だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 新宮池から春埜山へ④―春埜山山頂の三角点 | メイン | 天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社 »

2017年3月16日 (木)

新宮池から春埜山へ⑤―大鳥居のある寺

Ootorii1

 春埜山山頂を離れて道を進むと、車は再び春野町花島へと入り、さらに少し行くと正面に銅で覆われた大鳥居が見えて来ます。鳥居の額には「春埜山」と山号のみが記されていますが、大光寺は曹洞宗のお寺ですから、鳥居が立つ寺とは実に不思議な景色です。

Ootorii2

 大光寺の本尊は太梵天、帝釈天、閻魔尊天ですが、その守護神は太白坊大権現と言いますから、元々は神仏習合の修験道に由来した寺院であることが分かります。

 しかし、明治時代に作られた銅版画「春埜山之圖」に鳥居は描かれていません。現在は西から鳥居をくぐるのですが、川根道、秋葉道、大日道のいずれも春埜杉の脇を抜け、南から冠木門(かぶきもん)をくぐり境内に上がるように描かれています。

Daikoji601

 鳥居脇には「平成七年四月吉日」の石碑も建てられていましたので、鳥居は古くからあったものではないようです。

 江戸時代以前には普通に見られた風景なのかも知れませんが、堂々と鳥居をくぐって入る寺は多くはありません。豊川稲荷と妙厳寺のように、1つの境内に神社とお寺が併存しているケースはありますが・・・。

 【関連記事】新宮池から春埜山へ①―新宮池
 【関連記事】新宮池から春埜山へ②―「國家彌榮」の鳥居
 【関連記事】新宮池から春埜山へ③―砂川の茶園とカゴノキ
 【関連記事】新宮池から春埜山へ④―春埜山山頂の三角点
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑥―春埜杉
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑦―狼型の狛犬

 【関連記事】「広報はままつ」10月5日号の表紙は「春埜杉」
 ●春野町花島の「大光寺(だいこうじ)」は曹洞宗の・・・
 【関連記事】あまり教えたくない湧き水―「和泉平」
 【関連記事】「春埜山」の狛犬は狼型
 ●「神仏混淆(神仏習合)」とは、簡単に言えば・・・
 ●遠州地方は、全国でも珍しい天狗信仰の地・・・
 ●「狼山」とか「狼谷」とか「狼峠」とか・・・。全国には「狼」の付く地名が…
 ● 「春野町」は「野」と書き、「春埜山」は「埜」と書きます…
 【関連記事】県民だより6月号の表紙は「春埜杉」でした。
 【関連記事】「春埜山大光寺」狛犬の足元に積まれた小石
 【関連記事】北遠の「龍」を探せ!―春埜杉・大光寺の「龍」
 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く⑤―春埜山大光寺
 【関連記事】北遠の「龍」を探せ!―大光寺燈籠の「龍」

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報