だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 戦前の磐田走った鉄道の企画展―NHK「静岡のニュース」 | メイン | 光明電気鉄道の消長③―最新式車両 »

2016年7月20日 (水)

直虎ゆかりの地を訪ねる③―龍潭寺開山堂と井筒紋

Kaizando

 本堂西にある朱塗りの楼閣造りは開山堂。龍潭寺を開山した黙宗瑞淵和尚を祀る塔で、八世徹叟和尚により建立されました。

 塔上の瓦には井伊氏の家紋である井筒と橘を見ることができるのですが、撮影できたのは井筒紋だけ。その奥の井伊家霊屋でも井筒紋でしたので、仁王門脇の塀で見た井筒と橘を紹介しましょう。

Kawara2 井伊家霊屋の瓦 Kawara1 仁王門脇の瓦

Sag1198

 「直虎ゆかりの地を訪ねる①」で紹介したように、井伊家の祖である藤原(井伊)共保が、橘の木のそばにある井戸で拾われたため、井筒に橘紋を井伊家の家紋にしたのですが、いつしか井筒紋と橘紋とを別々に使うようになったとの言い伝えがあります。

 真偽のほどはともかく、「井」の字を家紋にしているのは、苗字に「井」がつく家が多いようです。

 最後の1枚は、佐口行正氏所蔵の古い絵葉書「(遠州井伊谷龍潭寺)開山塔」。奥に見えるのが井伊家霊屋です。

 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる①―井伊共保出生の井戸と井筒紋
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる②―龍潭寺山門と仁王門
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる④―井伊氏歴代墓所
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑤―井伊谷宮の摂社・井伊社
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑥―渭伊神社と天白磐座遺跡
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑦―渭伊神社の龍と石積みの勾玉
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑧―直虎の菩提寺、妙雲寺

 【関連記事】「四百年のときをつなぐ」武田家・井伊家当主の対面と秋葉神社参拝
 【関連記事】梅雨晴れの奥三河を訪ねて⑱―直虎と鳳来寺との関係

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報