だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« イサミ写真館の片桐さんから届いた礼状 | メイン | 2016年、第3回秋葉山参拝ガイド付きハイキング⑩―明るさを増した表参道 »

2016年12月21日 (水)

沢井天伯を訪ねる⑦―諏訪神社横の石碑群

 「西國三十三所觀世音」「大正六年三月廿一日 馬頭觀㔺音」「明治廿三年 天照皇大神宮 猿田彦命 十一月吉日」「明治廿四年 天照皇大神宮」―これらは、沢井の諏訪神社横に並ぶ4基の石碑に刻まれた文字です。

Sekihi1 西國三十三所觀世音





Sekihi2 大正六年三月廿一日
馬頭觀㔺音
明治廿三年

天照皇大神宮
猿田彦命
十一月吉日
Sekihi3 明治廿四年
天照皇大神宮




 「西國三十三所觀世音」は同じ沢井の天伯神社や水田跡にある石仏たちと同じ観音信仰に基づくもの。「馬頭觀㔺音」は農耕や林業に使われた愛馬供養の石塔かも知れません。

 気になるのは、明治23年と同24年の「天照皇大神宮」の石碑。薬師堂脇にも同様な石碑がありました。

 「天照皇大神宮」とは、もちろん皇室の先祖神であるとする天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀る伊勢神宮のことであり、明治政府が江戸幕府に代わって全国を統一するために利用した天皇制全体主義を象徴するもの。

 私には、世の中が軍国主義へと突き進んでいたあの時代の遺物のように思えます。

 【関連記事】沢井天伯を訪ねる①―津倉家山林絵図
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる②―薬師堂
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる③―「天伯神社」の石碑
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる④―神仏習合の石碑群
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる⑤―水田跡に佇む如意輪観音
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる⑥―水路脇の諏訪神社
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる⑧―旧城西小学校野田分校跡
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる⑨―半切妻屋根の校舎
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる⑩―稲荷神社と津島神社
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる⑪―庚申塔
 【関連記事】沢井天伯を訪ねる⑫―県道脇の石仏、神号碑と「雨乞いまつり」

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報