だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 漢方医・三輪家の薬箱21―「瞿麦」はカワラナデシコ | メイン | 夏休み自由研究・第1章「植物」③―兵越峠付近のホソバウンラン »

2016年7月24日 (日)

直虎ゆかりの地を訪ねる⑦―渭伊神社の龍と石積みの勾玉

Kawara3

 渭伊神社拝殿の唐破風の屋根を飾る鬼瓦は、渦巻く水を泳ぐ龍の姿が見られます。おそらくこれは、井戸や井水を祀る神社を意識してのこと。龍潭寺の「龍潭」も「龍が棲む潭(渕)」の意味ですから、この瓦の意匠こそまさに「龍潭」を表しているのかも知れません。

Iijinja2

 そして、もう1つ気づいたことがあります。それは、渭伊神社参道入口に明治21年(1888)5月に建てられた「式内 渭伊神社」の石碑を支える石積みに、写真のような勾玉に似た形が刻まれているのに気づきました。

Iijinja3

 もしかしたら、これは天白磐座遺跡の発掘調査で見つかったという滑石製勾玉を意識したものかも知れません。

 勾玉が見つかったのは平成元年(1989)でしたので、この石積みはそれ以降に補修されたもの?

 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる①―井伊共保出生の井戸と井筒紋
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる②―龍潭寺山門と仁王門
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる③―龍潭寺開山堂と井筒紋
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる④―井伊氏歴代墓所
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑤―井伊谷宮の摂社・井伊社
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑥―渭伊神社と天白磐座遺跡
 【関連記事】直虎ゆかりの地を訪ねる⑧―直虎の菩提寺、妙雲寺

 【関連記事】「四百年のときをつなぐ」武田家・井伊家当主の対面と秋葉神社参拝
 【関連記事】梅雨晴れの奥三河を訪ねて⑱―直虎と鳳来寺との関係

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報