だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 懐かしい「木馬を曳く人」との再会―佐久間協働センター | メイン | 古都姫さまの里帰りツアー①―地割れ花火 »

2013年8月14日 (水)

ピンク色校舎、塗り替え完了 旧勝坂小、57年ぶり

Kassakasyo2 淡いピンク色の木造校舎が特徴で、映画やテレビドラマのロケ地としても知られる旧勝坂小(浜松市天竜区春野町豊岡)の外壁が、地元有志の手で57年ぶりに塗り替えられた。今回も長年親しまれたピンク色に塗り直され、地元の文化振興の拠点を目指す。

 旧勝坂小は1968年に閉校し、現在は公民館として利用されている。毎年10月に行われる市指定無形民俗文化財の伝統芸能「勝坂神楽」でも、活動場所として住民が活用している。

 塗り替えは、過疎化が進む地域を再び盛り上げるきっかけにしたいと地元の勝坂自治会が2010年ごろから計画してきた。自治会長の水井喜代志さん(67)は「昔の面影を残しつつ、新しく生まれ変わった校舎を生かして地元を盛り上げたい」と話した。(「静岡新聞」より)

 きれいになった勝坂小。懐かしい木造校舎が次々と解体されている中で、塗り直して後世に伝えて行くという嬉しいニュースです。

 ●写真の2階建ての校舎は、知る人ぞ知る「周智郡立勝坂小学校」跡・・・
 【関連記事】心に沁みる山里の風景―春野町「勝坂」
 【関連記事】遠来人北遠ツアー⑩(最終回)勝坂、気田
 【関連記事】ピンク色の校舎、後世に 旧勝坂小57年ぶり塗り替え

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報