だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« ニホンシカ:交通事故、過去最高の112件--09年度の牡鹿半島/宮城 | メイン | 「K'zロード」設定 「Z」生みの親の故郷・春野 »

2010年6月 8日 (火)

旧「石神小学校」に建つ金次郎像

Ishigamisyo2  浜松市天竜区石神にある旧「石神尋常小学校→石神小学校」の校舎は、昭和2年に建設された木造2階建で、昭和44年に廃校になり、現在は「天竜ウッドワーク事業共同組合」が校舎を借りて工場として利用し・・・

 すでに何度も訪れている旧「石神小学校」の木造校舎ですが、今回は玄関脇に建つ二宮金次郎像を紹介することにします。

 何気なく見上げていれば、この金次郎像は、元のままに見えるかも知れません。しかし、台座の後に嵌められたままの青銅プレートには・・・

Ishigamisyo0  「寄贈 前報徳社長 松野平九郎 前報徳社長 松野國太郎 現報徳社長 松野勝太郎」「昭和13年5月13日 見付中松銅器店納」

 と刻まれています。つまり、この金次郎像は、昭和13年(1938)に青銅製で造られていたことになります。

 昭和13年と言えば、総力戦遂行のため国家のすべての人的・物的資源を政府が統制運用できるとした「国家総動員法」が施行された年。5月19日には日本軍が徐州を占領しています。

 「♪徐州徐州と人馬は進む 徐州いよいか住みよいか 洒落た文句に振り返えりゃ お国なまりの おけさ節 ひげが微笑む 麦畑」

 軍歌「麦と兵隊」が歌われ、戦局が深刻の度合いを増した3年後の昭和16年(1941)には「金属類回収令」が施行され、全国の金属類がことごとく供出された歴史があります。

 この旧「石神小学校」に建っていたはずの青銅製の金次郎像は、わずか3年で山里の小学校を去ったっことになります。そして、現在残る金次郎像はコンクリート製の2代目。初代の金次郎像に元気に挨拶をしながら小学校に通った子どもたちは、今は何歳になっているのでしょうか?

 ●私たちが子どもの頃、どこの小学校にでも見られた「二宮金次郎像」・・・
 【関連記事】廃校に立つ「二宮金次郎像」に学ぶこと
 【関連記事】「二宮金次郎の銅像」はどこに行った?―旧「宮川小学校」
 【関連記事】旧「龍山北小学校」は「瀬尻の段々茶畑」の隣り
 【関連記事】平成7年(1995)に閉校「上平山小学校」
 【関連記事】懐山集落と「二宮尊徳先生幼時之像」
 【関連記事】「熊尋常髙等小學校」の古い絵葉書と金次郎像
 【関連記事】旧「東雲名小学校」跡に残る二宮金次郎像

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報