だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

民話・言い伝え Feed

2017年3月19日 (日)

鶴ヶ城を訪ねて①―さくま昔ばなし「鶴ヶ城」

Tsurugajyo1

 今からおよそ四百年前の日本は「戦国時代」と呼ばれ、各地の大名や豪族たちが、自分の勢力をのばそうとしのぎをけずり、互いに争っていました。

 そのころ最も勢力の強かった大名は、駿河からこの地方まで勢力をもっていた今川義元でした。一方、甲斐の武田信玄、三河の菅沼氏や伊藤氏もこの北遠地方で勢力をのばそうとしていました。

 こうした中で、鶴ヶ城は、川上地区の向かい側にある高さ約百メートルほどの山の頂上に築かれ、下から見上げると、ちょうど鶴が舞い立つように見えたので、このような名前がつけられました。

 城主もこの城の名をとって、鶴山大磯之丞と言いました。

 永禄三年、今川義元は大群を率いて、駿府から京都を目ざして進み、天下統一の夢を果たそうとしました。しかし、桶狭間において、織田信長に大敗し命を落としてしまいました。すると、菅沼氏や伊藤氏は、次第に勢力を北遠地方にのばし、鶴ヶ城(永禄七年頃築城)の近くまで攻めてくるようになりました。

 永禄十一年の年が明けると、別所城主、伊藤源太郎貞次は、長篠城主、菅沼定景の援軍と共に、鶴ヶ城に大挙攻め寄せてきました。

 地の利に恵まれた鶴ヶ城は、攻めかかる敵軍を退けていましたが、多勢に無勢、落城の運命は目に見えてきました。やがて、味方は力尽きて全員で討ち死にすることになりました。しかし、城主の大磯之丞は、何とかして城兵の命を助けてくれるように、敵陣に使者を送りました。

 交渉の結果、家老山田半之亟を人質として差し出し、その間に城主が切腹することになりました。この時、奥方も運命を共にしたと言われます。約束にしたがい城兵の命は助けられました。

 落城は、永禄十一年二月、城下を流れる相川のほとりに、ねこやなぎのつぼみが、そっとふくらみはじめた頃でした。(「さくま昔ばなし」より)

   ◆       ◆       ◆       ◆

Iriguchi

 久しぶりに佐久間町川上の山城・鶴ヶ城跡を訪ねました。

 鶴ヶ城跡は県道9号から入ったところ。県道脇には看板がありますので、そこから少し坂道を登ります。

 車から降りて振り向くと見える山が鶴ヶ城があった城山。送電線鉄塔が立つ山の少し右手に残る山城跡まで歩いて行きましょう。

 【関連記事】鶴ヶ城を訪ねて②―桑ノ沢林道記念碑
 【関連記事】鶴ヶ城を訪ねて③―城内道
 【関連記事】鶴ヶ城を訪ねて④―竪堀と横堀
 【関連記事】鶴ヶ城を訪ねて⑤―馬出曲輪と本曲輪

 【関連記事】分かりやすい山城「鶴ヶ城」をお勧めします。

2017年2月21日 (火)

横山・天白神社を訪ねる①―天白神社御由緒記

Yokoyamatenpaku1

 横山町の天白神社については、以前「ふるさとものがたり天竜『天白神社の由来』」での言い伝えを紹介したことがありましたが、今回の訪問ではもう少し詳しく紹介してみようと思います。

 天白神社の鎮座地は、国道152号からは1段高い所。地元の人たちは、天白神社があるこの高台を「テンパク」と呼んでいるそうです。社殿の前へと登る石段脇には、「元宮 天白神社御由緒記」の石碑が建てられ、碑文には「ふるさとものがたり天竜」で語られている天白家についての記述が見られます。

