だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 夏休み昆虫館―クロツバメシジミ | メイン | 気温は真夏へ逆戻り 町全体が熱く燃える二俣まつり »

2015年8月22日 (土)

西鹿島・椎ヶ脇神社に立つ2つの鳥居

Torii1

 天浜線や遠鉄の「西鹿島駅」があるのは二俣町南鹿島ですから、厳密には西鹿島ではありません。では、「西鹿島」はどこにあるのかと言うと、実は二俣町鹿島の小字名。でも、誰もが「西鹿島」と呼ぶこの地に鎮座する椎ヶ脇神社の拝殿は、よくある神社の向きと同じように集落が広がる南を向き、鳥居と神門をくぐり、そのまま真っ直ぐ北に進めば、拝殿の前に立つことができます。

 ところが、椎ヶ脇神社には、もう1つの鳥居があります。その鳥居は、神社の向きとは90°の角度の東の方向。そして、その鳥居の先には、集落ではなく、天竜川の流れが横たわっています。

Torii2

 つまり、「天竜川の水利を守り船の安全を保ち、堤防の破損を逃れ」る水神、闇淤加美神(くらおかみのかみ)と豊玉姫命(とよたまひめのみこと)とを祭神として祀っている椎ヶ脇神社は、集落を守るだけでなく、川の舟運の安全を見守る必要があるというのが、2つ目の鳥居がかつての天竜川の渡船場を向いている理由。

 ・・・だと思うのですが・・・?

 【関連記事】西鹿島「椎ヶ脇神社」と「久根銅山」の幟立
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「椎が脇神社と鹿島の花火」より
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「椎が脇渕の竜宮城」より①
 【関連記事】ふるさとものがたり天竜「椎が脇渕の竜宮城」より②
 【関連記事】椎ヶ脇神社の賽銭箱に書かれた「若顒孚有」の意味
 【関連記事】「池田邑」「舟越一色村」―椎ヶ脇神社に残る渡船役の村名

 【関連記事】毎日が日曜日―椎ヶ脇神社の祭礼
 【関連記事】自宅前に鎮座する椎ヶ脇神社の祭礼

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報