だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 21人、大人へ「一歩」 浜松・水窪で成人式 | メイン | 北遠の門松巡り⑤―佐久間民俗文化伝承館 »

2017年1月 5日 (木)

伝統継ぐ堂々の舞 万福寺で「神沢のおくない」

Okunai571

◆天竜区・清竜中生徒が奉納

 五穀豊穣などを願い浜松市天竜区神沢の山あいで300年以上続く伝統行事「神沢のおくない」が4日、地元の万福寺阿弥陀堂が開かれた。

 地元の清竜中学校の1年生24人が昨秋から、「神沢のおくない継承同好会」(石野重利事務局長)のメンバーによる指導を受け、伝統の舞を習ってきた。

 この日は10演目ほどを奉納。招福を願い、翁の面や矛を持って堂の中を舞う「矛の舞」では、祢宜と呼ばれる神職の役が「鶴亀どんの踏み鳴らしたるこの村に」と唱えると、堂に座った人々が「悪魔は寄せじ、富ぞ寄りくる」と唱えて応じる。

 祢宜役を務めた清竜中の池田篤史さん(12)は「大役を果たせてホッとした。後輩たちにも伝統をしっかり引き継いでいきたい」と話していた。(「中日新聞」より)

 「懐山おくない」は新年3日、「神澤おくない」は4日。バトンパスはうまく出来そうですか?ずっとず―っと後の時代まで、引き継いで行ってください!

 【関連記事】最新技術で鬼の面複製 天竜区の芸能「神沢おくない」
 ●昨年1月、約50年ぶりの復活を果たした伝統芸能「神沢(かんざわ)おくない」の里、天竜区神沢で・・・
 【関連記事】「神澤おくない」を見る①―阿弥陀如来と面
 【関連記事】「神澤おくない」を見る②―「順の舞」と「万歳楽」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る③―「片剣の舞」と「両剣の舞」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る④―「獅子の舞」と「鬼の舞」
 【関連記事】「神澤おくない」を見る⑤―「猿追い」と「矛の舞」
 【関連記事】山間の芸能「神澤おくない」①―棚田や茶園の集落
 【関連記事】山間の芸能「神澤おくない」②―「順の舞」「両剣の舞」
 【関連記事】山間の芸能「神澤おくない」③―「獅子の舞」「鬼の舞」
 【関連記事】地域一丸となって受け継がれる伝統(神澤おくない)―「広報はままつ」2014年1月号表紙
 【関連記事】山間の芸能「神澤おくない」④―「畔ぬり」「矛の舞」
 【関連記事】「神沢おくない」の品々を展示 天竜・くんま水車の里
 【関連記事】神沢おくない、見て触れて 中区で富塚小児童ら
 【関連記事】伝統の舞、守りたい―天竜区の神沢おくない継承同好会事務局長・石野重利さん
 【関連記事】清竜中1年生が舞 「神沢おくない」 浜松・天竜区

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報