だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

学校・子どもたち・廃校 Feed

2017年3月17日 (金)

旧勝坂小の木造校舎を模型で再現 浜松の男性

◆3年かけて完成 あすから浜北で展示 

Kamiya1

 元家具職人でミニチュア作家に転じた浜松市東区半田山の神谷満さん(64)が、ピンクの外観で知られる旧勝坂小学校舎(同市天竜区春野町)の模型を完成させた。「木造校舎を模型で残したい」「見る人それぞれの学校の思い出をよみがえらせてほしい」。3年かけて懐かしい雰囲気を再現し、17日から、同市浜北区の県森林公園で披露する。

 同校は1968(昭和43)年度に廃校。校舎は国の登録有形文化財に指定されている。作品は「山の小学校 卒業(たびだち)の朝」と名付け、2階の講堂で開かれる卒業式の様子、掃除の時間に天井へぞうきんを投げる児童、職員室でだるまストーブを囲む教員の姿などが楽しめる。昭和の雰囲気にあふれ、24分の1の大きさながら、子どもたちの声が聞こえてきそうだ。

 神谷さんは昔の写真を入手してイメージを膨らませ、現地で採寸。木をミリ単位で加工していすを組み立て、教壇の上の鉛筆削りからランドセルまで、すべてを一人で手掛けた。

Kamiya2

 かつては市内の家具メーカーの職人で、校舎で使う教壇や机、いすなども納品した。工具の扱いや材質の知識、繊細に木を組む技術などを磨いた。

 もともと模型作りは好きだったが、53歳の時、「客の希望に応えるのではなく、自分の意思を入れて作りたい」と退職。

 転身して3年ほどは何を作っても「偽物だ」と感じたが、黙々と数をこなした。質を上げるうちに模型ならではの良さを体で覚え、納得がいくようになった。

 遠州綿紬(つむぎ)を鼻緒に使ったげた、古民家や商店などレパートリーを増やしていった。2010年には、廃校となった木造の旧石神小(天竜区)の作品が「浜名湖アート・クラフトフェア」で大賞を射止めた。

Kamiya3

 木造校舎は最近のテーマ。「木造校舎で学んだ世代の一人として、模型で残したい。そういう『意志』を、最近は作品に込められるようになった」と語る。

 30日まで森林公園ビジターセンターで開かれる作品展では20~30点を並べ、遅咲きデビューから10年の集大成を見せる。

 神谷さんは「目線を下げて、しゃがみ込んで作品の世界に入ってほしい」と話す。(「中日新聞」より)

 【関連記事】「旧勝坂小」模型で再現 浜松の神谷さん、17日から展示

 あなたが学んだ校舎は木造でしたか?私の頃は木造から鉄筋コンクリート造へと建て替えが盛んな時期。1年、3年、5年生は木造でしたが、今では写真に残るだけです。

2017年3月 5日 (日)

帰省や移住で「集落維持」を 過疎化進む天竜区佐久間町

Funato6

◆静岡文化芸大生が解決策提案

 過疎化が進む浜松市天竜区佐久間町の現状を調査し課題を探ってきた静岡文化芸(浜松市中区)の学生らによる報告会が3日夕、同区の佐久間歴史と民話の郷会館で開かれた。

 報告会を開いたのは、舩戸修一准教授(46)=農村社会学=と文化政策学部の学生2人。「中山間地域における集落を1戸たりともなくしてはならない」との思いを込め、「集落の維持」をテーマに調査。昨年5月~12月の週末に計14回、現地に通い、自治会の下部組織の役員らから、暮らしにくさやふるさとの良さ、家族の住む場所などを聞き取り、まとめた。

Funato604

 報告会には地元の人たち約40人が参加。2年の千葉大樹さん(20)は「子どもたちが集落を出て暮らしても、頻繁に帰省すれば集落維持の可能性がある」と前置き、実際に、集落外で暮らす子どもたちが年1~数回、実家に通っている調査結果を示し、「子どもが帰省したタイミングで集落の行事を実施するなどのアプローチはどうか」と述べた。

 1年の鈴木晴香さん(19)は、全国的に移住希望者の相談件数が増加している点を紹介。地元住民の約9割が移住者を受け入れる意向を持っているという調査結果をもとに「祭礼への招待や住民との食事会、空き家見学会などを開いてみては」と提案した。