   元宮 天白神社御由緒記

Yokoyamatenpaku3

虔ンテ本社ノ御由緒ヲ案スルニ往古畏クモ人皇第五十六代清和天皇ノ御末裔刑部亟正五位平賀義光ノ第四子盛義ノ末ニ竹田義治ナル者アリ伏見天皇ノ御宇時ハ正應五年野ニ下リ氏ヲ内山名ヲ貢藤原義治ト稱シ當時ノ横手村即チ此ノ地ニ来リ住ミ一々荒蕪ヲ拓キ殖民ノ事ニ從フ之ヲ是吾力家ノ始祖トナス義治一祠ヲ建立シ
伊弉諾伊弉冊ニ尊ノ神霊ヲ迎へ天白神社ト稱へ土地守護ノ神トシテ齋キ奉ル本社ノ祭紀爰ニ肇マル斯クテ邑内ハ日ニ榮エ月ニ繁ク氏神トシテ擧村一攸報實ノ誠ニ捧ケタリ顧ヘハ古往今来實ニ七百五十有餘年ノ久シキ神霊ノ護ル所吾カ家ハ連綿トシテ今ニ統ヲ傳へ邑ハ年所ヲ累ネテ里人齊シク樂土ヲ謳ヒ悠久今ニ迨フ其ノ由ツテ来ル所既ニ斯ノ如シ然ルニ輓近時ニ誤ヲ傳フル者アリ曰ハク社ハ天白家ノ地神ナリト之蓋シ世人吾カ家ヲ呼ンテ柴切天白ト稱ヘタルニ因ルモノナルヘシト難モ斯クテハ神威ヲ冒瀆スルノ罪甚タ淺カラサルヲ之惶ル今ヤ祠宇ハ風雨ヲ経テ漸ク荒涼尊厳ヲ傷ケンコトヲ恐レ乃チ改メ築キ併セテ舊記ニ遵ヒ御由緒ヲ明ニシ以テ積年恩頼ニ報ヒ奉ランコトヲ期スト爾云
創家七百五十年記念昭和十六年方ニ大東亜戦争開始十二月吉辰起工
                     天白家  當主 内山辰三建之
                      支流禰宜家ノ系圖ニヨリ作ル

 文字に間違いがないとは言い切れませんが、ほぼ全文を掲載してみました。

 【関連記事】横山・天白神社を訪ねる②―昭和十六年十二月起工
 【関連記事】横山・天白神社を訪ねる③―伊弉諾大神と伊弉冊大神
 【関連記事】横山・天白神社を訪ねる④―タマノキ
 【関連記事】横山・天白神社を訪ねる⑤―天白井戸

 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「天白神社の由来」より

2017年2月20日 (月)

天白・天伯神社を訪ねて⑩―さくま昔ばなし「南野田を開いた男」

Hakusanjinja1

 ずっとずっと昔の南野田のお話です。

 このあたりは、雑木林の続く寂しい所です。ある日、一人の男がほったて小屋を建てて住みつくようになりました。

 はじめの頃は、あまりに寂しかったので、だれか連れがほしいものだと思っていました。ところが、しばらくして、一人の若者がこの近くに住むようになりました。若者は、一日の仕事が終わると、白山様という守り神様に、無事一日が終わったことを感謝し、明日また元気に働けるよう、お祈りすることを日課としていました。

 近くに住む二人なので、いつしか親しくなっていきました。

 若者は、
「こうしてあなたと会えたのは、二人でこの地を切り開きなさい。という白山様のお告げなのでしょうね。」
と言うと、男は、
「それでは、もしお前さんさえよかったら、二人で力を合わせてがんばりましょうか。」と答えました。

 二人は、白山様を守り神としてまつり、畑づくりに精をだしました。

 何年かして、男は亡くなりました。若者は、開拓に一生をささげた男を、お宮としてまつり、若宮様としました。

Hakusanjinja2

 間もなく、この南野田にも少しずつ人が住みつくうようになってきました。

 養老二年のこと、一人の行者がやって来て、白山神社のご神体をカヤの木をほって造ったということです。それからというものは、この村では、ご神体と同じカヤの木を桶や、薪には使わないようになりました。

 今でも、南野田では、毎年十一月に白山様、若宮様のまつりをしているそうです。(「さくま昔ばなし」第23話より)

