だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

イベント・祭り情報 Feed

2017年3月17日 (金)

旧勝坂小の木造校舎を模型で再現 浜松の男性

◆3年かけて完成 あすから浜北で展示 

Kamiya1

 元家具職人でミニチュア作家に転じた浜松市東区半田山の神谷満さん(64)が、ピンクの外観で知られる旧勝坂小学校舎(同市天竜区春野町)の模型を完成させた。「木造校舎を模型で残したい」「見る人それぞれの学校の思い出をよみがえらせてほしい」。3年かけて懐かしい雰囲気を再現し、17日から、同市浜北区の県森林公園で披露する。

 同校は1968(昭和43)年度に廃校。校舎は国の登録有形文化財に指定されている。作品は「山の小学校 卒業(たびだち)の朝」と名付け、2階の講堂で開かれる卒業式の様子、掃除の時間に天井へぞうきんを投げる児童、職員室でだるまストーブを囲む教員の姿などが楽しめる。昭和の雰囲気にあふれ、24分の1の大きさながら、子どもたちの声が聞こえてきそうだ。

 神谷さんは昔の写真を入手してイメージを膨らませ、現地で採寸。木をミリ単位で加工していすを組み立て、教壇の上の鉛筆削りからランドセルまで、すべてを一人で手掛けた。

Kamiya2

 かつては市内の家具メーカーの職人で、校舎で使う教壇や机、いすなども納品した。工具の扱いや材質の知識、繊細に木を組む技術などを磨いた。

 もともと模型作りは好きだったが、53歳の時、「客の希望に応えるのではなく、自分の意思を入れて作りたい」と退職。

 転身して3年ほどは何を作っても「偽物だ」と感じたが、黙々と数をこなした。質を上げるうちに模型ならではの良さを体で覚え、納得がいくようになった。

 遠州綿紬(つむぎ)を鼻緒に使ったげた、古民家や商店などレパートリーを増やしていった。2010年には、廃校となった木造の旧石神小(天竜区)の作品が「浜名湖アート・クラフトフェア」で大賞を射止めた。

Kamiya3

 木造校舎は最近のテーマ。「木造校舎で学んだ世代の一人として、模型で残したい。そういう『意志』を、最近は作品に込められるようになった」と語る。

 30日まで森林公園ビジターセンターで開かれる作品展では20~30点を並べ、遅咲きデビューから10年の集大成を見せる。

 神谷さんは「目線を下げて、しゃがみ込んで作品の世界に入ってほしい」と話す。(「中日新聞」より)

 【関連記事】「旧勝坂小」模型で再現 浜松の神谷さん、17日から展示

 あなたが学んだ校舎は木造でしたか?私の頃は木造から鉄筋コンクリート造へと建て替えが盛んな時期。1年、3年、5年生は木造でしたが、今では写真に残るだけです。

2017年3月14日 (火)

「旧勝坂小」模型で再現 浜松の神谷さん、17日から展示

Katsusakasyo

 浜松市東区半田山のミニチュア家具作家神谷満さん(64)がこのほど、ピンクの木造校舎として知られる国の登録有形文化財「旧勝坂小学校」(同市天竜区春野町)の24分の1のミニチュアを製作した。校舎としての現役当時を知る人に取材し、卒業式の様子を生き生きと再現した。17日から30日まで、同市浜北区尾野の県立森林公園バードピア浜北で展示する。

 元家具職人の神谷さんは11年前にドールハウスやミニチュア家具の作家に転身。これまでさまざまなミニチュアの建物を製作し、浜名湖アートクラフトフェアのクラフト大賞などを受賞した。

 勝坂小のミニチュア製作のきっかけは、展示会で父親が同校の教員だったという女性から話を聞いたことだった。実際に校舎に赴いて寸法を測ったり、その女性や地元の人に取材したりして、3年がかりで完成させた。「諦めかけたこともあったが、地元の人の愛着を知り、何とかやりとげられた」と話す。