 舩戸准教授は「調査結果を地域に還元し、解決策を一緒に考えることが大事」と話した。(「中日新聞」より)

 地域を離れても、やはり懐かしい故郷。心の中では離れられるものではありません。私たちのグループ「AKG(秋葉観光ガイド)」のメンバーにも、帰省者が登録されました。

 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」①―野田に春を告げる「福寿草」
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」②―佐久間のそば名人
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」③―語り部・塩澤さん宅にあった原田翁の揮毫
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」④―機械集材の父・栗澤和市さんと山のご馳走
 【関連記事】中日新聞東海本社版「天竜発 山里はいま」■□1□■―合併10周年 揺らぐ生活
 【関連記事】中日新聞東海本社版「天竜発 山里はいま」■□2□■―消える学校
 【関連記事】中日新聞東海本社版「天竜発 山里はいま」■□3□■―行政との距離
 【関連記事】中日新聞東海本社版「天竜発 山里はいま」■□4□■―持続性がカギ
 【関連記事】中日新聞東海本社版「天竜発 山里はいま」■□5□■―「町村民」の声
 【関連記事】中日新聞東海本社版「天竜発 山里はいま」■□6□■―増える住民負担
 【関連記事】中日新聞東海本社版「天竜発 山里はいま」■□7□■―舩戸准教授に聞く
 【関連記事】北遠の課題、大学生が調査 集落訪ね実情把握
 【関連記事】中山間地域の集落維持探る 舩戸ゼミ生が調査結果発表

2017年2月21日 (火)

「うまい」しし鍋最高 天竜区で大寒謝祭

Daikansyasai

 しし鍋の無料振る舞いが呼び物のイベント「大寒謝祭」が19日、浜松市天竜区の道の駅くんま水車の里で開かれた。500人分以上を優に超える量が振る舞われ、大勢の観光客でにぎわった。

 直径1メートルほどの大きな鍋2つに、地元で捕れたイノシシの肉10キロ以上、ネギ8キロなどを煮込んで、しし鍋が完成。食欲をそそる香りが湯気とともに立ち上る中、数百人が列を作り、持参したマイカップに具と汁を入れてもらい味わった。そばちゃんこも振る舞われた。

 このほか、住民らの出資を受け地元の熊小学校の全児童9人が昨年起業した「くんまおうえん社(株)」が地元の茶やキーホルダー、マリーゴールドの草木染などを販売した。

 社長を務める6年の太田柚希君は「学校のホームページでも大寒謝祭への出店を知らせるなど、みんなで知恵を出し合った。お客さんも買ってくれる」と手応えを感じていた。

 道の駅名物のそばの早食い競争や五平もちも販売され、人気を呼んだ。(「中日新聞」より)

