だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 突撃訪問、木使い拝見!①―天竜区役所庁舎 | メイン | 有馬氏(静岡文芸大理事長)の句碑建立 浜松・西浦 »

2013年2月27日 (水)

「西浦田楽 伝承を」有馬朗人さん自筆の句碑 水窪で除幕式

 Arima2文化勲章受章者で日本を代表する俳人として活躍する有馬朗人(あきと)さん(82)が浜松市天竜区水窪町西浦地区に伝わる「西浦(にしうれ)田楽」を詠んだ句碑が西浦田楽堂境内に完成し、26日に有馬さんを迎えて除幕式が行われた。

 
 観音堂は1300年にわたって受け継がれる国指定重要無形民俗文化財「西浦田楽」の舞台となる所。有馬さんは2006年2月に同地を訪れて田楽を鑑賞し、「田楽の面(めん)白々(しろじろ)と春の闇(やみ)」の句を詠んだ。

 句碑は、有馬さんが創刊主宰する俳誌「天為」の浜松支部が中心となって天為俳句会が建立した。高さ90センチ、横100センチほどの花こう岩の自然石を使い、有馬さん自筆の同句が彫り込まれている。

 式には全国から「天為」の同人や来賓ら50人を超える関係者が出席。有馬さんや田楽の祭主を務める高木八郎さんらが除幕して句碑の完成を祝った。有馬さんは「しみじみと喜んでいます。少しでもお役に立つことができればうれしい。日本の文化を残していかなければなりません」とあいさつした。

 西浦田楽は「能衆」と呼ばれる家が世襲で役を伝える神事。毎年旧暦の1月18日の月の出から翌日の日の出まで夜を徹して舞を奉納し、今年は27日夜から行われる。(「中日新聞」より)

 2013年の「西浦の田楽」は今夜から。気になる天気は、昼からは回復する予報です。

 【関連記事】有馬氏(静岡文芸大理事長)の句碑建立 浜松・西浦

 【関連記事】田楽の里「西浦を知って」 児童ら看板づくり 水窪
 【関連記事】水窪「西浦観音堂」に供えられた絵馬
 【関連記事】観音堂に奉納された「ハイカラ」男の奉納額
 【関連記事】西浦田楽「はね能」の締めは「弁慶」
 【関連記事】来月の奉納前に西浦田楽写真展 天竜区水窪町
 【関連記事】西浦「観音堂」に奉納された明治天皇の軍服姿
 【関連記事】能衆には厳しい戒律 西浦(にしうれ)の田楽(水窪町)
 ●浜松市天竜区水窪町西浦地区に伝わる国指定重要無形民俗文化財「西浦田楽」が、3月3日夜から・・・
 【関連記事】1300年、先祖伝来の舞 水窪の西浦田楽
 【関連記事】五穀豊穣祈り 夜を徹して舞 水窪で西浦田楽
 【関連記事】民俗芸能「西浦田楽」―平成23年2月20日~21日
 【関連記事】地域の伝統守る 浜松市の水窪で20日夜「西浦田楽」
 【関連記事】五穀豊穣願い伝統の舞 浜松・水窪で夜徹し
 【関連記事】豊作祈り伝統の舞 浜松・水窪町で「西浦田楽」
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽①
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽②
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽③
 【関連記事】「西浦の田楽」―2012年2月9日夜~10日朝
 【関連記事】豊作と無病息災願い 9日夜に「西浦田楽」 水窪
 【関連記事】別当宅で酒造り 「西浦の田楽」控え準備 天竜区
 【関連記事】神と祭り 幻想の舞 天竜区で西浦田楽
 【関連記事】夜を徹し伝統の舞 「西浦の田楽」奉納 浜松・水窪
 【関連記事】炎に浮かぶ舞―2012年「西浦の田楽」
 【関連記事】続・炎に浮かぶ伝統の舞―2012年「西浦の田楽」
 【関連記事】遠来人北遠ツアー⑦西浦観音堂
 【関連記事】西浦の田楽 27日から舞 天竜区水窪町
 【関連記事】82歳能衆、誇りの舞 27、28日・浜松「西浦の田楽」
 【関連記事】夜通し田楽の舞 浜松・水窪で奉納
 【関連記事】夜を徹し1300年の舞 浜松・水窪で「西浦の田楽」

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報