だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

浜松市と損保会社森林活用協定―NHK「静岡のニュース」

Shinrin

 浜松市は大手損害保険会社と協定を結び、森林資源を活用して地域の防災と経済活性化に共同で取り組むことになりました。

 市町村単位で企業とこうした協定を結ぶのは全国初だということです。

 31日、浜松市の鈴木康友市長と三井住友海上火災保険の大内章生神奈川静岡本部長が協定書を取り交わしました。

 森林資源を活用して地域の防災と林業などの経済活性化を同時に目指す取り組みは、「グリーンレジリエンス」と呼ばれ、近年、国内外で注目されています。

 浜松市は市内の7割が森林で占められ、天竜杉などの木材の産地もありますが、高齢化によって林業に携わる人が減少していることなどから、先進的な企業と連携し「グリーンレジリエンス」に取り組むことになりました。

 協定では、三井住友海上火災保険が効果的な森林の管理や整備方法を市にアドバイスするほか、木材を使った新たなビジネスを提案することになっていて、初年度はまず、企業のネットワークを活用した木材の販路拡大などで連携していくということです。

 鈴木市長は「豊富な森林資源を生かした様々なビジネス創出や災害に備えた街の強靭化に、先進的な自治体としてしっかりと取り組みたい」と話していました。 (NHK「静岡のニュース」より)

 具体的にはどんなアイディアが出て来るのでしょう。期待したいところです。

船明ダムや先進的な農場視察 浜松・天竜区

Funagiradam

 関東農政局西関東土地改良調査管理事務所はこのほど、天竜川下流地区の農家や農業水利施設関係者向けに、船明ダム(天竜区)や先進的な農場の現地視察会を行った。

 約50人が参加した。同地区では1967~84年度に国営かんがい排水事業が行われ、船明ダム取水の農業水利施設が造成された。受益面積は1億2030万平方メートルで、浜松市や磐田市に広がる。

 施設が経年劣化し、水漏れなどの不具合が発生しているほか、近年は営農形態が変化し、施設更新が必要になっている。船明ダムの前では静岡県の担当者が「耐震性能向上も課題。早ければ2021年に着工できるかも」と話した。(「静岡新聞」より)

 船明ダムで取水した水が、農業用水として下流域の田畑を潤しています。これも北遠の山の恵み。感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。

 【関連記事】天竜川の水に感謝①―「遠州水道」と書かれた蓋
 【関連記事】天竜川の水に感謝②―神増分水工
 【関連記事】天竜川の水に感謝③―社山隧道
 【関連記事】天竜川の水に感謝④―古い絵葉書に見る磐田用水幹線改良事業
 【関連記事】天竜川の水に感謝⑤―旧磐田用水取入口
 【関連記事】天竜川の水に感謝⑥―磐田用水記念公園
 【関連記事】天竜川の水に感謝⑦―船明ダム左岸記念公園
 【関連記事】天竜川の水に感謝⑧―左岸導水路門渠工
 【関連記事】天竜川の水に感謝⑨―上野部川サイフォン
 【関連記事】天竜川の水に感謝⑩―磐田原揚水機場
 【関連記事】天竜川の水に感謝⑪―寺谷掛塚線
 【関連記事】天竜川の水に感謝⑫―船水車
 【関連記事】天竜川の水に感謝⑬―寺谷用水取入口旧址
 【関連記事】天竜川の水に感謝⑭―高木分水工

 【関連記事】上流域に感謝、新米贈る 北遠や長野・塩尻へ
 【関連記事】天竜川の恵みに感謝 水源地にお米寄贈
 【関連記事】旧浜名用水取水口と旧磐田用水取水口
 【関連記事】福祉に役立てて 「感謝米」を贈呈
 【関連記事】天竜川左岸に残る旧磐田用水取入口
 【関連記事】天竜川の水を磐田に引く寺谷用水の碑
 【関連記事】森林組合へ米贈る 天竜川下流の農業関係者ら

勇壮に竜神の舞 佐久間ダムまつり 浜松・天竜区

Sakumadam

 浜松市天竜区佐久間町の佐久間ダム湖畔で30日、ダムの繁栄を祈願する「第59回佐久間ダム竜神まつり」(市主催、天竜区観光協会佐久間支部企画運営)が開かれた。大勢の行楽客が来場し、北遠の秋を満喫した。

