だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« そして、再び国道473号河川内仮設道路 | メイン | 天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」 »

2017年3月12日 (日)

新宮池から春埜山へ①―新宮池

Shiguike3

 久しぶりに春野町の新宮池から春埜山へと車を走らせました。

 ルートの多くが東海自然歩道(Tokai Nature Trail)と重なる道ですから、本当なら歩く方が良いのでしょうけど、今回の移動は車。道は狭く、落石も多いので、決して心地よいドライブコースとは言えません。

Shinguike

 和泉平の坂道を高塚山に向かって上がると、山頂の少し下、標高500メートルの高地に伝説の大きな池があります。

 むかし、この池に、一ぴきの大じゃが住んでいました。この大じゃはなかなか悪い大じゃで、時々、畑や山を荒し村人を困らせていました。

 そこで村人たちが何回も池に来てたのみますが、大じゃは聞き入れてくれません。村人たちは相談して、大ぜいで焼き石を池に投げ入れてこらしめました。

 さすがの大じゃも、とうとうわら山を通ってえい山の池ににげて行きました。

 この新宮の池も、信州の諏訪湖の水が通っているとも伝えられています。(「ふるさと春野の伝説」より)

Shinguike2

 大蛇退治には、山姥退治と同じように焼き石が使われたようですが、この大きな池にどれだけ焼き石を投げ込んだら煮えるような湯になったのでしょうか?

 「新宮池」は「新・浜松の自然100選」の指定地です。

 【関連記事】新宮池から春埜山へ②―「國家彌榮」の鳥居
 【関連記事】新宮池から春埜山へ③―砂川の茶園とカゴノキ
 【関連記事】新宮池から春埜山へ④―春埜山山頂の三角点
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑤―大鳥居のある寺
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑥―春埜杉
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑦―狼型の狛犬

 ●「新宮池」は春野町和泉平(いずみだいら)の山頂668㍍にあり・・・
 ●「新宮池」を過ぎ、「春埜山」に向う途中・・・
 【関連記事】あまり教えたくない湧き水―「和泉平」
 ●「新宮池」に到着する最後のコーナー。「和泉平(いずみだいら)」の道路脇・・・
 【関連記事】山里ならではの味わい『春野陶房』
 【関連記事】「新宮神社」で見つけた奉納額と「役の行者」像
 【関連記事】春野の伝説「新宮池の大じゃ」
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」①
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」②
 ●「新宮池」は、春野町和泉平の山頂にある広さ約1.4ヘクタールの池・・・
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」③
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」④新宮池
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」⑤新宮池の夏まつり
 【関連記事】和泉平「新宮池」に夏が来た!
 【関連記事】鏡のような水面―台風一過の「新宮池」
 【関連記事】第1回「自然100選」ツアー―「新宮池」で記念碑設置
 【関連記事】新宮池夏祭り―7月24日(土)25日(日)
 【関連記事】ふるさと春野の伝説「諏訪湖に通じる池」より
 【関連記事】水面静かに「伝説」今も 新宮池
 【関連記事】「新宮池」をキレイに撮るテクニック
 【関連記事】北遠の紅葉ドライブ②―「新宮池」
 【関連記事】環境省と静岡県で立てた看板「Lake Shingu-ike」
 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く①―春を待つ新宮池
 【関連記事】池に浮かぶ舟屋台―新宮池夏祭り
 【関連記事】新宮池の舟屋台とミゾカクシの花
 【関連記事】池巡る舟屋台 新宮神社で祇園祭 浜松・春野町
 【関連記事】幻想的雰囲気、舟屋台 浜松・新宮神社祇園祭

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報