だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 枯れ葉の中で目立つ黄色い花「キジムシロ」 | メイン | 平岡駅が4月から無人化 »

2012年3月31日 (土)

粉雪舞う春埜山を歩く⑥―これが、春埜杉!!

Harunosugi  春埜山大光寺と言えば、北遠一の巨木「春埜杉」。開山の祖とされる行基お手植えの杉と伝えられる古木で、現在では上の段から見るしかありません。

 「静岡県指定天然記念物」、旧「春野町名木百選」、そして「新・浜松の自然100選」。そんなことよりも、この圧巻の大きさは、ただただ見上げるしかありません。

 今回の東海自然歩道ウォーキングの最大のお目当ては、やはり春埜杉。まだ、見たことがない人もいらっしゃるとは思いますが、1度見れば、必ず2度、3度と見たくなります。

 1本の杉と言うよりも、私にとっては、人格、神格を具えた大きな存在。「見る」と言うよりも「会う」と言う感じでしょうか?1度会えば、別れ際には「また、おいで!」と優しい声をかけてもらえます。だから、私は何度でも「ただいま!」と言って春埜杉を訪ねます。

 雨の日でも、霧が立つ日でも、そして今回のような雪の日でも、必ず「おかえり!」と言って迎えてくれているような・・・。

 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く①―春を待つ新宮池
 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く②―大時から東海自然歩道を行く
 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く③―駿河湾、伊豆半島が見える
 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く④―ここが、春埜山奥之院
 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く⑤―春埜山大光寺
 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く⑦―東海自然歩道でも道草

 【関連記事】「広報はままつ」10月5日号の表紙は「春埜杉」
 ● 「春野町」は「野」と書き、「春埜山」は「埜」と書きます・・・
 【関連記事】県民だより6月号の表紙は「春埜杉」でした。
 【関連記事】「春埜杉」の正面の姿を見たことがありますか?
 【関連記事】「春埜山大光寺」にある「二本杉(?)」
 【関連記事】「巨樹」「古木」の「目通り」「樹齢」とは
 【関連記事】雨の日には、雨の日の「春埜杉」
 【関連記事】古木に囲まれた修験の地「春埜山大光寺」
 ●すでに何度も訪れている「春埜杉」―今回は、仲の良い小学生たちと一緒に・・・
 【関連記事】迫力満点―「春埜杉」をグルリと回る
 【関連記事】力強さに感動―「自然100選」の「春埜杉」
 【関連記事】浜松にも、こんなにスゴイ木があるんだ!「春埜杉」
 【関連記事】「広報はままつ」全市版『浜松百彩』春埜杉
 【関連記事】神が宿る神々しさ「春埜杉」

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報