だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« キカラスウリの花とカブトムシ | メイン | 雨垂の軌道跡③―トロッコ軌道跡 »

2016年7月18日 (月)

直虎ゆかりの地を訪ねる①―井伊共保出生の井戸と井筒紋

Nobori1

 私が産まれ育った故郷は北区細江町気賀。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台となることで盛り上がる旧引佐町とは、かつては同じ引佐郡。つまり、お隣です。

Ido1

 井伊家の菩提寺である龍潭寺にも幾度となく訪れてはいたのですが、「井伊直虎ゆかりの地」の幟旗が立てられるようになってからは初めての訪問。ドラマの舞台となる井伊谷の様子を紹介させていただきます。

Idonohi

 井伊家の始まりは平安時代。始祖に当たる共保(ともやす)は、龍潭寺門前の井戸の傍らに捨てられていたいわゆる捨て子。八幡宮神主に育てられた共保は7歳の時、遠江国司藤原共資の養子となり藤原共保を名乗るようになりました。

Sag1197

 やがて藤原共保は、地名にちなんで家名を「井伊」と改めたとか、井戸で拾われたから「井伊」と名乗ったとも。そして、「その井戸のそばに橘の花があった」という伝説から、井筒に橘紋を井伊家の家紋にしたのですが、いつしか井筒紋と橘紋とを別々に使うようになったとのこと。

Idutumon1_2

 佐口行正氏所蔵の古い絵葉書の中に「(遠州井伊谷龍潭寺)井伊元祖共保公出誕ノ井」の1枚がありました。

 共保出生の井戸は今も田の中にあり、「井伊氏祖備中守藤原共保出生の井」の碑には井筒紋と橘紋が刻まれていました。

 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる②―龍潭寺山門と仁王門
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる③―龍潭寺開山堂と井筒紋
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる④―井伊氏歴代墓所
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑤―井伊谷宮の摂社・井伊社
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑥―渭伊神社と天白磐座遺跡
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑦―渭伊神社の龍と石積みの勾玉
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑧―直虎の菩提寺、妙雲寺

 【関連記事】「四百年のときをつなぐ」武田家・井伊家当主の対面と秋葉神社参拝
 【関連記事】梅雨晴れの奥三河を訪ねて⑱―直虎と鳳来寺との関係

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報