だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 絵葉書「天然の美・人工の驚異 佐久間ダム」―その① | メイン | 「天浜線に親しみ」 親睦会兼ね見学 遠州鹿児島県人会の会員家族ら »

2011年5月30日 (月)

「久根にいた」亡き祖母の足跡たどる 富山在住の坊さん姉妹が佐久間訪問

Bou646  大正時代に浜松市天竜区佐久間町の旧久根鉱山で幼少期を過ごした亡き祖母らの足跡をたどろうと、富山県氷見市の姉妹が29日、初めて同町を訪ねた。「おばあちゃん、ここにいたんだ」。90数年前、幼い日の祖母が見たであろう天竜川の渓谷や旧鉱山を目の当たりにし、涙がこぼれた。

 坊伊都子さん(55)と真奈美さん(51)。母方の祖母支那子さんが59歳で亡くなったとき、それぞれ15歳と11歳。

 以来40年間、よく遊んでくれた支那子さんの「久根にいた」という言葉や帆掛け舟の折り紙を覚えていた。祖母ら一家が佐久間を離れた経緯も知りたかった。

 浜松訪問のきっかけは、佐久間町など北遠地区を紹介するNPO法人「天竜川・杣人(そまびと)の会」のホームページ(HP)。鉱石船と呼ばれる帆掛け舟が天竜川を往来した歴史など旧鉱山に関する記述や写真に、祖母との思い出が重なった。支那子さんの故郷を訪れたことがない母朝江さん(80)もHPを見て泣いていた。

 姉妹はこの日、HPを担当する同会理事の斉藤朋之さん(59)や地元活性化グループ「山香ふるさと村」の三井節子・女性部代表らの案内で旧鉱山周辺へ。祖母の遺影を胸に歩いたり、遺品のアルバムをもとに往時を知る人を探したり。旧鉱山の遺構が視界に飛び込むと、「これを見て育ったんだ」と感情がこみ上げた。

 足が悪いという朝江さんは同行を見合わせたが、「次は母を連れてきたい」と姉妹。斉藤さんは「旧鉱山を訪れて涙を流す人はほかにもいると聞く。世代交代が進み、往時を知りたい人と知っている人を結ぶには、ぎりぎりのタイミングではないか」と話した。

 久根鉱山 旧佐久間町の天竜川沿いにあった銅山。町史によると、江戸時代以前から鉱業史が残る。鉱害問題で採鉱、精錬の停止に追い込まれた後、古河鉱業(現、古河機械金属)創業者の古河市兵衛が1899(明治32)年に買収。1970(昭和45)年の閉山まで粗鉱量で400万トンを産出、大正初めの好況時には船夫を含め2000人が従事した。(「中日新聞」より)

 昨日(29日)、富山から来た姉妹を佐久間に案内しました。「中日新聞」よる取材を受け、この記事になりました。赤川記者、足元の悪い中での取材、本当にありがとうございました。

 【関連記事】富山県から祖母の故郷・佐久間を訪ねる①始まりは1通のメール
 【関連記事】富山県から祖母の故郷・佐久間を訪ねる②山香ふるさと村
 【関連記事】富山県から祖母の故郷・佐久間を訪ねる③久根鉱山
 【関連記事】富山県から祖母の故郷・佐久間を訪ねる④雨に霞む「心の故郷」
 【関連記事】富山県から祖母の故郷・佐久間を訪ねる⑤佐久間のお茶
 【関連記事】富山県から祖母の故郷・佐久間を訪ねる⑥佐久間に帰る「帆掛け舟」
 【関連記事】こころの故郷・佐久間を訪ねる①再び「山香ふるさと村」へ
 【関連記事】こころの故郷・佐久間を訪ねる②イサミ写真館へ
 【関連記事】こころの故郷・佐久間を訪ねる③久根が写る写真
 【関連記事】母を連れてこころの故郷へ(上)―「山香ふるさと村」
 【関連記事】母を連れてこころの故郷へ(中)―久根が見える
 【関連記事】母を連れてこころの故郷へ(下)一佐久間を味わう

コメント

 私は、大久根小学校に1年間だけ務めたことがあります。東大受験にフェイルした、失意の19歳でした。私は3年担任で、4年の担任が確か御親戚の塩澤いいこ先生でしたよ。27年後にテレビの『遠くへ行きたい』ロケで久根を訪ねましたが、銅山は既に廃鉱になっていました。小学校へ登る道も草が茂って通れず、上野の人たちが道を作って下さいました。教え子たちは全国に散らばっていましたが、このテレビ放映が機縁で集まるようになり、今でも2年に1度くらい同級会を開いています。私は現在東京に住んでいますが、家政婦代わりに面倒をみてくれているのは、昔の教え子夫妻です。

村瀬杜詩夫さま。貴重なお話ありがとうございました。いいこ先生は、現在も上野口に住んでいらっしゃいます。
人間にとって「ふるさと」は、いつでも優しく迎えてくれる母のような場所。
坊さん!今年は、また佐久間に来てくださいね!

佐久間に縁の方々とこうやって何処かで繋がっていると思うと寒い北陸にいても心まで温かくなります。村瀬様、ありがとうございます。そして斉藤様、佐久間の皆様、にも感謝です。雪降る富山より・・・。

私(家族も)4才~9才(昭和26年~31年3月佐久間ダム完成の10日まえ)は山香村に住み、山香小学校に通学。天竜川に面した鉱山選鉱場、船・山香小学校の木造2階建ての校舎の写真、勿論モノクロを持っています。おそらく昭和24年ころでしょう。鉄索ができて船はなくなりましたから。3年前に草先生(本年ご逝去)、中部にいらっしゃた日名地先生を親友・山下力と会いに伺いました。廃校の小学校には「モリアオガエル」「楠の木」「ニ宮金次郎さん」がまっててくれました。

長島さんも山香にいらしたんですね。今は離れてしまった山香を、心の故郷と感じている人は他にもたくさんいるはずです。
コメント、本当にありがとうございました。

遠くから 坊さんご苦労さまです 亡き祖母の こころの故郷へ お祖母ちゃん子だったんですネ(^○^) 私の父母は 久根鉱山で働いてました(^_^;) 父は10年前他界し母は癌と戦ってますが 久根の思い出話に 華をさかせて 昨年 浜北森林公園で一泊し 昔の同僚4.5人と 懇談され 懐かしんでいました(*´∀`) 母は89才ですが 支那子さんについては 分からない(>__<)ですが 大久保小学校ゎ 山の頂上にあり 反対側わ 佐久間の町が見えていたのは記憶にありますょ(^_^;) 私は 反対に GW休み取れれば 氷見市を 訪ねてみたいと 思ってます(^○^)

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報