だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 「敷嶋の二級酒がうまい」―川上出身・太田さんからの思い出メール | メイン | さあ、どこにいるでしょう?「クロコノマチョウ」北上 »

2010年7月14日 (水)

戦国時代の物見台―高根城の「井楼櫓」

Seiroyagura2  北遠の山城「高根城」は、永正年間(1504-21)に北遠の豪族奥山氏が築城し、元亀元年(1570)から天下取りを狙う武田軍が改修、居城したと伝えられています。

Takanejo7  一段と高く聳え立っているのが復元された「井楼櫓(せいろうやぐら)」です。「井楼櫓」とは物見台兼射撃台。攻めて来る敵をいち早く察知し、有利な位置から弓矢で攻撃するために建てられました。となると、「矢倉」「矢蔵」?「兵庫」かも?

 「高根城」城址から見下ろすだけでも、かなり見晴らしが良いのですから、あの櫓の上に登れば・・・。もちろん、戦国時代の城郭には、天守閣はありませんでした。

 【関連記事】「高根城公園森の砦」の木製遊具
 【関連記事】「広報はままつ」天竜区版 歴史探訪―「高根城跡」
 【関連記事】「広報はままつ」全市版・表紙の写真「高根城」
 【関連記事】フレーム切手セット「北遠江戦國史 高根城」発売
 【関連記事】武田式築城の特徴―高根城に残る「二重堀切」
 【関連記事】11月20日、「高根城戦国祭り」迫る
 【関連記事】わが町の「高根城」夢や期待いっぱい 浜松・水窪町で戦国まつり

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報