だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 別名「山鶯」―春の花「ヤマルリソウ」 | メイン | 毎日が日曜日―黄色いミツバチと白いモンシロチョウ »

2012年3月30日 (金)

粉雪舞う春埜山を歩く⑤―春埜山大光寺

 春埜山大光寺には、これまでに何度も行ったことがあります。でも、歩いての参拝は初めて。寺でありながら鳥居をくぐって境内に足を踏み入れた時の嬉しさが特別です。

 手元に、龍山の和田芳博氏からお借りした「遠州 春埜山 大日山 眞景」と題する古い絵葉書があります。モノクロ写真の絵葉書は2枚だけしか残っていませんが、「遠州春埜山全景(海抜八八三米)」と「遠州春埜山太白坊大權現拝殿」と左から右へと説明文が流れていますので、おそらく大正時代から昭和初期に製作されたものだと思われます。

Harunosan003 Harunosan004

 また「拝殿」とは神社の用語。現在では「御真殿」と呼んでいるところから、神仏混淆の色合いが強く残っている大光寺らしい絵葉書です。

 絵葉書の写真の中にも、「拝殿」前に現在と同じものと思われる「夜燈」が立ってはいますが、私の大好きな狼型の1対の狛犬の姿が写っていませんので、撮影の後に奉納されたものだと思われます。

Daikouji Daikouji2

 春埜山大光寺は、江戸末期に海岸地域で蔓延したという「ころり (コレラ)」を鎮め、治癒する霊験があるとして信仰を集めたとのこと。そのためもあってか、狼型の狛犬は清水、青銅の燈篭は福田講中による奉納です。

 地元の人の話によれば、「春埜山からは草1本持ち帰ってはならない」とのこと。また、「帰りには決して振り向いてはいけない」とも。感受性の強い人なら、何かを感じることができるかも知れません。

 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く①―春を待つ新宮池
 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く②―大時から東海自然歩道を行く
 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く③―駿河湾、伊豆半島が見える
 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く④―ここが、春埜山奥之院
 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く⑥―これが、春埜杉!!
 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く⑦―東海自然歩道でも道草

 【関連記事】「広報はままつ」10月5日号の表紙は「春埜杉」
 ●春野町花島の「大光寺(だいこうじ)」は曹洞宗の・・・
 【関連記事】あまり教えたくない湧き水―「和泉平」
 【関連記事】「春埜山」の狛犬は狼型
 ●「神仏混淆(神仏習合)」とは、簡単に言えば・・・
 ●遠州地方は、全国でも珍しい天狗信仰の地・・・
 ●「狼山」とか「狼谷」とか「狼峠」とか・・・。全国には「狼」の付く地名が・・・
 ● 「春野町」は「野」と書き、「春埜山」は「埜」と書きます・・・
 【関連記事】県民だより6月号の表紙は「春埜杉」でした。
 【関連記事】「春埜山大光寺」狛犬の足元に積まれた小石

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報