 横1メートル、縦50センチ、高さ44センチのミニチュアは壁を取り外すことができ、教室の中も見られる。教室の仕切りを取ると講堂になる同校の構造や、卒業式の風景、掃除中の児童の様子などが忠実に表現されている。神谷さんは「勝坂小や、このような木造校舎で学んだ人たちにぜひ見てほしい」と来場を呼び掛ける。(「静岡新聞」より)

 国指定登録有形文化財の校舎が、相当細かなところまで再現されているようです。見に出かけるのが楽しみです。

 【関連記事】旧勝坂小の木造校舎を模型で再現 浜松の男性

 ●写真の2階建ての校舎は、知る人ぞ知る「周智郡立勝坂小学校」跡・・・
 【関連記事】心に沁みる山里の風景―春野町「勝坂」
 【関連記事】遠来人北遠ツアー⑩(最終回)勝坂、気田
 【関連記事】ピンク色の校舎、後世に 旧勝坂小57年ぶり塗り替え
 【関連記事】ピンク色校舎、塗り替え完了 旧勝坂小、57年ぶり
 【関連記事】紅葉と秋のイベント巡り⑫―旧勝坂小学校跡
 【関連記事】ピンクの木造校舎 村の宝 旧気多村立勝坂小学校、登録有形文化財に

2017年3月 8日 (水)

「花桃の里」の駐輪スタンド

Cyclestand

 道の駅「くんま水車の里」で見た駐輪スタンドを「花桃の里」でも確認しました。

Michinoeki

 私が寄ったのはウイークデーだったし、時間が早かったせいか、止められた自転車はありませんでしたが、週末には自転車で北遠を走るサイクリストたちの姿をよく見かけます。

 「花桃まつり」は12日(日)まで。期間中は、普段は定休日となる火曜日も営業しますので、さあ、自転車でも出かけよう!北遠へ。

 【関連記事】天竜へサイクリスト誘致 実行委、地図や駐輪台設置
 【関連記事】北遠サイクリング快適に 天竜区に駐輪スタンド整備
 【関連記事】「くんま水車の里」の駐輪スタンド

 【関連記事】天竜でサイクルツーリズム 初秋の北遠路、銀輪で軽快に
 【関連記事】秋ロード 駆け抜けて 浜松・春野、龍山地区で天竜サイクルツーリズム
 【関連記事】爽秋にペダル軽快 天竜サイクルツーリズム
 【関連記事】585人が笑顔で完走 天竜サイクルツーリズム
 【関連記事】260人の参加者が仲間、地域住民と交流 天竜サイクルツーリズム
 【関連記事】サイクリング楽しんで 天浜線主要駅に駐輪台、工具

 【関連記事】「夢のかけ橋」を見下ろす「花桃散策コース」を歩こう!
 【関連記事】シイタケ、アユに舌鼓 天竜区の道の駅2カ所でイベント 都市部住民との交流深める
 【関連記事】道の駅「花桃の里」の花桃と寒緋桜
 【関連記事】4月8日、北遠は花見日和③―花桃の里とワインセラー
 【関連記事】道の駅めぐり・夏の天竜編/「静岡○ごとワイド!」
 【関連記事】ハナモモきれい 10日から「まつり」 天竜川船明ダム湖畔・道の駅
 【関連記事】ハナモモがお出迎え 天竜区・道の駅でまつり
 【関連記事】ハナモモ華やか500本 天竜区「花桃まつり」行楽客楽しむ
 【関連記事】「花桃の里」のハナモモが見頃!
 【関連記事】天竜茶どうぞ 「花桃の里」で新茶まつり
 【関連記事】天竜花桃の里「花桃まつり2014」―3月9日~16日
 【関連記事】道の駅「花桃の里」でまつり、枝配布など 天竜区
 【関連記事】しし汁、海老芋に舌鼓 道の駅、まつり始まる 天竜

2017年3月 4日 (土)