    ◆       ◆       ◆       ◆

 この昔話を紹介するのを、うっかり忘れていました。

 ■「さくま昔ばなし」INDEX

 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて①―河輪・天泊水神社
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて②―磐田市の天白神社
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて③―野田・白山神社
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて④―「天伯神社」の石碑
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑤―白山神社境内の石仏、石碑群
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑥―金山彦之命と山の神
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑦―大沼・八幡神社
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑧―大沼・八幡神社境内の「天伯神社」
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑨―県道沿いに祀られている山の神

2017年2月18日 (土)

笑顔がいっぱい「佐久間 お話と語りの交流会」

Mukasibanashi

 2月18日(土)、佐久間図書館で開かれた第2回「佐久間 お話と語りの交流会」に参加しました。

 今回の講師は、「やまんばの会」の小嶋直美さん。「やまんばの会」とは、佐久間に古くから伝わる民話を語り聞かせる語り部のグループで、ホウジ峠の民俗文化伝承館のほか各所に出向き、優しい口調で素朴な民話を伝えています。

 今回の交流会には、「やまんばの会」の先輩である塩澤さわさんや今川淳子さんも参加。佐久間の民話を題材にした「ふるさとかるた」で盛り上がった後、小嶋さんは、本を読み聞かせるのとは違う、語り聞かせの魅力について話してくれました。

 また小学生たちも参加し、みんなでわらべ歌を歌ったり、手遊びを楽しんだり、城西小2年の奥山玲那さんが書いた作文「二年生からのしょうたいじょう」なども紹介されました。

 民話、昔話は口から口へ、耳から耳へと伝えられるもの。そんな話が数多く残る佐久間は、北遠でも特異な地域。何よりも、参加者の笑顔が忘れられない楽しいイベントでした。

 【関連記事】語り部「やまんばの会」の昔話を聞く
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」③―語り部・塩澤さん宅にあった原田翁の揮毫
 【関連記事】佐久間の語り部・北井八千代先生の「希望」
 【関連記事】「祇園まつり」「民話&昔話」―イベント情報!佐久間観光協会
 【関連記事】民話で観光客おもてなし 天竜区佐久間でイベント

2017年1月30日 (月)

真冬の佐久間道⑨―さくま昔ばなし「役人沢」

Yakuninzawa2

 江戸時代の話です。
 山香付近は、だんだん畑が多く、その上、やせ地のため収穫も思うようにはなりませんでした。村人たちは、山へ行っては、紙の原料になるコウゾやミツマタを栽培したり、蚕を飼ってお金にかえて年貢を納めていました。

 ある年のことでした。天候の悪い日が続き、作物が思うようにとれないのに、年貢だけは決まって取り立てられていました。村人たちは困り果て、名主の家に相談に行きました。
「この不作では、どうしても年貢を払うことができませんのじゃ。借りたお金も返すことができず途方にくれていますだ。何とかならんもんかいのう。」
「お前さんたちのつらい気持ちは、分かり過ぎるぐらい分かるんじゃがな。私の力ではどうにもならんのじゃ。何とか私なりに考えてみるがのう。」
心の優しい名主は、年貢に苦しむ村人の願いをかなえてやろうと、思案したあげく、役人の所にお願いに行きました。
「何を言うか、お上の命令だ。いったん決めた年貢のきまりは、何であろうと、破るわけにはいかん。期日までに必ず納めよ。」
と、役人は言葉厳しくまくしたてました。

Yakuninzawa3

 名主は、家に帰ると村人を集め、役人の言ったことを告げました。
「年貢のことなんじゃが、いくら役人に事情を話してお願いしても、少しも聞き入れてもらえん。こうなったら、それほどあるわけでもないが、私の財産を年貢の足しにしてくれ。」
「とんでもないこった。わしら村人は、さんざん名主さんにご迷惑をかけるっちゅうに、これ以上ご迷惑をかけるわけにはいきませんのじゃ。」
村人たちは、名主のやさしい心に打たれ、名主のまわりに駆けよりました。その人たちの顔を見れば、年貢を納めていないと言って役人になぐられ全身があざだらけになっている者、棒で乱暴され、足を引きずっている者も多くいました。

「そんな役人なら、たたきのめしてしまえ。」
と、今までの苦しみを一気にはき出すように、大声を上げました。その声につられるように後ろの方からも、
「そうだ、そうだ。生かしておくわけにはいかんぞ。」
「そうだ。あの役人をたたき殺してしまえ。」
激しい言葉が、次から次へと飛びかいました。

