だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 田に咲く花②―ヒガンバナとシロバナヒガンバナ | メイン | 2016年「秋葉山参拝ガイド付きハイキング」打ち合わせ会開催 »

2016年9月23日 (金)

八丁坂を登る⑥―急坂が続く旧道

Kyudo

 かつて重い荷を背負った「浜背負い」たちが歩いて登った八丁坂。現在の舗装道ほどに曲がりくねった道ではありません。むしろ、舗装道路を横切るように直線的に登って行きますので、最短距離に近いと言えば、そうかも知れません。

Kyudo1

 しかも、今では未舗装というわけではなく、コンクリート階段だったり、石段だったり。草に覆われた箇所は避けましたが、傾斜のきつさは相当です。

Kyudo2

 私の荷物はペットボトル1本とカメラだけ。リュックも背負子も背負ってはいません。それでも、この日の暑さの中では、汗でグッショリ。旧山香小学校跡までで30分もかかってしまいました。

Kinjiro2

 こんなペースでは、私は「浜背負い」にはなれません。そんなことは、最初っから分かり切ったこと。でも、本を読みながら薪を背負うあの人だったら「浜背負い」になれたかも知れませんネ。

 【関連記事】八丁坂を登る①―西渡、舟戸とは?
 【関連記事】八丁坂を登る②―道標を兼ねた石燈籠
 【関連記事】八丁坂を登る③―山姥神社
 【関連記事】八丁坂を登る④―戸口橋を見下ろす
 【関連記事】八丁坂を登る⑤―旧山香中跡と旧山香小跡
 【関連記事】八丁坂を登る⑦―神号を刻んだ道標
 【関連記事】八丁坂を登る⑧―水の神を祀る貴船神社
 【関連記事】八丁坂を登る⑨―風鈴の音色と苔の庭
 【関連記事】八丁坂を登る⑩―貴船神社の忠魂碑
 【関連記事】八丁坂を登る⑪―稲荷神社
 【関連記事】八丁坂を登る⑫―庚申塔
 【関連記事】八丁坂を登る⑬―茶園風景
 【関連記事】八丁坂を登る⑭―荷継ぎ場
 【関連記事】八丁坂を登る⑮―明光寺境内に建てられた「じん肺物故者慰霊碑」
 【関連記事】八丁坂を登る⑯―「子生石」を訪ねる
 【関連記事】八丁坂を登る⑰―お犬様

 ●私たちが子どもの頃、どこの小学校にでも見られた「二宮金次郎像」・・・
 【関連記事】廃校に立つ「二宮金次郎像」に学ぶこと
 【関連記事】「二宮金次郎の銅像」はどこに行った?―旧「宮川小学校」
 【関連記事】旧「龍山北小学校」は「瀬尻の段々茶畑」の隣り
 【関連記事】平成7年(1995)に閉校「上平山小学校」
 【関連記事】旧「石神小学校」に建つ金次郎像
 【関連記事】懐山集落と「二宮尊徳先生幼時之像」
 【関連記事】「熊尋常髙等小學校」の古い絵葉書と金次郎像
 【関連記事】旧「東雲名小学校」跡に残る二宮金次郎像
 【関連記事】風が揺らすブランコ―旧藤平小学校阿寺分校跡
 【関連記事】金次郎像が残る旧「長沢小學校」跡
 【関連記事】「勤倹力行」の文字が残る金次郎像の台座―旧花島小学校跡
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑭―「二宮先生村民表彰」の像
 【関連記事】初夏の磐田ぶらり旅⑩―須賀神社の二宮金次郎像
 【関連記事】磐田郡富岡村産業組合二宮尊徳翁銅像

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報