だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 秋の粟ヶ岳で出会った花々④―自然保護のためご協力を! | メイン | 三遠南信道・水窪-佐久間IC間 アセス方法書の縦覧始まる »

2014年10月 2日 (木)

再びナギの木の話―竜洋北小「語り聞かせ」

Naginoki

 磐田市立竜洋北小学校の「語り聞かせ」から戻りました。今回の担当は6年1組。前回、5年生にした「ナギの木の話」のリメイク版です。

 5年生の中には、ナギの木を知らない子どもたちが多かったので、今回の子どもたちには、北小体育館裏のナギの木を見てもらっていました。

 そのおかげもあり、話はスムーズに進み、ナギと熊野神社、ナギと凪、ナギと地滑りの関係などを次々に紹介。子どもたちからも、「なぜ、横に千切りにくいのか?」「日本で一番大きなナギの木は?」などの質問が出ました。

 ナギの木は常緑樹ですが、秋には一部の葉が黄色く変わり、やがて落ちて行きます。ただし、すべての葉を落とすわけではないので、常に緑色を失わないという意味で常緑樹と呼ばれます。雄木、雌木のある雌雄異株であることも、子どもたちには興味が湧いたようです。

 「今度、道で会ったら、『石のおじさん』じゃなくて『ナギのおじさん』と呼んでください」と締めくくり、手を挙げた子どもに川原で拾ったハート石をプレゼント。

 次は、来年2月に5年生2クラス合同の授業。さて、何を話しましょうか?

 【関連記事】ナギの木の話―竜洋北小「語り聞かせ」

 【関連記事】三熊野神社の御神木―ナギの木
 【関連記事】春野協働センター前のナギの大樹
 【関連記事】“わが町”旧竜洋町ゆかりのナギの木
 【関連記事】旧赤松家記念館のナギの木
 【関連記事】東福山西光寺のナギの木
 【関連記事】掛塚の庭に植えられたナギの木
 【関連記事】近所のお寺のナギの木
 【関連記事】県指定天然記念物「天宮神社の竹柏(ナギ)」
 【関連記事】佐佐木信綱ゆかりの「天宮神社の竹柏(ナギ)」
 【関連記事】小國神社のナギの木
 【関連記事】伊豆の国市「蛭ヶ島公園」のナギの木
 【関連記事】地滑り防止祈願か?「高瀬のナギ」
 【関連記事】清瀧寺「岡崎三郎信康廟」上り口のナギ
 【関連記事】玖延寺のナギの木
 【関連記事】何だろう?ご近所のナギの木
 【関連記事】見付天神で巡り合ったナギの木の実
 【関連記事】佐久間にも「ナギの木」があった!
 【関連記事】井伊家の菩提寺、龍潭寺の「梛の木」
 【関連記事】熊野速玉神社の梛(ナギ)の木―BS朝日「金曜ぷらす」
 【関連記事】市野・熊野神社のナギの木
 【関連記事】実家の庭にもナギの木が
 【関連記事】地域の歴史・文化を伝える竜洋北小学校のナギの木
 【関連記事】この木、何の木―佐久間の「梛の木」
 【関連記事】「なぎの木会館」のナギの木
 【関連記事】ご近所のナギの巨樹との出会い
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑧―日坂宿の藤文とナギの木
 【関連記事】「金原明善翁生家」のナギの木
 【関連記事】初夏の磐田ぶらり旅⑪―熊野権現ゆかり許禰神社のナギの木
 【関連記事】浜松八幡宮のナギの木
 【関連記事】御嶽神社にもあったナギの木
 【関連記事】お隣の集落、神明津嶋神社のナギの木

コメント

斉藤(ナギおじ様)

 何だか、自分の事を紹介していただいているような感じで、とても嬉しいですね!

 斉藤さんの優しい感じの話し方も幸いして、子ども達には「ナギの木」も優しい、立派な木に思えたに違いありません。

本当にありがとうございます。

 「来年2月に5年生2クラス合同の授業。」には、中日新聞社の記者に取材してもらえるように頑張ってみますね!

 梛野

梛野のこともお話させていただきました。
日本一大きなナギの木は、どこにあるのでしょう?
子どもの1人は、熊野古道を歩いたことがあり、「そう言えば、大きな木があったっけ」と話していました。

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報