 あわてた名主は、
「待て、待て。皆の衆の気持ちは分かるが、いくら悪役人と言えども殺すことはよくない。苦しいけれど、何とかがまんしてくれ。」
と、けんめいになって村人をなだめました。

Yakuninzawabashi

 しかし、いくら名主が止めようとしても、村人たちの役人に対する怒りをしずめることはできませんでした。

 ついに、村人たちは、村の近くに役人をおびき出し、村境の沢に突き落としてしまいました。

 それ以後というもの、この沢を役人沢と呼ぶようになりました。(「さくま昔ばなし」第16話より)

    ◆       ◆       ◆       ◆

Banreito

 こんな昔話が残るのが、この沢。沢に架けられた橋の名は「役人沢橋」です。

 「役人沢」の脇には「三界萬霊有縁無縁」と「南無阿弥陀佛」と刻んだ2基の石碑が建てられていましたが、この昔話との関係については取材しませんでした。

 ■「さくま昔ばなし」INDEX

 【関連記事】真冬の佐久間道①―塩の道
 【関連記事】真冬の佐久間道②―軒先を通る古道と壁掛けポスト
 【関連記事】真冬の佐久間道③―塩の道?雪と氷柱
 【関連記事】真冬の佐久間道④―馬頭観音と轍跡
 【関連記事】真冬の佐久間道⑤―庚申仏
 【関連記事】真冬の佐久間道⑥―川石、丸石を祀る
 【関連記事】真冬の佐久間道⑦―住めば都
 【関連記事】真冬の佐久間道⑧―滝、沢とオレンジ色の沈殿物
 【関連記事】真冬の佐久間道⑩―稲荷社と大師堂など
 【関連記事】真冬の佐久間道⑪―三界萬霊塔
 【関連記事】真冬の佐久間道⑫―動く斜面と巨樹
 【関連記事】真冬の佐久間道⑬―対岸の集落と竜頭山

2017年1月16日 (月)

天白・天伯神社を訪ねて⑦―大沼・八幡神社

Oonuma

 佐久間町の大沼とは、南野田と中野田の間。「大沼の大蛇」の昔話が残る集落です。

Kanban

 昔、ここには大きな沼があってな。水面に人の影がうつると沼から大蛇が出てきおって、あっという間に人をのみこんでしまうことがたびたびあったそうな。自分の子をのまれてしまった大和の国の神主がな、怨みをこめて三日三晩お祈りし、たくさんの針を沼に投げこんだと。大蛇は針がつきささって悲鳴をあげ、逃げていきおったそうな。

Hachimanjinja1

 そう言われてみると、茶園が広がる窪地が沼のように見えます。窪地より一段高い場所に「八幡神社」の神社額を掲げた鳥居が見えました。茶園の間の参道を進み、鳥居の先には社殿があります。

 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて①―河輪・天泊水神社
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて②―磐田市の天白神社
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて③―野田・白山神社
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて④―「天伯神社」の石碑
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑤―白山神社境内の石仏、石碑群
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑥―金山彦之命と山の神
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑧―大沼・八幡神社境内の「天伯神社」
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑨―県道沿いに祀られている山の神
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑩―さくま昔ばなし「南野田を開いた男」

2016年12月28日 (水)

沢井天伯を訪ねる⑫―県道脇の石仏、神号碑と「雨乞いまつり」

Sawai1

 沢井の集落を離れ、県道290号水窪羽ヶ庄佐久間線を芋堀方面に向かうと、道路脇に1基の神号碑の両脇に准胝観音と子安地蔵らいき2基の石仏が挟むように並んで立っています。

 神号碑の文字は、北遠でよく見かける水の神と火の神「金比羅大権現 秋葉山大権現」。水が乏しい地域への降雨を願い、火入れの火が山火事になることを防ぐために焼き畑農業が盛んだった土地柄が窺われる神号です。

