だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

2012年桜見頃情報 Feed

2012年11月28日 (水)

阿寺の湧水に掛かる虹と鮮やかな紅葉

 Niji
 東阿多古川沿いを行く県道296号の細い道路脇に、山からの湧水が小さな滝となって迸り出ている箇所があります。

 タイミングと方向が合い、写真のような虹が見られました。

 Ateraもしかしたら、何か「好い事」が起きるかもしれません。もしかしたら、もしかしたら・・・。

 阿寺に着くまでの間、対向車と出会わなかったのが「好い事」かな?しかも、阿寺の集落に差し掛かった辺りで、こんなに綺麗な紅葉にも出会いました。

 しかし、帰り道では対向車が2台。私の幸運は、行き道だけで使い果たしてしまったようです。

 【関連記事】阿多古・阿寺の「洞泉寺のモミジ」の紅葉

2012年11月 8日 (木)

紅葉ドライブ②―草木トンネル付近の紅葉とホソバウンラン

 立冬(11月7日)の紅葉ドライブは、船明ダム運動公園駐車場に午前8時に集合。NPO「天竜川・杣人の会」の久保田さんの運転で国道152号を北上し、兵越峠を過ぎて、飯田市上村の下栗の里、しらびそ高原まで。赤や黄色の風景の中を走って来ました。

 兵越峠の紅葉は「紅葉ドライブ①」でお伝えした通り。峠南の草木トンネル付近にも、紅葉前線は下りて来ています。

Misakubo1 Misakubo2
Misakubo3 Misakubo4

Hosobaunran 杉・ヒノキ林の緑色に交じり金色に輝いて見えるのはカラマツ。赤く見えるのは、カエデやナナカマドでしょうか?

 兵越峠のすぐ南には、外来種「ホソバウンラン」が野生化し群生しています。一緒に出かけた久保田さんは「キンギョソウに似ている」と言っていましたが、確かに同じゴマノハグサ科です。

 それにしても、花期が長いですね。

 【関連記事】紅葉ドライブ①―兵越峠の紅葉は今が見ごろ
 【関連記事】紅葉ドライブ③―屈辱の「国境」と兵越峠の紅葉
 【関連記事】紅葉ドライブ④―旧南信濃村の紅葉
 【関連記事】紅葉ドライブ⑤―南信濃のローゼ橋「上島橋」の紅葉
 【関連記事】紅葉ドライブ⑥―日本のチロル・下栗の里
 【関連記事】紅葉ドライブ⑦―しらびそ高原と五平餅
 【関連記事】紅葉ドライブ⑧―しらびそ高原のカラマツと遠山森林鉄道
 【関連記事】紅葉ドライブ⑨―富士薊と矢筈トンネル付近の紅葉
 【関連記事】増田さんの紅葉ドライブ①―兵越峠の紅葉
 【関連記事】増田さんの紅葉ドライブ②―平岡ダム湖の紅葉

 【関連記事】天竜スーパー林道の紅葉①―秋葉神社上社入口
 【関連記事】天竜スーパー林道の紅葉②―竜頭山登山口付近
 【関連記事】天竜スーパー林道の紅葉③―「天竜の森」駐車場
 【関連記事】天竜スーパー林道の紅葉④―近景と遠景
 【関連記事】天竜スーパー林道の紅葉⑤―「天竜の森」中央駐車場
 【関連記事】2012年の紅葉メール―山住峠付近の紅葉

 【関連記事】キレイな帰化植物「ホソバウンラン」
 【関連記事】本日の外来種―ホソバウンラン

2012年4月30日 (月)

季節はいつ?春?初夏?やっぱり、秋葉山!

 昨日、つまり2012年4月29日(日)、新学年になったばかりの子供たち11人と大人11人の総勢22人で秋葉山に登りました。登ったのは、もちろん昔からある表参道の山道。いつもの集合場所、坂下駐車場脇には、白い「ウワミズザクラ」が咲いていました。

Uwamizuzakura_2 Kanzan_2

 「出発~!」と歩き始めたのは、9時15分。すでに気温は25度を超えて「夏日」です。濃い八重の遅咲き桜「関山」を仰ぎ見ながら九里橋を渡り、暑い暑い山登りです。

Sanjakubo Yamazakura

 以前、「さくら茶屋」と呼ばれる店があった辺り、三尺坊には、まだ「山桜」が咲いています。もちろん、11時30分に到着し、渡る風が涼しく感じた山頂付近の秋葉神社上社にも「山桜」が。

