だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

神楽・田楽・民俗芸能 Feed

2017年2月15日 (水)

「西浦田楽」夜通しの舞 浜松・天竜区水窪町

Nishiuredengaku2

 浜松市天竜区水窪町西浦地区に伝わる国指定重要無形民俗文化財「西浦(にしうれ)の田楽」が14日夜から15日朝にかけて、同町の観音堂で奉納された。1300年の歴史を受け継ぐ能衆らが夜通し舞を繰り広げ、五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災を祈願した。

 厳しい冷え込みの中、午後9時ごろに羽織姿の能衆が境内に登場。「地能」や「はね能」と呼ばれる伝統の舞を一心不乱に繰り広げた。境内には大勢の観衆が足を運び、幻想的な神事を見守った。

 西浦の田楽は719年に僧の行基が水窪の地を訪れ、仏像と仮面を作って奉納したことが起源とされる。毎年旧暦1月18日の月の出から翌日の日の出まで行われる。(「静岡新聞」より)

 「静岡新聞」でも「西浦田楽」が記事になっています。長く続きて来た民俗芸能は、今後、子々孫々まで伝えて行ってください!

 【関連記事】田楽の里「西浦を知って」 児童ら看板づくり 水窪
 【関連記事】水窪「西浦観音堂」に供えられた絵馬
 【関連記事】観音堂に奉納された「ハイカラ」男の奉納額
 【関連記事】西浦田楽「はね能」の締めは「弁慶」
 【関連記事】来月の奉納前に西浦田楽写真展 天竜区水窪町
 【関連記事】西浦「観音堂」に奉納された明治天皇の軍服姿
 【関連記事】能衆には厳しい戒律 西浦(にしうれ)の田楽(水窪町)
 ●浜松市天竜区水窪町西浦地区に伝わる国指定重要無形民俗文化財「西浦田楽」が、3月3日夜から・・・
 【関連記事】1300年、先祖伝来の舞 水窪の西浦田楽
 【関連記事】五穀豊穣祈り 夜を徹して舞 水窪で西浦田楽
 【関連記事】民俗芸能「西浦田楽」―平成23年2月20日~21日
 【関連記事】地域の伝統守る 浜松市の水窪で20日夜「西浦田楽」
 【関連記事】五穀豊穣願い伝統の舞 浜松・水窪で夜徹し
 【関連記事】豊作祈り伝統の舞 浜松・水窪町で「西浦田楽」
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽①
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽②
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽③
 【関連記事】「西浦の田楽」―2012年2月9日夜~10日朝
 【関連記事】豊作と無病息災願い 9日夜に「西浦田楽」 水窪
 【関連記事】別当宅で酒造り 「西浦の田楽」控え準備 天竜区
 【関連記事】神と祭り 幻想の舞 天竜区で西浦田楽
 【関連記事】夜を徹し伝統の舞 「西浦の田楽」奉納 浜松・水窪
 【関連記事】炎に浮かぶ舞―2012年「西浦の田楽」
 【関連記事】続・炎に浮かぶ伝統の舞―2012年「西浦の田楽」
 【関連記事】遠来人北遠ツアー⑦西浦観音堂
 【関連記事】西浦の田楽 27日から舞 天竜区水窪町
 【関連記事】82歳能衆、誇りの舞 27、28日・浜松「西浦の田楽」
 【関連記事】「西浦田楽 伝承を」有馬朗人さん自筆の句碑 水窪で除幕式
 【関連記事】有馬氏(静岡文芸大理事長)の句碑建立 浜松・西浦
 【関連記事】夜通し田楽の舞 浜松・水窪で奉納
 【関連記事】夜を徹し1300年の舞 浜松・水窪で「西浦の田楽」
 【関連記事】京都で"里帰り奉納" 浜松・水窪「西浦田楽」保存会
 【関連記事】西浦田楽前に「酒造り」 能衆、精進生活スタート
 【関連記事】浜松・水窪の「西浦田楽」 無料送迎バス運行
 【関連記事】伝統の舞 日の出まで 水窪で西浦田楽
 【関連記事】幻想的に1300年の舞 浜松・水窪「西浦の田楽」
 【関連記事】1300年前から世襲制で受け継がれる田楽祭(西浦の田楽)―「広報はままつ」2014年4月号表紙
 【関連記事】「西浦田楽」を奉納 浜松市・水窪
 【関連記事】夜を徹し1300年の舞 浜松・水窪「西浦の田楽」
 【関連記事】火の前で踊る舞 祭りの情景13枚 中区で「西浦田楽」写真展
 【関連記事】浜松「西浦の田楽」ウェブで発信 静岡大生がサイト制作
 【関連記事】夜を徹し幽玄な舞 水窪で「西浦の田楽」

夜を徹し幽玄な舞 水窪で「西浦の田楽」

Nishiuredengaku

 五穀豊穣(ごこくほうじょう)や無病息災を祈る神事「西浦(にしうれ)の田楽」(国指定重要無形民俗文化財)が14日夜から15日朝にかけ、浜松市天竜区水窪町の山あいにある観音堂境内で奉納された。

 午後九時すぎ、能衆と呼ばれる羽織姿の演者らが登場。笛と太鼓の調子に合わせて跳びはねる「御子舞(みこまい)」、地を踏んで悪霊を追い払う「高足」、狂言風の問答がある「猿舞」などを次々と繰り広げた。

 集まった大勢の観衆らは、たいまつの明かりに照らされた幻想的な舞に見入っていた。

 719(養老3)年に僧の行基が訪れ、仏像や仮面を作ったのが始まりと伝えられる。毎年、旧暦1月18日の月の出から翌日の日の出まで夜を徹して行われる。参加する能衆の役割は世襲で受け継がれている。(「中日新聞」より)

 今年(2017)も見に出かけることができませんでしたので、「中日新聞」の記事で紹介させていただきます。もう、そろそろ終わる時間かな?

