おまけ④―原田翁銅像台座と句碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑩―松茂神社に掲げられた市河得菴書の額
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑪―大正四年
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑫―原田久太郎
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑬―二本杦峠新道之碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑭―石工露木宗吉𠜇
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑮―薄い薄い石碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑯―根府川石

2017年1月 7日 (土)

続・原田久吉翁の面影を探る②―功績碑

Douzou2

 原田久吉翁銅像は失われてしまいましたが、その隣りに建てられた功徳碑は現在も残っています。これまで、その碑文を紹介してはいませんでしたが、ここでその内容を披露します。

   原 田 久 吉 翁 功 績 碑

能く言ふ者多く能く行ふ者少し蓋し堅實の人にあらせれは能はさるなり能く財を聚むる者多く能く財を散する者少し蓋し仁侠の士にあらされは能はさるなり原田久吉翁は靜岡懸遠江國豊田郡中部村の産なり安政の初江戸に出て萬延の頃居を横濱に移し爾來𠜇苦勤勉家益富む翁夙に教育の普及を慮り郷里の學童比年倍蓰し校舎の狭隘を告くるを憂ひ増築或は新築をなすこと数回又横濱に於ける育英の為め金品を寄附せり翁深く交通の發達に留意し佐久間中部間古來道路険惡にして行旅の困難を慨き鋭意原田新道を開鑿す從来浦川村より中部村に達する天龍川流域は僅に小舟を通するのみ一朝風雨あれは忽ち來往杜絶するを撼み獨力鐵橋架設を計畫し約六十有餘間の原田橋を架し尋て河内川に第二原田橋を架す其運輸の利便氏衆の幸福多大にして惠澤真に永久不滅なり翁素より敬神信佛の志篤く神社佛閣の建設慈善救濟戰時恤兵罹災救恤等に盡せる事多し嗚呼翁の如きは堅實能く行ふの人を謂ふへく仁侠能く財を散するの士を謂ふへし其薫陶偉大にして實に測り知るへからす翁今年八十有六尚壮健福壽兼備り家運愈隆盛に子孫繁榮誠に積善の致す所なり村民其徳を敬慕し壽像を建て其功績を石に勤して以て世に傳ふを云爾

 大正十一年十月   東都  遜軒貝原兼撰并書
           横濱  石工露木宗吉𠜇

 いかがでしょうか?見慣れない旧字が使われてはいますが、内容は難しくはありません。分かっていただけたでしょうか?

 *「原田久吉翁の足跡を訪ねる」.PDF版をダウンロード

 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る①―旧中部小学校跡
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る③―石工露木宗吉
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る④―句碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑤―中部邨新道碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑥―露木宗吉𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑦―松井茂助
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑧―松茂神社
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑨―齋藤勘次郎𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑩―「種徳賑郷」碑

 ●「原田橋」は、国道473号、「中部(なかべ)」と「川合(かわい)」の間に架かる吊り橋・・・
 ●佐久間には「原田橋」が2本あります。1本は国道473号・・・
 ●原田久吉を探るシリーズ②です・・・
 ●出会いは偶然でした。原田久吉翁の遺徳を偲ぶために訪れた・・・
 ●「名望家」。聞きなれない言葉です。多くの人びとから尊敬され・・・
 ●原田久吉翁(1837-1929)の号は「二楽」。原田翁の揮毫には・・・
 ●「原田久吉翁の功績を記した石碑が、もう一つあるよ」と・・・
 【関連記事】早川家に残された原田久吉翁揮毫の扁額
 【関連記事】「二本杉峠の大杉」伐採の図
 ●県道290号水窪羽ヶ庄佐久間線、通称「二本杉峠新道」は、原田久吉翁の寄付金によって・・・
 【関連記事】「二本杉峠新道碑」除幕式の思い出
 【関連記事】「原田久吉翁銅像」の絵葉書発見!
 【関連記事】これが、あの原田翁揮毫の扁額です。
 【関連記事】大正15年の「二本杉峠新道碑」
 【関連記事】郷土の偉人・原田久吉77歳の肖像
 【関連記事】山里の暮らしを聞く④―二本杉で作った板襖
 【関連記事】古い絵葉書に見る天竜川の「原田橋」
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」③―語り部・塩澤さん宅にあった原田翁の揮毫
 【関連記事】原田橋に立つ「種徳賑郷」の顕彰碑
 【関連記事】懐かしい中部の家並を映す、原田翁の顕彰碑
 【関連記事】久しぶりの再会―原田翁の真筆と二本杉の根
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る①―原田橋開橋式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る②―初代原田橋
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る③―原田翁の肖像写真
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る④―原田翁揮毫の屏風
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑤―「二樂園内庭之景」と銅像除幕式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑥―もう1つの原田新道を訪ねて
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑦―新道紀念碑に刻まれた明善翁の名
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑧―ハンドブック『原田久吉翁の足跡を訪ねる』
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑨―郷土誌浦川村の記述
 【関連記事】楽しい佐久間の町歩き⑩―馬背神社に残る原田久吉翁の名
 【関連記事】まちあるき「浦川」第3弾・おまけ④―原田翁銅像台座と句碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑩―松茂神社に掲げられた市河得菴書の額
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑪―大正四年
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑫―原田久太郎
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑬―二本杦峠新道之碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑭―石工露木宗吉𠜇
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑮―薄い薄い石碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑯―根府川石