黒い器に流星の美 天竜区の山口さん東区で陶芸作品展

Yamaguchi602

 浜松市天竜区の陶芸家、山口剛さん(65)の作品展が3日、同市東区半田山のギャラリー・ラウンドテーブルで始まった。8日まで。

 信楽粘土を素材にした花器や皿、茶わん、マグカップなど、新作約200点を展示している。

 中でも山口さん独特の技法「彩泥線紋」を施した作品が目を引く。半乾きの陶土の表面に時計の歯車で破線を刻み、その上に異なる発色をする陶土を乗せて焼成。黒い器に青や黄の破線が鮮やかに浮かび、流星の軌跡にも見える。この技法で、2009年の日本伝統工芸展で初入選した。

 山口さんは「現代的で、それでいて素朴なデザインを見てもらえたら」と話す。作品はすべて購入可能で価格は1500円から数十万円まで。問い合わせは、工房=電053(923)0928=へ。(「中日新聞」より)

 山口剛君は同級生。昨日、剛君の家の前をお花見ドライブしたばかりですねどね。

 【関連記事】遠州天龍焼「山口剛陶芸展Ⅶ」~1月10日(月)
 【関連記事】月の陶芸家・山口剛氏宅で「ささら」茶を楽しむ
 【関連記事】北遠の「蛇」を探せ!―天龍焼の湯呑
 【関連記事】「天龍焼」打ち込み30年 中区で陶芸家の山口さんが作品展
 【関連記事】夏の北遠紀行⑰―天龍焼の剛君

 【関連記事】船明ダム湖畔の河津桜巡り⑤―竜川共同製茶組合
 【関連記事】船明ダム湖畔の河津桜巡り⑥―旧月小学校跡
 【関連記事】船明ダム湖畔の河津桜巡り⑦―天竜ボート場

2017年3月 3日 (金)

船明ダム湖畔の河津桜巡り③―夢のかけ橋

Hanamomo

 道の駅「花桃の里」付近では、咲き始めたハナモモの花と河津桜の競演が楽しめます。

Hanamomonosato1

 「花桃まつり」は3月日(土)~12日(日)まで。期間中は、普段は定休日となる火曜日も営業します。

 河津桜の花越しに見える「夢のかけ橋」も、早春の「花桃の里」の楽しみです。

 【関連記事】船明ダム湖畔の河津桜巡り①―栄林寺前
 【関連記事】船明ダム湖畔の河津桜巡り②―船明ダム
 【関連記事】船明ダム湖畔の河津桜巡り④―寶珠院
 【関連記事】船明ダム湖畔の河津桜巡り⑤―竜川共同製茶組合
 【関連記事】船明ダム湖畔の河津桜巡り⑥―旧月小学校跡
 【関連記事】船明ダム湖畔の河津桜巡り⑦―天竜ボート場

2017年2月22日 (水)

丸い石に猫の絵 浜松・西区で展示販売会

Ishineko

 丸い石に猫の絵を描いた「石猫」の展示即売会が26日まで、浜松市西区入野町のゆめ応援プラザで開かれている。

 制作しているのは天竜区春野町に工房を構える渥美典久さん(66)と妻の愛子さん(65)、長女の優さん(29)の3人。天竜川で集めた丸い形の石に、飼い猫などをアクリル絵の具で描いた。猫のほか、フクロウや犬などを描いた作品のほか、石のペンダントや箸置きなど約180点が並ぶ。

 繊細な色付けで本物のような毛並みを表現したり、目を大きく描いて表情をデフォルメしたりした個性的な作品に、来場者が見入っている。(「静岡新聞」より)

 渥美さん家族の石猫には、たかが石ころとは思えない魅力があります。まだ見たことがない人がいたなら、ぜひ、お出かけください!