 「くんま水車の里」の「大寒謝祭」も終わり、間もなく北遠に春がやって来ます。耳を澄ませば、ほら、春の足音が・・・。

 【関連記事】「かあさん」笑顔地元に活気 くんま水車の里、道の駅登録15年
 【関連記事】アユつかみどり、塩焼きに 浜松市天竜区の道の駅でイベント
 【関連記事】「ふるさと便」販売開始 天竜区・くんま水車の里
 【関連記事】くんま水車の里に雪だるま―「大寒謝祭」は2月20日
 【関連記事】温か「シシなべ」に長い列 浜松・天竜区で大寒謝祭
 【関連記事】「ふるさと便」を販売 天竜区・くんま水車の里
 【関連記事】紅葉を求めて北遠へ①―くんま水車の里
 【関連記事】大根ゆらり寒風干し 天竜区熊
 【関連記事】「夢未来くんま」ブロック賞 地域再生大賞
 【関連記事】第2回地域再生大賞 「夢未来くんま」ブロック賞
 【関連記事】寒謝の「元祖」シシなべ 天竜区 くんま水車の里で催し
 【関連記事】「夢未来くんま」に表彰 地域再生大賞ブロック賞 
 【関連記事】「甘酒」「みそ」のアイス新名物に 浜松・天竜区熊
 【関連記事】地域の課題や将来を模索 天竜区熊で「語る会」
 【関連記事】野道を行けば~♪⑦―こんにゃく、五平もち、舞茸天ぷらそば
 【関連記事】道の駅めぐり・夏の天竜編/「静岡○ごとワイド!」
 【関連記事】山あいにアルプホルンの音 天竜区の道の駅 セミナー受講者発表会
 【関連記事】「くんま水車の里」に訪れた真っ赤な秋
 【関連記事】2012年「くんま水車の里」の紅葉
 【関連記事】シシ鍋などに行楽客らが列 道の駅で感謝祭
 【関連記事】今年も詰め合わせ「夏のふるさと便」天竜区、道の駅販売
 【関連記事】お歳暮に母の味 天竜区のNPOがふるさと便
 【関連記事】おかみの味ぎっしり 歳暮ギフト受け付け開始 天竜区
 【関連記事】道の駅くんま水車の里―中日新聞サンデー版「駅ものがたり」
 【関連記事】第20回くんま水車の里「大寒謝祭」―2月16日
 【関連記事】寒さ忘れる熱々しし鍋 天竜・道の駅くんま
 【関連記事】「熊かあさんの店」新装 浜松・天竜区
 【関連記事】天竜の味 真心込め くんま水車の里 歳暮ギフト注文開始
 【関連記事】くんま水車の里 記念きっぷいかが 20周年で購買客に配布
 【関連記事】地元素材使った「柚べし」食べて 道の駅くんま
 【関連記事】神村省治さんのミニチュア古民家展―くんま水車の里
 【関連記事】「鮎のつかみ取り」に歓声!「くんま水車の里」納涼祭
 【関連記事】「くんま」道の駅20周年 里の変遷映す 案内看板リニューアル
 【関連記事】走ったり波乗り ユニーク木人形 天竜区で展示
 【関連記事】切り絵に木版画 木の人形の力作 くんま水車の里で旧熊村出身3人展
 【関連記事】大根ゆらり寒風干し 浜松・天竜区の道の駅
 【関連記事】しし鍋に大行列 くんま水車の里「大寒謝祭」 浜松・天竜区
 【関連記事】地域協力、都市部と交流 天竜区のNPO夢未来くんま
 【関連記事】くんま川遊び④―かあさんの店
 【関連記事】大盛りそば「熊二郎」人気 浜松の天竜区・くんま水車の里
 【関連記事】くんま水車の里「大寒謝祭」は2月19日(日)

 【関連記事】株主保護者に企画説明 模擬会社運営、熊小全児童8人
 【関連記事】商品候補の茶、製造工程学ぶ 模擬株式会社運営の熊小 浜松
 【関連記事】熊小運営 模擬会社が出店 3日、浜松・天竜産業観光まつり

「竜洋郷土資料館」で竜洋北小3年生郷土学習のお手伝い

Gakusyukai

 2月21日、磐田市立竜洋北小3年生の児童たちが「竜洋郷土資料館」を訪ねました。「郷土学習」の時間の説明役として、押しかけボランティアを楽しんで来ました。

 資料館の1階には、田や畑などの農具、木綿や絹の機織り、天竜川や遠州灘の漁業で使った船や漁具の展示。2階には、「となりのトトロ」でさつきがかけていたのと同じ古い壁掛け電話機や茶の間の道具、掛塚にあった福長飛行場や掛塚まつりの展示があります。

 私は2階のガイドのお手伝い。子どもたちは、見たこともない炭火アイロンやブラウン管テレビにビックリ。真空管ラジオや蓄音機なども何だか分からなかったみたい。

 今では、おじいちゃん、おばあちゃんの家に行っても体験することができなくなってしまった「昔の暮らし」。私たちにとっては、そんなに昔とも思えないのですが、子どもたちにとっては遠~い遠~い昔の話。

 この子どもたちがおじいちゃん、おばあちゃんになった頃には、どんな未来の暮らしが待っているのでしょうか?

 【関連記事】「竜洋郷土資料館」学習会でボランティアガイド

 【関連記事】竜洋郷土資料館で「むかしのくらし」について学ぶ、竜洋西小3年生

 【関連記事】さて、どうなるか?竜洋北小でボランティア授業
 【関連記事】ボランティア授業を終えて―竜洋北小
 【関連記事】ボランティア授業「掛塚に残る石の蔵」―竜洋北小
 【関連記事】小学生を前に語り聞かせ―掛塚に残る石の蔵
 【関連記事】「語り聞かせ」ありがとうございました。
 【関連記事】竜洋北小での26年度第1回「語り聞かせ」
 【関連記事】ナギの木の話―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】再びナギの木の話―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】「掛塚は湊町だった」―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】「物づくりの楽しさ」を知ってほしい―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】「木について考えよう」―竜洋北小で「語り聞かせ」
 【関連記事】空を飛ぶ夢―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】竜洋北小4年生を対象に「語り聞かせ」
 【関連記事】お宮さんって何?竜洋北小、総合的な学習の時間
 【関連記事】届けられた「ありがとうございました。」の感想文集
 【関連記事】「自分も 見ている人も にっこりする 発表会にしよう」竜北学習発表会
 【関連記事】森のおかげ―竜洋北小で「語り聞かせ」