 ダム建設工事の殉職者59人の霊を慰める「竜神の舞」では、全長13メートル、重さ60キロの金色の“竜神”を保存会員7人が操り、勇壮に舞を披露した。地元有志でつくる「佐久間飛龍太鼓」のステージも繰り広げられ、迫力ある重低音が山あいに響き渡った。

 会場では、湖上打ち上げ花火やもち投げ大会なども行われた。まつりは佐久間町の秋の恒例行事。(「静岡新聞」より)

 「佐久間ダムまつり」で舞われる「竜神の舞」は、ダム工事の犠牲者を慰霊する舞。仮装して浮かれているハロウィンとは違うんです。

 ●毎年、10月の最終日曜日に開かれる「佐久間ダムまつり」・・・
 【関連記事】「佐久間ダムまつり」へはシャトルバスのご利用を
 【関連記事】2009年の「佐久間ダムまつり」は10月18日
 【関連記事】「第53回佐久間ダムまつり」―湖上打上花火にメッセージを付けて!
 ●龍神の舞はとても魅力があるもの 多くの人に見てほしい・・・
 【関連記事】北遠の秋を告げる「佐久間ダムまつり」のポスター
 【関連記事】「佐久間ダムまつり」は中止!
 【関連記事】佐久間ダムまつり「湖上打上げ花火」一般募集!
 【関連記事】第54回「佐久間ダムまつり」―10月30日(日)
 【関連記事】「竜神の舞」湖上巡る 浜松で佐久間ダムまつり
 【関連記事】勇壮に「龍神の舞」 佐久間ダムまつり
 【関連記事】第56回佐久間ダム竜神まつり―中止になりました
 【関連記事】佐久間ダム竜神まつり「湖上打上げ花火」募集!
 【関連記事】「佐久間ダム竜神まつり」は、10月26日
 【関連記事】勇壮な竜神の舞―「佐久間ダム竜神まつり」 11月23日には「北遠美味C級ぐるめ大会」も
 【関連記事】第58回佐久間ダム竜神まつり―10月25日
 【関連記事】ダム建設犠牲者 竜神の舞で慰霊 天竜区佐久間町

光明寺でお花見⑤―相撲番付額

 摩利支天堂に相撲番付額が奉納されているのは、以前紹介した通り。独特な相撲字で書かれた番付額には、地元出身の力士である天龍三郎や後にプロレスラーに転身した力道山光浩の名も見ることができます。

Bandukegaku1 Bandukegaku2

Marishiten5

 額の上には三角屋根が付けられていますが、客の入りを願った「入」の字の形。よく見る「蒙御免(ごめんをこうむりまして)」の文字は、モンゴル出身力士とは関係なく、元禄年間に勧進相撲が解禁され寺社奉行の認可を得た公的な興行であることを示した名残りです。

 また、摩利支天堂に番付額が奉納されている理由は、摩利支天が相撲力士の必勝祈願の神として崇拝されたことによります。必勝祈願は相撲だけでなく、スポーツ全般に共通。お願いしてみたい人はいませんか?

 【関連記事】光明寺でお花見①―光明山大祭29日、30日
 【関連記事】光明寺でお花見②―日本一大きな大黒様
 【関連記事】光明寺でお花見③―西国三十三箇所観音
 【関連記事】光明寺でお花見④―光明寺奥之院
 【関連記事】光明寺でお花見⑥―笠鋒坊と摩利支天
 【関連記事】光明寺でお花見⑦―見晴らせない展望台
 【関連記事】光明寺でお花見⑧―船明が見える

 【関連記事】光明寺「摩利支天」に奉納された関西角力協会の番付額
 【関連記事】「力道山」に会える光明寺奥の院

秋の花のプレゼント③―コシオガマ

Koshiogama

 コシオガマは半寄生植物。コシオガマの「シオガマ」とは塩田で塩を作る「塩竈(しおがま)」の意味。塩竈から煙が揚がる様子は、浜辺で美しい景色だから「浜で美しい塩竈=葉まで美しい塩竈」と洒落たもの。

 どうして浜の景色を指す名が山で咲く花に付けられたのでしょう?美しいと評価された葉で、光合成をまったくしていないわけではなさそう。ただし、独りでは生きられないそうです。

