だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 長蔵寺「尾上さんちの庭」で咲く花たち―増田さんからのメール | メイン | 水窪で撮影された映画「産土―壊―」①―水元さんが伝える「成木責め」 »

2014年4月25日 (金)

掛川ぶらり旅⑬―報徳社大講堂の瓦

 大日本報徳社の建物群を見上げれば、気になる瓦が見られます。

 まずは、仰徳(こうとく)学寮の鬼瓦。報徳運動の祖、二宮尊徳の1字「尊」が浮き上がる意匠です。そして、大講堂の軒瓦には「農」の字。農村復興を訴えた報徳社らしい文字の選択です。

Kawara1 仰徳学寮の鬼瓦 Kawara2 大講堂の軒瓦

 そして、大講堂の大屋根に掲げられた鬼瓦には、横の線が6本重なる意匠が見られます。さて、これは、何でしょう?

Kawara3 大講堂の鬼瓦 Kawara4 大講堂の鬼瓦

 よく似た鬼瓦には、以前にも紹介した「水」の角字があります。しかし、この意匠を角字に当てはめてみても、適当な文字が浮かびません。もしかしら、これは「八卦」と呼ばれる記号の組み合わせかも知れません。

Kaerumata そう思ってみると、鬼瓦の図案は、場所によって違います。さらに、玄関上の蛙股に刻まれた、向かい合う龍の中の図案も陰陽の組み合わせが違います。

 それぞれを「八卦」当てはめると玄関上の鬼瓦は、下から上に「風+地」、蛙股は「天+雷」、大屋根の鬼瓦は「火+天」。農業とは切り離せない自然を崇拝してのことか?あるいは、自然災害から建物を守るためのまじないか?

 報徳社運動を説いた、地元の岡田佐平治や岡田良一郎(淡山翁)が、「八卦」や「風水」と関わったのかどうかについては知りませんが、興味が湧く瓦です。

 【関連記事】掛川ぶらり旅①―阿波々神社の神紋は「丸に桜」
 【関連記事】掛川ぶらり旅②―茶草場のハルリンドウ
 【関連記事】掛川ぶらり旅③―茶草場農法と芭蕉の句碑
 【関連記事】掛川ぶらり旅④―遠州七不思議「無間の鐘」
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑤―パワースポットの事任八幡宮
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑥―事任八幡宮の石橋と石積み
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑦―事任八幡宮のクスノキと大スギ
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑧―日坂宿の藤文とナギの木
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑨―川坂屋のヒノキ板と建具
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑩―掛川城と二ノ丸御殿
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑪―太田氏の家紋「太田桔梗」
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑫―報徳本社敷地内の文化財建物群
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑭―「二宮先生村民表彰」の像
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑮―イソヒヨドリとマガモ
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑯―竹の丸の外鐶桜
 【関連記事】掛川ぶらり旅⑰―掛川駅木造駅舎
 























































コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報