だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 静岡県のすごい産業遺産―旧見付学校 | メイン | 桜雨の秋葉山に登る④―表参道の山桜 »

2014年4月24日 (木)

掛川ぶらり旅⑫―報徳本社敷地内の文化財建物群

 掛川城の隣りには、国の重要文化財に登録されている大日本報徳社大講堂を始めとした建物群が集まっています。

 掛川に大日本報徳社が出来たのは、報徳運動の祖、二宮尊徳の指導を受けた岡田佐平治が掛川市倉真の人だったことから。農村復興運動など経済と道徳との融合を訴え、全国の各地域に誕生した報徳社を統括する組織が大日本報徳社です。

Houtoku1 大講堂 Houtoku5 正門

 大講堂は、明治36年(1903)完成の巨大な木造建築。平成16年~19年にかけて行われた大改修により、耐震補強されて現在に至っています。

 明治42年(1909)建立の正門は県指定文化財。「道徳門」「経濟門」と刻まれた箱型を重ねた1対の柱により、「道徳、経済一円融合論=道徳のない経済は罪悪、経済のない道徳は寝言」を象徴する門と言われています。

Houtoku3 仰徳学寮 Houtoku4 仰徳記念館
Houtoku6 淡山翁記念報徳図書館 Houtoku2 冀北学舎

 仰徳(こうとく)記念館と仰徳学寮は、昭和13年(1938)、皇紀二千六百年記念事業として有栖川宮旧邸の一部を譲り受けたもの。淡山翁(たんざんおう)記念報徳図書館は、昭和2年(1927)に建てられた鉄筋コンクリート造りの洋風建築の図書館。いずれも、県指定文化財。

 冀北(きほく)学舎は、明治10年(1877)に報徳社長の岡田良一郎(淡山翁)により倉真地区に建てられた全寮制の校舎を移築したもの。もちろん、これも県指定文化財です。

 あなたも、「掛川ぶらり旅」をしようと計画するなら、大日本報徳社本部の建物群を見学するのを忘れないでください。

 【関連記事】掛川ぶらり旅①―阿波々神社の神紋は「丸に桜」
 【関連記事】掛川ぶらり旅②―茶草場のハルリンドウ
 【関連記事】掛川ぶらり旅③―茶草場農法と芭蕉の句碑
 【関連記事】掛川ぶらり旅④―遠州七不思議「無間の鐘」
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑤―パワースポットの事任八幡宮
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑥―事任八幡宮の石橋と石積み
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑦―事任八幡宮のクスノキと大スギ
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑧―日坂宿の藤文とナギの木
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑨―川坂屋のヒノキ板と建具
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑩―掛川城と二ノ丸御殿
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑪―太田氏の家紋「太田桔梗」
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑬―報徳社大講堂の瓦
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑭―「二宮先生村民表彰」の像
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑮―イソヒヨドリとマガモ
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑯―竹の丸の外鐶桜
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑰―掛川駅木造駅舎

 ●私たちが子どもの頃、どこの小学校にでも見られた「二宮金次郎像」・・・
 【関連記事】廃校に立つ「二宮金次郎像」に学ぶこと
 【関連記事】「二宮金次郎の銅像」はどこに行った?―旧「宮川小学校」
 【関連記事】旧「龍山北小学校」は「瀬尻の段々茶畑」の隣り
 【関連記事】平成7年(1995)に閉校「上平山小学校」
 【関連記事】旧「石神小学校」に建つ金次郎像
 【関連記事】懐山集落と「二宮尊徳先生幼時之像」
 【関連記事】「熊尋常髙等小學校」の古い絵葉書と金次郎像
 【関連記事】旧「東雲名小学校」跡に残る二宮金次郎像
 【関連記事】風が揺らすブランコ―旧藤平小学校阿寺分校跡
 【関連記事】金次郎像が残る旧「長沢小學校」跡
 【関連記事】「勤倹力行」の文字が残る金次郎像の台座―旧花島小学校跡




































































コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報