だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 天竜の石鳥居を追って⑤―船明諏訪神社 | メイン | 「旧勝坂小」模型で再現 浜松の神谷さん、17日から展示 »

2017年3月14日 (火)

新宮池から春埜山へ③―砂川の茶園とカゴノキ

Kagonoki1

 次に車を停めたのは、砂川(いさがわ)の茶園が見下ろせる公民館。曹洞宗の寺、高繁寺と隣り合わせに建てられている砂川公民館の横に旧春野町の「名木百選」に選定されているカゴノキがあります。

Kagonoki2

 カゴノキの名前は「鹿子の木」の意味。樹皮に現れる斑点が、鹿の子模様に似ているところからカゴノキと名付けられたとのことで、砂川のカゴノキの幹にも、樹皮が剥がれたような斑点が。

Isagawa

 また、幹の中程に大きな穴が開き、その空洞を通して向こうの景色が透けて見えています。

 砂川の茶園風景は、私が勝手に選んだ「北遠の茶園10景」の1つ。斜面の等高線に平行に、幾重にも植えられた茶畝は、私が大好きな北遠の風景です。

 *「北遠の茶園10景」を冊子スタイルにまとめてみました。自由にダウンロードしてください。「北遠の茶園10景」.pdfをダウンロード

 【関連記事】新宮池から春埜山へ①―新宮池
 【関連記事】新宮池から春埜山へ②―「國家彌榮」の鳥居
 【関連記事】新宮池から春埜山へ④―春埜山山頂の三角点
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑤―大鳥居のある寺
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑥―春埜杉
 【関連記事】新宮池から春埜山へ⑦―狼型の狛犬

 【関連記事】砂川公民館前の「カゴノキ」

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報