だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 正月に一足早く成人式 浜松・佐久間 | メイン | 光明電気鉄道「大谷隧道」を探索 »

2011年1月 3日 (月)

二俣諏訪神社の「上諏訪梶の葉」紋

Suwajinja0  昨日、諏訪神社の梶紋について書いたばかりです。かつては諏訪神社を名乗っていた佐久間の「馬背神社」の神社幕に描かれた神紋は「松浦梶の葉」でした。そして、二俣の「諏訪神社」の御神燈の提灯に描かれた神紋は葉先がやや丸くなっていますが「上諏訪梶の葉」。諏訪大社上社本宮が用いる神紋です。

Kaji0  梶とはクワ科コウゾ属の落葉高木。樹皮は和紙の原料にされたり、葉は供物の下に敷かれました。昔から神木として神社境内に植えられることも多く、平安時代の七夕には、現代のような竹や笹に短冊を飾るのではなく、梶の葉や枝が用いられたとのこと。

 梶紋の中でも、二俣「諏訪神社」の紋は葉・枝・幹・根が付いた形で、根の数が4本のものが上社、5本のものは下社と微妙な違いがあります。この際ですので、覚えてみてはいかがでしょうか?

 【関連記事】平沢の「馬背神社」と「金的中」の奉納額

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報