だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

2017年3月13日 (月)

新宮池から春埜山へ②―「國家彌榮」の鳥居

Torii1

 新宮池のそばに祀られているのは新宮神社。新宮神社社殿に登る石段の前には、石鳥居が建てられています。

 普通に見られる明神鳥居の建立されたのは「大正六年八月建之」と刻まれていますので、西暦1917年。日本も参戦した第一次世界大戦の真っ最中です。

Torii2

 「大正六年八月建之」の上には「國家彌榮」の文字も。「國家彌榮(国家弥栄)」の「弥栄(いやさか)」とは「ますます栄える」という意味です。

 この石段では4月に、新入学の児童が石段を登り、地域の人たちが祝う「勧学祭」が催されると聞いていますが、かつては新宮神社でも他の地域同様に出征兵士を送ったのでしょう。神社や神道が軍国主義に利用され、「弥栄」も国粋主義的な「万歳(バンザイ)」の意味で使われました。

 「國家彌榮」は決して悪い言葉ではありませんが、私たちの向かう方向は「世界弥栄」であるべき、と感じました。

 【関連記事】新宮池から春埜山へ①―新宮池
 【関連記事】新宮池から春埜山へ③―砂川の茶園とカゴノキ
 【関連記事】新宮池から春埜山へ④―春埜山山頂の三角点
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑤―大鳥居のある寺
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑥―春埜杉
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑦―狼型の狛犬

 【関連記事】「新宮神社」で見つけた奉納額と「役の行者」像

天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社

Usahachiman2

 次に訪れたのは、大谷(おおや)の宇佐八幡神社。同じ境内には、国学者・内山真龍を霊神として祀る社もあります。

 宇佐八幡神社の鳥居はすべて円柱で出来ている神明鳥居。やや転びはありますが、元々は丸太を組んで造られていた素木鳥居(しらきとりい)に近い素朴な形と言えると思います。

Usahachiman1

 刻まれた文字は「明治四十一年十月建之」。西暦1908年に当たりますので、今から109年前の建立です。明治・大正時代は政府が国家神道の浸透を図るため、集落の祭祀を奨励し、鳥居の造立も盛んだったようです。

Usahachiman3

 鳥居前の燈籠には「大正11年十月」の文字が刻まれ、社殿前の燈籠には「大正四年十一月建之」の文字が。大正4年(1915)11月は、もちろん大正天皇の即位式。山東八幡神社の燈籠と同じ「御即位紀念」の奉納です。

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「内山真竜翁」
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「宇佐八幡神社の由来と金鳴石」

2017年3月12日 (日)

「宇宙は故郷のよう」 山崎さんが春野で講演

 日本人女性で2人目の宇宙飛行士となった山崎直子さん(46)の講演会が11日、浜松市天竜区春野町の市春野文化センターであった。宇宙滞在の貴重な経験を映像を交えて紹介した山崎さんは「宇宙は遠いところというより、故郷を訪ねるようだった」と振り返った。

 山崎さんは2010年4月にスペースシャトルに搭乗し、国際宇宙ステーションの組み立てに携わった。打ち上げから8分30秒で宇宙に到達し「下積みが長かったのにあっという間。ふわっと体が浮いた時、懐かしい感じがした。母親の胎内のころを思い出すのかも」と表現した。

 候補生だった11年の訓練期間は「九割が非常時の備えだった」。不時着時に救助を待つ想定で、厳冬のロシアでキャンプ訓練もこなし「同じことが起きなくても備えは大切と感じた」と話した。

 春野町では、山崎さんより先に宇宙に飛んだスミレの種を譲り受け、地元の「すみれ草花愛好会」が花を育ててきた。合併前の春野町の花がスミレだった縁から、市主催の講演会が実現。春野中の代表生徒が山崎さんにスミレの花をプレゼントした。(「中日新聞」より)

