だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 田舎暮らし、女性が体験 天竜・春野町 | メイン | 新宮池から春埜山へ④―春埜山山頂の三角点 »

2017年3月15日 (水)

天竜の石鳥居を追って⑥―大園諏訪神社

Oosono1

 大園諏訪神社は諏訪神社に間違いないのですが、なぜか、諏訪神社の「梶の葉」紋でなく秋葉寺や秋葉神社で使われていた「剣花菱」が掲げられている珍しい神社です。

 石鳥居の形は、少しだけ柱のころび(傾斜)が見られますが、簡素な神明鳥居で「明治四十三年一月建之」の建立。江戸時代のものではありませんが、明治43年(1910)と言えば、もう107年前ということになります。

Oosono2

 「區内安全」と刻まれた石燈籠は「大正四年八月建之」。大正4年(1915)はもちろん大正天皇の即位式の年ですが、即位式があったのは11月。3ヶ月ほど早いのはどうしてでしょう?

 それにしても、天竜川沿いには諏訪神社が多く点在しています。それには諏訪神社の祭神である建御名方命(たけみなかたのかみ)が、洪水を防ぐ治水の神と考えられていたからではないでしょうか?

 【関連記事】天竜の石鳥居を追って①―解体された山東八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って②―山東八幡神社の石鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って③―石燈籠に刻まれた「文政九丙戌九月吉日」
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って④―宇佐八幡神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑦―椎ヶ脇神社
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑧―椎ヶ脇神社のもう1つの鳥居
 【関連記事】天竜の石鳥居を追って⑨―二俣諏訪神社

 【関連記事】大園諏訪神社に掲げられた「剣花菱」紋

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報