だいすき 北遠

  • だいすき!佐久間

    だいすき!春野

    だいすき!水窪

    だいすき!龍山

    だいすき!天竜

サーチ・検索

« 血止めに使われた「ノチドメ」 | メイン | 在来の蚕「山繭(ヤママユ)」 »

2008年10月16日 (木)

あまり教えたくない湧き水―「和泉平」

Izumidaira2_2   私は自動車で登りましたのでさほど苦にもなりませんでしたが、春野町「和泉平(いずみだいら)」は「平」を名乗ってはいても、決して平地ではありません。春野は佐久間に比べれば、比較的平らな土地も多いのですが、「和泉平」は山の斜面にへばりつくような集落。写真のように茶畑ばかりが目につく、癒しの風景です。

 待てよ?確か「和泉平」とは、「水の湧き出る地名」のはず。その名の通り、山に降った雨水を集め涸れずに湧き出ているのが「新宮池」なら、「新宮池」以外に湧き水はないのか?と思うと、やはりありました。「新宮池」入り口を過ぎて、少し先に行くと、道端に1台の自動車が止まっていました。ここだ!

Yuusui  「こんにちは!水汲みですか?」と聞くと、「ここは、穴場だからね。そんなに遠くはないし、まだあまり知られていないから・・・」。用意していった紙コップに水を汲み試飲。「ああ、なるほど、美味しいですね。どちらから?」。「浜北から」と答えたその人は、ポリタンクに数本をあっと言う間に満タンにしていました。「今は水が少ない時期。雨の多い頃には、もっと勢いがあったけど・・・」「ここのことを紹介してもいいですかねえ?」「え~、みんなに知られると穴場じゃあなくなっちゃうからなあ」。

 気にしていないと行き過ぎてしまうような場所。ですから、気づかなければ、ド~ゾ行き過ぎてください。穴場は、穴場のままにしておきましょう。ただ、「和泉平」はやはり「水の湧く地名」とだけは覚えておいてください。

 ●「新宮池」は春野町和泉平(いずみだいら)の山頂668㍍にあり・・・
 ●「新宮池」を過ぎ、「春埜山」に向う途中・・・
 ●「新宮池」に到着する最後のコーナー。「和泉平(いずみだいら)」の道路脇・・・
 【関連記事】山里ならではの味わい『春野陶房』
 【関連記事】春野の伝説「新宮池の大じゃ」
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」①
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」②
 ●「新宮池」は、春野町和泉平の山頂にある広さ約1.4ヘクタールの池・・・
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」③
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」④新宮池
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」⑤新宮池の夏まつり
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」⑥砂川へ
 【関連記事】フォトムービー「山村をゆく―和泉平」⑦大時
 【関連記事】鏡のような水面―台風一過の「新宮池」
 【関連記事】第1回「自然100選」ツアー―「新宮池」で記念碑設置

 【関連記事】だから湧き水って美味しいんだ!
 【関連記事】読まない字のつく地名「和泉」

コメント

コメントを投稿

天竜川・そまびとの会

天気予報