 【関連記事】田楽の里「西浦を知って」 児童ら看板づくり 水窪
 【関連記事】水窪「西浦観音堂」に供えられた絵馬
 【関連記事】観音堂に奉納された「ハイカラ」男の奉納額
 【関連記事】西浦田楽「はね能」の締めは「弁慶」
 【関連記事】来月の奉納前に西浦田楽写真展 天竜区水窪町
 【関連記事】西浦「観音堂」に奉納された明治天皇の軍服姿
 【関連記事】能衆には厳しい戒律 西浦(にしうれ)の田楽(水窪町)
 ●浜松市天竜区水窪町西浦地区に伝わる国指定重要無形民俗文化財「西浦田楽」が、3月3日夜から・・・
 【関連記事】1300年、先祖伝来の舞 水窪の西浦田楽
 【関連記事】五穀豊穣祈り 夜を徹して舞 水窪で西浦田楽
 【関連記事】民俗芸能「西浦田楽」―平成23年2月20日~21日
 【関連記事】地域の伝統守る 浜松市の水窪で20日夜「西浦田楽」
 【関連記事】五穀豊穣願い伝統の舞 浜松・水窪で夜徹し
 【関連記事】豊作祈り伝統の舞 浜松・水窪町で「西浦田楽」
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽①
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽②
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽③
 【関連記事】「西浦の田楽」―2012年2月9日夜~10日朝
 【関連記事】豊作と無病息災願い 9日夜に「西浦田楽」 水窪
 【関連記事】別当宅で酒造り 「西浦の田楽」控え準備 天竜区
 【関連記事】神と祭り 幻想の舞 天竜区で西浦田楽
 【関連記事】夜を徹し伝統の舞 「西浦の田楽」奉納 浜松・水窪
 【関連記事】炎に浮かぶ舞―2012年「西浦の田楽」
 【関連記事】続・炎に浮かぶ伝統の舞―2012年「西浦の田楽」
 【関連記事】遠来人北遠ツアー⑦西浦観音堂
 【関連記事】西浦の田楽 27日から舞 天竜区水窪町
 【関連記事】82歳能衆、誇りの舞 27、28日・浜松「西浦の田楽」
 【関連記事】「西浦田楽 伝承を」有馬朗人さん自筆の句碑 水窪で除幕式
 【関連記事】有馬氏(静岡文芸大理事長)の句碑建立 浜松・西浦
 【関連記事】夜通し田楽の舞 浜松・水窪で奉納
 【関連記事】夜を徹し1300年の舞 浜松・水窪で「西浦の田楽」
 【関連記事】京都で"里帰り奉納" 浜松・水窪「西浦田楽」保存会
 【関連記事】西浦田楽前に「酒造り」 能衆、精進生活スタート
 【関連記事】浜松・水窪の「西浦田楽」 無料送迎バス運行
 【関連記事】伝統の舞 日の出まで 水窪で西浦田楽
 【関連記事】幻想的に1300年の舞 浜松・水窪「西浦の田楽」
 【関連記事】1300年前から世襲制で受け継がれる田楽祭(西浦の田楽)―「広報はままつ」2014年4月号表紙
 【関連記事】「西浦田楽」を奉納 浜松市・水窪
 【関連記事】夜を徹し1300年の舞 浜松・水窪「西浦の田楽」
 【関連記事】火の前で踊る舞 祭りの情景13枚 中区で「西浦田楽」写真展
 【関連記事】浜松「西浦の田楽」ウェブで発信 静岡大生がサイト制作
 【関連記事】「西浦田楽」夜通しの舞 浜松・天竜区水窪町

2017年2月14日 (火)

日本遺産申請見送り 候補絞れず 三遠南信の無形民俗文化財群

 三遠南信地域連携ビジョン推進会議(SENA)を主導する浜松市は、SENAに加盟する遠州と愛知県東三河、長野県南信州の35市町村に伝わる無形民俗文化財群の文化庁への「日本遺産」認定申請を見送っていたことが13日までに浜松市への取材で分かった。

 日本遺産は2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて有形・無形の文化財を観光資源として国内外に発信し、地域振興につなげる目的で同庁が15年度に認定を開始した制度。同市が中心になり、圏域の国指定重要無形民俗文化財など約40件を一つの物語(ストーリー)に仕立て、17年度の認定を目指していた。

 同市が圏域の35市町村に対象を募ったところ、約300件の候補が寄せられたという。隣接する自治体間の類似した郷土芸能をどう選定するかなどの作業やストーリー構成が進まず、17年2月初めの申請締め切りに間に合わなかった。

 同市文化財課の担当者は「日本遺産を目指す方向性は揺るがない。確実に認定してもらえるよう候補を精査したい」と話す。

 同市は15日に長野県飯田市で開催される第24回三遠南信サミットで経緯や状況を報告し、改めて18年度の認定を目指す方針。

 浜松市は静岡市、愛知県岡崎市とともに徳川家康関連の文化財群の日本遺産を申請したが、16年4月に認定を逃している。(「静岡新聞」より)

 「花の舞」「おくない」「ひよんどり」「西浦田楽」のほか、大念仏や屋台囃子なども候補に入れてください!