2017年2月16日 (木)

雑貨、家具に木のぬくもり 二俣で展示会

Honda

 天竜産のヒノキやスギを使った雑貨や台所用品、家具を集めた「木のぬくもり展2017」が15日、浜松市天竜区二俣町の本田宗一郎ものづくり伝承館で始まった。3月26日まで。月、火曜休み。

 天竜、浜北両区の事業所や個人、天竜高校など13の個人、団体が、計1000点超を出品し、この多くが販売されている。

 ウッドイン広山(天竜区水窪町)は、ヒノキのまな板や洗濯板を展示。金属プレス会社KPI(浜北区善地)は、ヒノキのソープディッシュや、富士山やサクラの形に型抜きした結婚式のフラワーシャワーを提案している。

 天竜高校は、生徒が制作したヒノキの三段箱や文机などの書斎用品、木製の「小人の家」などユニークな品々を紹介。昨年の「ふじのくに芸術祭」で入賞した生徒の彫刻、造形作品などもあわせて展示している。(「中日新聞」より)

 ユニークな木使い作品が展示されています。私も見に行かなくては!

 【関連記事】「ホンダC型」復元完了 "古里”天竜区で披露式典
 【関連記事】ものづくり精神ここに 浜松に本田宗一郎伝承館が完成 4月1日にオープン
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館で初の特別展
 【関連記事】本田宗一郎夢未来想造倶楽部が総会
 【関連記事】来館1万人を達成 天竜区・本田宗一郎伝承館
 【関連記事】北遠での研修会⑥―「本田宗一郎ものづくり伝承館」
 【関連記事】ハンターカブ“集結” 浜松市天竜区で50周年記念交流会
 【関連記事】本田伝承館、来場3万人 天竜区
 【関連記事】ミュージカル「本田宗一郎物語」 古里の浜松・天竜区で子どもらが熱演
 【関連記事】登録有形文化財「旧二俣町役場」の紅葉
 【関連記事】北遠の「龍」を探せ!―本田宗一郎ゆかりの「龍」
 【関連記事】本田宗一郎さんしのび少年時代の逸話を披露 児童着物姿で寺の鐘つく
 【関連記事】自慢の愛車囲みバイク談議 天竜区でオーナーの集い
 【関連記事】10月6日から特別展 本田宗一郎ものづくり伝承館
 【関連記事】レトロな町並み、二俣を歩く⑮―旧「二俣町役場」
 【関連記事】来館5万人達成 本田宗一郎ものづくり伝承館 天竜
 【関連記事】本田宗一郎さんの直筆の絵画展示 天竜区の伝承館で企画展
 【関連記事】「本田宗一郎ものづくり伝承館」の木使い拝見!
 【関連記事】宗一郎氏しのび愛用品やバイク 天竜区で企画展
 【関連記事】伊豆石の蔵、塀紹介 パネルに所在地や建造年 天竜区
 【関連記事】木工品900点展示販売 浜松・ものづくり伝承館
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館「木のぬくもり展2015」①―旧「二俣町役場」
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館「木のぬくもり展2015」②―NPO法人「せきれい」
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館「木のぬくもり展2015」③―「水窪林産」と「ウッドイン廣山」
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館「木のぬくもり展2015」④―「タケのネ」と米澤吉治さん
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館「木のぬくもり展2015」⑤―間伐材の積み木
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館「木のぬくもり展2015」⑥―天竜高校の鉄の彫刻
 【関連記事】温かみある木工品がずらり200点以上 二俣で展示会
 【関連記事】往年のバイク整備作業披露 本田宗一郎伝承館 浜松・天竜
 【関連記事】「Zの父」片山さん功績紹介 浜松・天竜区
 【関連記事】クルマに情熱集大成 水彩画や紙細工 天竜区で展示
 【関連記事】ホンダのマシン並ぶ 本田宗一郎伝承館で企画展
 【関連記事】本田宗一郎さん幼少期再現する あす天竜区でミュージカル
 【関連記事】クリスマスの絵や飾りを展示 天竜区でレモコさん
 【関連記事】細部までリアルに バイクのイラスト 柴田さんが図版原画展
 【関連記事】本田宗一郎の似顔絵コンテスト 天竜で表彰式
 【関連記事】おもちゃ、雑貨 木のぬくもり 高校生や企業、天竜材で作品展 二俣
 【関連記事】本田宗一郎ものづくり伝承館 10万人目は袋井の夫妻
 【関連記事】若き「本田宗一郎物語」 地元の児童や生徒が稽古に熱
 【関連記事】本田宗一郎物語、観客400人が熱中 天竜でミュージカル
 【関連記事】本田宗一郎氏の逸話、小中高生が熱演 浜松でミュージカル