 スミレが取り持つ山崎直子さんとの縁。壮大な宇宙のドラマを見せられているようです。

 【関連記事】宇宙スミレに慰霊、安全託す 浜松・春野の住民団体
 【関連記事】「咲く頃」勘違い?宇宙スミレ初開花 浜松・春野

天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」

Tourou1

 これも「山東八幡神社を訪ねて②」で書いたことですが、石鳥居には建立年の文字はありませんが、同時に建立されたと思われる石燈籠には「文政九丙戌九月吉日」の文字が刻まれています。この文政9年(1826)が、石鳥居の建立も江戸時代と推定される根拠。

 燈籠近くの玉垣の柱には「大正四年十一月 御即位式紀念」の文字が刻まれています。これは、大正4年(1915)11月10日に京都御所紫宸殿で行われた大正天皇の即位式を記念して建てられたもの。即位はすぐに行われましたが、即位式と大嘗祭は、前天皇の喪が明けた年の秋冬の間に行われるとは、明治42年(1909)の「登極令」によって決められたことですが、現行憲法ではこの規定はありません。

 幟立てには「平成十四年八月吉日建之」の文字。1枚の写真の中に、江戸から平成までの年号、176年の時の流れが写っていることになりました。

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

 【関連記事】山東八幡神社を訪ねて①―古文書に記された「掛塚村」
 【関連記事】山東八幡神社を訪ねて②―山東八幡神社に残る石鳥居と石燈籠

新宮池から春埜山へ①―新宮池

Shiguike3

 久しぶりに春野町の新宮池から春埜山へと車を走らせました。

 ルートの多くが東海自然歩道(Tokai Nature Trail)と重なる道ですから、本当なら歩く方が良いのでしょうけど、今回の移動は車。道は狭く、落石も多いので、決して心地よいドライブコースとは言えません。

Shinguike

 和泉平の坂道を高塚山に向かって上がると、山頂の少し下、標高500メートルの高地に伝説の大きな池があります。

 むかし、この池に、一ぴきの大じゃが住んでいました。この大じゃはなかなか悪い大じゃで、時々、畑や山を荒し村人を困らせていました。

 そこで村人たちが何回も池に来てたのみますが、大じゃは聞き入れてくれません。村人たちは相談して、大ぜいで焼き石を池に投げ入れてこらしめました。

 さすがの大じゃも、とうとうわら山を通ってえい山の池ににげて行きました。

 この新宮の池も、信州の諏訪湖の水が通っているとも伝えられています。(「ふるさと春野の伝説」より)

Shinguike2

 大蛇退治には、山姥退治と同じように焼き石が使われたようですが、この大きな池にどれだけ焼き石を投げ込んだら煮えるような湯になったのでしょうか?

 「新宮池」は「新・浜松の自然100選」の指定地です。

 【関連記事】新宮池から春埜山へ②―「國家彌榮」の鳥居
 【関連記事】新宮池から春埜山へ③―砂川の茶園とカゴノキ
 【関連記事】新宮池から春埜山へ④―春埜山山頂の三角点
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑤―大鳥居のある寺
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑥―春埜杉
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑦―狼型の狛犬

 ●「新宮池」は春野町和泉平(いずみだいら)の山頂668㍍にあり・・・
 ●「新宮池」を過ぎ、「春埜山」に向う途中・・・
 【関連記事】あまり教えたくない湧き水―「和泉平」
 ●「新宮池」に到着する最後のコーナー。「和泉平(いずみだいら)」の道路脇・・・
 【関連記事】山里ならではの味わい『春野陶房』
 【関連記事】「新宮神社」で見つけた奉納額と「役の行者」像
 【関連記事】春野の伝説「新宮池の大じゃ」
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」①
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」②
 ●「新宮池」は、春野町和泉平の山頂にある広さ約1.4ヘクタールの池・・・
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」③
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」④新宮池
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」⑤新宮池の夏まつり
 【関連記事】和泉平「新宮池」に夏が来た!
 【関連記事】鏡のような水面―台風一過の「新宮池」
 【関連記事】第1回「自然100選」ツアー―「新宮池」で記念碑設置
 【関連記事】新宮池夏祭り―7月24日(土)25日(日)
 【関連記事】ふるさと春野の伝説「諏訪湖に通じる池」より
 【関連記事】水面静かに「伝説」今も 新宮池
 【関連記事】「新宮池」をキレイに撮るテクニック
 【関連記事】北遠の紅葉ドライブ②―「新宮池」
 【関連記事】環境省と静岡県で立てた看板「Lake Shingu-ike」
 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く①―春を待つ新宮池
 【関連記事】池に浮かぶ舟屋台―新宮池夏祭り
 【関連記事】新宮池の舟屋台とミゾカクシの花
 【関連記事】池巡る舟屋台 新宮神社で祇園祭 浜松・春野町
 【関連記事】幻想的雰囲気、舟屋台 浜松・新宮神社祇園祭