2017年2月11日 (土)

浜松「西浦の田楽」ウェブで発信 静岡大生がサイト制作

Nishiuredengaku

 静岡大情報学部情報社会学科杉山岳弘研究室の3年生が、14日から15日にかけて浜松市天竜区水窪町で行われる国の重要無形民俗文化財「西浦の田楽」のウェブサイトを制作した。11日から公開し、伝統祭事の歴史や見どころ、祭りに携わる能衆の思いを発信する。10日に浜松市役所で記者会見した鈴木祥子さん(21)らは「継承が難しくなる中、水窪の子どもたちに祭りの誇りが伝わり、人口流出が防げれば」と言葉に力を込めた。

 ウェブサイトは映画のPRサイトをイメージして、予告編のPR動画を掲載する。開催場所や日時、登場人物の紹介、祭りを鑑賞する上での心構えやルールに加え、「当たり前の事」として伝統を受け継ぐ能衆の言葉を紹介する。

 西浦の田楽は西浦観音堂を舞台に、日暮れから夜明けまで舞を踊り続ける。田楽を舞う能衆は世襲制。1300年前から口伝で受け継がれてきた。

 浜松でも特に長い歴史を持つ祭りに興味を持った学生7人が、祭りを多くの人に伝え、見学者を増やそうと「西浦の田楽PRプロジェクト」を始めた。昨年11月から5回、現地に入り、祭主である別当の高木八郎さんや保存会の守屋治次会長、能衆や地元の店などを丹念に取材し、ウェブや映像、雑誌の制作に取り組んでいる。

 学生らは、祭りの当日も現地で取材し、2月21日から撮影した田楽の動画も公開する。3月8日にはフリーペーパー「浜松鈴鈴」の特別号を発行し、市役所や市内の協働センターでも配布する。(「静岡新聞」より)

 今年(2017)の「西浦の田楽」は2月14日(火)~15日(水)。みなさん、ぜひ、お出かけください!

 【関連記事】田楽の里「西浦を知って」 児童ら看板づくり 水窪
 【関連記事】水窪「西浦観音堂」に供えられた絵馬
 【関連記事】観音堂に奉納された「ハイカラ」男の奉納額
 【関連記事】西浦田楽「はね能」の締めは「弁慶」
 【関連記事】来月の奉納前に西浦田楽写真展 天竜区水窪町
 【関連記事】西浦「観音堂」に奉納された明治天皇の軍服姿
 【関連記事】能衆には厳しい戒律 西浦(にしうれ)の田楽(水窪町)
 ●浜松市天竜区水窪町西浦地区に伝わる国指定重要無形民俗文化財「西浦田楽」が、3月3日夜から・・・
 【関連記事】1300年、先祖伝来の舞 水窪の西浦田楽
 【関連記事】五穀豊穣祈り 夜を徹して舞 水窪で西浦田楽
 【関連記事】民俗芸能「西浦田楽」―平成23年2月20日~21日
 【関連記事】地域の伝統守る 浜松市の水窪で20日夜「西浦田楽」
 【関連記事】五穀豊穣願い伝統の舞 浜松・水窪で夜徹し
 【関連記事】豊作祈り伝統の舞 浜松・水窪町で「西浦田楽」
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽①
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽②
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽③
 【関連記事】「西浦の田楽」―2012年2月9日夜~10日朝
 【関連記事】豊作と無病息災願い 9日夜に「西浦田楽」 水窪
 【関連記事】別当宅で酒造り 「西浦の田楽」控え準備 天竜区
 【関連記事】神と祭り 幻想の舞 天竜区で西浦田楽
 【関連記事】夜を徹し伝統の舞 「西浦の田楽」奉納 浜松・水窪
 【関連記事】炎に浮かぶ舞―2012年「西浦の田楽」
 【関連記事】続・炎に浮かぶ伝統の舞―2012年「西浦の田楽」
 【関連記事】遠来人北遠ツアー⑦西浦観音堂
 【関連記事】西浦の田楽 27日から舞 天竜区水窪町
 【関連記事】82歳能衆、誇りの舞 27、28日・浜松「西浦の田楽」
 【関連記事】「西浦田楽 伝承を」有馬朗人さん自筆の句碑 水窪で除幕式
 【関連記事】有馬氏(静岡文芸大理事長)の句碑建立 浜松・西浦
 【関連記事】夜通し田楽の舞 浜松・水窪で奉納
 【関連記事】夜を徹し1300年の舞 浜松・水窪で「西浦の田楽」
 【関連記事】京都で"里帰り奉納" 浜松・水窪「西浦田楽」保存会
 【関連記事】西浦田楽前に「酒造り」 能衆、精進生活スタート
 【関連記事】浜松・水窪の「西浦田楽」 無料送迎バス運行
 【関連記事】伝統の舞 日の出まで 水窪で西浦田楽
 【関連記事】幻想的に1300年の舞 浜松・水窪「西浦の田楽」
 【関連記事】1300年前から世襲制で受け継がれる田楽祭(西浦の田楽)―「広報はままつ」2014年4月号表紙
 【関連記事】「西浦田楽」を奉納 浜松市・水窪
 【関連記事】夜を徹し1300年の舞 浜松・水窪「西浦の田楽」
 【関連記事】火の前で踊る舞 祭りの情景13枚 中区で「西浦田楽」写真展
 【関連記事】夜を徹し幽玄な舞 水窪で「西浦の田楽」
 【関連記事】「西浦田楽」夜通しの舞 浜松・天竜区水窪町

2017年1月23日 (月)

伝統の舞披露 浜松で県民俗芸能フェス

Okunai

 県内の民俗芸能をステージ上で披露する「第20回県民俗芸能フェスティバルin浜松」(中日新聞東海本社後援)が22日、浜松市西区の市雄踏文化センター大ホールで開かれた。

 毎年、県内のさまざまな会場で開催されているが、今年はNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」にちなみ、市内での開催になった。

 演目も全て浜松市の伝統芸能になった。雄踏歌舞伎保存会万人講は江戸時代に始まった歌舞伎舞踊「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」を披露。寺野伝承保存会による、国指定重要無形民俗文化財の「寺野のひよんどり」などもあった。

 地域の人から民俗芸能を学ぶ天竜区の清竜中学は「神沢おくない」を発表。はやしに合わせて、鈴や扇を手に優雅な舞を披露すると、観客たちは奥深い伝統芸能の魅力を堪能していた。(「中日新聞」より)