2017年1月 6日 (金)

続・原田久吉翁の面影を探る①―旧中部小学校跡

Douzou1

 原田橋にその名を遺す、佐久間町中部(なかべ)出身の名望家・原田久吉翁について、もう少し知りたいと思い、かつて原田翁の銅像が建てられていた台座が残る旧中部小学校跡に立ちました。

 旧中部小学校跡は平沢の高台。アワビの養殖事業が始まった旧佐久間学校給食センターの隣りです。旧中部小学校は、当時横浜に移住していた原田翁が、郷里の子どもたちのために資金を出して開校した学校。

Koumon

 5段に積み上げられた台の上にさらにコンクリートの台座が乗り、銅像はその上に立ち、子どもたちの勉学の様子を温かい眼差しで見守っていたはず。

 旧中部小学校は昭和32年(1957)に佐久間小学校に統合され、現在は校門の門柱が残るだけ。 残念なことに、銅像も戦時中の金属供出により失われ、現在は台座だけが虚しく立っています。

 *「原田久吉翁の足跡を訪ねる」.PDF版をダウンロード

 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る②―功績碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る③―石工露木宗吉
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る④―句碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑤―中部邨新道碑
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑥―露木宗吉𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑦―松井茂助
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑧―松茂神社
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑨―齋藤勘次郎𠜇
 【関連記事】続・原田久吉翁の面影を探る⑩―「種徳賑郷」碑

 ●「原田橋」は、国道473号、「中部(なかべ)」と「川合(かわい)」の間に架かる吊り橋・・・
 ●佐久間には「原田橋」が2本あります。1本は国道473号・・・
 ●原田久吉を探るシリーズ②です・・・
 ●出会いは偶然でした。原田久吉翁の遺徳を偲ぶために訪れた・・・
 ●「名望家」。聞きなれない言葉です。多くの人びとから尊敬され・・・
 ●原田久吉翁(1837-1929)の号は「二楽」。原田翁の揮毫には・・・
 ●「原田久吉翁の功績を記した石碑が、もう一つあるよ」と・・・
 【関連記事】早川家に残された原田久吉翁揮毫の扁額
 【関連記事】「二本杉峠の大杉」伐採の図
 ●県道290号水窪羽ヶ庄佐久間線、通称「二本杉峠新道」は、原田久吉翁の寄付金によって・・・
 【関連記事】「二本杉峠新道碑」除幕式の思い出
 【関連記事】「原田久吉翁銅像」の絵葉書発見!
 【関連記事】これが、あの原田翁揮毫の扁額です。
 【関連記事】大正15年の「二本杉峠新道碑」
 【関連記事】郷土の偉人・原田久吉77歳の肖像
 【関連記事】山里の暮らしを聞く④―二本杉で作った板襖
 【関連記事】古い絵葉書に見る天竜川の「原田橋」
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」③―語り部・塩澤さん宅にあった原田翁の揮毫
 【関連記事】原田橋に立つ「種徳賑郷」の顕彰碑
 【関連記事】懐かしい中部の家並を映す、原田翁の顕彰碑
 【関連記事】久しぶりの再会―原田翁の真筆と二本杉の根
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る①―原田橋開橋式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る②―初代原田橋
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る③―原田翁の肖像写真
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る④―原田翁揮毫の屏風
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑤―「二樂園内庭之景」と銅像除幕式
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑥―もう1つの原田新道を訪ねて
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑦―新道紀念碑に刻まれた明善翁の名
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑧―ハンドブック『原田久吉翁の足跡を訪ねる』
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑨―郷土誌浦川村の記述
 【関連記事】楽しい佐久間の町歩き⑩―馬背神社に残る原田久吉翁の名
 【関連記事】まちあるき「浦川」第3弾・おまけ④―原田翁銅像台座と句碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑩―松茂神社に掲げられた市河得菴書の額
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑪―大正四年
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑫―原田久太郎
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑬―二本杦峠新道之碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑭―石工露木宗吉𠜇
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑮―薄い薄い石碑
 【関連記事】原田久吉翁の面影を探る⑯―根府川石

天竜川・そまびとの会

天気予報