そして、再び国道473号河川内仮設道路

Kasetsudouro1

 国道473号河川内仮設道路を東から西へと車を走らせた帰りには、もちろん再びドライバーを交代し、仮設道路を西から東へと走りました。

 走り始めてすぐに正面に見える白い建物は、この4月から湖北高校佐久間分校として再スタートする佐久間高校です。

Kasetsudouro2

 河川内のほぼ中間地点に沈下橋があり、橋を渡ると道路は北を向き、崩落した原田橋や新橋の建設現場が見えます。

 「ゆっくり走って」と言いながらシャッターを切ると、前を走るダンプとの車間が開き過ぎ、後続の車にも迷惑をかけることになります。カシャ!カシャ!と2コマだけにして、前の車を追いかけてもらいました。

 【関連記事】再び国道473号河川内仮設道路

 【関連記事】久々に走った国道473号河川内仮設道路

再び国道473号河川内仮設道路

Haradabashi1

 佐久間の住民のみなさんに不自由を強いることになった国道473号原田橋崩落事故。浦川地区と佐久間地区を結ぶ河川内仮設道路に、再び車を走らせました。

Haradabashi2

 仮設道路は片道交互通行ですから、対向車はありません。ドライバーを交代し、私は助手席に座って、モニターも見ずにカシャ!カシャ!。

Haradabashi3

 帰宅後、斜めに写った画像を回転させて修正、車の窓枠はトリミング。崩落した山の斜面や、新々原田橋の建設工事現場も写っていました。

Haradabashi4

 今年も必ず訪れる雨の季節が心配です。でも、安全な新橋を建設しないことには安心できません。しばらくは、我慢するしかないことは分かっているつもりですが・・・。

 【関連記事】そして、再び国道473号河川内仮設道路

 【関連記事】久々に走った国道473号河川内仮設道路

2017年3月11日 (土)

ジビエ料理好評 天竜区で農家民宿をテーマに研修会

Oohira

 農家が自宅を宿泊施設として活用し、農山村の暮らしを体験してもらう「農家民宿」をテーマにした研修会が10日、浜松市天竜区二俣町の県北遠総合庁舎であった。

 農家民宿を増やして地域の滞在型観光を充実させたいと、県西部農林事務所が初めて企画。行政職員と農家民宿に興味がある市民ら20人が参加した。

 天竜区で「くんま遊楽亭あそびや」を運営する大平洋一さん(73)らが実例を紹介。「無理せず、わが家風に受け入れる」といい、イノシシなどのジビエ料理が都市部の人に喜ばれていると話した。

 県観光政策課の担当者は、許認可の規制緩和策などを説明し「地域で複数軒あれば、修学旅行などまとまった受け入れもできるようになる」と指摘した。(「中日新聞」より)

 4月になれば、「遊楽邸あそびや」さん裏の山桜が咲きます。今年の見頃は10日過ぎでしょうか?

 【関連記事】古民家活用、農家民宿に 浜松でオープン
 【関連記事】農家民宿が初オープン 浜松市天竜区で県内第1号
 【関連記事】北遠の魅力、再確認を 浜松市天竜区熊の道の駅で移住・定住者交流会
 【関連記事】野菜収穫、炭焼き、茶摘み 農家民宿開業 天竜区熊
 【関連記事】農家民宿「くんま遊楽亭 あそびや」で見たモリアオガエルの卵塊
 【関連記事】心ふれあう山里の宿/くんまの新住民(上)―朝日新聞
 【関連記事】2人の夢 この地から/くんまの新住民(下)―朝日新聞
 【関連記事】「田舎暮らしを満喫!農家民宿がアツい」―SBSテレビ
 【関連記事】「くんま遊楽亭あそびや」で咲く春蘭
 【関連記事】ゆっくりと時間が流れる大地野の「あそびや」
 【関連記事】まちあるき「浦川」PartⅡ⑩―農家民宿「くんま遊楽亭 あそびや」
 【関連記事】外国人らが里山の魅力体験 天竜区で誘客ツアー