 伝統を引き継ぐのは難しいこと。しかし、地域の文化は守らなくてはいけません。

 本来、民俗芸能は見世物、観光イベントではなかったはず。大型カメラを構え、我が物顔でシャッター音を響かせる人たちには違和感を感じてしまいますが・・・。

 【関連記事】最新技術で鬼の面複製 天竜区の芸能「神沢おくない」
 【関連記事】五穀豊穣願い 舞を次々奉納 泰蔵院で懐山おくない
 ●昨年1月、約50年ぶりの復活を果たした伝統芸能「神沢(かんざわ)おくない」の里、天竜区神沢で・・・
 【関連記事】素朴な舞 暮らし表現 懐山のおくない
 【関連記事】ひよんどり、おくない切手に 郵便局がシート販売
 【関連記事】「ひよんどり」「おくない」 北区、天竜区で正月に
 【関連記事】豊作願い荘厳な舞 天竜区・懐山おくない
 【関連記事】新春「おくない」奉納 天竜・懐山泰蔵院
 【関連記事】いい年願い舞う 浜松・引佐で正月行事「寺野ひよんどり」
 【関連記事】迫る炎と激しい攻防 浜松・引佐で川名ひよんどり
 【関連記事】豊作願いツル引き 北区で新春「滝沢おくない」
 【関連記事】田遊び・猿楽・田楽―素朴な民俗芸能「懐山おくない」
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「懐山田楽 」より
 【関連記事】ひよんどり本番間近 北区引佐町川名、寺野地区
 【関連記事】遠江の伝統芸能を一冊に 独自性や共通点紹介
 【関連記事】浜松で新春祝う伝統の舞
 【関連記事】“新年”鬼が舞う 浜松・引佐の宝蔵寺観音堂で「寺野ひよんどり」
 【関連記事】厳かに祈りの舞 懐山のおくない奉納
 【関連記事】迫る炎に若衆対峙 浜松・川名ひよんどり
 【関連記事】豊作や幸せ願って「おくない」披露 浜松
 【関連記事】600年の伝統“熱く” 浜松・引佐で川名ひよんどり
 【関連記事】体張ってたいまつ阻む 浜松
 【関連記事】郷土の芸能もっと身近に 発表会へ稽古に熱中 天竜区
 【関連記事】五穀豊穣を願い、山里の田楽芸能「懐山のおくない」
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「懐山田楽」―「懐山おくない」
 【関連記事】厳寒、炎、鬼が舞う 寺野ひよんどり
 【関連記事】「懐山おくない」を見る①―水仙の花が咲く泰蔵院
 【関連記事】「神澤おくない」を見る①―阿弥陀如来と面
 【関連記事】豊作願い「おくない」 浜松市天竜区・北区
 【関連記事】迫る炎と若衆対峙 浜松・引佐で川名ひよんどり
 【関連記事】「懐山おくない」を見る②―観音山の蛇紋岩と蛇の髭
 【関連記事】「神澤おくない」を見る②―「順の舞」と「万歳楽」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る③―「三三九度の盃」と「伽藍様の祭り」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る③―「片剣の舞」と「両剣の舞」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る④―「神の舞」と「三ツ舞」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る④―「獅子の舞」と「鬼の舞」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る⑤―「猿追い」と「矛の舞」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑤―「槍の舞」と「剣の舞」
 【関連記事】「槍の舞」と「剣の舞」―小林君が撮った「懐山おくない」
 【関連記事】「宵の獅子」「猿追い」「年男」と「仏の舞」―小林君が撮った「懐山おくない」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑥―「宵の獅子」「猿追い」「年男」「仏の舞」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑦―「女郎の舞」
 【関連記事】「女郎の舞」「鬼の舞」と「駒の舞」―小林君が撮った「懐山おくない」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑧―「鬼の舞」と「駒の舞」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑨―「綿買い」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑩―「夜明けの獅子」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑪―「田遊」
 【関連記事】神の降臨する依代―「懐山おくない」の採物
 【関連記事】「振取」の「採物」である「八浄」について―「懐山おくない」
 【関連記事】「寺野ひよんどり」稽古に熱 浜松・引佐町
 【関連記事】川名ひよんどり 本番へ舞に磨き 浜松・引佐町
 【関連記事】五穀豊穣 祈りの舞 懐山のおくない奉納 天竜区の泰蔵院
 【関連記事】豊穣願い 鬼が舞う 浜松・寺野ひよんどり
 【関連記事】新春彩る、伝統の舞 浜松・北区と天竜区
 【関連記事】中学生が芸能文化担う 天竜区「懐山おくない」初参加 笛や獅子舞「出てよかった」達成感
 【関連記事】新春祝い伝統の舞 ひよんどり、おくない 浜松
 【関連記事】鬼の舞、豊作願い 浜松で寺野ひよんどり
 【関連記事】熱~く息災を願う 浜松で川名ひよんどり
 【関連記事】体張り炎食い止め 浜松で川名のひよんどり
 【関連記事】「懐山のおくない」堂々と 清竜中生が成果披露
 【関連記事】五穀豊穣へ中学生ら舞 懐山のおくない奉納 天竜区・泰蔵院
 【関連記事】新春彩る伝統の舞 ひよんどり、おくない奉納 浜松
 【関連記事】五穀豊穣へ伝統の舞 浜松・懐山のおくない
 【関連記事】新春祝い伝統の舞 寺野のひよんどり/懐山のおくない 浜松
 【関連記事】伝統継ぐ堂々の舞 万福寺で「神沢のおくない」
 【関連記事】清竜中1年生が舞 「神沢おくない」 浜松・天竜区

2017年1月 5日 (木)

清竜中1年生が舞 「神沢おくない」 浜松・天竜区

Kanzawaokunai

 浜松市天竜区の市立清竜中の1年生24人が4日、山あいに伝わる郷土芸能「神沢おくない」を同区神沢の万福寺阿弥陀堂で演じた。地元住民とともに五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄を祈った。