 これまでで、1番の大人数で、これまで最速の上社到着。秋葉山なのに、今は春?それとも、初夏ですか?それにしても、子供たちは元気です。

 【関連記事】春?初夏?やっぱり、秋葉山!―登り2時間15分
 【関連記事】春?初夏?やっぱり、秋葉山!―ニワハンミョウ
 【関連記事】春?初夏?やっぱり、秋葉山!―下り1時間
 【関連記事】春?初夏?やっぱり、秋葉山!―山登りは競争ではない

2012年4月23日 (月)

視ましたか?「人を結ぶ大きな桜」―NHK「たっぷり静岡」

 先ほど(4月24日)終わったばかりのNHKテレビ「たっぷり静岡」を視ましたか?水窪の旧大野分校跡のエドヒガンザクラが紹介されました。

 ON AIR開始は、午後6時25分頃。新聞の番組欄では「人のきずなつなぐ山里の桜」となっていたのですが、画面には「人を結ぶ大きな桜」と映し出されました。

Oono Oono1

 過疎化、高齢化が進む大野の人たちと、大野を離れた人たちが桜の花の下で集う年1回の宴。旧大野分校の写真も紹介され、この桜がいかに人々の思い出深く残っているのかにもスポットが当てられました。

Oono2 Oono3
Oono4 Oono5

 樹齢150年と言われる桜ですが、樹種はエドヒガンザクラのようですので、まだまだ長生きしてくれるはずです。来年も再来年も、大野地区のシンボルツリーとしていつまでも咲き続けてほしいものです。

 【関連記事】桜の下に帰っておいで、11日に花見会 水窪
 【関連記事】水窪ですてきな出会いを 来月10日、婚活イベント
 【関連記事】念願だった「旧大野分校跡の山桜」との出会い
 【関連記事】山間に咲く桜―「大野分校跡の山桜」
 ●妖艶さ、北遠随一!旧大野分校跡の桜が満開です・・・
 【関連記事】壮観“山里の春”満開 水窪
 【関連記事】「大野分校の山桜」の治療方針決まる
 【関連記事】治療を受ける旧大野分校のエドヒガン
 【関連記事】「大野分校の山桜」―樹木医による治療終了
 【関連記事】見頃を迎えた水窪「大野分校の山桜」
 【関連記事】樹齢150年、山桜見ごろ 天竜区・水窪町
 【関連記事】八景余話②―大野分校の山桜
 【関連記事】「北遠に咲く“一本桜”八景2012」―4月19日最終報
 【関連記事】山里に春、大野の山桜見頃 天竜区・水窪

伊那市の高遠城址公園、タカトオコヒガンザクラが満開

Takato  「天下第一の桜」、ようやく―。

 伊那市高遠町の高遠城址(じょうし)公園で21日、タカトオコヒガンザクラが満開となった。昨年より3日遅く、最近の5年間では最も遅い。16日の開花宣言後、初めての週末と満開が重なり、園内は「遅い春」を楽しむ多くの人でにぎわった。

 南側にある山の尾根から見ると、公園全体がこんもりとピンク色に。21日の同市の最高気温は5月下旬並みの22.1度。上着を脱いだり、袖をまくったりして園内を歩く姿も見られた。

 約1500本が立ち並ぶ規模と、花の色鮮やかさなどから、古くより「天下第一」と称されてきた同公園の桜。「ソメイヨシノとは違う美しさがある。また来たい」。バスツアーで初めて訪れた兵庫県南あわじ市の主婦長尾安江さん(66)は、桜色に染まった古城の風景に目を細めた。(「信濃毎日新聞」より)

 これが2012年春、最後の桜見頃情報・・・?いやいや、今夕(4月23日)、NHKテレビ「たっぷり静岡」(6:10~)で「人のきずなつなぐ山里の桜」として、水窪の旧大野分校跡のエドヒガンザクラが登場するはずです。まだ、行ったことがない人、今年は行けなかった人は、ぜひテレビ画面でお楽しみください!

2012年4月20日 (金)

山里に春、大野の山桜見頃 天竜区・水窪

Misakubo  浜松市天竜区水窪町の大野地区にある、樹齢150年の山桜が見頃を迎え、標高約650メートルの小規模集落に春の訪れを告げている。

 山桜は大野地区の集会場横に立つ。地域住民によると、今年は冬場の厳しい寒さが影響し、例年より遅い開花となった。今後約1週間は見頃だという。

 19日は同町などのお年寄りが木の下に集まり、昼食会を楽しんだ。会を企画した同地区の藤川彦次郎さん(78)は「子供の頃は木のそばで飛び回って遊んだ。以前は地域の体育大会もここでやった」と昔を懐かしんだ。(「静岡新聞」より)