2017年2月11日 (土)

浜松「西浦の田楽」ウェブで発信 静岡大生がサイト制作

Nishiuredengaku

 静岡大情報学部情報社会学科杉山岳弘研究室の3年生が、14日から15日にかけて浜松市天竜区水窪町で行われる国の重要無形民俗文化財「西浦の田楽」のウェブサイトを制作した。11日から公開し、伝統祭事の歴史や見どころ、祭りに携わる能衆の思いを発信する。10日に浜松市役所で記者会見した鈴木祥子さん(21)らは「継承が難しくなる中、水窪の子どもたちに祭りの誇りが伝わり、人口流出が防げれば」と言葉に力を込めた。

 ウェブサイトは映画のPRサイトをイメージして、予告編のPR動画を掲載する。開催場所や日時、登場人物の紹介、祭りを鑑賞する上での心構えやルールに加え、「当たり前の事」として伝統を受け継ぐ能衆の言葉を紹介する。

 西浦の田楽は西浦観音堂を舞台に、日暮れから夜明けまで舞を踊り続ける。田楽を舞う能衆は世襲制。1300年前から口伝で受け継がれてきた。

 浜松でも特に長い歴史を持つ祭りに興味を持った学生7人が、祭りを多くの人に伝え、見学者を増やそうと「西浦の田楽PRプロジェクト」を始めた。昨年11月から5回、現地に入り、祭主である別当の高木八郎さんや保存会の守屋治次会長、能衆や地元の店などを丹念に取材し、ウェブや映像、雑誌の制作に取り組んでいる。

 学生らは、祭りの当日も現地で取材し、2月21日から撮影した田楽の動画も公開する。3月8日にはフリーペーパー「浜松鈴鈴」の特別号を発行し、市役所や市内の協働センターでも配布する。(「静岡新聞」より)

 今年(2017)の「西浦の田楽」は2月14日(火)~15日(水)。みなさん、ぜひ、お出かけください!