 神沢おくない継承同好会の石野重利さん(75)の指導で、生徒は約4カ月間練習を重ねた。笛や太鼓を演奏し、「獅子の舞」「鬼の舞」など6演目を披露。招福除災を祈る「矛の舞」を舞った男子児童(12)は「大役を果たすことができた」とほっとした表情を見せた。

 神沢おくないは300年以上前から営まれてきたが後継者不足などで1960年ごろにいったん途絶えた。2009年に復活し、地元中学生が活動を支えている。石野さんは「生徒たちに感謝している。今後は地元の参加者を増やしたい」と述べた。準備を手伝った同校出身の大学生(20)=同区神沢=は「伝統をつないでいきたい」と話した。(「静岡新聞」より)

 現代は、「子孫繁栄」と言うよりも「地域存続」を願う時代。そんためにも、若者たちの存在は欠かせません。もし、都市部に出てしまったとしても、機会があれば故郷へと帰る交流は続けていただきたいと思います。

 【関連記事】最新技術で鬼の面複製 天竜区の芸能「神沢おくない」
 ●昨年1月、約50年ぶりの復活を果たした伝統芸能「神沢(かんざわ)おくない」の里、天竜区神沢で・・・
 【関連記事】「神澤おくない」を見る①―阿弥陀如来と面
 【関連記事】「神澤おくない」を見る②―「順の舞」と「万歳楽」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る③―「片剣の舞」と「両剣の舞」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る④―「獅子の舞」と「鬼の舞」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る⑤―「猿追い」と「矛の舞」
 【関連記事】山間の芸能「神澤おくない」①―棚田や茶園の集落
 【関連記事】山間の芸能「神澤おくない」②―「順の舞」「両剣の舞」
 【関連記事】山間の芸能「神澤おくない」③―「獅子の舞」「鬼の舞」
 【関連記事】地域一丸となって受け継がれる伝統(神澤おくない)―「広報はままつ」2014年1月号表紙
 【関連記事】山間の芸能「神澤おくない」④―「畔ぬり」「矛の舞」
 【関連記事】「神沢おくない」の品々を展示 天竜・くんま水車の里
 【関連記事】神沢おくない、見て触れて 中区で富塚小児童ら
 【関連記事】伝統の舞、守りたい―天竜区の神沢おくない継承同好会事務局長・石野重利さん
 【関連記事】伝統継ぐ堂々の舞 万福寺で「神沢のおくない」

伝統継ぐ堂々の舞 万福寺で「神沢のおくない」

Okunai571

◆天竜区・清竜中生徒が奉納

 五穀豊穣などを願い浜松市天竜区神沢の山あいで300年以上続く伝統行事「神沢のおくない」が4日、地元の万福寺阿弥陀堂が開かれた。

 地元の清竜中学校の1年生24人が昨秋から、「神沢のおくない継承同好会」(石野重利事務局長)のメンバーによる指導を受け、伝統の舞を習ってきた。

 この日は10演目ほどを奉納。招福を願い、翁の面や矛を持って堂の中を舞う「矛の舞」では、祢宜と呼ばれる神職の役が「鶴亀どんの踏み鳴らしたるこの村に」と唱えると、堂に座った人々が「悪魔は寄せじ、富ぞ寄りくる」と唱えて応じる。

 祢宜役を務めた清竜中の池田篤史さん(12)は「大役を果たせてホッとした。後輩たちにも伝統をしっかり引き継いでいきたい」と話していた。(「中日新聞」より)

 「懐山おくない」は新年3日、「神澤おくない」は4日。バトンパスはうまく出来そうですか?ずっとず―っと後の時代まで、引き継いで行ってください!

 【関連記事】最新技術で鬼の面複製 天竜区の芸能「神沢おくない」
 ●昨年1月、約50年ぶりの復活を果たした伝統芸能「神沢(かんざわ)おくない」の里、天竜区神沢で・・・
 【関連記事】「神澤おくない」を見る①―阿弥陀如来と面
 【関連記事】「神澤おくない」を見る②―「順の舞」と「万歳楽」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る③―「片剣の舞」と「両剣の舞」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る④―「獅子の舞」と「鬼の舞」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る⑤―「猿追い」と「矛の舞」
 【関連記事】山間の芸能「神澤おくない」①―棚田や茶園の集落
 【関連記事】山間の芸能「神澤おくない」②―「順の舞」「両剣の舞」
 【関連記事】山間の芸能「神澤おくない」③―「獅子の舞」「鬼の舞」
 【関連記事】地域一丸となって受け継がれる伝統(神澤おくない)―「広報はままつ」2014年1月号表紙
 【関連記事】山間の芸能「神澤おくない」④―「畔ぬり」「矛の舞」
 【関連記事】「神沢おくない」の品々を展示 天竜・くんま水車の里
 【関連記事】神沢おくない、見て触れて 中区で富塚小児童ら
 【関連記事】伝統の舞、守りたい―天竜区の神沢おくない継承同好会事務局長・石野重利さん
 【関連記事】清竜中1年生が舞 「神沢おくない」 浜松・天竜区

2017年1月 4日 (水)

新春祝い伝統の舞 寺野のひよんどり/懐山のおくない 浜松

Hiyondori

 正月の伝統行事として国の重要無形民俗文化財に指定されている「遠江のひよんどりとおくない」が3日、浜松市内各地で営まれた。地元住民らが五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄を願った。

 北区引佐町寺野地区の直笛山宝蔵寺では、同地区に450年以上前から伝わる祭礼「寺野のひよんどり」が行われた。保存会のメンバーや地元の小中学生が笛や太鼓の音色に合わせて伝統の舞を次々に奉納。詰めかけた観衆は静かに見守った。

