だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 花言葉「あなたを待っています」―キランソウ | メイン | 「灯明台」に似たトウダイグサ »

2011年3月30日 (水)

懐山集落と「二宮尊徳先生幼時之像」

Futokoroyama6  「懐山(ふところやま)」の地名は、国の重要無形民俗文化財「懐山おくない」が伝わる集落としてご存知の人が多いかも知れません。でも、行ったことがある人は・・・?

 かく言う私もそんな一人。じゃあ、行ってみればいいじゃん、と言うわけで出かけてみました。

 写真は、旧「長沢小学校懐山分校」跡と思われる場所のすぐ下から集落を望んだもの。西南に向いた山の斜面に茶畑が広がり、文字通り山懐に抱かれたような地形です。

Kinnjiro5  車を停めた旧「長沢小学校懐山分校」跡と思われる場所には「二宮尊徳先生幼時之像」が立っています。コンクリート台座の上に道路を背にして立ち、珍しくブロンズ製の金次郎像です。

 かつては金属鋳造で造られていた金次郎像は、そのほとんどが戦時供出によって失われ、現在はコンクリート製のものに代わっています。にも関わらず、懐山の金次郎はブロンズ製?

 横に回れば金属プレートが2枚―そこに、その経緯が書かれていました。「寄贈者 大阪 大桑甚策 昭和十二年二月」。そしてその左には「昭和17年 太平洋戦争に供出し、コンクリート製になる。 平成15年3月30日 再び建立 懐山自治会」。

 初代金次郎像は昭和12年(1937)に建てられ、5年後の同17年(1942)に供出。2代目はコンクリート製だったのですが、平成15年(2003)に再びかつての姿に戻していたのです。

 今日(3月30日)は、3代目の誕生日。もう2度と戦争に駆り出されないことを願っています。

 ●私たちが子どもの頃、どこの小学校にでも見られた「二宮金次郎像」・・・
 【関連記事】廃校に立つ「二宮金次郎像」に学ぶこと
 【関連記事】「二宮金次郎の銅像」はどこに行った?―旧「宮川小学校」
 【関連記事】旧「龍山北小学校」は「瀬尻の段々茶畑」の隣り
 【関連記事】平成7年(1995)に閉校「上平山小学校」
 【関連記事】旧「石神小学校」に建つ金次郎像
 【関連記事】「熊尋常髙等小學校」の古い絵葉書と金次郎像
 【関連記事】旧「東雲名小学校」跡に残る二宮金次郎像

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報