 【関連記事】田楽の里「西浦を知って」 児童ら看板づくり 水窪
 【関連記事】水窪「西浦観音堂」に供えられた絵馬
 【関連記事】観音堂に奉納された「ハイカラ」男の奉納額
 【関連記事】西浦田楽「はね能」の締めは「弁慶」
 【関連記事】来月の奉納前に西浦田楽写真展 天竜区水窪町
 【関連記事】西浦「観音堂」に奉納された明治天皇の軍服姿
 【関連記事】能衆には厳しい戒律 西浦(にしうれ)の田楽(水窪町)
 ●浜松市天竜区水窪町西浦地区に伝わる国指定重要無形民俗文化財「西浦田楽」が、3月3日夜から・・・
 【関連記事】1300年、先祖伝来の舞 水窪の西浦田楽
 【関連記事】五穀豊穣祈り 夜を徹して舞 水窪で西浦田楽
 【関連記事】民俗芸能「西浦田楽」―平成23年2月20日~21日
 【関連記事】地域の伝統守る 浜松市の水窪で20日夜「西浦田楽」
 【関連記事】五穀豊穣願い伝統の舞 浜松・水窪で夜徹し
 【関連記事】豊作祈り伝統の舞 浜松・水窪町で「西浦田楽」
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽①
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽②
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽③
 【関連記事】「西浦の田楽」―2012年2月9日夜~10日朝
 【関連記事】豊作と無病息災願い 9日夜に「西浦田楽」 水窪
 【関連記事】別当宅で酒造り 「西浦の田楽」控え準備 天竜区
 【関連記事】神と祭り 幻想の舞 天竜区で西浦田楽
 【関連記事】夜を徹し伝統の舞 「西浦の田楽」奉納 浜松・水窪
 【関連記事】炎に浮かぶ舞―2012年「西浦の田楽」
 【関連記事】続・炎に浮かぶ伝統の舞―2012年「西浦の田楽」
 【関連記事】遠来人北遠ツアー⑦西浦観音堂
 【関連記事】西浦の田楽 27日から舞 天竜区水窪町
 【関連記事】82歳能衆、誇りの舞 27、28日・浜松「西浦の田楽」
 【関連記事】「西浦田楽 伝承を」有馬朗人さん自筆の句碑 水窪で除幕式
 【関連記事】有馬氏(静岡文芸大理事長)の句碑建立 浜松・西浦
 【関連記事】夜通し田楽の舞 浜松・水窪で奉納
 【関連記事】夜を徹し1300年の舞 浜松・水窪で「西浦の田楽」
 【関連記事】京都で"里帰り奉納" 浜松・水窪「西浦田楽」保存会
 【関連記事】西浦田楽前に「酒造り」 能衆、精進生活スタート
 【関連記事】浜松・水窪の「西浦田楽」 無料送迎バス運行
 【関連記事】伝統の舞 日の出まで 水窪で西浦田楽
 【関連記事】幻想的に1300年の舞 浜松・水窪「西浦の田楽」
 【関連記事】1300年前から世襲制で受け継がれる田楽祭(西浦の田楽)―「広報はままつ」2014年4月号表紙
 【関連記事】「西浦田楽」を奉納 浜松市・水窪
 【関連記事】夜を徹し1300年の舞 浜松・水窪「西浦の田楽」
 【関連記事】火の前で踊る舞 祭りの情景13枚 中区で「西浦田楽」写真展
 【関連記事】夜を徹し幽玄な舞 水窪で「西浦の田楽」
 【関連記事】「西浦田楽」夜通しの舞 浜松・天竜区水窪町

2017年2月10日 (金)

天竜材のPR用トイレットペーパー 知名度アップへ全小学校に配布

Tenryuzai

 天竜材の認知度アップと環境教育のため、静岡文化芸術大(浜松市中区)の学生が、昨夏に製作した天竜材をPRするトイレットペーパーを浜松市内の全小学校100校に1個ずつ贈る。学校の教員らに見てもらい、購入を検討してもらう。

 トイレットペーパーの名称は「使おう浜松の木材 お木づかいペーパー」。学生が考案した文章やイラストがプリントされ、天竜区が日本三大人工美林の1つであることや、森林のもたらす効果などを理解できる。地域の課題解決を目指す「企画立案総合演習」の一環で、3年生6人が昨年5月から取り組んだ。

 当初、1000個製作したところ、大学生協での販売をはじめ、市役所や地元の製材会社などで好評だったため、さらに1000個を作った。昨年10月には、木材関連の製品や取り組みを表彰するウッドデザイン賞(林野庁補助事業)を受賞した。

 製作に携わった岡美穂子さん(21)は「教育現場に浸透させ、浜松に貢献できたらいい」と話し、13日に各学校に発送する。学校側から追加の注文があれば、1個150円(税込み)で販売する。(「中日新聞」より)

 これも、大切な「木使い」。もっと、もっと木を使いましょう!

 【関連記事】トイレ紙で天竜材PR 静岡文化芸術大生が商品化

2017年2月 2日 (木)

竜洋郷土資料館で「むかしのくらし」について学ぶ、竜洋西小3年生

Gakusyukai

 磐田市立竜洋西小学校3年生の児童たちが竜洋郷土資料館を訪れましたので、「みんなと倶楽部 ⚓ 掛塚」の一員とガイド役を務めて来ました。

 西小3年生は、1月25日に掛塚の旧津倉家住宅で「むかしのくらし」について学んでいただいた3クラス約100人の児童たち。6グループに分かれて、一昔前の竜洋の農業や漁業の道具、暮らしの道具を説明を聴きながら見学。私は、津倉家が生業としていた廻船問屋や掛塚湊が繫栄した時代についての解説を担当しました。