69回目の秋葉山登拝⑬―Cafe山疋屋

Sanbikiya1

 帰り道は順調に歩き1時間50分。そのまま帰ることもできましたが、表参道坂下にオープンしたCaféで一服することにしました。

 店の名前は「千疋屋」ならぬ「山疋屋」。毎週土・日の11:00~16:00にだけ店を開き、飼い犬が3匹(さんびき)いるから「山疋屋(さんびきや)」だそうです。

Sanbikiya2

 秋葉山表参道を歩いて往復し、心地よく汗をかくほどでしたので、私が注文したのは爽やかな梅サワー。梅ジュースの中に梅干しを入れた、甘くて酸っぱくて、ちょっぴり塩辛い飲み物です。

 古民家を改築して営業を始めたCafé。表参道を歩く人が増えて来ていますので、そんな秋葉山大好きハイカーたちの憩いの場となりそうです。

 【関連記事】69回目の秋葉山登拝①―霜の朝
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝②―白花オオイヌノフグリ
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝③―いつもの道をいつものように
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝④―コショウノキの白い花
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑤―見えた!富士山
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑥―霊峰富士
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑦―秋葉寺
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑧―天狗杉
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑨―同級生の出迎え
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑩―秋葉神社上社
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑪―❤ハート石
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑫―ウラジロ飛行機選手権

天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居

Yamahigashi1

 再建のために解体された山東八幡神社ですが、石鳥居は元の場所に立っています。

 以前「山東八幡神社を訪ねて①」でも紹介した、内山真龍資料館で展示されていた古文書をもう一度紹介すると・・・

御注文請證文之叓
一 石鳥居 柱三尺弐寸廻り 笠分壱丈
   同燈籠    但無臺上より
           惣高さ五尺
    代金三拾六両也
右者此度岡崎見影石ニ而前書之御注文被成下書面之通代金三拾六両来代ニ而御差引慥ニ受取申候處実証也然上者當十二月迄ニ其地川口村迄此方ニ而御届ケ可申上候右代金ニ而外之入用等一切相掛り不申候間石屋引請證文差上申候処相違無御座候若又海上如何様成儀御座候共我等御引請申候上者此方ニ而損毛致其御方江少も御世話懸申間敷候為後日證人加判依而如件
  文政五戌六月
             引請人 掛塚村 丈左衛門
             證人  伊三郎
  山東村
    八左衛門殿
    氏子中

Kaketsuka

 つまり、文政5年(1822)6月に、山東の神社の石鳥居と燈籠とを岡崎へ発注したとする文書です。残念ながら、山東八幡神社の石鳥居には建立年を刻んだ文字は見当たりませんが、おそらくこの石鳥居が文書に書かれたものと同一の鳥居。形は渡ヶ島諏訪神社と同じ明神鳥居です。

Yamahigashi4

 渡ヶ島諏訪神社の石鳥居には慶応3年(1867)と刻まれていますので、山東八幡神社の石鳥居の方が45年前の建立。

 「掛塚村 丈左衛門」については、美濃や伊勢の年貢米を江戸へと運んだ廻船問屋であることは分かりましたが、屋号や子孫については不明です。

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

 【関連記事】山東八幡神社を訪ねて①―古文書に記された「掛塚村」
 【関連記事】山東八幡神社を訪ねて②―山東八幡神社に残る石鳥居と石燈籠

2017年3月10日 (金)

