だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 旧津倉家住宅での出会い⑥―藤次郎翁が建てた物置長屋 | メイン | 静岡浅間神社を訪ねる③―八千戈神社の二十四孝 »

2016年9月16日 (金)

水窪・臼ガ森を訪ねる④―山姥が住んだ村

Usugamori3

 以前「山姥が落した巨岩―水窪・河内浦」で紹介したように、県道389号水窪森線沿いの河内浦集落の入口付近には今でも伝説の巨岩があります。伝説によれば、この岩を落としたのは、臼ガ森(うすがもり)に住む山姥だったとのこと。

 その山姥がどこに行ってしまったのかは知りませんが、ただ、臼ガ森集落がそれほどの急傾斜地にあるというのは事実です。写真では伝わりにくいかもしれませんが、未だに手入れされているらしい茶畝とその下に見える青い屋根から、急な傾斜を想像していただけるでしょうか?

Usugamori4

 集落の生業の中心はおそらく林業であり、山仕事で暮らしを立てていたと思われます。そんな臼ガ森が山の上にあることを知らせる目印が山姥が落としたとされる岩。

 ・・・ではないかと思います。

 【関連記事】水窪・臼ガ森を訪ねる①―布滝と布滝隧道
 【関連記事】水窪・臼ガ森を訪ねる②―赤石の石垣
 【関連記事】水窪・臼ガ森を訪ねる③―廃屋の臼
 【関連記事】水窪・臼ガ森を訪ねる⑤―宇須井神社

  【関連記事】山姥が落した巨岩―水窪・河内浦

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報