だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 鶴ヶ城を訪ねて③―城内道 | メイン | 鶴ヶ城を訪ねて⑤―馬出曲輪と本曲輪 »

2017年3月22日 (水)

鶴ヶ城を訪ねて④―竪堀と横堀

 城山の尾根に近づくと、最初の看板には「竪堀」と書かれています。

 山城の堀には「堀切」、「竪堀」と「横堀」とがあり、「竪堀」とは山の斜面の縦方向に造られた堀のこと。山歩きをしたことがある人なら分かると思いますが、斜面を水平方向、あるいは緩やかに登るように歩こうとする時、幾筋もの沢が流れるように縦に溝が掘られていたら歩きにくくなります。

Tatebori1 Tatebori2

 つまり、これが「竪堀」ですが、人工的に造られた堀か、自然に出来た溝かを判断するのは難しいと思います。

Yokobori1 Yokobori2

 それに対して、「横堀」は斜面を横方向、水平に掘った堀。曲輪の下に掘り、(くるわ)に近づきにくくするための堀ですが、尾根道を切り取る「堀切」とは分けて考えられています。

 いずれにしても、人が近づきにくいように造られたのが山城ですから、歩きにくいのは我慢するしかありません。

 【関連記事】鶴ヶ城を訪ねて①―さくま昔ばなし「鶴ヶ城」
 【関連記事】鶴ヶ城を訪ねて②―桑ノ沢林道記念碑
 【関連記事】鶴ヶ城を訪ねて③―城内道
 【関連記事】鶴ヶ城を訪ねて⑤―馬出曲輪と本曲輪

 【関連記事】分かりやすい山城「鶴ヶ城」をお勧めします。

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報