 すぐ下の茶園脇には昔話「雨乞いまつり」の看板が。

Amagoimatsuri

 稲も野菜も枯れてしまう日照りが続くと、ここの池明神でも雨乞いまつりが行われたそうな。池の前に野菜や魚などの供物を置き、村中の者が総出で拝んだり踊ったり唄ったりして、お祈りをしたと。すると、夜になって、稲妻が光り、夕立ちが降るのじゃ。雨が降ったあくる日には再び池明神に集まり、お礼参りをするのを、村人は決して忘れなかったそうな。

 以前紹介した佐久間の民話「雨ごいまつり」の舞台は浦川地区の上市場でしたが、こちらは城西地区の沢井です。

 【関連記事】沢井天伯を訪ねる①―津倉家山林絵図
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる②―薬師堂
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる③―「天伯神社」の石碑
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる④―神仏習合の石碑群
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる⑤―水田跡に佇む如意輪観音
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる⑥―水路脇の諏訪神社
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる⑦―諏訪神社横の石碑群
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる⑧―旧城西小学校野田分校跡
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる⑨―半切妻屋根の校舎
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる⑩―稲荷神社と津島神社
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる⑪―庚申塔

 【関連記事】佐久間の民話「雨ごいまつり」

2016年12月27日 (火)

相月諏訪神社を訪ねる②―伝説のお池

Torii

 相月諏訪神社の前には、佐久間の民話「相月諏訪神社の不思議」「梵天様の大蛇」で語り継がれている「お池」があります。かつては池だったと言われ、池に棲んでいた大蛇が神社の裏の蛇淵を通り、信州の諏訪湖との間を行ったり来たりしていたのだそうです。

Oike

 この池は、人が足を踏み入れることはもちろん、草を刈ることも禁じられた神聖な土地。私が訪ねた日にも草が茂り、楕円形の「お池」の姿は見られません。日照りが続く時には、草刈りをしたり、大蛇が嫌う鉄製の鎌などを池に投げ入れると必ず雨が降ったとのこと。農業神、水神らしい諏訪神社のご利益です。

 天竜川沿いに多く分布している諏訪神社にはよく似た言い伝えが残り、天竜川の名も諏訪と地元とを自在に往来するという竜神信仰にルーツがあると考えられます。

 【関連記事】相月諏訪神社を訪ねる①―宮橋の擬宝珠
 【関連記事】相月諏訪神社を訪ねる③―境内社の天伯神社
 【関連記事】相月諏訪神社を訪ねる④―「諏訪神社由緒」の「天白神社」
 【関連記事】相月諏訪神社を訪ねる⑤―矢場跡と石の蛇
 【関連記事】相月諏訪神社を訪ねる⑥―庭天白と神号碑

 ●相月には諏訪神社という・・・
 ●「相月諏訪神社」の境内の大きな岩の上に・・・
 ●「相月(あいづき)諏訪神社」の前の水田跡の傍らに・・・
 【関連記事】かつては身近にいたはずの「神様」について考える
 【関連記事】「相月諏訪神社」の「蛇道」を探す
 【関連記事】「相月諏訪神社」の「蛇道」はこっち?
 ●「相月諏訪神社」について、佐久間出身のMさんから、次のような・・・
 【関連記事】見つけました―大正15年の「相月諏訪神社」
 ●「相月(あいづき)」は、佐久間町城西地区の集落です・・・
 【関連記事】相月の「イセコサマ」とは・・・?
 【関連記事】水窪「次郎兵衛様」=相月「治郎兵衛霊神」
 【関連記事】相月には「庭天白」が祀られています。
 【関連記事】地芝居、5年ぶり復活へ 佐久間・諏訪神社
 【関連記事】相月諏訪神社の「お池」と「縁側カフェ 結」

2016年10月 3日 (月)

八丁坂を登る⑯―「子生石」を訪ねる

Onemichi1

 佐久間には山姥伝説が語り継がれ、八丁坂の途中にも山姥神社があるのは紹介した通り。そして、明光寺から尾根道を少し南東側に下りた山の中にある「子生石」を訪ねました。

Onemichi2

 明光寺住職に断りを入れ、久しぶりに訪ねた「子生石」ですが、道らしい道があるわけではありませんので、ただただ以前案内していただいた時の記憶だけが頼り。杉木立に覆われた尾根には、露出した大岩が続くのですが、その中のどの岩に山姥がつけたと伝えられる爪痕が残っていたのかはまったく分からず、どんどんと先に進み、傾斜のきつい下りに入ったところで引き返すことに。

Koumitawa1

 今回は「子生石」を確認することはできなかった、と諦めかけた瞬間、ケータイのベルが着信音が鳴り、岩に腰掛けて話し始めたその時、手をついた岩肌に点々と並ぶすり鉢状の窪みが見えました。

 あった!「子生石」だ!

