だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 大火で大半が焼けた「若身地区」 | メイン | 気田川の流れを見つめ続けた野尻の常夜燈 »

2009年1月29日 (木)

廃校に立つ「二宮金次郎像」に学ぶこと

Miyakawa1.柴刈り縄ない草鞋(わらじ)をつくり
 親の手を助(す)け弟(おとと)を世話し
 兄弟仲よく孝行つくす
 手本は二宮金次郎

2.骨身を惜まず仕事をはげみ
 夜なべ済まして手習読書
 せわしい中にも撓(たゆ)まず学ぶ
 手本は二宮金次郎

3.家業大事に費(ついえ)をはぶき
 少しの物をも粗末にせずに
 遂には身を立て人をもすくう
 手本は二宮金次郎

Toyooka  作詞・作曲ともに不詳ながら、「文部省唱歌」として明治44年(1911)から「尋常小学校」の2年生で歌われた『二宮金次郎』です。

 「代々同じ村に住み、同じ水を飲み、同じ風に吹かれた村民ではないか。死ぬのを黙って見ている道理はあるまい。貧乏人の中には怠けてそうなった者もおり腹が立つだろうが、それでもなお銭一文を施し、米ひとすくいを与えるのが人情というものだ。未来の実りを信じて今こそ飢餓を救うのだ」―と、これは金次郎が余裕のある農民たちに語った言葉だとか。

 2基とも廃校となった小学校跡に佇むもの。両手で本を持つのが「旧宮川小学校」で、左手で背負子の肩紐を握るのが「旧豊岡小学校」。

 「代々同じ村に住み、同じ水を飲み、同じ風に吹かれた村民ではないか・・・」。

 「派遣切り」「内定取消し」「契約打切り」「途中解雇」―100年に1度と言われる経済危機の厳しい年の初めを迎え、学校は廃校となりながらも「勤勉」「努力」の象徴として校庭に立ち続ける「二宮金次郎像」を、私は、私なりの思いで眺めてみました。

Sumire_2 【関連記事】「二宮金次郎の銅像」はどこに行った?―旧「宮川小学校」 

 ●写真の2階建ての校舎は、知る人ぞ知る「周智郡立勝坂小学校」跡・・・
 ●廃校シリーズ②。ここは春野町花島(はなじま)、旧「花島小学校」の跡・・・
 【関連記事】旧山香小の校章は「サクラに山小」
 ●「豊岡小学校、豊岡小学校?」――春野町豊岡にあった「春野町立豊岡小学校」って・・・
 【関連記事】「大天狗面」が立つのは旧「宮川小学校」跡
 ●旧「犬居小学校領家分校」は、領家の高台・・・
 ●佐久間地区羽ヶ庄(はがしょう)にあった旧「佐久間小学校羽ヶ庄分校」の・・・
 ●写真は、現在は廃校となっている旧「熊切小学校五和分校」跡・・・
 【関連記事】ヤマザクラの古木が残る旧「静修分校」跡
 【関連記事】山里の廃校「胡桃平小学校」跡に立つ
 ●昭和22年、磐田郡山香村立山香中学校として開校・・・
 ●春野町花島、旧「花島小学校」が廃校になったのは昭和44年・・・
 【関連記事】旧「花島小学校」の校舎は茶工場
 ●春野町の小学校の古い写真が手に入りました・・・
 【関連記事】バンガローの施設として活用―旧「石切小学校」跡
 【関連記事】大池の畔に建っていた旧「船明小学校」
 【関連記事】「南米移民渡航記念 昭和八年八月三十日上陸」―旧「船明小学校」校門
 【関連記事】茶原に囲まれた旧「砂川小学校」跡
 【関連記事】過疎と高齢化がもたらす山里の危機―旧「門桁小学校」
 【関連記事】廃校となり43年―旧「相月分校」
 【関連記事】旧「犬居小学校領家分校」に残る古い写真と扁額
 【関連記事】旧「吉沢小学校」の校舎と学童机+椅子
 【関連記事】旧「龍山北小学校」は「瀬尻の段々茶畑」の隣り
 【関連記事】平成7年(1995)に閉校「上平山小学校」
 【関連記事】旧「石神小学校」に建つ金次郎像
 【関連記事】「へき地等級4級」旧「水窪小学校大嵐分校」跡を訪ねる
 【関連記事】過疎化と水没―「水窪小学校大地分教場跡地」

 ●私たちが子どもの頃、どこの小学校にでも見られた「二宮金次郎像」・・・

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報