外国人らが里山の魅力体験 天竜区で誘客ツアー

Kunma

 外国人を対象に浜松市天竜区の自然や文化に触れてもらう市主催の宿泊体験ツアーが、天竜区熊の農家民宿くんま遊楽亭で1泊2日で開かれた。

 市によると、天竜区の昨年度の宿泊者数は519人で、このうち外国人客は1人もいなかった。里山の魅力を打ち出し、天竜区にも外国人客を呼び込める態勢をつくりたいと企画。参加費4,000円で県内在住者を中心に米国、ドイツ国籍などの10人が集まった。

 参加者はまき割りや窯を使ったピザづくりなどを体験し、地元で捕れたシカ肉の揚げ物などジビエ料理を味わった。市の担当者は「もう一度来たいという声もあり、手応えを感じた。アンケートを参考に今後の集客に生かしたい」と話した。(「中日新聞」より)

 「熊」は英語では「bear」。英語圏の人たちは、ちょっぴり怖がるかもね?

 【関連記事】古民家活用、農家民宿に 浜松でオープン
 【関連記事】農家民宿が初オープン 浜松市天竜区で県内第1号
 【関連記事】北遠の魅力、再確認を 浜松市天竜区熊の道の駅で移住・定住者交流会
 【関連記事】野菜収穫、炭焼き、茶摘み 農家民宿開業 天竜区熊
 【関連記事】農家民宿「くんま遊楽亭 あそびや」で見たモリアオガエルの卵塊
 【関連記事】心ふれあう山里の宿/くんまの新住民(上)―朝日新聞
 【関連記事】2人の夢 この地から/くんまの新住民(下)―朝日新聞
 【関連記事】「田舎暮らしを満喫!農家民宿がアツい」―SBSテレビ
 【関連記事】「くんま遊楽亭あそびや」で咲く春蘭
 【関連記事】ゆっくりと時間が流れる大地野の「あそびや」
 【関連記事】まちあるき「浦川」PartⅡ⑩―農家民宿「くんま遊楽亭 あそびや」

明光寺で遊ぶヤマガラたち

Yamagara

 佐久間町西渡の八丁坂を登り切った峠にある明光寺に、ヤマガラたちが遊びに来ていました。

 お寺の奥さま、今川さんの話によれば、ヤマガラたちは朝、洗濯物を干す時間になると、今川さんの近くにやって来て、餌をねだるんだそうです。

 今川さんが、ヤマガラたちの餌として、中程に切込みを入れたペットボトルの中にヒマワリの種を入れ、物干し台に吊るしてあげるとヤマガラたちが集まり、ヤマガラはいつの間にか今川さんを覚えてしまったようです。

 私が訪れた日には、ヤマガラだけでなくシジュウカラも混じっていましたが、彼らの意識は、仲間なのか?ライバルなのか?

 ・・・不明です。

 【関連記事】手作り巣箱でヤマガラ子育て中
 【関連記事】山里で暮す不器用な鳥「ヤマガラ」
 【関連記事】気多中同窓生たちと登った秋葉山⑩―ヤマガラと木斛
 【関連記事】春の訪れを喜ぶヤマガラ

69回目の秋葉山登拝⑫―ウラジロ飛行機選手権

Urajiro1

 ❤ハート石でほっこり気分になった後は、第1回秋葉山ウラジロ飛行機選手権で対決。この試合はもちろんAKG(秋葉観光ガイド・秋葉観光ガール)公認です。参加資格は、秋葉山表参道を歩いて登った者だけに認められるもの。表参道に茂っているウラジロを利用することが条件であり、ITや人工的な動力は一切使うことができません。

Urajiro2

 参加者は女子2名と錦ちゃ。私は公式記録員です。

Urajiro3

 ウラジロの葉は左右対称にV字に開いていますが、先ずは大きく開いているものを選び、錘になる茎の長さを考えますが、麓から吹き上げて来る風の強さを考慮して折ります。

Urajiro4

 後は、風の向きと角度を確認し、うまく風に乗るようにそっと前に押し出せば、紙飛行機のように浮き上がって進んだり、その場でしばらくホバリング。

 結果は・・・?記録はすでに廃棄されましたので・・・?

