だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« これが明治時代の「水久保高橋」 | メイン | むしとり爺さんの北遠行①―ギンリョウソウとアサギマダラ »

2013年6月27日 (木)

高根城の「木使い」拝見!①―木製階段と木道

 人気の山城址―水窪の高根城址は通称三角山全体が「高根城公園」として整備されています。城門や井楼櫓が復元されている城址に登る道は「登城の小道」。登り口では、木製の階段が迎えてくれます。

Takanejo1
「登城の小道」登り口
Takanejo4
高根城址

 いつもは、水窪の中心部を見下し、戦国の雰囲気に浸かりたくて訪ねる高根城ですが、今回は「木使い」に注目しながら歩くことにします。

Chobo1
水窪中心部を望む

上村方面を望む

 案内によれば「登城の小道」は「200m 所要時間5分」とのことですが、かなり急な坂道ですから、もう少し時間がかかり、梅雨時の湿った空気の中で汗が流れます。それでも、山頂に立てばこんな風景が広がりますので、ほっと一息。

 復元建造物は、もちろん木造ですが、さらなる「木使い」を探しに、南の城広場に向かう「馬の背小道」を進みます。「馬の背小道」には長い木道が設けられています。途中には、木造の休憩所も。

Takanejo2
「馬の背小道」の木道
Takanejo3
休憩所

 この先の「砦の森」には、木製遊具があるはず。そこまで行ってみましょう!

 【関連記事】高根城の「木使い」拝見!②―砦の森の木製遊具

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報