だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« いるいる!黒くて小さなクロツバメシジミ | メイン | 夏の朝7時の「カラスウリ」の花 »

2011年8月16日 (火)

内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽①

Kannondo4  水窪が遠信街道の中継点であると言って、遠州からここへ入るのと、信州からとではその難易に格段の差がある。遠州方面からでは秋葉山以北に連立する山岳が、防波堤のようにそそり立って、容易に人の寄つきを許さないが、信州方面からでは大体同じ高さの山続きで、出入りはそれほどきびしくはない。この地勢的な制約をうけて、表日本を流れる文化はほとんどここには達しなかった代りに、裏日本文化は徐々に信州方面から浸透してここに淀み、一旦よどんだものは容易に流出しないで、ほぼ原形のまま温存されて来た。水窪が遠州地内にありながらきわめて信州的であり、その土俗伝承も裏日本的なものが多いのはそのためで、こういう点でも水窪は県下に類を見ない特異な地域と言うことができる。

 この特異な水窪に、最も特異な伝承を誇っているのは、日本的に有名な無形文化財「西浦の田楽」である。この田楽についてはいろいろな人が、いろいろの機会に紹介しているから重複は避けるが、田楽そのものよりも、これを守り通して何代もゆるがなかった人々の精進に驚嘆する。以下②へつづく(内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承より)

  ◆       ◆       ◆       ◆

 久しぶりに、西浦(にしうれ)の「観音堂」を訪ねました。旧西浦小学校跡へ向かう山道をさらに登れば、集落を見下ろす石段の上に「観音堂」はあります。

 「観音堂」と言うのは「正観世音」を祀る仏教系の祠なのですが、西浦の「観音堂」はお寺ではありません。

 この「観音堂」境内で、旧暦1月18日の月の出から翌19日の日の出まで執り行われるのが「西浦の田楽」。来年2012年は、2月9日(木)~10日(金)がこの日に当たります。

 【関連記事】田楽の里「西浦を知って」 児童ら看板づくり 水窪
 【関連記事】水窪「西浦観音堂」に供えられた絵馬
 【関連記事】観音堂に奉納された「ハイカラ」男の奉納額
 【関連記事】西浦田楽「はね能」の締めは「弁慶」
 【関連記事】来月の奉納前に西浦田楽写真展 天竜区水窪町
 【関連記事】西浦「観音堂」に奉納された明治天皇の軍服姿
 【関連記事】能衆には厳しい戒律 西浦(にしうれ)の田楽(水窪町)
 ●浜松市天竜区水窪町西浦地区に伝わる国指定重要無形民俗文化財「西浦田楽」が、3月3日夜から・・・
 【関連記事】1300年、先祖伝来の舞 水窪の西浦田楽
 【関連記事】五穀豊穣祈り 夜を徹して舞 水窪で西浦田楽
 【関連記事】民俗芸能「西浦田楽」―平成23年2月20日~21日
 【関連記事】地域の伝統守る 浜松市の水窪で20日夜「西浦田楽」
 【関連記事】五穀豊穣願い伝統の舞 浜松・水窪で夜徹し
 【関連記事】豊作祈り伝統の舞 浜松・水窪町で「西浦田楽」
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽②
 【関連記事】内藤亀文著「ふどき」6.土俗と伝承(1)西浦の田楽③
 【関連記事】「西浦の田楽」―2012年2月9日夜~10日朝
 【関連記事】豊作と無病息災願い 9日夜に「西浦田楽」 水窪
 【関連記事】別当宅で酒造り 「西浦の田楽」控え準備 天竜区
 【関連記事】神と祭り 幻想の舞 天竜区で西浦田楽
 【関連記事】夜を徹し伝統の舞 「西浦の田楽」奉納 浜松・水窪
 【関連記事】炎に浮かぶ舞―2012年「西浦の田楽」
 【関連記事】続・炎に浮かぶ伝統の舞―2012年「西浦の田楽」
 【関連記事】遠来人北遠ツアー⑦西浦観音堂
 【関連記事】西浦の田楽 27日から舞 天竜区水窪町

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報