だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 新宮池から春埜山へ②―「國家彌榮」の鳥居 | メイン | 新宮池から春埜山へ③―砂川の茶園とカゴノキ »

2017年3月14日 (火)

天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社

Funagira1

 船明(ふなぎら)諏訪神社の石鳥居の形は明神鳥居。船明諏訪神社が現在地に移されたのは、昭和53年(1978)5月。船明ダム完成の翌年のことです。

 だったら、石鳥居の建立もその時かも知れないとも思ったのですが、刻まれた文字は「報徳三十年紀念」と読めます。「報徳」が、明治8年(1875)設立の大日本報徳社を意味するとすれば、「三十年紀念」は同38年(1905)になります。

Funagira2

 「天竜の石鳥居を追って④」では、「明治・大正時代は政府が国家神道の浸透を図るため、集落の祭祀を奨励し、鳥居の造立も盛んだった」と紹介しましたが、明治後期から大正になれば、トラックによる陸運も盛んになって来た時代。各地の神社の鳥居が木製から石製に変えられたのには、そんな要因があったのかも知れません。

 しかし、船明は天竜川に沿った地域。この石鳥居は川船で運ばれた可能性もあります。

 社殿の前に立つ石燈籠には「正徳元年」の文字が刻まれています。正徳元年は西暦1711年。306年前の石燈籠が今も残っています。

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報