だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 「人に知られで」輝くサネカズラの実 | メイン | 北遠の「馬」を探せ!―番外「島田のジャンボ干支」 »

2014年1月20日 (月)

筆の跡まで刻まれた「從是光明山道」の道標

Douhyou1_2 光明寺境内下に建てられている「從是光明山道(是ヨリ光明山道)」の石碑。基壇部には「江戸」と刻まれ、「文化八年未歳三月吉日」建立とされる道標であり、かつて光明寺があった光明山の参道入口に建てられていたものと思われます。

 石に文字を刻む時には、先に紙に文字を書き、それを真似ながら1点1画を刻んで行くはず。ところが、文字が紙に書かれた時の筆力や払いのかすれなど、石に刻むには不向きな要素が必ずあります。

 そのため、力強く筆を入れたり止めたりする箇所は深く彫り、力を抜きながら払う箇所はスーッと次第に浅く舟底のように彫ったりもして、筆で書かれた文字の雰囲気を伝えようとします。

Douhyou2 ところが、この「從是光明山道」の道標を見てください。筆の払い箇所や弱く筆を入れる箇所などは、いかにも筆先が割れたような筋が刻まれています。

 経年による風化や、文字をいつまでも読みやすく保つことだけを考えれば、同じ幅、同じ深さで彫れば、それで良いはず。ただ、それでは当たり前過ぎて、粋でないと考えた人たちがいたようです。

 この石碑は、そんな石工が彫った文字。チャキチャキの江戸浅草講中の江戸っ子によって寄進されたものです。

 【関連記事】200年前に建てられた「従是光明山道」の道標








コメント

石に文字を刻む時写すのではなく紙を石に貼って彫ってました。手彫りは50年ぐらいまで当たり前てその後機械彫りが登場ではないでしょうか?そして均一な面白くない彫になった様な……
幼き頃の記憶です。。。

この彫りを見ると、明らかに「遊び心」ですね。心のゆとりを感じます。

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報