だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 日入沢の「双体道祖神」 | メイン | 初めましてのスミレ3種を紹介 »

2011年4月 5日 (火)

「広報はままつ」全市版『浜松百彩』春埜杉

Harunosugi1  ◆時を越え、今も私たちを優しく見守る春埜杉

 樹高43m、目通り14m、枝張り31mにも及ぶ巨木「春埜杉」。およそ1300年前、行基菩薩が大光寺を開山した記念に植えられたと言い伝えられています。ここは春埜山の山頂近く、海抜800mの高所にも関わらず、訪れる人が後を絶ちません。この神秘的で力強く、そして荒々しく堂々とした風格が、人々を魅了するのです。どっしりと根を張り、動かなくとも私たちに何か語りかけてくれる、そんな春埜杉。千年の時を越え、今もなお私たちを見守っています。

 私も、4月11日に春埜杉に出かけようと思っています。何度も訪れた春埜杉ですが、何度訪れても新たな感動を与えてくれます。市制100周年記念の企画『浜松百彩』の第1回に、春埜杉が選ばれました。

 【関連記事】「広報はままつ」10月5日号の表紙は「春埜杉」
 ● 「春野町」は「野」と書き、「春埜山」は「埜」と書きます・・・
 【関連記事】県民だより6月号の表紙は「春埜杉」でした。
 【関連記事】「春埜杉」の正面の姿を見たことがありますか?
 【関連記事】「春埜山大光寺」にある「二本杉(?)」
 【関連記事】「巨樹」「古木」の「目通り」「樹齢」とは
 【関連記事】雨の日には、雨の日の「春埜杉」
 【関連記事】古木に囲まれた修験の地「春埜山大光寺」
 ●すでに何度も訪れている「春埜杉」―今回は、仲の良い小学生たちと一緒に・・・
 【関連記事】迫力満点―「春埜杉」をグルリと回る
 【関連記事】力強さに感動―「自然100選」の「春埜杉」
 【関連記事】浜松にも、こんなにスゴイ木があるんだ!「春埜杉」
 【関連記事】神が宿る神々しさ「春埜杉」
 【関連記事】粉雪舞う春埜山を歩く⑥―これが、春埜杉!!

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報