 【関連記事】69回目の秋葉山登拝①―霜の朝
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝②―白花オオイヌノフグリ
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝③―いつもの道をいつものように
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝④―コショウノキの白い花
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑤―見えた!富士山
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑥―霊峰富士
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑦―秋葉寺
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑧―天狗杉
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑨―同級生の出迎え
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑩―秋葉神社上社
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑪―❤ハート石
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑬―Cafe山疋屋

 【関連記事】12月の秋葉山⑩―ウラジロ飛行機
 【関連記事】朝秋葉2016夏⑨―オオセンチコガネとウラジロ飛行機
 【関連記事】2016年、第3回秋葉山参拝ガイド付きハイキング⑲―ウラジロ飛行機

天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社

Yamahigashi2

 「渡ヶ島諏訪神社を訪ねて③」で書いたように、北遠の石鳥居の建立年代について調べてみたくなり、先ずは比較的古くに建てられたと思う二俣周辺の神社から回ってみました。

 中でも1番気になるのは、以前「山東八幡神社を訪ねて①」「山東八幡神社を訪ねて②」で紹介した山東八幡神社からです。

Yamahigashi3

 ところが、驚いたことに山東八幡神社の境内にあったはずの社殿の姿が見当たりません。たまたま訪れていた近所の住人によれば、古くなった社殿は建て直しのため解体され、本殿と若宮はシートの中に移座して祀られているとのこと。

 社殿前にあった大杉も伐り倒され、本殿があった背後の斜面にはブルーシートが掛けられていました。

 でも、石鳥居は以前のままでしたので、近づいてみました。

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

 【関連記事】山東八幡神社を訪ねて①―古文書に記された「掛塚村」
 【関連記事】山東八幡神社を訪ねて②―山東八幡神社に残る石鳥居と石燈籠

2017年3月 9日 (木)

「尾州キヨス本町 柴山藤蔵」奉納の燈籠

Shibayama1

 光明寺石段脇に立つ石燈籠には「文久三亥年三月吉日」と刻まれていますので、西暦1863年に建立されたもの。竿の正面には「五穀成就」と刻まれたこの燈籠を奉納したのは、「尾州キヨス本町 柴山藤蔵」です。

 この柴山藤蔵について調べてみると、寛政4年(1792)愛知県清須市に生まれ、明治8年(1875)83歳で没した質屋・油屋を生業としていた人物と分かりました。柴山藤蔵は米屋・酒造業を創業し、その店は現在も清洲桜醸造株式会社として引き継がれているとのこと。

 柴山藤蔵が寄進奉納した燈籠などは全国広く残されているようで、光明寺の石燈籠もその中に1つ。もちろん、奉納当時は光明山にあったのですが、昭和6年(1931)の火災により、現在地に再建されたのに伴い移座されたものです。

 それにしても、石に刻まれた江戸時代の「キヨス」の表記では、「清須」と「清洲」の混在の解決にはなりませんでした。

 【関連記事】200年前に建てられた「従是光明山道」の道標
 【関連記事】筆の跡まで刻まれた「從是光明山道」の道標

渡ヶ島諏訪神社を訪ねて⑤―谷積み、布積み、乱積み

Suwajinja

 山の急斜面の前面に鎮座する渡ヶ島諏訪神社社殿は、下から4段の石垣の上に建てられています。平場を造るため、山を削ったのか?それとも、土を盛ったのかは分かりませんが、上の3段目、4段目の平場はかなり高い石積みで守られています。

Ishigaki

 1段目は高さの揃った石を1段だけ並べたもの。2段目は結晶片岩を割って斜めに落とし込むように積んだ谷積み。

 3段目は横に積んだ布積みですが、険しい勾配が緩やかな曲線を描き大きく立ち上がっています。4段目は河原の丸い石を使った乱積み。

Ishidumi2

 石積みは改修されているのかも知れませんが、3段目、4段目には巨樹が育っていますので、かなり古くに造られた石垣だと思われます。

 急な石段を登りながら、石積みの美しさも楽しめるのが渡ヶ島諏訪神社です。

 【関連記事】渡ヶ島諏訪神社を訪ねて①―「渡ヶ島諏訪神社の社叢」
 【関連記事】渡ヶ島諏訪神社を訪ねて②―郷社
 【関連記事】渡ヶ島諏訪神社を訪ねて③―江戸時代に建立された鳥居
 【関連記事】渡ヶ島諏訪神社を訪ねて④―「平和紀念」の手水鉢