 【関連記事】『晴れるや荘』の庭で見つけた「フユイチゴ」
 【関連記事】山里で暮す不器用な鳥「ヤマガラ」
 【関連記事】「晴れるや荘」渥美さん家族、新聞に登場
 【関連記事】「ストーンペインティングは生活になくてはならない存在」広報はままつ天竜区版
 【関連記事】晴れるや荘』で見つけた巨大フキノトウ―その、お味は?
 【関連記事】ほんのりとした甘さ「フユワラビ」
 ●晴れるや工房のにゃんとも猫展は・・・
 【関連記事】民宿『晴れるや荘』さんをNHKで紹介―4月5日
 ●NKHテレビの人気番組『小さな旅』―4月5日(日)午前8時「きらめく竜の背中で」のタイトルで・・・
 【関連記事】石猫たちの新しい飼い主探し―磐田「たのしい文化展」
 【関連記事】 「Change!ハママツ」に春野の渥美さん登場
 【関連記事】「地の味とアートでおもてなし」―『晴れるや荘』愛子さん登場!
 【関連記事】「2010カレンダー」完成!石猫の『晴れるや工房』
 【関連記事】丸い石に生き生き猫 西区で展示会
 【関連記事】きょう28日まで「にゃんとも石猫展」
 【関連記事】 磐田市見付に「晴れるや工房」の石猫が並ぶ
 【関連記事】『喫茶&ギャラリー 晴れるや工房』リニューアル!
 【関連記事】さよなら『晴れるや荘』―「石猫工房&ギャラリー」へ
 【関連記事】毛並みそっくり“石ねこ”ずらり 120点を展示
 【関連記事】かわいらしい石の猫 渥美さん一家 西区で展示会
 【関連記事】石に描いた猫や風景画、陶器並ぶ 中区で作品展
 【関連記事】節分草を訪ねるドライブ④―鳳来館と石猫
 【関連記事】本物? ニャンと「石猫」 西区で親子が作品展
 【関連記事】第21回「見付宿たのしい文化展」―「晴れるや工房」の石猫、石犬、石花
 【関連記事】久しぶりに石猫の「晴れるや工房」へ
 【関連記事】石猫が並ぶ「晴れるや工房」―浜松花と緑の祭2014
 【関連記事】石に描いた猫、愛らしく 渥美さん一家、西区で170点展示
 【関連記事】丸みを帯びた猫リアル 西区で石に描いた作品展示
 【関連記事】「石猫」作品180点展示 浜松・中区
 【関連記事】「晴れるや工房」の「石猫展」―19日までクリエート浜松
 【関連記事】丸み、色合い生かし石猫 渥美さん家族、西区で展示
 【関連記事】丸い石に描いた猫の愛らしい姿 中区で作品展

早春の風景「夢のかけ橋」

Yumenokakehashi

 未成線で終わった旧国鉄佐久間線橋梁跡を再利用した「夢のかけ橋」―国道152号で龍山、佐久間、水窪に向かえば、必ず見かける美しい橋です。

 季節が変われば見え方も変わるのが風景ですが、「夢のかけ橋」だって同じ。サッと走り過ぎるのではなく、路側帯に車を停めて眺めてみてください!さらに、道の駅「花桃の里」に止めて1段高い所から見下ろしてみてください!

Yumenokakehashi2

 いつも見慣れた「夢のかけ橋」がこんなに美しく見えます。

 「花桃まつり」は3月4日(土)~12日(日)。期間中は、普段は定休日となる火曜日も営業しています。

 【関連記事】湖面に映る「夢のかけ橋」
 【関連記事】朝霧に霞む「夢のかけ橋」
 【関連記事】天竜川の絶景「逆さ夢のかけ橋」
 【関連記事】「夢のかけ橋」を見下ろす「花桃散策コース」を歩こう!
 【関連記事】中央構造線を辿る①―朝靄の夢のかけ橋とヒロハコンロンカ
 【関連記事】山里の風景―船明ダム湖の「夢のかけ橋」
 【関連記事】花桃の開花が待たれる「夢のかけ橋」
 【関連記事】2014年、北遠の花見情報⑤―夢のかけ橋と白妙
 【関連記事】川霧の立つ風景①―夢のかけ橋
 【関連記事】秋も半ばの天竜川①―夢のかけ橋