 祭礼の目玉の「鬼の舞」では、赤、青、黒の3匹の鬼が掛け声を上げながら激しい踊りを披露。たいまつの火をおのや金づちで豪快に打ち消すと、会場の熱気は最高潮に達した。

Okunai2

 天竜区懐山の泰蔵院では、山あいに伝わる伝統芸能「懐山のおくない」が行われた。懐山おくない保存会(大石伝次会長)が豊作や子孫繁栄を祈り、舞を奉納した。担い手不足が心配される中、地元の市立清竜中1年生18人も参加。約20演目のうち、「三つ舞」「両剣の舞」「宵の獅子」の3演目を披露した。

 宵の獅子を舞った名古伊吹さん(12)は「緊張したけどやり切れた」と話した。大石会長(99)は「伝統が途絶えないように若者に伝えていきたい」と述べた。(「静岡新聞」より)

 「遠江のひよんどりとおくない」は国指定の重要無形民俗文化財。そんな民俗芸能を守り伝えて行くのが、私たち役目。そのためには、若い人たちの力が必要です。

 【関連記事】最新技術で鬼の面複製 天竜区の芸能「神沢おくない」
 【関連記事】五穀豊穣願い 舞を次々奉納 泰蔵院で懐山おくない
 ●昨年1月、約50年ぶりの復活を果たした伝統芸能「神沢(かんざわ)おくない」の里、天竜区神沢で・・・
 【関連記事】素朴な舞 暮らし表現 懐山のおくない
 【関連記事】ひよんどり、おくない切手に 郵便局がシート販売
 【関連記事】「ひよんどり」「おくない」 北区、天竜区で正月に
 【関連記事】豊作願い荘厳な舞 天竜区・懐山おくない
 【関連記事】新春「おくない」奉納 天竜・懐山泰蔵院
 【関連記事】いい年願い舞う 浜松・引佐で正月行事「寺野ひよんどり」
 【関連記事】迫る炎と激しい攻防 浜松・引佐で川名ひよんどり
 【関連記事】豊作願いツル引き 北区で新春「滝沢おくない」
 【関連記事】田遊び・猿楽・田楽―素朴な民俗芸能「懐山おくない」
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「懐山田楽 」より
 【関連記事】ひよんどり本番間近 北区引佐町川名、寺野地区
 【関連記事】遠江の伝統芸能を一冊に 独自性や共通点紹介
 【関連記事】浜松で新春祝う伝統の舞
 【関連記事】“新年”鬼が舞う 浜松・引佐の宝蔵寺観音堂で「寺野ひよんどり」
 【関連記事】厳かに祈りの舞 懐山のおくない奉納
 【関連記事】迫る炎に若衆対峙 浜松・川名ひよんどり
 【関連記事】豊作や幸せ願って「おくない」披露 浜松
 【関連記事】600年の伝統“熱く” 浜松・引佐で川名ひよんどり
 【関連記事】体張ってたいまつ阻む 浜松
 【関連記事】郷土の芸能もっと身近に 発表会へ稽古に熱中 天竜区
 【関連記事】五穀豊穣を願い、山里の田楽芸能「懐山のおくない」
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「懐山田楽」―「懐山おくない」
 【関連記事】厳寒、炎、鬼が舞う 寺野ひよんどり
 【関連記事】「懐山おくない」を見る①―水仙の花が咲く泰蔵院
 【関連記事】「神澤おくない」を見る①―阿弥陀如来と面
 【関連記事】豊作願い「おくない」 浜松市天竜区・北区
 【関連記事】迫る炎と若衆対峙 浜松・引佐で川名ひよんどり
 【関連記事】「懐山おくない」を見る②―観音山の蛇紋岩と蛇の髭
 【関連記事】「神澤おくない」を見る②―「順の舞」と「万歳楽」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る③―「三三九度の盃」と「伽藍様の祭り」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る③―「片剣の舞」と「両剣の舞」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る④―「神の舞」と「三ツ舞」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る④―「獅子の舞」と「鬼の舞」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る⑤―「猿追い」と「矛の舞」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑤―「槍の舞」と「剣の舞」
 【関連記事】「槍の舞」と「剣の舞」―小林君が撮った「懐山おくない」
 【関連記事】「宵の獅子」「猿追い」「年男」と「仏の舞」―小林君が撮った「懐山おくない」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑥―「宵の獅子」「猿追い」「年男」「仏の舞」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑦―「女郎の舞」
 【関連記事】「女郎の舞」「鬼の舞」と「駒の舞」―小林君が撮った「懐山おくない」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑧―「鬼の舞」と「駒の舞」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑨―「綿買い」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑩―「夜明けの獅子」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑪―「田遊」
 【関連記事】神の降臨する依代―「懐山おくない」の採物
 【関連記事】「振取」の「採物」である「八浄」について―「懐山おくない」
 【関連記事】「寺野ひよんどり」稽古に熱 浜松・引佐町
 【関連記事】川名ひよんどり 本番へ舞に磨き 浜松・引佐町
 【関連記事】五穀豊穣 祈りの舞 懐山のおくない奉納 天竜区の泰蔵院
 【関連記事】豊穣願い 鬼が舞う 浜松・寺野ひよんどり
 【関連記事】新春彩る、伝統の舞 浜松・北区と天竜区
 【関連記事】中学生が芸能文化担う 天竜区「懐山おくない」初参加 笛や獅子舞「出てよかった」達成感
 【関連記事】新春祝い伝統の舞 ひよんどり、おくない 浜松
 【関連記事】鬼の舞、豊作願い 浜松で寺野ひよんどり
 【関連記事】熱~く息災を願う 浜松で川名ひよんどり
 【関連記事】体張り炎食い止め 浜松で川名のひよんどり
 【関連記事】「懐山のおくない」堂々と 清竜中生が成果披露
 【関連記事】五穀豊穣へ中学生ら舞 懐山のおくない奉納 天竜区・泰蔵院
 【関連記事】新春彩る伝統の舞 ひよんどり、おくない奉納 浜松
 【関連記事】五穀豊穣へ伝統の舞 浜松・懐山のおくない

