だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 豊川稲荷に初詣②―巨大門松 | メイン | 続・原田久吉翁の面影を探る⑩―「種徳賑郷」碑 »

2017年1月15日 (日)

天白・天伯神社を訪ねて⑥―金山彦之命と山の神

Kanayamahiko

 南野田・白山神社から少し歩いた沢のような場所に、「金山彦之命」と刻まれた石碑がありました。金山彦と言えば、その名の通り鉱山や金物の神ですが、佐久間では山の神として祀られている地区もあります。

Gohei2

 それはおそらく、山仕事には斧や鉈、ノコギリなどの金物が欠かせないため。山の神は春には山から下りて来て田の神となり、山里に豊作をもたらし、秋には再び山に帰って行くとも言われます。そのため、山の神が祀られるのは山と里との境界。

Wasabi

 ワサビが育つ沢の上には、白と緑色の御幣が立てられていましたが、これも「山の講」に立てられたものだと思います。

 それにしても、佐久間ではどこにでも神様がいらっしゃるようです。

 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて①―河輪・天泊水神社
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて②―磐田市の天白神社
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて③―野田・白山神社
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて④―「天伯神社」の石碑
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑤―白山神社境内の石仏、石碑群
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑦―大沼・八幡神社
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑧―大沼・八幡神社境内の「天伯神社」
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑨―県道沿いに祀られている山の神
 【関連記事】天白・天伯神社を訪ねて⑩―さくま昔ばなし「南野田を開いた男」

 【関連記事】「山の講」と「針供養」
 ●2月8日は「コト八日」の送り神・・・
 ●昨日、2月7日は「山の講」。検索辞書『大辞泉』によれば、「山で働く人たちが・・・
 ●これも、春野で見つけました。神社の裏山に立てられた「山の講」の・・・
 ●2月7日に行われた「山の講」の御幣の形は・・・
 【関連記事】2月7日は「山の講」―『月花園』でおはぎ限定販売
 【関連記事】今日は「山の講」―山の神へ供える御幣
 【関連記事】11月7日は「山の講」―剣を供える?
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「山の神信仰」より
 【関連記事】秋葉詣の帰り道―「山の神」に手を合わせる
 【関連記事】「祇園祭」が伝えられる地、島を訪ねる③―山の神と祇園淵
 【関連記事】金山彦之命と金羅比神社の神号碑に供えられた剣形奉斎品 

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報