 「廻船問屋は何を運んだんだっけ?」「木」「そうだね。木はどこから来たの?」「川の上の方」。

 北遠の良材が集まった掛塚には、ノコギリで木を挽く木挽き職人、木を使って家や船を造る大工やノコギリを造る人などの職人が育ちました。その職人たちの技を集めて造られたのが掛塚の屋台なんだよ。

 そんな故郷の歴史をもっと知ってほしいと思いながらも、残念ながら時間がありません。私は伝えたいことの10分の1も話せませんでしたので、後は、おじいちゃんやおばあちゃんに聞いてみてください。そして、掛塚、竜洋の大好きな大人に育ってほしいと心から思いました。

 【関連記事】郷土の歴史を学ぶ―竜洋西小児童が磐田市歴史文書館を見学
 【関連記事】竜洋西小学校6年生の地域学習のお手伝い―磐田市歴史文書館
 【関連記事】小雨の中をまち歩き、竜洋西小6年「掛塚歴史探検」
 【関連記事】旧津倉家住宅で「むかしのくらし」について学ぶ、竜洋西小3年生

森のおかげ―竜洋北小で「語り聞かせ」

Katarikikase1

 磐田市立竜洋北小学校で「語り聞かせ」を行いました。

 今回の担当は5年生2クラス。「森のおかげ」と題して、私たちの生活にとって、木や森がどれほど大切なものかについて説明しました。

Katarikikase2

 酸素を作り、水を貯えてくれる木や森の維持には、木を使うことが大切です。木を伐って、使って、植えて、育てることを知ってほしい。そして、自然を好きな大人になってほしい。そんな話をしたつもりです。

 また、前回「語り聞かせ」をした4年2組の児童たちからお礼の手紙、5年生からは折り紙が届きました。これは、私の宝物。大切に、大切にしたいと思います。

 【関連記事】さて、どうなるか?竜洋北小でボランティア授業
 【関連記事】ボランティア授業を終えて―竜洋北小
 【関連記事】ボランティア授業「掛塚に残る石の蔵」―竜洋北小
 【関連記事】小学生を前に語り聞かせ―掛塚に残る石の蔵
 【関連記事】「語り聞かせ」ありがとうございました。
 【関連記事】竜洋北小での26年度第1回「語り聞かせ」
 【関連記事】ナギの木の話―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】再びナギの木の話―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】「掛塚は湊町だった」―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】「物づくりの楽しさ」を知ってほしい―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】「木について考えよう」―竜洋北小で「語り聞かせ」
 【関連記事】空を飛ぶ夢―竜洋北小「語り聞かせ」
 【関連記事】竜洋北小4年生を対象に「語り聞かせ」
 【関連記事】お宮さんって何?竜洋北小、総合的な学習の時間
 【関連記事】届けられた「ありがとうございました。」の感想文集
 【関連記事】「自分も 見ている人も にっこりする 発表会にしよう」竜北学習発表会

2017年1月31日 (火)

児童が喜ぶ「民泊」に 静岡文化芸大生が春野で課題探る

 浜松市の街中の児童を、天竜区など中山間地の民家で受け入れる「民泊」の課題を探ろうと、静岡文化芸術大の舩戸修一准教授(46)と学生6人が28、29両日に、同区春野町高杉地区の民家3軒に泊まり込んだ。

 高杉地区は13軒あり、このうち、小中高生らがいる3世代同居の3軒に、学生や舩戸准教授が分かれて宿泊した。

 シイタケやダイコンなど農作物の収穫や、森林整備など、児童を受け入れる場合に体験させられる内容を、学生が自ら体験した。

 体験後の振り返りで、学生らは「大学生が楽しいと思うものを小学生も楽しいと感じるかどうか」「体験したことのないものであれば小学生にも新鮮なはず」といった意見を述べていたという。

 市の委託を受けての調査で、近く成果を報告する。舩戸准教授は「最終的には地元の方々の意向次第。児童にも飽きがなく、受け入れ側の体力的負担も少ない1泊2日が適している」と話した。(「中日新聞」より)

 舩戸准教授と文芸大の学生さんたちが頑張ってくれています。私は、2月22日、25日には犬居城、3月12日、26日には秋葉山のガイド役として、地元のボランティアガイド仲間と一緒に春野の魅力をPRする予定です。

天竜川・そまびとの会

天気予報