五穀豊穣へ伝統の舞 浜松・懐山のおくない

Okunai

 浜松市天竜区懐山(ふところやま)の山あいにある泰蔵院で3日、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈る国重要無形民俗文化財の田楽芸能「懐山のおくない」が奉納された。大勢の観光客らが見守った。

 阿弥陀(あみだ)如来がまつられている本堂で、白の陣がさに羽織はかま姿の保存会の会員らが、きねや剣を手に25ほどの舞を、夜まで奉納し続けた。

 昨秋から、保存会の指導で舞や笛を習ってきた地元、清竜中学校の生徒も獅子の舞などを披露した。

 地元の上阿多古地区に住む同中1年、名古伊吹(なごいぶき)さん(12)は獅子の舞に出演。「自信をもって舞った。伝統を守っていくことはとても大切だと思います」と話していた。

 「懐山のおくない」は平安末期から続くとされ、北区引佐町の「川名ひよんどり」「寺野ひよんどり」と合わせて「遠江のひよんどりとおくない」として、国が重要無形民俗文化財に指定している。(「中日新聞」より)

 今年(2017)からは地元の中学生も参加。伝統を守ることの大切さと難しさを学びながら、引き継ぎの役を楽しく担って行ってください。

 【関連記事】最新技術で鬼の面複製 天竜区の芸能「神沢おくない」
 【関連記事】五穀豊穣願い 舞を次々奉納 泰蔵院で懐山おくない
 ●昨年1月、約50年ぶりの復活を果たした伝統芸能「神沢(かんざわ)おくない」の里、天竜区神沢で・・・
 【関連記事】素朴な舞 暮らし表現 懐山のおくない
 【関連記事】ひよんどり、おくない切手に 郵便局がシート販売
 【関連記事】「ひよんどり」「おくない」 北区、天竜区で正月に
 【関連記事】豊作願い荘厳な舞 天竜区・懐山おくない
 【関連記事】新春「おくない」奉納 天竜・懐山泰蔵院
 【関連記事】いい年願い舞う 浜松・引佐で正月行事「寺野ひよんどり」
 【関連記事】迫る炎と激しい攻防 浜松・引佐で川名ひよんどり
 【関連記事】豊作願いツル引き 北区で新春「滝沢おくない」
 【関連記事】田遊び・猿楽・田楽―素朴な民俗芸能「懐山おくない」
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「懐山田楽 」より
 【関連記事】ひよんどり本番間近 北区引佐町川名、寺野地区
 【関連記事】遠江の伝統芸能を一冊に 独自性や共通点紹介
 【関連記事】浜松で新春祝う伝統の舞
 【関連記事】“新年”鬼が舞う 浜松・引佐の宝蔵寺観音堂で「寺野ひよんどり」
 【関連記事】厳かに祈りの舞 懐山のおくない奉納
 【関連記事】迫る炎に若衆対峙 浜松・川名ひよんどり
 【関連記事】豊作や幸せ願って「おくない」披露 浜松
 【関連記事】600年の伝統“熱く” 浜松・引佐で川名ひよんどり
 【関連記事】体張ってたいまつ阻む 浜松
 【関連記事】郷土の芸能もっと身近に 発表会へ稽古に熱中 天竜区
 【関連記事】五穀豊穣を願い、山里の田楽芸能「懐山のおくない」
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「懐山田楽」―「懐山おくない」
 【関連記事】厳寒、炎、鬼が舞う 寺野ひよんどり
 【関連記事】「懐山おくない」を見る①―水仙の花が咲く泰蔵院
 【関連記事】「神澤おくない」を見る①―阿弥陀如来と面
 【関連記事】豊作願い「おくない」 浜松市天竜区・北区
 【関連記事】迫る炎と若衆対峙 浜松・引佐で川名ひよんどり
 【関連記事】「懐山おくない」を見る②―観音山の蛇紋岩と蛇の髭
 【関連記事】「神澤おくない」を見る②―「順の舞」と「万歳楽」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る③―「三三九度の盃」と「伽藍様の祭り」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る③―「片剣の舞」と「両剣の舞」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る④―「神の舞」と「三ツ舞」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る④―「獅子の舞」と「鬼の舞」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る⑤―「猿追い」と「矛の舞」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑤―「槍の舞」と「剣の舞」
 【関連記事】「槍の舞」と「剣の舞」―小林君が撮った「懐山おくない」
 【関連記事】「宵の獅子」「猿追い」「年男」と「仏の舞」―小林君が撮った「懐山おくない」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑥―「宵の獅子」「猿追い」「年男」「仏の舞」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑦―「女郎の舞」
 【関連記事】「女郎の舞」「鬼の舞」と「駒の舞」―小林君が撮った「懐山おくない」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑧―「鬼の舞」と「駒の舞」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑨―「綿買い」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑩―「夜明けの獅子」
 【関連記事】「懐山おくない」を見る⑪―「田遊」
 【関連記事】神の降臨する依代―「懐山おくない」の採物
 【関連記事】「振取」の「採物」である「八浄」について―「懐山おくない」
 【関連記事】「寺野ひよんどり」稽古に熱 浜松・引佐町
 【関連記事】川名ひよんどり 本番へ舞に磨き 浜松・引佐町
 【関連記事】五穀豊穣 祈りの舞 懐山のおくない奉納 天竜区の泰蔵院
 【関連記事】豊穣願い 鬼が舞う 浜松・寺野ひよんどり
 【関連記事】新春彩る、伝統の舞 浜松・北区と天竜区
 【関連記事】中学生が芸能文化担う 天竜区「懐山おくない」初参加 笛や獅子舞「出てよかった」達成感
 【関連記事】新春祝い伝統の舞 ひよんどり、おくない 浜松
 【関連記事】鬼の舞、豊作願い 浜松で寺野ひよんどり
 【関連記事】熱~く息災を願う 浜松で川名ひよんどり
 【関連記事】体張り炎食い止め 浜松で川名のひよんどり
 【関連記事】「懐山のおくない」堂々と 清竜中生が成果披露
 【関連記事】五穀豊穣へ中学生ら舞 懐山のおくない奉納 天竜区・泰蔵院
 【関連記事】新春彩る伝統の舞 ひよんどり、おくない奉納 浜松
 【関連記事】新春祝い伝統の舞 寺野のひよんどり/懐山のおくない 浜松

