だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 「天竜川・杣人の会」の11月(第72回)定例会―北遠の山の話に夢中 | メイン | 赤い鳥小鳥が食べる赤い実 »

2011年11月13日 (日)

武田式築城の特徴―高根城に残る「二重堀切」

Nijyuhorikiri5  北遠最北の山城「高根城」―応永21年(1414)頃、この地を治めていた豪族奥山氏が、後醍醐天皇の孫・尹良親王を守護するための仮宮として築かれたことに始まると言われています。

 築城されたのは、水窪川と河内川が合流する位置。標高420メートルの三角山山頂。当時は堀などはなく、城というよりも「砦」の様相だったと言われています。その後、優れた築城術をもつ武田(勝頼)氏が駿遠攻略の最前線として大改修し、現在、私たちが目にすることができるのは、武田氏時代の遺構と発掘調査に基づいて復元された櫓や城門など。

 防御に優れた武田式の築城技術を語る中で登場する用語に「二重堀切」があります。

 「堀切」とは、すでに紹介したように、尾根伝いに攻めてくる敵の進路を絶つために、尾根と直角の方向に掘られた堀のこと。勢いよく攻めてきた敵は、一旦、堀に下りなくてはなりません。その時に頭上から敵に目がけて、矢を放ち、石を投げつけて攻撃を加えます。

 ただし、まだ堀に下りていない敵からは、目の高さの位置での攻撃を受けることになります。守備側が防戦に追われているうちに、攻撃側の先兵は堀を登り切ってしまうかも知れません。

 そのために、堀の底に低い土塁を造り、一旦土塁を越えると、もう1つの堀切が待ち構えているというのが「二重堀切」です。

 写真が、発掘保存されている「高根城」の「二重堀切」。この用心深さが、武田式と言われる築城の特徴です。

 「高根城」址は、「高根城公園」として自由に見学できる公園になっています。

Takanejyo0 Takanejo9
三の曲輪から見た井楼櫓 本曲輪下段虎口
Takanejo2 Ootemon3
仕切門 大手門
Takanejo19 Seiroyagura6
三の曲輪 井楼櫓
Horikiri0 Horikiri7
薬研堀 箱堀

 【関連記事】「高根城公園森の砦」の木製遊具
 ●北遠の山城「高根城」は、永正年間(1504-21)に北遠の豪族奥山氏が築城し・・・
 【関連記事】「広報はままつ」天竜区版 歴史探訪―「高根城跡」
 【関連記事】「広報はままつ」全市版・表紙の写真「高根城」
 【関連記事】フレーム切手セット「北遠江戦國史 高根城」発売
 【関連記事】11月20日、「高根城戦国祭り」迫る
 【関連記事】わが町の「高根城」夢や期待いっぱい 浜松・水窪町で戦国まつり
 【関連記事】遠来人北遠ツアー⑨高根城址

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報