 【関連記事】秋の花のプレゼント①―エンシュウハグマとツルリンドウの実
 【関連記事】秋の花のプレゼント②―ダイモンジソウとジンジソウ
 【関連記事】秋の花のプレゼント④―レイジンソウ
 【関連記事】秋の花のプレゼント⑤―フクオウソウ

 【関連記事】「葉まで美しい」ゴマノハグサ科コシオガマ
 【関連記事】ゴマノハグサ科「コシオガマ」―北遠・野の花会
 【関連記事】花も葉も美しいコシオガマ

エンシュウハグマの咲く秋葉山⑪―立川流宮大工が建てた随身門と力神

Zuishinmon1

 秋葉神社上社へは天保2年(1831)諏訪の2代目立川和四郎冨昌、冨保によって再建されたとされる随身門をくぐります。随身門を飾る彫刻群は文化9年(1812)「諏訪三郎」の作とされ、立川流初代和四郎冨棟のことではないか、と考えられています。

 幾度か見舞われた火災を潜り抜けた江戸時代の門。秋葉山で一番古く、往時の面影を残す建物は神仏習合の仁王門として建てられた随身門だけです。

Zuishinmon2

 門をくぐる時、ちょっと上を見上げてください。「諏訪三郎」作とされる天女の欄間や木鼻の獅子、獅子に乗る力神(天邪鬼)が見られます。

 力神と天邪鬼とは、元を正せばおそらく同じもの。神仏習合の時代に天邪鬼として製作されたものが、神仏分離令以降は力神と呼び方を変えられたものと思われまます。

 半田の祭り屋台で見られるのも力神。半田の人たちが秋葉山に登った時に見たこの力神を「ぜひ、我が町の屋台にも」と頼んだのが始まりとのこと。遠州地方の寺社や屋台で見られる力神たちは、立川和四郎やその弟子たちによって残されたものです。

 現在、随身門で見られる力神は3体。残る1体は社務所内に保管・展示されています。

 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山①―エンシュウハグマ
 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山②―ツリフネソウとウスイロツリフネ
 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山③―ガラスに映った赤い橋
 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山④―洗われた石畳
 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山⑤―コウヤボウキで一服するアサギマダラ
 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山⑥―ススキの向こうに見える山並み
 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山⑦―昔の面影
 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山⑧―三尺坊に咲く当薬の花
 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山⑨―❤ハート石
 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山⑩―石積み展示場
 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山⑫―「往復の鳥居」
 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山⑬―紅葉
 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山⑭―ザトウムシ
 【関連記事】エンシュウハグマの咲く秋葉山⑮―秋葉菊と木漏れ日の参道

 【関連記事】自由研究「秋葉山の力神」①―力神とは
 【関連記事】自由研究「秋葉山の力神」②―力神の意匠
 【関連記事】自由研究「秋葉山の力神」③―立川流の俤
 【関連記事】自由研究「静岡浅間神社を訪ねて」③―獅子に乗った力神
 【関連記事】自由研究「立川流の俤を訪ねて」⑨―本堂の彫刻
 【関連記事】女子目線の山歩き in 秋葉山⑭―立川和四郎冨昌作の力神と獅子
 【関連記事】続・曽布川藤次郎翁の業績を探る②―神楽箱の力神と津倉家見学会
 【関連記事】掛塚まつり2015⑧―砂町屋台の「獅子と牡丹」と香集寺の力神

10月末の船明でサクラ咲く

 国道152号、「船(ふなぎら)の二本杉」北側でサクラが咲いていました。

Funagira_2 Funagira2

 ソメイヨシノだったと思うのですが、この時季での「返り咲き」。決して「狂い咲き」とは呼ばないでください。

ダム建設犠牲者 竜神の舞で慰霊 天竜区佐久間町

Ryujinnomai540

 浜松市主催の「第59回佐久間ダム竜神まつり」が30日、天竜区佐久間町の同ダム湖周辺であった。佐久間ダムが10月で完成60年の節目を迎えたこともあり、多くの観光客でにぎわった。