2017年2月21日 (火)

「うまい」しし鍋最高 天竜区で大寒謝祭

Daikansyasai

 しし鍋の無料振る舞いが呼び物のイベント「大寒謝祭」が19日、浜松市天竜区の道の駅くんま水車の里で開かれた。500人分以上を優に超える量が振る舞われ、大勢の観光客でにぎわった。

 直径1メートルほどの大きな鍋2つに、地元で捕れたイノシシの肉10キロ以上、ネギ8キロなどを煮込んで、しし鍋が完成。食欲をそそる香りが湯気とともに立ち上る中、数百人が列を作り、持参したマイカップに具と汁を入れてもらい味わった。そばちゃんこも振る舞われた。

 このほか、住民らの出資を受け地元の熊小学校の全児童9人が昨年起業した「くんまおうえん社(株)」が地元の茶やキーホルダー、マリーゴールドの草木染などを販売した。

 社長を務める6年の太田柚希君は「学校のホームページでも大寒謝祭への出店を知らせるなど、みんなで知恵を出し合った。お客さんも買ってくれる」と手応えを感じていた。

 道の駅名物のそばの早食い競争や五平もちも販売され、人気を呼んだ。(「中日新聞」より)

 「くんま水車の里」の「大寒謝祭」も終わり、間もなく北遠に春がやって来ます。耳を澄ませば、ほら、春の足音が・・・。

 【関連記事】「かあさん」笑顔地元に活気 くんま水車の里、道の駅登録15年
 【関連記事】アユつかみどり、塩焼きに 浜松市天竜区の道の駅でイベント
 【関連記事】「ふるさと便」販売開始 天竜区・くんま水車の里
 【関連記事】くんま水車の里に雪だるま―「大寒謝祭」は2月20日
 【関連記事】温か「シシなべ」に長い列 浜松・天竜区で大寒謝祭
 【関連記事】「ふるさと便」を販売 天竜区・くんま水車の里
 【関連記事】紅葉を求めて北遠へ①―くんま水車の里
 【関連記事】大根ゆらり寒風干し 天竜区熊
 【関連記事】「夢未来くんま」ブロック賞 地域再生大賞
 【関連記事】第2回地域再生大賞 「夢未来くんま」ブロック賞
 【関連記事】寒謝の「元祖」シシなべ 天竜区 くんま水車の里で催し
 【関連記事】「夢未来くんま」に表彰 地域再生大賞ブロック賞 
 【関連記事】「甘酒」「みそ」のアイス新名物に 浜松・天竜区熊
 【関連記事】地域の課題や将来を模索 天竜区熊で「語る会」
 【関連記事】野道を行けば~♪⑦―こんにゃく、五平もち、舞茸天ぷらそば
 【関連記事】道の駅めぐり・夏の天竜編/「静岡○ごとワイド!」
 【関連記事】山あいにアルプホルンの音 天竜区の道の駅 セミナー受講者発表会
 【関連記事】「くんま水車の里」に訪れた真っ赤な秋
 【関連記事】2012年「くんま水車の里」の紅葉
 【関連記事】シシ鍋などに行楽客らが列 道の駅で感謝祭
 【関連記事】今年も詰め合わせ「夏のふるさと便」天竜区、道の駅販売
 【関連記事】お歳暮に母の味 天竜区のNPOがふるさと便
 【関連記事】おかみの味ぎっしり 歳暮ギフト受け付け開始 天竜区
 【関連記事】道の駅くんま水車の里―中日新聞サンデー版「駅ものがたり」
 【関連記事】第20回くんま水車の里「大寒謝祭」―2月16日
 【関連記事】寒さ忘れる熱々しし鍋 天竜・道の駅くんま
 【関連記事】「熊かあさんの店」新装 浜松・天竜区
 【関連記事】天竜の味 真心込め くんま水車の里 歳暮ギフト注文開始
 【関連記事】くんま水車の里 記念きっぷいかが 20周年で購買客に配布
 【関連記事】地元素材使った「柚べし」食べて 道の駅くんま
 【関連記事】神村省治さんのミニチュア古民家展―くんま水車の里
 【関連記事】「鮎のつかみ取り」に歓声!「くんま水車の里」納涼祭
 【関連記事】「くんま」道の駅20周年 里の変遷映す 案内看板リニューアル
 【関連記事】走ったり波乗り ユニーク木人形 天竜区で展示
 【関連記事】切り絵に木版画 木の人形の力作 くんま水車の里で旧熊村出身3人展
 【関連記事】大根ゆらり寒風干し 浜松・天竜区の道の駅
 【関連記事】しし鍋に大行列 くんま水車の里「大寒謝祭」 浜松・天竜区
 【関連記事】地域協力、都市部と交流 天竜区のNPO夢未来くんま
 【関連記事】くんま川遊び④―かあさんの店
 【関連記事】大盛りそば「熊二郎」人気 浜松の天竜区・くんま水車の里
 【関連記事】くんま水車の里「大寒謝祭」は2月19日(日)

