だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 新宮池から春埜山へ⑦―狼型の狛犬 | メイン | 鶴ヶ城を訪ねて①―さくま昔ばなし「鶴ヶ城」 »

2017年3月18日 (土)

天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

Futamata1

 今回の「天竜の石鳥居を追って」のラストは、二俣諏訪神社です。旧天竜市の中心でもあった二俣の氏神である神社の鳥居としては、意外とも感じる地味な神明鳥居。「明治三十三年四月三日建之」ですが、おそらくそれ以前には丸太を組んだ素木(しらき)鳥居があったと思われますので、その素朴とも言える形を踏襲したのかも知れません。

 この石鳥居を寄付したのは「報徳二俣社」。大日本報徳社による報徳思想は、早くから北遠に普及浸透し、農村復興が推し進められました。

Futamata2

 しかし、勤勉・倹約を勧めた報徳思想はやがて国家神道と結び付き、政府に利用される軍国主義確立に利用されて来た側面があるのも事実。

 船明(ふなぎら)と二俣の諏訪神社鳥居に「報徳」の文字が刻まれているのには、そんな時代背景があるのかも知れません。

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居

 【関連記事】二俣諏訪神社の「上諏訪梶の葉」紋
 【関連記事】夏を彩る二俣まつり⑮―諏訪大社ゆかりの梶紋
 【関連記事】ゆく夏を惜しむ二俣散歩⑧―二俣諏訪神社

 ●私たちが子どもの頃、どこの小学校にでも見られた「二宮金次郎像」・・・
 【関連記事】廃校に立つ「二宮金次郎像」に学ぶこと
 【関連記事】「二宮金次郎の銅像」はどこに行った?―旧「宮川小学校」
 【関連記事】旧「龍山北小学校」は「瀬尻の段々茶畑」の隣り
 【関連記事】平成7年(1995)に閉校「上平山小学校」
 【関連記事】旧「石神小学校」に建つ金次郎像
 【関連記事】懐山集落と「二宮尊徳先生幼時之像」
 【関連記事】「熊尋常髙等小學校」の古い絵葉書と金次郎像
 【関連記事】旧「東雲名小学校」跡に残る二宮金次郎像
 【関連記事】風が揺らすブランコ―旧藤平小学校阿寺分校跡
 【関連記事】金次郎像が残る旧「長沢小學校」跡
 【関連記事】「勤倹力行」の文字が残る金次郎像の台座―旧花島小学校跡
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑭―「二宮先生村民表彰」の像
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑫―報徳本社敷地内の文化財建物群
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑬―報徳社大講堂の瓦
 【関連記事】「報徳の家」の門標に「丸に木瓜」

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報