 目玉の「竜神渡御」は爆竹が鳴る中、布や木で作られた全長13メートルの竜が船に乗ってダム湖を周遊。ダム湖から陸に上がった竜は、佐久間竜神の舞保存会メンバー約10人に支えられ、ダム建設で犠牲となった人々を弔う慰霊碑に向かった。ダム湖近くでの広場で竜神の舞が披露された。

 竜神は1957(昭和32)年、昭和天皇、香淳皇后の佐久間ダムご訪問の際、湖に放された皇居の堀のコイが姿を変えたとされる。(「中日新聞」より)

 あれから60年が過ぎました。小学校の遠足で訪れた人も多いと思いますが、もう一度新たな気持ちで訪れてみてください。戦後復興の勢いがあった時代の風を感じることができるはずです。

 【関連記事】佐久間ダムを訪れた昭和天皇、皇后両陛下

 ●毎年、10月の最終日曜日に開かれる「佐久間ダムまつり」・・・
 【関連記事】「佐久間ダムまつり」へはシャトルバスのご利用を
 【関連記事】2009年の「佐久間ダムまつり」は10月18日
 【関連記事】「第53回佐久間ダムまつり」―湖上打上花火にメッセージを付けて!
 ●龍神の舞はとても魅力があるもの 多くの人に見てほしい・・・
 【関連記事】北遠の秋を告げる「佐久間ダムまつり」のポスター
 【関連記事】「佐久間ダムまつり」は中止!
 【関連記事】佐久間ダムまつり「湖上打上げ花火」一般募集!
 【関連記事】第54回「佐久間ダムまつり」―10月30日(日)
 【関連記事】「竜神の舞」湖上巡る 浜松で佐久間ダムまつり
 【関連記事】勇壮に「龍神の舞」 佐久間ダムまつり
 【関連記事】第56回佐久間ダム竜神まつり―中止になりました
 【関連記事】佐久間ダム竜神まつり「湖上打上げ花火」募集!
 【関連記事】「佐久間ダム竜神まつり」は、10月26日
 【関連記事】勇壮な竜神の舞―「佐久間ダム竜神まつり」 11月23日には「北遠美味C級ぐるめ大会」も
 【関連記事】第58回佐久間ダム竜神まつり―10月25日
 【関連記事】勇壮に竜神の舞 佐久間ダムまつり 浜松・天竜区

2016年10月30日 (日)

夜通し「川合花の舞」 佐久間で無病息災など祈願

Hananomai

 県指定無形民俗文化財「川合花の舞」が29日午後、浜松市天竜区佐久間町川合の八坂神社で始まり、夜を通して行われた。

 無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する湯立神楽で、湯立ての釜を置いた拝殿前の舞処(まいど)で、「地固め」から「湯立神事」まで、保存会により18演目が披露された。

 ことしは園児以上の子どもたち26人が参加。手にした扇子と鈴を振りながら舞った。子どもたちがかぶる花がさが、名の由来といわれる。平賀恵一会長(70)は「隣の浦川地区の子どもにも協力してもらっている。できるだけ今の形で保存していきたい」と話す。(「中日新聞」より)