69回目の秋葉山登拝⑪―❤ハート石

 今回の秋葉山登拝がAKG(秋葉観光ガール)の女子たちと一緒だったからではないのですが、帰りの道は表参道で増殖中の❤ハート石を探しながら下ることにしました。

Heart1 Heart2

 随身門の内側の石積みには、私がこっそり置いた❤ハート石の他に、新たな❤ハート石が増えています。これはきっと、私と同じ思いの人が置いたもの。決して神社に内緒で置いているわけではありません。

Heart3 Et

 随身門の外側の苔生した切り株には、私たちがE.T.と呼んでいる木の根っこと並ぶように❤ハート石が2つ。このE.T.については、AKGからは「もののけ姫」に登場する「こだま」に似てるとの意見も出ましたので、今後の有識者会議での審議の結果が待たれます。

Heart4 Baumkuchen

 ずっと下った富士見茶屋近くには、AKGがバームクーヘンと呼んでいる山桜の幹が横たわっています。そして、そこにも新たな❤ハート石発見!

 【関連記事】69回目の秋葉山登拝①―霜の朝
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝②―白花オオイヌノフグリ
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝③―いつもの道をいつものように
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝④―コショウノキの白い花
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑤―見えた!富士山
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑥―霊峰富士
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑦―秋葉寺
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑧―天狗杉
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑨―同級生の出迎え
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑩―秋葉神社上社
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑫―ウラジロ飛行機選手権
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑬―Cafe山疋屋

 【関連記事】火まつりの山に登る⑨―❤ハート石と雪の残る表参道
 【関連記事】初春の秋葉山に登る⑪―❤ハート石、増殖中
 【関連記事】60回目の秋葉山へ登る⑬―木の根道と❤ハート石
 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山⑨―❤ハート石

2017年3月 8日 (水)

69回目の秋葉山登拝⑩―秋葉神社上社

Torii

 なんだかんだで、とにかく秋葉山山頂にある秋葉神社上社に到着。かかった時間は3時間20分でした。

Haiden

 当然ですが、いつものように手を浄め、石段を上がって金色に輝く幸福の鳥居をくぐり、さらに石段を上がって拝殿の前へ。

Hiuchiishi

 形通りの参拝を済ませた後は、秋葉山に登らなければ見られない遠州平野の全景を眺め、火打石を火打金で擦り厄払い。昼食は秋葉茶屋で「かき揚げ蕎麦」をいただきました。

Tenryugawa

 こうしてみると、69回目の秋葉山登拝はいつものよう。昨年は左足骨折のアクシデントで入院していましたので、「いつものように」のありがたさを身に染みて感じています。

Kakiagesoba

 今回の秋葉山表参道ウォークは、3月26日(日)に予定されているクラブツーリズムの登山ハイキング「秋葉山表参道歴史参りと天然温泉あらたまの湯」のガイド役として、新たな女子メンバー(AKG=秋葉観光ガール)を育てようとの目論見もあってのこと。

 でも、そんなことも忘れ、いつものように時間を過ごし、いつものように「さあ、そろそろ下りようか?」。

 【関連記事】69回目の秋葉山登拝①―霜の朝
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝②―白花オオイヌノフグリ
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝③―いつもの道をいつものように
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝④―コショウノキの白い花
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑤―見えた!富士山
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑥―霊峰富士
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑦―秋葉寺
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑧―天狗杉
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑨―同級生の出迎え
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑪―❤ハート石
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑫―ウラジロ飛行機選手権
 【関連記事】69回目の秋葉山登拝⑬―Cafe山疋屋

渡ヶ島諏訪神社を訪ねて④―「平和紀念」の手水鉢

Tyouzubachi1

 渡ヶ島諏訪神社の手水鉢は鳥居の右手。「浄水」と刻まれた手水鉢には、青々とした新しい柄杓と柄杓置きが設けられていました。

 手水鉢の側面には「平和紀念」、反対側には「大正八年七月 氏子中」の文字が刻まれています。以前、柴の八王神社でも「平和紀念」の文字が刻まれた石碑が建てられていたのを見たことがありましたが、石碑が建立されたのは「大正九秊」、大正9年(1920)でした。