Koumitawa2

 この窪みが、民俗学者・柳田國男によって紹介された「子生凹(こうみたわ)」。山姥がお産の苦しみに耐えた時の爪痕と伝えられている窪みは、おそらく自然に出来た盃状穴だとは思いますが、山姥の爪痕と見立てたのは山姥伝説が残る佐久間の西渡だからこそ。

 「子生石に興味がある人は、ぜひ、お訪ねください!」と、うかつに言えないのが残念です。

 【関連記事】八丁坂を登る①―西渡、舟戸とは?
 【関連記事】八丁坂を登る②―道標を兼ねた石燈籠
 【関連記事】八丁坂を登る③―山姥神社
 【関連記事】八丁坂を登る④―戸口橋を見下ろす
 【関連記事】八丁坂を登る⑤―旧山香中跡と旧山香小跡
 【関連記事】八丁坂を登る⑥―急坂が続く旧道
 【関連記事】八丁坂を登る⑦―神号を刻んだ道標
 【関連記事】八丁坂を登る⑧―水の神を祀る貴船神社
 【関連記事】八丁坂を登る⑨―風鈴の音色と苔の庭
 【関連記事】八丁坂を登る⑩―貴船神社の忠魂碑
 【関連記事】八丁坂を登る⑪―稲荷神社
 【関連記事】八丁坂を登る⑫―庚申塔
 【関連記事】八丁坂を登る⑬―茶園風景
 【関連記事】八丁坂を登る⑭―荷継ぎ場
 【関連記事】八丁坂を登る⑮―明光寺境内に建てられた「じん肺物故者慰霊碑」
 【関連記事】八丁坂を登る⑰―お犬様

 【関連記事】「子生石」に残る山姥の爪痕
 【関連記事】「子生タワ」の「タワ」とは「凹み」の意味

 【関連記事】何だ?能善寺石段の「盃状穴」?
 【関連記事】何だ?二俣諏訪神社の「盃状穴」?
 【関連記事】何だ?永安寺の「盃状穴」?
 【関連記事】何だ?掛塚愛宕神社の「盃状穴」?
 【関連記事】平和口から仙戸まで歩く④―盃状穴や石英

2016年9月16日 (金)

水窪・臼ガ森を訪ねる④―山姥が住んだ村

Usugamori3

 以前「山姥が落した巨岩―水窪・河内浦」で紹介したように、県道389号水窪森線沿いの河内浦集落の入口付近には今でも伝説の巨岩があります。伝説によれば、この岩を落としたのは、臼ガ森(うすがもり)に住む山姥だったとのこと。

 その山姥がどこに行ってしまったのかは知りませんが、ただ、臼ガ森集落がそれほどの急傾斜地にあるというのは事実です。写真では伝わりにくいかもしれませんが、未だに手入れされているらしい茶畝とその下に見える青い屋根から、急な傾斜を想像していただけるでしょうか?

Usugamori4

 集落の生業の中心はおそらく林業であり、山仕事で暮らしを立てていたと思われます。そんな臼ガ森が山の上にあることを知らせる目印が山姥が落としたとされる岩。

 ・・・ではないかと思います。

 【関連記事】水窪・臼ガ森を訪ねる①―布滝と布滝隧道
 【関連記事】水窪・臼ガ森を訪ねる②―赤石の石垣
 【関連記事】水窪・臼ガ森を訪ねる③―廃屋の臼
 【関連記事】水窪・臼ガ森を訪ねる⑤―宇須井神社

  【関連記事】山姥が落した巨岩―水窪・河内浦

天竜川・そまびとの会

天気予報