だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 久々に走った国道473号河川内仮設道路 | メイン | 上野六所神社を訪ねて②―大正4年の鳥居と燈籠 »

2017年2月21日 (火)

横山・天白神社を訪ねる①―天白神社御由緒記

Yokoyamatenpaku1

 横山町の天白神社については、以前「ふるさとものがたり天竜『天白神社の由来』」での言い伝えを紹介したことがありましたが、今回の訪問ではもう少し詳しく紹介してみようと思います。

 天白神社の鎮座地は、国道152号からは1段高い所。地元の人たちは、天白神社があるこの高台を「テンパク」と呼んでいるそうです。社殿の前へと登る石段脇には、「元宮 天白神社御由緒記」の石碑が建てられ、碑文には「ふるさとものがたり天竜」で語られている天白家についての記述が見られます。

   元宮 天白神社御由緒記

Yokoyamatenpaku3

虔ンテ本社ノ御由緒ヲ案スルニ往古畏クモ人皇第五十六代清和天皇ノ御末裔刑部亟正五位平賀義光ノ第四子盛義ノ末ニ竹田義治ナル者アリ伏見天皇ノ御宇時ハ正應五年野ニ下リ氏ヲ内山名ヲ貢藤原義治ト稱シ當時ノ横手村即チ此ノ地ニ来リ住ミ一々荒蕪ヲ拓キ殖民ノ事ニ從フ之ヲ是吾力家ノ始祖トナス義治一祠ヲ建立シ
伊弉諾伊弉冊ニ尊ノ神霊ヲ迎へ天白神社ト稱へ土地守護ノ神トシテ齋キ奉ル本社ノ祭紀爰ニ肇マル斯クテ邑内ハ日ニ榮エ月ニ繁ク氏神トシテ擧村一攸報實ノ誠ニ捧ケタリ顧ヘハ古往今来實ニ七百五十有餘年ノ久シキ神霊ノ護ル所吾カ家ハ連綿トシテ今ニ統ヲ傳へ邑ハ年所ヲ累ネテ里人齊シク樂土ヲ謳ヒ悠久今ニ迨フ其ノ由ツテ来ル所既ニ斯ノ如シ然ルニ輓近時ニ誤ヲ傳フル者アリ曰ハク社ハ天白家ノ地神ナリト之蓋シ世人吾カ家ヲ呼ンテ柴切天白ト稱ヘタルニ因ルモノナルヘシト難モ斯クテハ神威ヲ冒瀆スルノ罪甚タ淺カラサルヲ之惶ル今ヤ祠宇ハ風雨ヲ経テ漸ク荒涼尊厳ヲ傷ケンコトヲ恐レ乃チ改メ築キ併セテ舊記ニ遵ヒ御由緒ヲ明ニシ以テ積年恩頼ニ報ヒ奉ランコトヲ期スト爾云
創家七百五十年記念昭和十六年方ニ大東亜戦争開始十二月吉辰起工
                     天白家  當主 内山辰三建之
                      支流禰宜家ノ系圖ニヨリ作ル

 文字に間違いがないとは言い切れませんが、ほぼ全文を掲載してみました。

 【関連記事】横山・天白神社を訪ねる②―昭和十六年十二月起工
 【関連記事】横山・天白神社を訪ねる③―伊弉諾大神と伊弉冊大神
 【関連記事】横山・天白神社を訪ねる④―タマノキ
 【関連記事】横山・天白神社を訪ねる⑤―天白井戸

 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「天白神社の由来」より

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報