 【関連記事】株主保護者に企画説明 模擬会社運営、熊小全児童8人
 【関連記事】商品候補の茶、製造工程学ぶ 模擬株式会社運営の熊小 浜松
 【関連記事】熊小運営 模擬会社が出店 3日、浜松・天竜産業観光まつり

2017年2月18日 (土)

笑顔がいっぱい「佐久間 お話と語りの交流会」

Mukasibanashi

 2月18日(土)、佐久間図書館で開かれた第2回「佐久間 お話と語りの交流会」に参加しました。

 今回の講師は、「やまんばの会」の小嶋直美さん。「やまんばの会」とは、佐久間に古くから伝わる民話を語り聞かせる語り部のグループで、ホウジ峠の民俗文化伝承館のほか各所に出向き、優しい口調で素朴な民話を伝えています。

 今回の交流会には、「やまんばの会」の先輩である塩澤さわさんや今川淳子さんも参加。佐久間の民話を題材にした「ふるさとかるた」で盛り上がった後、小嶋さんは、本を読み聞かせるのとは違う、語り聞かせの魅力について話してくれました。

 また小学生たちも参加し、みんなでわらべ歌を歌ったり、手遊びを楽しんだり、城西小2年の奥山玲那さんが書いた作文「二年生からのしょうたいじょう」なども紹介されました。

 民話、昔話は口から口へ、耳から耳へと伝えられるもの。そんな話が数多く残る佐久間は、北遠でも特異な地域。何よりも、参加者の笑顔が忘れられない楽しいイベントでした。

 【関連記事】語り部「やまんばの会」の昔話を聞く
 【関連記事】緑のふるさと協力隊「佐久間町めぐり」③―語り部・塩澤さん宅にあった原田翁の揮毫
 【関連記事】佐久間の語り部・北井八千代先生の「希望」
 【関連記事】「祇園まつり」「民話&昔話」―イベント情報!佐久間観光協会
 【関連記事】民話で観光客おもてなし 天竜区佐久間でイベント

寺院巡り涅槃図鑑賞 浜松・天竜ふるさとガイドの会

Nehanzu

 天竜ふるさとガイドの会(瀧謙乙会長)は15日、浜松市天竜区の寺院を巡り、涅槃図(ねはんず)を鑑賞する日帰りウオーキングイベントを開いた。

 同区の天竜二俣駅を出発した県内外の参加者とガイド約40人は、清瀧寺と長光寺、光明寺、栄林寺、玖延寺を訪ねた。同区二俣町の清瀧寺では、瀧会長が涅槃図の由来や意味を解説。参加者は写真を撮ったり熱心にメモを取ったりした。同会は地元の名所旧跡や町並み、自然を巡る日帰りツアーを定期的に開催している。(「静岡新聞」より)

 お寺巡りはちょっとしたブーム。参加者がおおぜい集まるといいですね。

天竜川・そまびとの会

天気予報