Cyouzubachi2

 連合国側として参戦した第一次世界大戦が終わり、「ヴェルサイユ条約」が締結されたのは、大正8年(1919)6月28日。日清、日露、第一次世界大戦と続いた戦争の日々を終わらせたいとの願いを込め、同9年(1920)には史上初の国際平和会議である国際連盟が設立されました。

 これで平和の時代がやって来ると、日本では「平和紀念絵葉書」や「平和紀念切手」が発行され、同11年(1922)には平和紀(記)念東京博覧会も開催。英語の「peace」の訳語として明治時代に作られた「平和」と言う言葉が、日本に定着し始めたのはわずか100年前のこと。

 いつの間にか、「平和」の意味がずい分と軽んじられる時代になってしまいました。

 【関連記事】渡ヶ島諏訪神社を訪ねて①―「渡ヶ島諏訪神社の社叢」
 【関連記事】渡ヶ島諏訪神社を訪ねて②―郷社
 【関連記事】渡ヶ島諏訪神社を訪ねて③―江戸時代に建立された鳥居
 【関連記事】渡ヶ島諏訪神社を訪ねて⑤―谷積み、布積み、乱積み

 【関連記事】高所集落・柴を訪ねる⑦―「大正九秊平和紀念」

 【関連記事】まちあるき「浦川」第3弾⑨―忠魂碑と平和観音

「花桃の里」の駐輪スタンド

Cyclestand

 道の駅「くんま水車の里」で見た駐輪スタンドを「花桃の里」でも確認しました。

Michinoeki

 私が寄ったのはウイークデーだったし、時間が早かったせいか、止められた自転車はありませんでしたが、週末には自転車で北遠を走るサイクリストたちの姿をよく見かけます。

 「花桃まつり」は12日(日)まで。期間中は、普段は定休日となる火曜日も営業しますので、さあ、自転車でも出かけよう!北遠へ。

 【関連記事】天竜へサイクリスト誘致 実行委、地図や駐輪台設置
 【関連記事】北遠サイクリング快適に 天竜区に駐輪スタンド整備
 【関連記事】「くんま水車の里」の駐輪スタンド

 【関連記事】天竜でサイクルツーリズム 初秋の北遠路、銀輪で軽快に
 【関連記事】秋ロード 駆け抜けて 浜松・春野、龍山地区で天竜サイクルツーリズム
 【関連記事】爽秋にペダル軽快 天竜サイクルツーリズム
 【関連記事】585人が笑顔で完走 天竜サイクルツーリズム
 【関連記事】260人の参加者が仲間、地域住民と交流 天竜サイクルツーリズム
 【関連記事】サイクリング楽しんで 天浜線主要駅に駐輪台、工具

 【関連記事】「夢のかけ橋」を見下ろす「花桃散策コース」を歩こう!
 【関連記事】シイタケ、アユに舌鼓 天竜区の道の駅2カ所でイベント 都市部住民との交流深める
 【関連記事】道の駅「花桃の里」の花桃と寒緋桜
 【関連記事】4月8日、北遠は花見日和③―花桃の里とワインセラー
 【関連記事】道の駅めぐり・夏の天竜編/「静岡○ごとワイド!」
 【関連記事】ハナモモきれい 10日から「まつり」 天竜川船明ダム湖畔・道の駅
 【関連記事】ハナモモがお出迎え 天竜区・道の駅でまつり
 【関連記事】ハナモモ華やか500本 天竜区「花桃まつり」行楽客楽しむ
 【関連記事】「花桃の里」のハナモモが見頃!
 【関連記事】天竜茶どうぞ 「花桃の里」で新茶まつり
 【関連記事】天竜花桃の里「花桃まつり2014」―3月9日~16日
 【関連記事】道の駅「花桃の里」でまつり、枝配布など 天竜区
 【関連記事】しし汁、海老芋に舌鼓 道の駅、まつり始まる 天竜

天竜川・そまびとの会

天気予報