2016年11月30日 (水)

北遠の「酉」を探せ!―川合花の舞の「酉」

Yubuta

 「川合花の舞」を見に出かけたのは、平成26年(2014)10月25日の夜。祭事の中央に据えられる湯釜が据えられる「白蓋(びゃっかい)」を囲むように吊るされる切り紙飾りを「湯蓋(ゆぶた)」と呼んでいます。

 その時に撮った写真の1枚に「酉」の切り紙が写っていました。新しい年に一番最初に鳴く鶏は、太陽と命の蘇りを願う湯立神楽には欠かせないシンボルのようです。

 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―天竜森林組合の干支の置物
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―玖延寺十二支像の「酉」
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―「秋の蔵シック」の「酉」
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―「天竜産業観光まつり」で見た「来年はトリ年です。」
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―酉の市
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―コメリのマーク
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―野鶏頭と細葉蔓野鶏頭
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―金鳥・キンチョールの看板
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―淡海國玉神社の親子鶏
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―普門寺弁財天堂の親子鶏
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―「ブレーメンのおんがくたい」の鶏
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―泰蔵院庚申塔の「酉」
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―水窪半島庚申塔の「酉」
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―平出宇蔵作鏝絵の「牡丹と鶏」
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―佐久間図書館の「酉」の折り紙
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―水窪向市場庚申塔の「酉」
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―常滑陶器の「酉」
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―秋葉神社の神輿
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―常滑やきもの散歩道の鶏?
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―実家にあった陶器の「酉」
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―高木の常夜燈の親子鶏
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―医王寺山門の親子鶏
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―家康を救った満光寺の鶏
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―鳳来寺門前町の「酉」
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―庚申寺山門の鶏
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―三立木材の「酉」
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―切り絵の「酉」
 【関連記事】北遠の「酉」を探せ!―開運厄除根付

 ●「花の舞」は、愛知県奥三河地方に残る「花祭り」と同じ系統のもので・・・
 【関連記事】見せ場は鬼の乱舞 川合花の舞
 ● 「川合花の舞」は静岡県無形民俗文化財に指定されている・・・
 【関連記事】無病息災祈り夜通し舞奉納 佐久間「川合花の舞」
 【関連記事】「花の舞」は「地固め」で始まりました。
 【関連記事】「川合花の舞」―伝統の余韻
 ●奥三河地域では「花祭り」、ここ佐久間では「花の舞」・・・
 ●三遠南信の農村、山村には、現在でも古代・中世からの信仰を反映した祭りが・・・
 ●「花の舞」が舞われる「舞処(まいど)」の中央には・・・
 【関連記事】「伝統&郷土芸能フェスティバル」開催のお知らせ
 【関連記事】「広報はままつ」12月5日号の表紙は「川合花の舞」
 【関連記事】奥の深さを見せつける「伝統&郷土芸能フェスティバル」
 【関連記事】台風接近中―「川合花の舞」は11月6日(土)に変更
 【関連記事】無病息災、夜通し祈願 浜松・佐久間「川合花の舞」
 【関連記事】小冊子『川合花の舞しおり』①―民俗学的意義
 【関連記事】小冊子『川合花の舞しおり』②―舞処の設置と採物
 【関連記事】小冊子『川合花の舞しおり』③―民俗芸能の展開
 【関連記事】小冊子『川合花の舞しおり』④―演目
 【関連記事】小冊子『川合花の舞しおり』⑤―歴史と伝承
 【関連記事】小冊子『川合花の舞しおり』⑥―太夫(祢宜)と鬼との問答
 【関連記事】2011年「川合 花の舞」は10月29日(土)
 【関連記事】「さむらうは何万歳を経るとや」と榊鬼を問い詰める禰宜―「川合 花の舞」
 【関連記事】子らが清めの湯立神楽 浜松・天竜区「川合花の舞」
 【関連記事】2011年「川合 花の舞」の臨場感をどうぞ!
 【関連記事】「川合花の舞」連夜の特訓 佐久間で27日奉納
 【関連記事】五穀豊穣へ 夜通しの舞 浜松・天竜区
 【関連記事】2013年「川合花の舞」―11月2日(土)~3日(日)未明
 【関連記事】川合花の舞、連夜の稽古 浜松・天竜区佐久間町
 【関連記事】「川合花の舞」夜通し奉納 浜松・天竜区
 【関連記事】残していきたい地域の伝統 花笠に思いを込めて―「広報はままつ」2013年12月号表紙
 【関連記事】次々に繰り広げられる舞―「広報はままつ」2013年12月号天竜区版
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」①―初めての訪問
 【関連記事】湯釜囲み、夜通し神楽 浜松・天竜区「川合花の舞」
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」②―湯釜と魂祓いの神事
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」③―地固めと金山の二ツ
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」④―扇の三ツ、湯戸の三ツ、ボーズカの三ツ、八千代の三ツ
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」⑤―花の三ツと子どもの鬼
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」⑥―金山の三ツと山見鬼
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」⑦―扇の四ツと花の四ツ
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」⑧―榊の四ツ
 【関連記事】川合花の舞、連夜の稽古 29日、佐久間の子どもら奉納
 【関連記事】夜通し「川合花の舞」奉納 浜松・佐久間、五穀豊穣願い
 【関連記事】夜通し「川合花の舞」 佐久間で無病息災など祈願

天竜川・そまびとの会

天気予報