だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 春野の魅力発見を 浜松学院大生に講義 夏に山村留学 | メイン | あいづき昆虫館⑥―オオシラホシアツバ »

2016年6月25日 (土)

「報徳の家」の門標に「丸に木瓜」

Houtokunoie

 玄関先に「報徳の家」の門標が多く見られるのは、熊(くんま)地区。熊地区には、今でも熊報徳社が一般社団法人として存続しています。

 熊地区の報徳社が結成されたのは明治23年(1890)。報徳社は節約・貯蓄を奨励し、生活に困った人には無利子で金を貸す共助組織でもあり、熊地区の多くの家庭が社員として農村振興に参加しました。

 「報徳の家」の門標は、大日本報徳社の社員の証。門標の「丸に木瓜」は、二宮尊徳の家紋。たまたまですが、私の実家の家紋と同じです。

 ●私たちが子どもの頃、どこの小学校にでも見られた「二宮金次郎像」・・・
 【関連記事】廃校に立つ「二宮金次郎像」に学ぶこと
 【関連記事】「二宮金次郎の銅像」はどこに行った?―旧「宮川小学校」
 【関連記事】旧「龍山北小学校」は「瀬尻の段々茶畑」の隣り
 【関連記事】平成7年(1995)に閉校「上平山小学校」
 【関連記事】旧「石神小学校」に建つ金次郎像
 【関連記事】懐山集落と「二宮尊徳先生幼時之像」
 【関連記事】「熊尋常髙等小學校」の古い絵葉書と金次郎像
 【関連記事】旧「東雲名小学校」跡に残る二宮金次郎像
 【関連記事】風が揺らすブランコ―旧藤平小学校阿寺分校跡
 【関連記事】金次郎像が残る旧「長沢小學校」跡
 【関連記事】「勤倹力行」の文字が残る金次郎像の台座―旧花島小学校跡
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑭―「二宮先生村民表彰」の像
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑫―報徳本社敷地内の文化財建物群
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑬―報徳社大講堂の瓦

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報