だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 2月限定「在来そばフェア」 そば処北条峠 | メイン | 若手作家展 きょう開幕 天竜区・秋野美術館で »

2017年1月28日 (土)

真冬の佐久間道⑦―住めば都

Ie1

 林道西渡線に沿った集落の家々は、東に面した急峻な斜面に建てられています。古くからの道は家と家、山、畑を縫うように設けられていますが、車が通れる舗装道路はほぼ水平に造られているため、道路に面した住宅はわずか。ほとんどの住宅は依然として道路の数段上や下に建てられているのが見えます。

Ie2

 車で玄関先まで乗り付けられる家などありませんので、駐車場は道路脇。ガソリンスタンドも近くにはありませんので、ドラム缶を並べてガソリンを保管しています。

Ie5

 荷物を運ぶのはレールを走るモノレール(単軌条運搬機)や、ケーブルにゴンドラを吊るしたロープウェイ。索道を使って木材を運び出していた林業地帯では見慣れた風景と言えるかも知れません。

 道路脇でおしゃべりをしていた女性に「ここでの暮らしは不便なことが多いでしょう?」と声をかけたところ、「でもね。昔から言うじゃない。住めば都って。慣れちゃえばいい所よ」との明るい返事。

Ie3

Ie4

 つまらない質問をしてしまい、恥ずかしくなってしまいました。

 【関連記事】真冬の佐久間道①―塩の道
 【関連記事】真冬の佐久間道②―軒先を通る古道と壁掛けポスト
 【関連記事】真冬の佐久間道③―塩の道?雪と氷柱
 【関連記事】真冬の佐久間道④―馬頭観音と轍跡
 【関連記事】真冬の佐久間道⑤―庚申仏
 【関連記事】真冬の佐久間道⑥―川石、丸石を祀る
 【関連記事】真冬の佐久間道⑧―滝、沢とオレンジ色の沈殿物
 【関連記事】真冬の佐久間道⑨―さくま昔ばなし「役人沢」
 【関連記事】真冬の佐久間道⑩―稲荷社と大師堂など
 【関連記事】真冬の佐久間道⑪―三界萬霊塔
 【関連記事】真冬の佐久間道⑫―動く斜面と巨樹
 【関連記事】真冬の佐久間道⑬―対岸の集落と竜頭山

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報