 中山間地に暮らす住民の減少に少子化が追い打ち、民俗芸能に限らず、祭り存続も危うくなって来ました。「川合花の舞」が長く続くことを願っています。

 ●「花の舞」は、愛知県奥三河地方に残る「花祭り」と同じ系統のもので・・・
 【関連記事】見せ場は鬼の乱舞 川合花の舞
 ● 「川合花の舞」は静岡県無形民俗文化財に指定されている・・・
 【関連記事】無病息災祈り夜通し舞奉納 佐久間「川合花の舞」
 【関連記事】「花の舞」は「地固め」で始まりました。
 【関連記事】「川合花の舞」―伝統の余韻
 ●奥三河地域では「花祭り」、ここ佐久間では「花の舞」・・・
 ●三遠南信の農村、山村には、現在でも古代・中世からの信仰を反映した祭りが・・・
 ●「花の舞」が舞われる「舞処(まいど)」の中央には・・・
 【関連記事】「伝統&郷土芸能フェスティバル」開催のお知らせ
 【関連記事】「広報はままつ」12月5日号の表紙は「川合花の舞」
 【関連記事】奥の深さを見せつける「伝統&郷土芸能フェスティバル」
 【関連記事】台風接近中―「川合花の舞」は11月6日(土)に変更
 【関連記事】無病息災、夜通し祈願 浜松・佐久間「川合花の舞」
 【関連記事】小冊子『川合花の舞しおり』①―民俗学的意義
 【関連記事】小冊子『川合花の舞しおり』②―舞処の設置と採物
 【関連記事】小冊子『川合花の舞しおり』③―民俗芸能の展開
 【関連記事】小冊子『川合花の舞しおり』④―演目
 【関連記事】小冊子『川合花の舞しおり』⑤―歴史と伝承
 【関連記事】小冊子『川合花の舞しおり』⑥―太夫(祢宜)と鬼との問答
 【関連記事】2011年「川合 花の舞」は10月29日(土)
 【関連記事】「さむらうは何万歳を経るとや」と榊鬼を問い詰める禰宜―「川合 花の舞」
 【関連記事】子らが清めの湯立神楽 浜松・天竜区「川合花の舞」
 【関連記事】2011年「川合 花の舞」の臨場感をどうぞ!
 【関連記事】「川合花の舞」連夜の特訓 佐久間で27日奉納
 【関連記事】五穀豊穣へ 夜通しの舞 浜松・天竜区
 【関連記事】2013年「川合花の舞」―11月2日(土)~3日(日)未明
 【関連記事】川合花の舞、連夜の稽古 浜松・天竜区佐久間町
 【関連記事】「川合花の舞」夜通し奉納 浜松・天竜区
 【関連記事】残していきたい地域の伝統 花笠に思いを込めて―「広報はままつ」2013年12月号表紙
 【関連記事】次々に繰り広げられる舞―「広報はままつ」2013年12月号天竜区版
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」①―初めての訪問
 【関連記事】湯釜囲み、夜通し神楽 浜松・天竜区「川合花の舞」
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」②―湯釜と魂祓いの神事
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」③―地固めと金山の二ツ
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」④―扇の三ツ、湯戸の三ツ、ボーズカの三ツ、八千代の三ツ
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」⑤―花の三ツと子どもの鬼
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」⑥―金山の三ツと山見鬼
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」⑦―扇の四ツと花の四ツ
 【関連記事】伝統の湯立神楽「川合花の舞」⑧―榊の四ツ
 【関連記事】川合花の舞、連夜の稽古 29日、佐久間の子どもら奉納
 【関連記事】夜通し「川合花の舞」奉納 浜松・佐久間、五穀豊穣願い

天浜線「直虎号」発車 浜松、1月にはドラマのラッピング

Naotorago2

 第三セクター天竜浜名湖鉄道(浜松市天竜区)は、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の出演者を印刷したラッピング車両を導入し、2017年1月下旬にも運行を始める。29日に行ったテレビゲーム「戦国BASARA」のキャラクターを描いた「直虎号」の出発式後に関係者が明らかにした。2種類のラッピング車両で誘客を図る。

 大河ドラマのラッピング車両は主人公の井伊直虎を装った女優柴咲コウさんら出演者の写真で車体を飾る。ドラマの舞台となる県西部を訪れる観光客の気分を盛り上げるとともに、観光需要の喚起も目指す。具体的なデザインはドラマを放映するNHKが決める。運行は17年1月下旬~2月上旬の間に始まる予定。大河ドラマの放送が終了する12月まで、直虎号とともに運行する。

 同市天竜区の天竜二俣駅で行った直虎号の出発式にはゲームファンら多くの若者や家族連れらが集まり、人気の高さを示した。湖西市から母親と訪れた会社員の女性(26)は「男性キャラがかっこいい」と車両の写真を撮って楽しんだ。(「静岡新聞」より)

 昨日(10月29日)の二俣の賑わいは「直虎号」見たさの集客だったのですね?「天竜産業観光まつり」(11月3日)と勘違いしてしまいました。

 【関連記事】天浜線「直虎号」公開 車両に武将、29日から運行

 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる①―井伊共保出生の井戸と井筒紋
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる②―龍潭寺山門と仁王門
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる③―龍潭寺開山堂と井筒紋
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる④―井伊氏歴代墓所
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑤―井伊谷宮の摂社・井伊社
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑥―渭伊神社と天白磐座遺跡
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑦―渭伊神社の龍と石積みの勾玉
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑧―直虎の菩提寺、妙雲寺

天竜川・そまびとの会

天気予報