 昨日(19日)、久保田さんも取材に訪れてくれました。今がまさに見ごろのようです。見に行っていただきたいのですが、週末の天気がちょっと気になります。

 【関連記事】桜の下に帰っておいで、11日に花見会 水窪
 【関連記事】水窪ですてきな出会いを 来月10日、婚活イベント
 【関連記事】念願だった「旧大野分校跡の山桜」との出会い
 【関連記事】山間に咲く桜―「大野分校跡の山桜」
 ●妖艶さ、北遠随一!旧大野分校跡の桜が満開です・・・
 【関連記事】壮観“山里の春”満開 水窪
 【関連記事】「大野分校の山桜」の治療方針決まる
 【関連記事】治療を受ける旧大野分校のエドヒガン
 【関連記事】「大野分校の山桜」―樹木医による治療終了
 【関連記事】見頃を迎えた水窪「大野分校の山桜」
 【関連記事】樹齢150年、山桜見ごろ 天竜区・水窪町
 【関連記事】八景余話②―大野分校の山桜
 【関連記事】「北遠に咲く“一本桜”八景2012」―4月19日最終報
 【関連記事】視ましたか?「人を結ぶ大きな桜」―NHK「たっぷり静岡」

「北遠に咲く“一本桜”八景2012」―4月19日最終報

 数日来の暖かさで、標高の高い位置にある「大地野のヤマザクラ」と「大野分校のエドヒガンザクラ」も満開になりました。

 ■大地野のヤマザクラ

 ご主人の話によれば、「大地野のヤマザクラ」は「今朝、満開に。今年も頑張って咲いてくれました。この山桜は県下一の幹の太さだと聞いています」とのこと。今年の満開は、4月19日。昨年より1日遅れての満開です。

Oojino1 Oojino2

 ■大野分校のエドヒガンザクラ

 こちらも満開です。私が訪れた時に花見客は10数人。皆、それぞれ写真のベストポジションを探していました。

 満開は、花の開き具合から見れば、昨年並みの4月18日でしょうか?心なしか花も小さく、色も淡いように感じました。

Oono1 Oono2

 昨年は気温が低く、開花も遅れたと言われましたが、今年はもっと寒いので「どうかな?」と気にかけていましたが、自然の営みは上手に調整してくれました。(by 久保田)

 【関連記事】「北遠に咲く“一本桜”八景2012」―4月1日第一報
 【関連記事】「北遠に咲く“一本桜”八景2012」―4月6日第二報
 【関連記事】「北遠に咲く“一本桜”八景2012」―4月10日第三報
 【関連記事】「北遠に咲く“一本桜”八景2012」―4月12日第四報

2012年4月19日 (木)

「龍山ふるさと村」・旧「瀬尻小学校高誉分校」跡の桜満開!

 龍山村の瀬尻国有林内にある「龍山ふるさと村」、「金原明善顕彰碑」が立つ旧「瀬尻小学校高誉分校」跡でも、桜が満開です。

Furusatomura Takayo

 瀬尻のアカヤシオの開花を確認に出かけたのですが、残念ながら写真に撮ることはできませんでした。せめて、桜の開花情報だけでも伝えようと思います。

 4月19日、瀬尻の山間の桜は満開!

白いオオシマザクラと龍山の「不動の滝」

Fudo  龍山の「不動の滝」は、上段と下段からなる2段の滝。階段を下りて四阿(あずまや)の端に立てば、落差32メートルの主瀑部を眺めることができます。

 芽吹き始めた新緑とオオシマサクラらしい白い花が、季節ならではの風景を演出しています。

 「桜と滝は絵になりますね?」「いや、全部入りきらないのが不満だけどね」。「新・浜松の自然100選」の地を巡るカメラを抱えた2人連れと出会いました。

 【関連記事】豪快な流れと響き渡る水音「龍山の不動の滝」
 【関連記事】「涼」を求め、龍山の「不動の滝」へ
 【関連記事】お勧めは北遠の滝と茶園巡り―龍山・不動の滝
 【関連記事】私流、正しい「不動の滝」の楽しみ方①→②→③
 【関連記事】かつての「一二三の滝」は、現在の「不動の滝」か?
 【関連記事】新緑の「龍山の不動の滝」

「夢のかけ橋」を背景に、遅咲きの鬱金桜と白妙

 ソメイヨシノが散った相津ですが、遅咲きの桜はまだ咲いています。

 緑色の花を咲かせているのは「御衣黄(ギョイコウ)」と同じで「黄桜」とも呼ばれる「鬱金桜(ウコンザクラ)」です。八重咲きの白っぽい花は「白妙(シロタエ)」でしょう。

Gyoiko1 Shirotae

 「夢のかけ橋」を背景に写しましたので、場所が分かりやすいのではないでしょうか?船明ダム湖畔の国道152号は、花吹雪です。

天竜川・そまびとの会

天気予報